ローソク足はチャート分析の基本と言われるほど代表的なテクニカル指標で、トレーダーの中にはインジケーターを表示せずローソク足チャートだけでトレードする人もいるくらいです。

ただローソク足にはたくさんの種類や組み合わせがあって何から覚えればいいのかわからない・・そんな方も多いと思います。

ということで、この記事ではローソク足の正しい見方から、覚えておきたい鉄板パターンまでエフキャン編集部の”つのだ”がイラストを使ってわかりやすく解説していきます。

つのだ(笑顔)つのだ

ローソク足はチャート分析の基本!形やパターンの説明だけでなく、値動きの特徴と合わせてローソク足を解説しているので、ぜひ最後まで読み進めてほしいのです!

この記事を読んでわかること

  • ローソク足の正しい見方

  • ローソク足の形から値動きを分析する方法

  • ローソク足の鉄板パターン3選

ローソク足とは?

ローソク足は最も基本的なテクニカル指標

ローソク足とは一定期間の相場の値動きを視覚化したもので、ローソクの形に似ていることからローソク足と呼ばれています。また複数のローソク足を並べることで価格の推移を示した指標を「ローソク足チャート」と言います。

ローソク足チャート

  • ローソク足→一定期間の値動きを視覚化したもの
  • ローソク足チャート→ローソク足を組み合わせて価格の推移を示したもの

そして、ローソク足が最も基本的なテクニカル指標と言われる理由は、ローソク足が示す値動きそのものが、すべてのテクニカル指標の基準となるからです。

例えば、最も有名なインジケーターの移動平均線は一定期間のローソク足の終値を平均値を線でむすんだ指標です。他にも多くのインジケーターの計算式にはローソク足の価格が用いられています。

移動平均線のイラスト

他にも三尊やダブルトップと呼ばれるチャートパターンは見方を変えれば、ローソク足の集合体と考えることができますね。

つのだ(笑顔)つのだ

このようにローソク足は多くのテクニカル指標と強く関係している!

そのため、数あるテクニカル指標の中でも最も基本的な指標だと言われているのです。

さらにローソク足は1本の形から売りと買いの強弱を把握したり、並び方を見ることでトレンドの流れや勢いも把握することもできるので、チャート分析はローソク足だけで十分!というトレーダーも少なくありません。

ローソク足から値動きの勢いを把握する

ローソク足からレンジとトレンドを把握する

つのだ(笑顔)つのだ

今や世界中で使われているローソク足ですが、実は江戸時代に本間宗久という相場師が米取引のために開発したチャートだと言われているのです!

ローソク足の見方

具体的なローソク足の種類や組み合わせの説明の前に、ローソク足の見方について解説していくので、まずは基本をしっかり押さえましょう!

4本値(よんほんね)とは?

まずローソク足で覚えておきたいことは「4本値(四本値)」です。ローソク足は始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4つの価格でできています。

また始値より終値が高く、最終的に値上がりしているローソク足を「陽線」といい、反対に始値より終値が安く値下がりしているローソク足を「陰線」といいます。

さらにローソク足を分析する上で欠かせないのが「実体」と「ヒゲ」です。

始値と終値で囲まれた四角い部分が「実体」、実体の上から高値までを「上ヒゲ」実体の下から安値までを「下ヒゲ」と呼ぶので覚えておいてくださいね。

つのだ(笑顔)つのだ

ローソク足の形や並び方を見て値動きを分析する際に、ヒゲと実体の長さに注目することが多い!

実体やヒゲ、足全体の長さをみることで相場の勢いを把握することができるので、しっかり覚えておきましょう!詳しいことは後半で解説します!

陰線と陽線ができるまでのレートの動きを知ろう!

ローソク足の仕組みを言葉で説明されても、いまいちピンと来ないと思うので、ここでは日足を例にしてローソク足ができるまでの流れをイラストで解説していきます。

下の図は1日の価格の推移をイラストにしたものです。まずローソク足は陰線・陽線に関係なく【始値→終値】の順に価格が決まることを押さえておきましょう。

そして今回のローソク足は終値が始値よりも高いレートなので陽線になることがわかりますね。

ローソク足(陽線)の価格の推移

ただ高値と安値をつけるタイミングはローソク足によって異なり、同じ形のローソク足でも途中の値動きがまったく異なることもあります。これについては同じ2つの陰線で値動きが異なる例を解説します。

価格の推移

  • ①始値→安値→高値→終値
  • ②始値→高値→安値→終値

ローソク足(陰線)の価格の推移

ローソク足(陰線)の価格の推移その2

このように、同じ陰線でも高値と安値をつける順番が反対であることがわかりました。

また日足1本では高値・安値の付け方などの細かい値動きまでは把握できないので、多くのトレーダーは日足とは別により短い時間足を使って値動きを分析しています。詳しくは次の章で解説していきますね。

