情報コンテンツのアイキャッチ画像

突然ですが、FX会社を選ぶ上であなたが重視することはなんですか?

・会社の信頼度?
・使いやすい取引ツール?
・取引手数料の安さ?!

これらももちろん重要ですが、意外と忘れがちなのが「情報コンテンツの充実」です。

あまり取り上げられないので、「考えたこともなかった!」という方も多いですが、FXにおいて情報収集はとても重要です。

なぜ重要かというと、持っている情報量によってFXの勝率が左右されるからです。

いや、むしろ情報がないと話にならないといった方がいいかもしれません。

ここで「え!?そんなの知らない!」とか、「FXに情報なんてなくても大丈夫だ!」と思った方は要注意です。

ここからはそんな方に向けて、FXでいかに情報が重要かを紹介していき、その後、最も効率的な情報収集方法である「FX会社の情報コンテンツ」を徹底的に比較していきます!

この記事を読んで解決できること

  • そもそもFXの情報とは何か?

  • FXにおいて情報がどうして重要なのか?

  • FX会社ごとの情報コンテンツの充実度比較

ランキング FX会社 おすすめポイント 詳細
ranking_1 圧倒的な情報量を誇るFX界の情報屋!
今なら口座開設+スマホアプリログインで1,000円GET!
公式
ranking_2 プロと一緒に勉強できるセミナーが魅力!
FXを初歩から学びたい初心者にピッタリ!
公式
ranking_3 元大手証券会社出身の今野氏による相場分析は見ごたえ充分!
独自の情報コンテンツがおすすめ。
公式
ランキング FX会社 おすすめポイント 詳細
ranking_1 圧倒的な情報量を誇るFX界の情報屋!
今なら口座開設+スマホアプリログインで1,000円GET!
公式
ranking_2 プロと一緒に勉強できるセミナーが魅力!
FXを初歩から学びたい初心者にピッタリ!
公式
ranking_3 元大手証券会社出身の今野氏による相場分析は見ごたえ充分!
独自の情報コンテンツがおすすめ。
公式

※この記事はFX取引に興味のある方向けに書かれています。


FXの情報コンテンツとは?

そもそも「FXにおける情報」とは取引に役立ちそうなデータ全てを指します。

具体的には各国の「金利」や「失業率」「政治の状況」など様々です。

そしてその情報をまとめて体系化して配信しているのが「FX会社の情報コンテンツ」です。

こうやって聞くと取引に役立ちそうなのは分かりますが、「情報コンテンツって最悪なくてもいいんじゃない?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

