アプリ記事のアイキャッチ

今回はスマホでFXの取引を体験したい方や選び方を迷っている方におすすめのFXアプリを紹介していきます。

先生(ワンポイント)

LINEやツイッターを開く感覚で、FXも携帯端末でトレードできたら嬉しいですよね。

スマホアプリ人気業者一覧

また今回は、23社のスマホアプリから4つのアプリを紹介していきます。是非最後まで読んでみてください。

会社名 使いやすさ チャート
分析
情報機能 公式

公式サイトへ
公式

公式サイトへ
公式

公式サイトへ
公式

公式サイトへ
公式

スマホアプリが近頃注目される理由とは

ここ当サイトへのアクセスのうち70%がスマホアプリで訪問しています。

また、FX会社によっては、取引の半分以上がスマホで行われているようです。

スマホは日常の全てを担っているため、それに伴いFX会社もスマホアプリに力をいれていることは明らか。

利用者がストレスなく取引してもらうために操作しやすいしているんですね。

次に、スマホアプリが支持されている理由を紹介していきます。

スマホアプリトレードのメリット

ここからはスマホアプリで取引するメリット2を紹介します。

  • 1
    いつでも・どこでもトレードできる
  • 2
    PCツール並みの操作性・機能性

場所・時間に関係なくトレードできる

スマホアプリは24時間FXトレードできる
※日本時間を基準にしています。

スマホは持ち運びが便利ですので、会社や行き帰りの電車など、24時間どこでも取引することが可能です。

ホーム画面からワンタップでチャート画面や注文画面を開けるため、スマホゲームと同じぐらいスピーディーに取引できます。

また、スマホアプリは約1秒ずつリアルタイムにチャートが更新されるため、高スペックのPCに近い条件で取引可能。

起動に時間がかかり、持ち運びが不便なPCと比べると、スマホアプリの機動性・手軽さが支持されているんですね。

先生(ワンポイント)

ゲームアプリより、通信容量がかかるので注意が必要ね

さらにスマホからの口座開設も主流になり、YJFX!なら「最短即日」で口座開設完了!

取引ごとにPayPayでキャッシュバックがもらえるキャンペーン中ですので、お得に早くFXを始めてみてください!

PCツール並みの操作性・機能性

男(疑い)

PCのアプリよりも性能が落ちるんじゃね?

スマホとPCの性能はもはや同じと言っても過言ではありません。

マニアックなテクニカル指標や莫大なチャート画面を使用する裁量トレーダーだと不便さを感じますが、最低限度のテクニカル指標や操作性は兼ね備えています。

注文方法や描画ツール(チャートにラインを引くなど、PCでできることのほとんどがスマホでも可能です。

  • 指を使って、マウス以上にスムーズに操作できる
  • アラームやプッシュ通知機能が発達している
  • 機動性は上回る勢い

スマホトレードを慣れていくと、スマホアプリの更新と共に自分のトレードの幅も大きくなります。

先生(ワンポイント)