ローソク足1本は一定時間の値動きを表す

先ほどは「日足」を例に解説しましたが、そもそもローソク足1本はある特定の期間(5分・4時間・1日など)の値動きを示しています。なので、「1時間足」や「週足」などさまざまな期間が存在します。

代表的な時間足

  • 週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足など

また1本のローソク足は短い時間足を用いて分解できることも押さえておきたいポイントです。

例えば1本の日足は24本の1時間足、6本の4時間足を1本のローソク足で表したものともいえますね。

ローソク足の時間足の見方

そして、ローソク足チャートを分析する際には、長い時間足から短い時間足へと時間足を切り替えて分析するのが良いとされています。

例えば、デイトレーダーならまず直近の日足から大きな値動きを把握して、次に1時間足や15分足などの短い時間足でエントリーのタイミングを考えるといった感じです。

マルチタイムフレーム分析のイラスト

つのだ(笑顔)つのだ

トレードスタイルや手法によって分析するローソク足は異なりますが、チャート分析の際には、全体の流れを見る時間足とエントリーのタイミングに用いる時間足を使い分けることが大切と言われています。

複数の時間足をつかった分析方法は次の記事で解説しているので、合わせて参考にしてみてください!

ローソク足の「カタチ」から値動き把握しよう

ローソク足の見方がわかったところで、チャート分析に欠かせないローソク足の形について説明していきます。

ローソク足にはどんな種類があるの?

ローソク足の形には実体やヒゲが長いものや短いもの、さらに実体がほとんどないものまでさまざまです。

またローソク足には「十字線」「ピンバー」などと名前があり、その数は10種類以上。さらに種類ごとに特徴があって正直覚えるのに一苦労・・

ローソク足の種類

ということで、「どれから覚えればいいの?」と思っている方にむけて、ローソク足の種類を3つのグループに分けて解説していきたいと思います!

ローソク足の3つのパターン

  • 1
    大陰線・大陽線⇒一方的な相場展開
  • 2
    コマ足・十字線⇒どっちつかずの揉み合い
  • 3
    ピンバー⇒相場の転換

大陰線・大陽線

まずは「相場が一方向に偏っている状態」を示す、大陰線と大陽線について解説します。

大陰線・大陽線は実体が長く、ヒゲが短い特徴があり、実体が長いほど「相場の勢いが強い」と判断できます。

実際のチャートを見てみると、下降トレンドなら大陰線が、上昇トレンドには大陽線が多く出現していることがわかりますね。

大陰線と大陽線のチャート画像

陽線・陰線単体を見ると一時的に強いトレンドを確認できますが、そのトレンドが一時的なものなのか、その後も継続するかは予測しにくいです。なので相場全体の流れを把握してから判断するのが理想的です。

つのだ(笑顔)つのだ

勢いにつられてエントリーしないためにも、テクニカル分析を行って相場全体の流れを把握しておくのが良いとされているのです!

コマ足・十字線

次は「方向が読めない揉み合い」を示す「コマ足」と「十字線」についてです。コマ足は上ヒゲ・下ヒゲをつけて実体が短く「コマ」のような形をしている特徴があります。

ローソク足のパターン、十字線とコマ足

さらにコマ足の始値と終値が同じ価格のローソク足を「十字線」と言い、実体がなく横に1本の線が入る形をしています。

十字線の価格の推移

値動きの推移を見てみると、どちらのローソク足も価格が上下に動いた後、結局もとの価格に戻ったことがわかります。これは売りと買いのバランスが似たような状況、つまり「どっちつかずの状況」です。

そのためコマ足、十字線単体では次の値動きの方向は予測しにくいと言われており、前のローソク足の並び方や、出現したポイントを確認しておくことが大切と言われています。

つのだ(考える)つのだ

ローソク足の中には全体が長くても実体がない「十字線」というものも存在するのか・・

長さだけでなく、始値と終値の位置もしっかり確認しておく必要があるのです。

ピンバー

最後は「相場の転換」を示す「ピンバー」と呼ばれるローソク足です。

長いヒゲが特徴のピンバーからは、「一度価格が上昇(下落)したけど、最後は押し戻されている」ということが読み取れます。

なのでピンバーが出現した後は、値動きが小さくなったり、一度価格が反対方向に推移することがよくあります。

特に天井・底値圏でのピンバーの出現はトレンド転換の指標として用いられることもあるので、しっかり押さえておきましょう。

ローソク足の鉄板パターン3選

ローソク足は単体で見ることも大切ですが、並び方やパターンを見て値動きを把握することも大切です。

ちなみにローソク足の形や並び方から値動きを予測することを「プライスアクション」と言い、多くのトレーダーがチャート分析の指標として用いています。

ここではプライスアクションを用いた分析には欠かせないローソク足のパターンを3つに厳選!ぜひトレードに役立ててください。

  • 1
    インサイドバー
  • 2
    フォールスブレイクアウト
  • 3
    アウトサイドバー

インサイドバー(はらみ足)