人によって感覚は様々なので、
① 役立つ=必須 となる人もいれば、
② 役立つ=最悪無くても大丈夫
となる人がいてもおかしくないですもんね。

近頃は、FXを副業として取り組んでいる方が殆んどなので「仕事が忙しいからなるべく余計な時間は取りたくない。」と思うのは当然です。

もちろん必要ない時間を切っていくのは必要ですが、②のように考える方は「情報収集はいらない」と判断する可能性があります。

先に言っておきますが、FXで情報収集をしないのは大変危険です。

早急に情報に対する認識を変えることをおすすめします。

とは言っても急にそんなことを言われても納得できないと思うので、まず「FXにおいて情報がいかに重要か」を考えていきましょう。

なぜ情報が重要か

情報が重要な理由はFXを投資として成り立たせているのが「情報」だからです。

なので、情報コンテンツを利用することはトレーダーとしての礼儀といっていいかも知れません。

なぜそうなるかを考えていきますが、情報コンテンツは情報を体系的にまとめたものなので、まず「情報」の重要性から見ていきましょう。

そもそもFXは未来の為替を予測し、現在の為替との価格差を利用して儲ける投資でした。

つまり、未来に起こる出来事を予測する必要がありますが、残念なことに我々人類は未来に起こる出来事を100%予言出来ません。

身近な話でいえば、我々人類は明日の天気でさえ完璧に予想出来ませんもんね。

しかも為替変動は政治などの様々な要因が複雑に関わっているので、その予測は困難を極めます。

このままでは「資産形成」ではなく「ギャンブル」なので、どうにか予想を100%に近づける何かが必要です。

そんな時に利用するのが「情報」です。

情報収集を行うからFXは投資として成り立つ

「なぜ情報があれば予測の精度が上がるのか?」

それは為替が変動前に必ずきっかけを見せるからです。

例えばこんなことを教えてくれます。

①日本車の輸出が増えて景気が良くなっている
②アメリカと中国の国交が貿易摩擦で険悪

このようにニュースで見るような情報が為替の値動きを事前に教えてくれます。

なぜそんなきっかけがあるのかというと為替変動は投資家心理の表れだからです。

為替は国の通貨の値段ですが、身の回りの品物と同様、人気が上がれば値段が上がり、逆の場合は値下がりします。

これは高級ブランドの服の値段が高い理由と全く同じです。ここでいう通貨の人気は、その通貨を持つ国の人気と考えてください。

もしあなたが投資家であるとして、投資する国を悩んでいるとします。

A国:いくつもの産業が発展していて経済も安泰している。
B国:内戦が頻繁に起き政治すらまともに機能していない。

当然、A国のほうに投資したくなるに決まっています。B国は存続の危機すらあるのでリターンを見込める可能性が圧倒的に低いからです。

投資家の人気が高くなればなるほど為替は値上がりしていきます。

つまり、投資家の「この国に投資したいな」という気持ちの表れが、為替の値動きに直結します。

そして投資家はどこでその判断材料を手に入れると思いますか?

そうです。

皆さんと同じようにニュースや情報メディアから毎日コツコツ「情報」を手に入れてきています。

情報がないと為替変動を判断できなくなると考えたら、取引の時になくてはならないものということがよくわかります。

もしFXで一切の情報を持たずに取引を行うことを例えるなら「ボールがないのにサッカーをしようとしている」のと同じ状態です。

FXにおいて最も効率的な手段が情報コンテンツ

下のチャート上に書いてあるのが、実際の値動きと為替変動のきっかけになったイベントです。

2011年から2017年までの米ドル円のチャートの推移
<2011年から2017年までの米ドル円チャートの推移>

どうですか?きっと皆さんがニュースで見たことあるような出来事ばかりだろうと思います。

ちなみにこのように、ある一国とその周辺諸国の経済に影響を及ぼし得るリスクを「地政学的リスク」と言います。

現代は、グローバリゼーションと通信機器の発達によりこのような情報は簡単に手に入ります。

が、「逆に、情報が多すぎてどこの情報を信用していいか分からない……」

という問題が発生してきました。

そんな時に最も有効なリソースが「FX会社の情報コンテンツ」です。

こういった情報コンテンツは「FXに特化した情報」をまとめてくれているので余計な情報で悩むことがありません。

しかも、情報コンテンツには無料セミナーも含まれており「分からないことだらけで不安だ」という方でも少しづつFXを学んでいけます。

口座開設先を選ぶ時に情報コンテンツを重視するべき理由は他ならぬ「取引の成功率を上げるため」ということになります!

FXの情報コンテンツの種類

さて、ここまででいかに情報が重要かを説明してきました。

さて次は、「情報コンテンツにはなにが含まれるのか」を説明していきましょう。

情報コンテンツの中身を分けると以下の3つになります。

情報コンテンツとは具体的に何か

  • マーケット情報

  • 市場の動向レポート

  • 無料セミナー

マーケット情報とは、その名の通り経済や世界政治の動向をまとめているもので、数多くの情報メディアによって配信されたものをFX会社がまとめています。

その経済動向をアナリストなどのプロがじっくり分析したものがマーケットレポートです。

そしてセミナーは無料オンラインで受けられるものから、会場に赴いてプロに直接教えてもらえるものまであります。

これら3つの要素をFX会社ごとに比較していきましょう。

マーケット情報の配信サイト充実度比較

まずマーケット情報ですが、取引の予想を立てる時に必須になるので、できるだけ情報の充実したところを紹介していきたいと思います。

前述の通り、FX会社は情報メディアの配信するニュースをまとめて提供しています。

なので、内容の充実度を測るために提供している情報配信メディアの数を比較していきます。

会社名 情報配信社数 情報配信社名 詳細
6 WAKABAYASHI FX ASSOSIATES
外為どっとコム総研
Fisco
株式会社チャートリーディング
FX湘南投資グループ
株式会社タートルズ
公式
3 FXi24
Market Win 24
ロイター
公式
3 Market Win 24
日本証券新聞
ダウ・ジョーンズ
公式
3 FXi24
株式会社クルーク
ダウ・ジョーンズ
公式
2 FXi24
時事通信社
公式
1 FXi24 公式
1 FXi24 公式