次はスマホアプリの選び方について紹介していくわ

スマホアプリの裏側を徹底解説

スマホアプリと言っても、少し漠然としていますよね。

実際にアプリストアで検索してみるといろんなアプリが表示されて選べない・・・

デモトレードアプリとFX会社アプリ
※今回、デモトレードは架空のものを用いています。

実は、スマホ用に配信されているアプリはIT会社のアプリFX会社のアプリの2種類に分けることができます。

スマホ画面がアプリでいっぱいになる前に、この2種類のスマホアプリを理解していきましょう。

デモトレードアプリ

デモトレードアプリの詳細
デモトレードアプリとは、FX会社とは関係のないIT会社が開発したアプリです。

その名の通りデモトレードのみの取引となっており、FXコラムや動画コンテンツを掲載しています。

テクニカル指標の機能がないものが多く、経験者からするとFXというよりゲームに近いですね。

アプリで勉強よりも、FX書籍を一冊購入して勉強した方がより理解が深まると思います。

FX会社のスマホアプリの実は・・

FX会社アプリがおすすめ
※SBIFXトレードのみ1通貨単位取引(100円から)可能

次にFX会社が開発しているスマホアプリを紹介します。

FX会社と口座・金融機関が直結しており、FX口座に入金すればすぐに取引が可能です。

また、最近では少額取引が一般的で、100円~1万円ほどの少額からスマホアプリで手軽に取引できるのも魅力の1つでしょう。

ここからは、FX会社のスマホアプリをさらに詳しく紹介します。

自社開発アプリと外注アプリ

FX会社のアプリは大きく分けて、以下の2つに分類されます。

  • 1
    自社開発アプリ
  • 2
    外注アプリ

自社開発アプリ

自社開発アプリとは、FX会社が自社でアプリ部署を設けてスマホアプリの開発・改善に取り組んでいるものです。

自社開発アプリ

DMMFXやGMOクリック証券の上位2業者は事業領域も広く、大手の会社ということだけあって、アプリ開発に力を入れているのは一目瞭然。

他にも自社では公言していませんが、YJFX!の「外貨ex」というスマホアプリも元の会社サイバーエージェントが関わって開発したアプリなんですね。

自社開発しているメリット
外注コストを削減し、自社で徹底してアプリ開発を行っている。
アプリの更新頻度が比較的高い

外注アプリ

アプリストアのFXスマホアプリをダウンロードするとログイン画面やチャート画面のデザインが似たFX会社がありました。

大きな声では言えませんが、私の知る限りでは、20以上のアプリが1つのアプリ開発業者が請け負っているものです。

操作性やデザイン面に少し差が出ているので使っていると分かるかも知れません。

アプリを選ぶ基準とは?

スマホアプリの概要を掴んだところで、ここからはアプリを選ぶ基準について紹介します。

アプリを選ぶポイントはたくさんありますが、必要と不要なポイントに分けてみていきましょう。

スマホアプリにあってほしい3つのポイント

スマホアプリを選ぶ際には以下の3つのポイントを確認しましょう。

描画ツールの有無
チャート分割
スピード注文画面

FXアプリのポイント3つ

描画ツール

まずFXトレードに欠かせないのがライン描画です。

描画ツールで縦・横・斜めにラインを引くことによって、相場の方向性や抵抗・反転の目安を判断します。

感覚だけで取引しないように、初心者の方には是非試してほしいツールです。

テクニカル分析と合わせて行うことで、根拠のある取引を行うことができます。

チャート分割

チャート分割は、スキャルピング・デイトレードでFXを始める方にとって特に重要な項目です。

5分足などの短いローソク足のチャート画面で取引する際には、相場の大きな流れをつかむために、日足~1時間足のチャート画面も確認する必要があります。

5つの通貨ペアのそれぞれの時間足のチャート画面を1つ1つ開いて確認すると時間がかかるため4分割までは欲しいですね。

スピード注文

スキャルピングトレードでは数十秒で売買を終了することもあるため、チャート画面と注文画面を切り替えていると取引が間に合わないことがあります。

以下の画像のように、チャートと注文が同画面で表示されていれば、取引チャンスにいち早く反応することが可能です。

取引ツールを選ぶ際は、チャート画面を表示したまま注文が出せるFX会社を選びましょう。

あったらいいなポイント

情報コンテンツ
豊富なテクニカル指標
柔軟なスマホデザイン

FX会社のスマホアプリを比べる際は上記の3つについても確認しておきましょう。

FX会社によっては動画コンテンツやレポートを確認できるアプリが多いため、FXの知識やニュースをいち早く得たい方は情報コンテンツの豊富さにも注目してスマホアプリを探しましょう。

スマホアプリに搭載されているテクニカル指標の種類は8種類~12種類ぐらいが理想です。

種類の数も大切ですが、1度に表示できる最大表示数も意識してみてください。

また、自社開発されたスマホアプリはデザインが洗練されており、細かい設定や使用感にも差があるので必見です。

スマホアプリを総合力で選ぶならこの2社

ここからは、スマホアプリを自社開発している業者でスマホアプリの評判が特に高いトップ業者を紹介します。

実践的なGMOクリック証券アプリ

  • Point.1

    スマホアプリ史上最強の描画ツール

    FX取引には欠かせないライン描画をスマホでも実現。 縦・横・斜めだけでなく、フィボナッチリトレースメントやボックスツールまで搭載!

  • Point.2

    縦・横表示に対応の「スピード注文チャート」で取引タイミングを逃さない!

    短期トレードには欠かせないスピード注文が縦・横表示両方に対応しています。またロウソク足画面を切り替えても反映され続ける高い性能が特長!