インサイドバーは当日のローソク足の上ヒゲから下ヒゲまでの値幅の内側にローソク足が収まっている状態のことで、インサイド出現後のチャートは膠着(こうちゃく)状態を示します。

上の画像だと前日のローソク足では買いが強く価格が大きく上昇したものの、当日のローソク足で売りが強くなり価格が下落し、買いと売りの勢力が均衡している状態ということです。

インサイドバー

またインサイドバーは1本の中に複数のローソク足が収まりレンジ相場を形成する特徴があります。そしてその上下のレンジラインをローソク足が抜けるとその方向にトレンドが発生することが多くなります。

つのだ(笑顔)つのだ

インサイドバーは売り買いのエネルギーをためている状態。価格がレンジ相場を抜けた後、一気に強いトレンドができることもあるのです!

アウトサイドバー(包み足)

アウトサイドバーは当日のローソク足が前日のローソク足すべてを包み込む形のこと。

前日の値動きと正反対の方向に大きな値動きが生まれたことを示し、当日の値動きの方向に価格が推移する傾向にあります。

具体的には、小陰線(コマ足)のあとに大陽線が出現したアウトサイドなら上昇の勢いが強い、小陽線(コマ足)のあとに大陰線が出現したら下降の勢いが強いということです。

アウトサイドバー

先ほどのインサイドバーのチャート画像では、8日間のインサイドバーが続いた後にアウトサイドバーが出現し大陽線を付けていることがわかります。これはトレンド方向へのレンジブレイクと判断することができ、エントリーの根拠にするトレーダーもいます。

つのだ(笑顔)つのだ

このようにインサイドバーとアウトサイドバーは交互に出現することが多い。

ブレイクアウトを狙うならアウトサイドバーを確認してからエントリーするのも方法の1つなのです!

フェイクセットアップ

最後はアウトサイドバーとインサイドバーを組み合わせたプライスアクション「フェイクセットアップ」の解説です。

フェイクセットアップはレンジブレイクが失敗に終わったあとに反対方向への値動きが加速すること。

上の画像のように、チャートがレンジ相場で推移しているときに、ローソク足がレンジの上限か下限を突き破ったかに見えて価格が反対方向に推移している状態のことを指します。

下降トレンドの大底圏や上昇トレンドの天井圏で出現してトレンド転換のシグナルとなることもあり、レンジブレイクの失敗そのものが、値動きが反対方向に向かうシグナルとなるのが特徴です。

つのだ(笑顔)つのだ

ローソク足はパターンを覚えるだけでなく、出現する場所も要チェック。

特に天井、底値圏でパターンがでたらトレンド転換も頭に入れておきたいのです!

ローソク足は形やパターンだけでなく出現場所も大切

ローソク足は形や並び方を見ること以上に、出現した場所の相場状況を把握しておくことが重要と言われています。

例えば、同じピンバーが出現した2つのチャート画面を見比べて見ると、1つはダブルトップの天井圏、もう1つは上昇トレンドの押し目をつけるタイミングです。

ローソク足はテクニカル指標と組み合わせるの例その1

1枚目のチャートではピンバー出現後価格が下落しているのに対して、2枚目は価格が一度下落してからすぐに反転し、そのまま上昇してしまいました。

ローソク足はテクニカル指標と組み合わせるの例その2

このようにローソク足単体でチャートを見ていると大きな相場の流れに逆らってエントリーしている可能性もあるので、他のテクニカル指標と組み合わせて使うのが良いとされています。

先ほどの2つのチャート例で説明すると、1つ目のチャートはダブルトップのチャートパターンと水平線が売りの強い根拠になっていることがわかりますね。

一方2枚目のチャートは移動平均線の傾きと並び順を見ることで、上昇トレンド中だと判断することができます。もし基本的なトレード戦略を「買い目線」と判断できていれば、ピンバーが出現してもエントリー見送ると考えることもできますね。

つのだ(笑顔)つのだ

このようにトレードの精度を高めるために、ローソク足と他のテクニカル指標を組み合わせるトレーダーも多いです。

まずは各テクニカル指標の特徴を理解して、気になる指標から試してみるのも1つの方法なのです。

ローソク足のまとめ

つのだ(笑顔)つのだ

ローソク足はテクニカル分析の基本中の基本!まずはチャート画面を開いて、形やパターンを検証してみよう!

この記事のまとめ

  • ローソク足で重要なのは4本値とヒゲ・実体

  • 形によってトレンドの勢いや転換が判断できる

  • ローソク足の3つの鉄板パターンは覚えておこう!

  • ローソク足と他の指標を組み合わせてトレードの精度を高めよう

この記事の執筆者
編集者つのだのプロフィールアイコン
つのだ
数学オリンピック出場経験から編集部では「博士」と呼ばれる28歳。人見知りで分析好きな性格からFXにドハマリする。特に取引分析ツールへのこだわりは編集部随一。これまで開設したFX口座は20社以上。