マーケット情報の充実度で言えば、外為どっとコムが圧倒的です。

外為どっとコムは情報コンテンツのクオリティが高く、FX業界でも情報力No.1との呼び声が高い会社です。

あまり聞いたことのない名前が多いと思いますが、なかには一般教養としても知っておくべきメディアがあるので紹介していきます。

情報①:FXi 24 と Market Win 24

「 FXi24 」・・・DZHフィナンシャルリサーチ社が24時間リアルタイムで配信している情報サービスで、「 Market Win 24 」は株式会社ジャパンエコノミックパルスが24時間リアルタイムで運営している情報サービスです。

どちらもFXに特化した情報をコンパクトに配信してくれているので余分な情報を気にする必要がなく便利です。

このFXi24は、同じくFX専門の情報サイトであった「GI24(グローバルインフォ24)」「FX WAVE」が合体してできたサイトなので「FXに特化した情報」を手に入れることができます。

主にFX関連の外国為替の推移や、要人の発言などマーケットで起こった情報を1日に100本以上タイムリーに配信しており、その内容を絡めて直前の値動きや今後の見通しを解説してくれます。

「こんなニュースがあったら為替がこう動くんだ!」という経験ベースの勉強ができるため、相場の流れを掴むのに役立ちます。

fxi24①

FXi24 はtwitterアカウントもあるので手軽に情報を収集したいという方はこちらを利用してみるといいでしょう。

情報②:経済指標

コチラは特定の情報サイトではありませんが、とても重要なので優先的に紹介しています。

そもそも経済指標とは各国の公的機関が発表する経済状況を表す数値です。

具体的には、国ごとの金利や雇用統計・失業率などが経済指標に含まれます。

トレーダーの中にはこの数値を頼りに取引している人がいるくらい重要な数値になっています。

下の画像を見てください↓
経済カレンダー

これはGMOクリック証券という会社の取引アプリの画面です。

画像のように近々発表される経済指標がずらりと並んでいます。

経済指標は決まった時間に発表されますが、事前に予測の数値が表示されており、この予測をもとに取引するかどうかを決めます。

その数値と実際の結果が乖離していないほど読みが当たっているということです。

余談ですが、このGMOクリック証券はアプリが見やすく使いやすいと評判の会社です。

アプリで空き時間に手軽に取引してみたいという方にはおすすめの会社になっているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

情報③:REUTER (ロイター)

「トムソン・ロイター」は、ニューヨークを本社に置く国際的な大手情報サイトです。

ロイター

国内外の為替情報はもちろん、企業データ、リアルタイムニュースなどのマーケット情報を網羅しています。

投資に関わってる人にとって最も有名な情報サイトといっても過言ではないほど歴史ある由緒正しいメディアです!

伝統ある海外メディアであるロイターは中立な立場で情報を発信してくれるので、情報の信頼性は非常に高いです。

FX特化のFXi24などは情報のカバー範囲が狭いので、広く経済全体を俯瞰したいという方には、ロイターなどの総合経済情報メディアがおすすめです。

情報④:ダウジョーンズ

ダウ・ジョーンズとは、アメリカの有力経済誌「ウォールストリート・ジャーナル」を発行している経済関連の通信業者のことです。

ウォールストリートジャーナル

ご存知の方も多いでしょうが、ダウが刊行している「ウォールストリートジャーナル」は世界最大の新聞として有名です。

それに加え、アメリカの重要な経済指標の1つである「ダウ平均」を考案した会社でもあり、アメリカ経済に最も大きな影響力を持つ会社のひとつだと言われています。

FXや株で稼いでいる投資家は購読していて当たり前とまで言われており、日本だけでなく世界中の情報を柔軟に取り入れる際に役立ちます。

FXトレーダーに限らず、できるビジネスマンを目指すならぜひとも知っておきたい会社です。

情報⑤:Fisco(フィスコ)

「株式会社フィスコ」が発信するフィスコレポートは、朝刊と夕刊の1日2回配信を行っているニュースです。

フィスコ

このメディアはどちらかというと株取引をしている人向けの情報が充実している印象です。

しかし、「アナリストに聞く」という機能があるのですが、そこで読者が疑問に持ったニュースについて、アナリストが顔出しで回答しています。

為替の予測や全体相場についての具体的な回答が見れるので、FX初心者にもわかりやすくて使いやすいです。

このメディアも使いやすくておすすめの情報メディアです。

以上が主要な情報提供会社です。

このくらい知っていれば市場のニュースを手に入れるのに手間取ることはありません。

プロ目線の市場分析!マーケットレポート!