  • Point.3

    スマホ注文革命をおこした「Actionボタン」が登場

    1タップ注文ではまかなえない、OCO・IFD・IFO注文がチャート画面上で感覚的に注文できます。数値入力の手間を省き、PC並みの高度なトレードが実現できます。

スマホアプリの常識を超えた、正確無比な5種類ものトレンドライン描画

GMOクリック証券の「GMOクリックFXneo」の描画ツールを紹介します。

  • 縦・横・斜めのライン
  • レンジ相場を見分ける四角いボックスツール
  • トレンドの発生・収束には鉄則!三角ツール
  • 相場の上下を統計的に解析!フィボナッチリトレースメント

GMOクリック証券のスマホアプリの描画ツールは画面を拡大・縮小することができるので、思い通りのライン描画と相場分析が可能です。

さらに、縦表示と横表示に描画ツールは対応しているだけでなく、ロウソク足チャートの種類を切り替えても反映されます。

ここまでくるとPCとまったく同じ性能だと断言できますね。

GMOアプリ描画ツール①
GMOアプリ描画ツール②
GMOアプリ描画ツール③

テクニカル指標は一度に最大5つ表示可能で、テクニカル指標のチャート画面テンプレートも3パターン保存できるので、長期・短期の相場分析で使い分けることができます。

GMOアプリのテクニカル指標①
GMOアプリのテクニカル指標②
GMOアプリのテクニカル指標③

「スピード注文チャート」で取引タイミングを逃さない!

特に数分単位でトレードするスキャルピングの場合は、アプリでのチャートと注文画面をいったりきたりする時間が、経験を積むほど勿体なく感じるものです。

そんな切り替えのストレスを軽減してくれるのが「スピード注文チャート」です。

GMOアプリ 注文画面

同一通貨の全決済注文が可能で、チャートを見ながら1タップでスピーディーな取引ができます。

さらにGMOクリックFXneoでは、画面の切り替えボタンがあるので、縦・横表示の切り替えも自由自在。

片手間で取引するときは縦表示、じっくりトレードするなら横表示と使い分けてトレード・注文が可能です。

直感でOK!スマホ注文革命をおこした「Actionボタン」が登場

GMOクリックFXneoのアプリの最大の魅力が「Actionボタン」です。

「Actionボタン」を用いることで、利益確定注文・損切り注文をスムーズに行うことができます。

具体的には、以下の画像のように、

  • 1
    「Actionボタン」をタップ
  • 2
    利益確定注文・損切り注文に使う注文方法を選択
  • 3
    チャート上で取引価格を決定

の3ステップを行うだけ。

GMOアプリ注文方法①
GMOアプリ注文方法②
GMOアプリ注文方法③

線をスライドさせて売買値を決めるので、ムダなく、素早くトレードすることが可能です。

入力に手間がかかりがちなOCO注文・IFD注文も直感的に行えるのが「Actionボタン」の嬉しいポイントですね!

感覚的に注文できるこの画期的「Actionボタン」はGMOクリック証券独自のツールです。PCアプリで定評だったのが晴れてスマホデビューしました。

徹底的にサポートならDMMFXトレードアプリ

  • Point.1

    24時間LINEサポート

    電話で聞くほどでもない素朴な疑問も気軽にトークで解消できます。電車や静かな場所でもOK

  • Point.2

    口座状況や売買比率など、際立つ情報の見易さ!

    ログイン画面に口座の残高が表示されて安心!売買比率は取引の方針や困ったときに参考になる

  • Point.3

    見た目以上のスマート!洗礼された操作性!

