今回は取引の際によく出てくるpips (ピップス) という用語について詳しく紹介していきます。

  • pipsって何?
  • pipsを知って何の役に立つの?
  • pipsを知る上で気をつけておきたいことって?

といった悩みを解決できる記事になっています。

初心者の方にも分かりやすいようにまとめたので、ぜひとも参考にしてみてください。

FXの1pipsとは?

pipsは「ピップス」あるいは「ピプス」と読み、FXでは「通貨の1%」あるいは「値動きの最小単位」を指します。

例えば、日本円の場合、円の最小単位である1円の1%、つまり0.01円が1pipsとなるのです。

pipsは取引の良し悪しを判断するために使われる

pipsという用語が普及している理由は、pipsを利用すると「取引手法を客観的に評価できるから」です。

例えば、取引で100万円の利益を得ても、「元手100万円で稼いだか、元手1000万円で稼いだか」という前提次第で、取引手法の良し悪しは大きく変わりますよね。

そのため、取引の結果を比較する際は、利益の金額に加えて、獲得できたpips数で取引内容を評価するのです。

例えば、以下の表に記載した「100万円の利益を得たAさんとBさん」で比べてみましょう。

米ドル/円 資金 取引通貨単位 獲得pips 利益
Aさん 100万円 1万通貨 1000pips 100万円
Bさん 1億円 10万通貨 100pips 100万円

2人とも利益の金額は同じですが、Aさんの方がBさんよりも多くのpipsを稼いでおり、効率よく元手資金を運用できていることが分かります。

一方で、Bさんは取引資金が多いので1回ごとの取引で得られる金額も大きいですが、獲得pips数が少なく、取引内容が改善できる見込みがあるのです。

このように、獲得pips数を見ることによって、自分の取引内容の良し悪しが一目で把握することができます。

そのため、実際に取引する際は「いくら稼げているのか?」に加えて、獲得pips数も確認して「今の取引内容が効率的かどうか」も確認しておきましょう。

1pipsの大きさは通貨ペアによって異なる

1pipsの値動きの大きさは、通貨ペアによって異なります。

大きく分けると「日本円を含んだ通貨ペア」と「米ドルの通貨ペア」の2つに分類されるので、それぞれを紹介していきますね。

円絡みの通貨ペアは1pips=1銭(0.01円)

米ドル/円・ユーロ/円などの日本円絡みの通貨ペアの場合、小数点第2位(0.01円)、つまり1pip=1銭となっています。

具体的にもう少し詳しく紹介すると、以下の画像のような感じ。

この場合だと、米ドル/円の「112.025円」の「2」が1pipsですね!

ドル絡みの通貨ペアは1pips=0.01セント(0.0001ドル)

米ドル絡みの通貨ペアの場合、アメリカの通貨の最小単位は「1ドル」ではなく「1セント(0.01ドル)」ですので、小数点第4位、つまり、1pips=0.0001ドルとなります。

具体的にもう少し詳しく紹介すると、以下の画像のような感じ。

この場合だと、ユーロ/ドルの「1.13074ドル」の「7」が1pipsですね!

FXの100pipsはいくらの利益になる?

次は、実際にpipsから利益を計算してみましょう。

「1万ドルだと、100pipsがいくらの利益になるか」を例にして計算します。

100pips = 100銭 = 1円なので、1万ドル×1円=1万円の利益です。

FXのpipsクイズ!

ではここで、次の2つの問題を解いて、FXのpipsを理解できているかを確認しましょう。

基本問題!

米ドル/円で取引する場合

条件 1ドル=100円

Aさんはレートが100.00円の時に1万通貨の買いポジションを保有します。

その後、為替レートが100.35円に上昇したところで決済しました。

Aさんの獲得pips数・利益の金額はいくらですか?

答え

まずは獲得pips数を求めましょう。

獲得pips数は為替レートの差額から求められるので、

100.35円 – 100.00円 = 0.35円 = 35pips

となり、Aさんの獲得pips数は35pipsとなります。

次に利益の金額を求めましょう。

1万通貨取引のときの1pipあたりの利益は100円(1万×0.01)なので、

35pips × 100円 = 3500円

となり、3500円の利益を得たということですね。

応用問題!

【ユーロ/米ドル】で取引する場合

条件 1ドル=100円

Bさんはレートが1.08200ドルで1万通貨分の買いポジションを保有します。

その後、レートが1.08700ドルに上昇したところで決済しました。

Aさんの獲得pips数・利益の金額はいくらですか?

答え

この場合、
1.08700ドル – 1.08200ドル = 0.0050ドル = 50pips

となり、50pips分の利益が発生します。

利益を受け取る時は円換算に直すので、1ドル=100円の場合、

100円 × 50pips = 5000円

となり、5000円の利益を得たということです。

FXのpipsで気を付けるべきこと

FXのpipsについて気を付けておきたいのが、「pipsのみを軸にした損切りは危険」ということ。

相場は常に異なる動きをしているので、相場の形に合わせた損切りを行うことが重要です。

取引を始めたての頃は損切りの習慣を身につけるために、pipsを基準に損切りするのも手段の一つですが、取引に慣れてきたらテクニカル指標や注文方法を損切りに活用すべきでしょう。

損切りに使える注文方法を紹介した記事も用意しているので、参考にしてみてください。

pipsのまとめ

最後にpipsについてもう一度おさらいしておきましょう。

pipsのまとめ

  • pipsとは「通貨の1%・値動きの最小単位」のこと

  • 1pipsの量は通貨ペアごとに異なる

  • 円絡みの通貨ペアは1pips=1銭

  • ドル絡みの通貨ペアは1pips=0.01セント(=0.0001ドル)

  • 多くのpips数を稼げている取引ほど良い手法と評価できる

  • pipsだけで損切りするべきではない。損切りはテクニカル指標や注文方法を活用しよう

pipsの他にもFX初心者が「難しい…」と感じがちなFX用語を分かりやすく解説した記事を用意しています。

気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

pipsに関するよくある疑問

Q1.pipsとはどういう意味ですか?

A.pipsとは「通貨の1%・値動きの最小単位」のことで、量は通貨ペアごとで異なります。例えば円絡みの通貨ペアであれば1pips=0.01円(=1銭)であり、ドル絡みの通貨ペアは1pips=0.01セント(=0.0001ドル)です。

Q2.取引とpipsの関係ってありますか?

A.取引内容の良し悪しは獲得pips数で確認することができます。なぜなら、10万円の利益を得ても、「元手100万円で稼いだか、元手1000万円で稼いだか」という前提次第で、取引手法の良し悪しは大きく変わるからです。

獲得pips数を見ることによって、自分の取引内容の良し悪しが一目で把握することができます。