各FX会社にはそれぞれプロのアナリストが在籍しているので、彼らの市場分析レポートとして我々トレーダーに配信してくれています。

為替の値動きは様々な要因で引き起こされるので、初心者や取引をし始めたばかりの人は、ニュースを見てもなかなか予想できないことが多いと思います。

少し難しい内容の時もありますが、市場分析の理解を深めることができるのでかなり参考になります。

repo-to

例えば、外為どっとコムという会社の「マネ育チャンネル」というサイトなら上記の画像のような比較的読みやすい記事も存在します。

比較的簡単な記事から読んでいき「こういうことが起こるとこんな値動きが起きるんだ!」という風に少しずつ市場分析の感覚を磨いていってください。

ただ、このようなレポートは分量があるので、速報系のニュースのように取引中に見ることは出来ません。

なので、取引が終わった後や月末くらいに値動きに対するプロの見解を見るのに使いましょう。

速報系とレポートの情報は要とにわけて使い分けるように意識するといいでしょう。

豊富で手厚いセミナー

いままでFXで取引をしてこなかった方がいきなり取引をし始めようと思っても、右も左もわからない状態に陥る時があります。

そういった時に役立てたいサービスが無料セミナーです!

だいたいどのFX会社でも初心者向けの簡単な内容から中・上級者向けの詳しい取引手法など、様々な段階のトレーダーに対応して学習できるようにしています。

また、動画で時と場所を選ばず受けられるようにしていたり、会場を設けてプロの講師と一対一で学べるようにしていたりと、その形態は様々です。

セミナーに参加することで、自分が知らなかった視点や分からなくてそのままにしていた点、難しいチャート分析の考え方などの有力な情報を得ることができます。

独学で勉強するのも大切ですが、セミナーで視野を広げたり、トレードの手法を増やすことで、さらにステップアップができるでしょう!

FXに限らず何事も始めが肝心!なのでここの章では、各FX会社のセミナー内容はぜひチェックしておくべきです!

一般的にセミナーで有名なFX会社とその特徴をまとめておくのでぜひ参考にしてください。

オンラインセミナーがおすすめ:「みんなのFX」
初心者コース:チャートから情報を読み解こう、ファンダメンタルズ分析でレベルアップ。
プライベートコース:FXの疑問・質問にお答えする60分間レッスン。
スキルアップコース:人気Youtuberが取引手法を解説!

FXの情報の具体的な活用法はTwitterで集める

FXの重要性は十分わかった。

・でもその情報をどう読み解くの…?
・どう活用したらいいの…?
・情報の活かし方わからない…?

色々な疑問が出てくると思います。情報があっても扱い方が分からなかったら元も子もありませんよね。

そんな時にオススメなのが「Twitter」「トレーダーのブログ」です。

実力のあるトレーダーが生の声で相場を予測してくれるので初心者の方にはオススメです。また相場に大きな影響を与える主要人物の「Twitter」などもチェックすることもオススメです。

ここからはチェックすべきアカウントを3つ紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

必見アカウント①:ドナルド・トランプ氏

ドナルド・トランプ

まずはこの人、アメリカの大統領のドナルド・トランプ氏です。

よくトランプ氏の「報道の多くはフェイクニュースだ!」と主張している姿を目にしますよね。

このようにトランプ氏はアメリカのメディアに対して批判的な態度をとっています。

このことが理由によりトランプ氏は「メディアを介さずに自分の生の言葉を国民に伝えたい!」という意思が強く、その手段として「Twitter」に力を入れています。

アメリカではトランプ大統領のTwitterのほんの些細な動向もニュースになることから、影響力が高いことが分かりますね。

これはもちろん為替相場にも大きく影響を与えますので、日々こまめに確認しましょう!