    チャート画面⇒スピード注文⇒分割チャートまでの一連の動作もスムーズ!好みに合わせた背景カラーを選択してみてください。

24時間LINEで疑問解決!手厚いサポートがDMMアプリの強み

DMMFXアプリLINEサポート①
DMMFXアプリLINEサポート②
DMMFXアプリLINEサポート③

手厚いサポートが満載のDMMFXの一番の魅力は24時間LINEサポートです。

会社や学校で電話ができない状況や、夜中のトレード最中のふとした疑問をさくっと質問できます。

FX会社によっては、お問い合わせを17時までにしているところも多い中、DMMFXの24時間LINEサポートは良心的なサービスと言えるでしょう。

口座状況や売買比率など、情報の見易さが際立つ

DMMFXアプリ際立つ情報の見易さ①
DMMFXアプリ際立つ情報の見易さ②
DMMFXアプリ際立つ情報の見易さ③

DMMFXのスマホアプリは上記のような洗練されたスタイリッシュなデザインが特徴。

シンプルでわかりやすい画面構成のため、初心者の方も直感的に取引できます。

他にも売買比率といった、売り買いの勢力をみることも可能です。

洗礼されたシンプルなデザイン テーマカラーはブラックとホワイト

DMMFXアプリシンプルなデザイン③
DMMFXアプリシンプルなデザイン②
DMMFXアプリシンプルなデザイン①

FX会社によってスマホアプリのデザインや操作性は大きく異なります。

DMMFXのスマホアプリはカラーバランスがよく、中には昼と夜で背景を切り替えるトレーダーさんも。

さらに、他のFXのアプリに比べて、フォントやレイアウトやカラーバランスがまとまっており、スマートな印象です。

先生(ワンポイント)

DMMFXのスマホアプリの使いやすさは文句無しのレベルね。選んでおいて後悔することはないと思うわ。

少額FX会社アプリ

ここまでは、1万通貨単位から取引できるDMMFXとGMOクリック証券を紹介してきました。

ここからは「もっと少額で取引したい」という方のために、1000通貨から取引でき、スマホアプリにも定評のあるFX会社を紹介します!

YJFX!
少額×本格トレードならここ
ヒロセ通商
スキャルピング(超短期トレード)でスマホカスタマイズ◎
外為どっとコム
10種類の豊富な情報コンテンツ

少額×本格派ならYJFX!の外貨ex

YJFX!スマホアプリ外貨ex」

  • Point.1

    描画ツール ライントレード 少額×テクニカルならYJFX!

    描画ツールで実践的にトレードできる!さらに少額取引なのでリスクも少ない!

  • Point.2

    「スピード注文チャート」で取引タイミングを逃さない!

    チャートを見ながら売買注文ができるので、取引のタイミングを逃さない!

  • Point.3

    レポート、ニュース系をリアルタイムでチェック

    初心者も使いやすいスマホアプリ

ワンタッチ注文

ワンタッチ注文は、スピード注文と同じ機能であり、チャート画面の右上の切り替えボタンをタップすることで、注文ボタンが表示されます。

ワンタッチ注文の設定をカスタムすることで、取引量だけでなく、自動で利益確定ポイントや損切りの値を決めた注文が可能です。

YJFX!アプリ画像

しかし、YJFX!のスピード注文機能はスマホを横にすると消えてしまうため、スマホを横にしてゆっくりトレードしたい時には物足りないかもしれません。

少額×テクニカルならYJFX!

テクニカル指標はトレンド系4種類、オシレーター5種類を搭載しており、他のFX会社のスマホアプリ遜色ないレベルです

YJFX!のスマホアプリの性能として、注目しておきたいのが充実したライン描画機能

以下の画像のように自由に線を引くことができ、トレンドライン・平行ライン・水平ライン・垂直ライン・フィボナッチリトレースメントの5種類が利用できます

YJFX!アプリ描画ツール①
YJFX!アプリ描画ツール②
YJFX!アプリ描画ツール③

またマグネット機能により、狙ったローソク足の位置にしっかり線を引くことができます。1000通貨単位取引業者の中ではトップクラスの使いやすさですよ。

YJFX!アプリテクニカル指標①
YJFX!アプリテクニカル指標②
YJFX!アプリテクニカル指標③

テクニカル指標もシンプルなデザインで見易さも注目ポイント。

トレンド系テクニカル指標は最大6種類まで、オシレーター系は1つまで1画面に表示可能です。

レポート、ニュース系をリアルタイムでチェック

YJFX!アプリ情報コンテンツ①
YJFX!アプリ情報コンテンツ②
YJFX!アプリ情報コンテンツ③

YJFX!はオンラインセミナーを月2回開催しているほか、既存のYoutubeチャンネルには1時間の長さの動画がなんと120本以上も投稿されています。

毎週の第一金曜日に発表される「米雇用統計直前セミナー」は要チェックです。

スマホアプリからも確認できるので、外出先でもセミナーやニュースをリアルタイムで閲覧できるので、電車の通勤・通学や家事の合間の空き時間で情報収集することができます。

プッシュ通知機能の充実

このプッシュ通知機能の充実が、外貨exの最大の特徴です。

為替相場があらかじめ決めておいた指定価格に達したことを知らせてくれるリミッター通知、売買シグナル通知、相場変動通知、経済指標の速報値など、数多くの通知機能が搭載されています。

YJFX!アプリプッシュ通知機能

スマホアプリ外貨exに搭載されている通知機能の詳細は以下の通りです。

相場変動通知
高値と低値の差が15分以内に25Pips以上変動したときに通知(米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円が対象)
経済指標通知
各経済指標の速報を通知。重要度別(重要度 高・中・小)にプッシュ通知を受け取る設定が可能。経済指標の確認漏れがあったときに助かります。
リミッター通知
自分で設定したレートに到達した時に、プッシュ通知とメールで通知。
シグナル通知
前営業日に日足で移動平均線がゴールデンクロス/デッドクロスすれば、当日AM7:05頃に通知。(全通貨ペアが対象)

操作性・自由度◎スマホでスキャルピングならヒロセ通商

LIONFXスマホアプリ

  • Point.1

    シンプルかつ高機能なチャート画面

    テクニカル指標を最大5つまで表示可能!チャート画面も切替要らずで楽チントレードです。描画機能も備えられているのでスマホアプリでも妥協なくトレードしたい少額とレーダーにオススメです。

  • Point.2

    スキャルピングを公認!アプリの操作性・自由度◎

    通知機能だけでなく、ホーム画面からチャート画面・注文画面を表示させることができます。チャート画面での注文可能。

  • Point.3

    好みに合ったカスタマイズを!

    操作性だけではありません。トレーダーの好みにあった背景、テクニカル指標、メニュー画面の色や組み換えが可能です。

シンプルかつ高機能なチャート画面

トレンド系(6種)、オシレーター系(7種)の合計13種類のテクニカル指標のうち、5つを同時に表示することができます。

オシレーター系を2つ表示できるので、本格派のテクニカルトレーダーを目指す方にオススメです。

また、ヒロセ通商のPC版アプリである「LION FX Plus+」もスマホでも表示することが可能です。

LION FX Plus+

通信量に少し負担がかかりますが、スマホアプリの2倍以上の30種類ほどのテクニカル指標が搭載されているためマニアックなテクニカル分析がしたい方におすすめです。

好みに合ったカスタマイズを!

ヒロセ通商のアプリはカスタマイズの自由度の高さにも人気があります。

アプリのデザインはシンプルなのですが、初心者の方が使い慣れてカスタムしていけばオンリーワンのアプリになることは間違いありません。

LION FXではチャートのロウソク足の色や、テクニカル指標のラインの色を細かく変更することができます。

ヒロセ通商アプリカスタマイズ①

背景色やロウソク足のラインも個別に指定できるので併用している他のFX会社アプリのカラーに合わせることも可能です。

他にも、「LION分析ノート」という機能が搭載されており、過去の取引データから自分の取引のくせや強みを見つけることができます。

LION分析ノート

損益を売り・買いごとに表示してくれるだけでなく、全体の損益比率も確認することができます。

ついついおろそかになってしまうトレード分析をアプリでサポートしてくれる便利機能です。資金管理にも役立てましょう。

情報量でアプリを選ぶなら外為どっとコム

外為どっとコムアプリ「NEXT neo」

  • Point.1

    10種類の情報コンテンツ

    外為どっとコムは情報量に定評のあるFX会社です。スマホアプリで10種類のニュースやレポートを閲覧できるのはここだけ!

  • Point.2

    「スピード注文チャート」で取引タイミングを逃さない!

    スピード注文はスマホトレードには欠かせません。さらに上下一方向動く相場を追って自動で売買注文や決済を行ってくれるトレール注文も可能です。

  • Point.3

    16種類のテクニカルが使いやすい!

    他のFX会社のアプリに比べて、圧倒的なテクニカル指標数を誇ります。多さだけでなくチャート画面の表示も3タイプに分けることができるので、使いやすさにも注目です。

10種類の情報コンテンツ

外為どっとコムアプリの情報コンテンツ
外為どっとコムでは、4種類のニュースと6種類のレポートが表示されており、業界トップクラスの情報量を配信しています。

「G.comデイリーレポート」や「外為トゥデイ」はチャートと合わせて毎日更新されており、その日・次の日の相場戦略に役に立つでしょう。

使い勝手の良いスピード発注機能。決済はトレールも選択可能

外為どっとコムの注文方法
短期売買に便利な即時発注「スピード注文」がアプリにも搭載!チャンスを逃がすことなく売買ができます。

16種類のテクニカルが使いやすい!