必見アカウント②:ニュース会社

ウォールストリートジャーナル

日経ビジネスオンラインのようなニュース会社をフォローするメリットは2つあります。

速報性・・・どこよりもいち早く情報を手に入れられる。
手軽さ・・・スマホなどでサクッと確認できる。

数あるニュース会社でもいくつかおすすめの会社をピックアップすると、「日経ビジネスオンライン」「ロイター」「ウォール・ストリート・ジャーナル」などが挙げられます。

必見アカウント③:個人トレーダー

有名な個人トレーダーは「Twitter」「ブログ」でよく具体的な見通しや取引のポイントまでこまめに発信してくれている方がいます。

やはり、いきなり自分の予測だけで取引するのは不安だと思います。そんな時は個人トレーダーの意見をぜひ参考にしましょう。

個人トレーダーは初心者であるあなたよりも遥かにトレーダー歴が長いです。参考にするにしてもしないにしても一度見てみて損はないと思います。

しかし、中にはでたらめなことを言っている人もいるので、参考にする人はしっかりと見極めましょう!

以下、何人か信頼できる先輩個人トレーダーを紹介しておきます。ぜひ参考にしてくださいね!

個人トレーダー①:たばてぃん

たばてぃんのtWITTERアカウント

大学生ながら「50万円から9か月で1000万円にした」凄腕トレーダー。

たばてぃんさんは完全に感覚でトレードしているそうです。FXにおいてもちろん戦略も大切ですが感覚も長くトレードしていくためには必要になってきます。

戦略に関しても感覚に関してもぜひ参考にしてみてください!

個人トレーダー②:大橋ひろこ

大橋ひろこのtWITTER

アナウンサー兼投資家という異色の経歴を持つトレーダー。

昔、経済系の番組で活躍していた経験を基にFXを始めました。

公式ブログには細かくチャート分析方法や、今後の取引の判断材料が丁寧に掲載されています。

国内の個人投資家が最近のトレンドをどう分析し、取引をしているかを知りたい方にオススメです。

cc

FXの情報コンテンツが充実しているFX会社3選

さてここまでで情報コンテンツを構成する要素について1つずつ見てきました。

ここからは情報コンテンツの優れているFX会社TOP3と具体的にどこが優れているのかをじっくり見ていきましょう。

口座開設先をまだ選べてなくて「いい会社ないかな…」と思っている方はぜひ参考にしてみてください!

第1位:外為どっとコム

情報コンテンツが最も優れているFX会社で真っ先に思い浮かぶのは「外為どっとコム」です!

情報を扱わせたらこの会社の右に出るものはないとまで言われており、取り扱う情報コンテンツの充実度は業界トップクラスです!

それでは業界を納得させるほどの情報コンテンツとはいったいどんなものなのか?その実態を暴いていきましょう。

の外為情報ナビ

まずマーケットの数値情報ですが、公式サイトの「外為情報ナビ」で簡単に確認することができます。

情報がカテゴリで見やすくと整理されている上に、シンプルで無駄のないデザインなので欲しい情報をスピーディに探してくることができます。

gaitame market

こういう風に分かりやすく、しかも画像付きでまとめてくれるとたくさん数字が並んでいたとしても、見る側としても軽い気持ちで確認することができますよね?

マーケット情報は、取引する度に確認しなければならないので、その時の心理的負担が小さいことは意外と重要です。

そして情報提供会社の数はなんと業界最多の6社!

WAKABAYASHI FX ASSOSIATES
外為どっとコム総研
Fisco
株式会社チャートリーディング
FX湘南投資グループ
株式会社タートルズ

FX取引経験がない方には聞きなじみがないかも知れませんが、どの会社も大和証券や外資系証券会社で経験を積んだ後に独立した金融のプロフェッショナル達が設立した会社です。

投資のプロ達が相場で実際に経験することで培ってきたいわば「生きた情報」なので、本来であれば無料で手に入らない代物です。

情報には具体的な値段をつけることは出来ませんが、確実にお得であることは間違いなので興味のある方はぜひ確認してみてください!

マネ育チャンネルでFXの楽しさを知ろう!

外為どっとコムが優れているのはマーケット情報だけではありません。

市場の情報を含め、20種類以上の為替番組、20種類以上の経済レポート、オンラインセミナー録画配信、経済指標スピード配信など豊富すぎるコンテンツを一挙にまとめたのが「マネ育チャンネル」で、外為どっとコムが誇る渾身のサービスです!

マネ育

公式サイト上で画像の上部のカテゴリから様々な情報に飛ぶことができます。

膨大な情報量なのでどんな情報が見れるのかかいつまんで紹介していきたいと思います。

①プロによるレポート情報

フィスコ」をはじめとして多数の有名執筆者によるレポートを発信しています。

外為どっとコム総研
ワカバヤシFXアソシエイツ
チャートリーディング
竹中平蔵レポート
野村雅道レポート
酒匂隆雄レポート
G.comレポート

今あげた執筆者は敏腕のトレーダーだったり、アナリストとして有名だったりするので、これらのレポートは非常に読み応えがあります。

②20種類以上の為替番組

竹中平蔵さんをはじめとする有名人が多く出演している番組動画で、分かりやすく経済の勉強を行う事ができます。

竹中平蔵動画レポート
オンラインセミナー録画配信
今井雅人実践トレードのつぼ
酒匂隆雄の週刊独り言
酒匂隆雄のFXお悩み相談室
川口一晃のFXマネー塾
野村雅道のID為替研究所
識者に聞く!外為マーケットビュー
注目の高金利通貨
今夜のトレードその前に!

ここに挙げたものは特に人気なものの一部なので、そのほかにも各通貨毎の相場見通しや、世界経済や日本経済の注目ポイント等を解説してくれる動画もあります。

外為オンラインの動画セミナーは分かりやすいと評判なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

⑤経済指標フラッシュ

これはロイター社の協力で、各国の重要な経済指標を、限りなくリアルタイムに近いスピードで通知してくれるサービスです。

前述のとおり経済指標はFXでかなり重要になってきますので、こうした通知サービスはかなり役に立ちます。

これほど多くの情報コンテンツを取り扱っているFX会社は他には無いので、情報収集用口座を探している方にとってベストの会社です。

外為どっとコムの口コミ

全般的にサービスが高品質申し込みから口座開設完了までは数日で、すぐに取引が始められました。通貨ペアがかなり揃っているのは嬉しいですね。あと、キャンペーンで口座開設しただけで1,000円もらえたのもgoodでした。
中でもここの会社で一番気に入っているのが、スプレッドが広がりにくいところですね。雇用統計発表とか不安定になりやすい時なんかも安定しています。スベることもあまりないので非常に好感が持てますね。
キャンペーンなども定期的にやってくれますし、長く付き合うには良い会社です。
マネ育チャンネルが楽しい
旦那が金融系の仕事に就いてるのがきっかけでお小遣い稼ぎになりそうなFXに興味を持ちました。
全く予備知識が無かったので安心して始められるようにと思い、セミナーが充実していると噂の「外為どっとコム」で口座を開設しました。テレビで見たことがあるような有名な投資家の方達のインタビュー記事やコラムなどがたくさんあるので、全く知識のなかった私でも楽しく勉強出来ています。はじめのうちはなかなか利益が出なかったんですが、マネ育で勉強したことを活かして月にちょっとしたへそくりが貯まるまでになりました。初心者の方には本当におすすめの会社さんですよ。

初心者にも使いやすい取引ツール基本的には、サ-バ-がしっかりしてるのでエラーにでくわしたことが一度もなく安心して取引ができています。約定スピードはまぁまぁ早いが、よく滑るのが残念です…。スプレッドは他社と比べて若干広い感じもしますが、私にとって許容範囲ですね。取引量に応じたキャッシュバックがあるキャンペーンをやっていて条件も緩いのでキャッシュバック狙いでやってもいいかもしれませんね。サポート体制もしっかりしていて電話も繋がりやすく普通に良心的な会社だなーと思ってます!

(引用:価格.com)

第2位:外為オンライン

次に情報コンテンツが優れたFX会社は「外為オンライン」です!

ここの会社は特に、セミナーに力を入れているのが特徴です。

外為オンラインが提供しているレベル別のオンラインセミナー
外為オンラインのレベル別のオンラインセミナー

そもそもFXは何か?」という本当の初歩の内容に始まり、

パソコンの使い方
取引に必要なリスク管理の仕方
自動売買注文の「iサイクル注文」の使い方
チャート分析とテクニカル分析の勉強

などFXに関係する幅広い分野から、自分が知りたい所だけを学ぶ事ができます。

しかも、このセミナーは全国で受けることができます!