外為どっとコムアプリの16種類のテクニカル指標
スマホ版外貨ネクストネオはトレンド系8種類・オシレーター系8種類、全16種類のテクニカル指標が利用可能です。

アプリ以外で比較したい方はこちら

  • 資金
  • スマホアプリ
  • キャンペーン・特典
  • 自動売買
  • 情報量
  • トレードスタイル
順位 会社名 1万通貨 1000通貨 1通貨 公式
第1位 GMO公式サイト 公式
第3位 YJFX!公式サイト 公式
第2位 DMMFX公式サイト 公式
ヒロセ通商公式サイト 公式
順位 会社名 テクニカル指標 チャート分割数 スピード注文 描画ツール 情報力 公式
第1位 GMO公式サイト 12 16分割 公式
第3位 YJFX!公式サイト 13 4分割 公式
第2位 DMMFX公式サイト 9 4分割 公式
外為どっとコム公式サイト 16 4分割 公式
ヒロセ通商公式サイト 13 4分割 公式
順位 会社名 キャッシュバック 難易度 条件 景品キャンペーン 公式
第1位 ヒロセ通商公式サイト 公式
第3位 GMO公式サイト 公式
第2位 FXブロードネット公式サイト 公式
外為どっとコム公式サイト 公式
DMMFX公式サイト 公式
外為オンライン公式サイト 公式
順位 会社名 取引単位 タイプ ストラテジー数 通貨ペア スプレッド
米ドル円
スマホ対応 公式
第1位 FXブロードネット公式サイト 10,000通貨 リピート型 なし 24 0.3 公式
第2位 外為オンライン公式サイト 1,000通貨 リピート型 なし 26 1.0 公式
第3位 インヴァスト証券公式サイト 5,000通貨 ストラテジー型 6,000以上 26 変動 公式
セントラル短資FX公式サイト 5,000通貨 ストラテジー型 300以上 22 変動 公式
順位 会社名 速報系 レポート系 セミナー 情報量 情報質 公式
第1位 外為どっとコム公式サイト 公式
第2位 外為オンライン公式サイト 公式
第3位 YJFX!公式サイト 公式
順位 会社名 スキャルピング向け デイトレード向け 公式
順位 スキャルピング公認 スプレッド
米ドル/円
情報力 通貨単位
第1位 GMO公式サイト 0.2 10,000 公式
第1位 外為どっとコム公式サイト 0.3 1,000 公式
第1位 DMMFX公式サイト 0.3 10,000 公式
第1位 ヒロセ通商公式サイト 0.3 1,000 公式
第1位 FXブロードネット公式サイト 0.3 10,000 公式
順位 会社名 スイングトレード向け 公式
順位 スワップポイント 通貨ペア
順位 米ドル ポンド 豪ドル NZドル
第1位 GMO公式サイト 20 公式
第1位 DMMFX公式サイト 20 公式
第1位 外為どっとコム公式サイト 20 公式
第1位 ヒロセ通商公式サイト 50 公式
第1位 SBIFX公式サイト 26 公式
第1位 FXブロードネット公式サイト 24 公式

※スプレッドは原則固定(例外あり)

FXのおすすめアプリに関するよくある質問

Q1.スマホアプリで取引するメリットって?

A.スマホアプリで取引するメリットは主に2点あります。
1つ目は「いつでも・どこでもトレードできること」で、スマホは持ち運びが便利ですので、会社や行き帰りの電車など、24時間どこでも取引することが可能です。
2つ目は「PCツール並みの操作性・機能性」で、注文方法や描画ツール(チャートにラインを引くなど、PCでできることのほとんどがスマホでもできます。

Q2.おすすめアプリを選ぶ基準は?

A.スマホアプリを選ぶ際には次の3つのポイントを確認しましょう。
「①描画ツールの有無 」「②チャート分割 」「③スピード注文画面」が自分の取引スタイルや理想に合っていると、トレードでも自分にアプリを操れ、より精度の高い取引が可能でしょう。

Q3.アプリにあったらいいなってポイントは?

A.「情報コンテンツ」「豊富なテクニカル指標」「柔軟なスマホデザイン」の3点です。
また、テクニカル指標は種類の数も大切ですが、1度に表示できる最大表示数も意識してみてください。