なので、1からセミナーを利用してプロの先生と一緒にFXを勉強したいという人には、外為オンラインがピッタリでしょう。

外為オンラインのおすすめ会場セミナー

初心者向け:
はじめてのFXセミナー
FX取引入門セミナー
FX投資戦略セミナー
iサイクル注文セミナー
チャート分析&テクニカル分析入門
通貨戦略とリスク管理
操作説明セミナー

中級者向け:
アナリスト佐藤のFXの扉
はじめの一歩
アナリスト佐藤の実践セミナー
アナリスト佐藤の一目均衡表セミナー

外為オンラインの口コミ

とにかくニュースが早い!リッチアプリ版を使っていますがとにかくニュースが早いです。ただし、見やすいように編集されては無いので見慣れるまでには時間がかかりますが、一度慣れてしまえばなんてことはないです。
急な値動きの分析には重宝します。FXをメインでトレードしていなくてもここのアプリはとても有益なのでオススメです。

全国各地で無料セミナーが受けられる外為オンライン公式HPのテクニカルチャート分析の解説は、とても分かりやすくて参考になります。また、各地で開催されている無料セミナーに参加しましたが、0からみっちり教えてくれるので勉強になりますよ。私が行った回はたまたま人が少なかったので予定時間を過ぎても先生が質問などに答えてくれたので満足度は高かったです。たまにFXの攻略本のプレゼントがあったりしますので、時間のある方にはお薦めです。

取引アプリが使いやすいです。何社か取引アプリを使用していますが、外為オンラインが一番使いやすいと思います。シンプルな設計になっているので初心者向けには最適だと思います。ただ、昔は豪ドル、NYドル等のオセアニア通貨のスワップが高かったのですが、最近は他の業者より低めなので少し残念です。スプレッドも比較的低いのですが、アメリカランドドルだけ高いです。まぁ取引アプリケーションの使いやすさはNo.1なので私は満足しています。
(引用:価格.com)


第3位:YJFX!

3位にランクインしたのはYahoo!グループの運営する「YJFX!」です。

この会社は情報力も豊富なうえに、取引アプリの使いやすさが業界No.1です!

そんなYJFX!の情報コンテンツとはどうなっているのかを見ていきましょう!

<

スペシャルトレンド・レポート

YJFX!独自の分析レポート

YJFX!では元大手外銀為替営業本部長の今野実氏が手掛ける「相場分析レポート」や、YJFX!が独自で保有しているYJFX!マーケット分析チームによる「ウィークリーレポート」が閲覧可能です。

つまりYJFX!でしか見ることができない、独自の分析レポートを見る事ができます!

また情報の見やすさも考慮されており、YJFX!の取引画面のマーケット情報の画面から一覧で、

現在の為替相場の変化
速報系ニュース
分析レポート

見る事ができます。


YJFX!のマーケット情報画面

YJFX!の口コミ

Tポイントが貯まる!なんといってもTポイントが貯まるのが大きい!初月はランク以下でも最大3倍まで上がります。私の場合は現時点で月4000ポイント前後貯まってきています。またMT4チャートも使用できるのが嬉しい。やはりシンプルなのにカスタマイズの幅もダントツで多く、使用できるインジゲーターなども世界基準のチャートなので俺といった不満はありませんね。注文の解りやすさも抜群だと思います。

FX始めるならYJFX!まずFXを始めてみたい!という方に向けて。おそらくまだ未経験の方は少ない金額から試したい、と思われているでしょう。YJFX!であれば4,000円程あれば取引し始められるので、これなら失敗しても安心できるでしょう。コスト面はどの通貨でも安定して安いので特に気にしなくても大丈夫です。それからサーバーからのレスポンスは今のところ不便はしていません。これらのことを考えて、YJFX!はかなり初心者に対して適している会社だと思います。Yahoo!グループが運営しているというもの安心して利用できる理由ですね。
(引用:価格.com)

この記事を読んだ人によく読まれている記事

関連記事即日使える!5分で集められるFXの情報収集方法教えます!! 関連記事板情報の見方を優しく解説!外為どっとコムで実際に表示させてFX取引!