この記事で分かる3つのこと

  • ハイレバ取引は危険なのか?

  • ハイレバ取引のリスク対策

  • FX会社は国内・海外のどちらを使うべき?

FX取引を行う際にハイレバ取引に抵抗を感じている方は多いのではないでしょうか?

ハイレバ取引で大きな利益を狙いたい!でもハイレバ取引のリスクも不安…

そんな方のために

  • ハイレバ取引でおすすめのトレードスタイル
  • ハイレバ取引のリスク対策

を紹介していきます。

レバレッジとは

レバレッジは、「てこ」を意味し、以下の画像のように少ない資金で大きな取引を行う仕組みのことです。

例えば、手元に10万円しか無い場合でも、3倍のレバレッジを用いれば30万円分の取引ができるのです。

「レバレッジをかければ、手元の資金よりも大きな金額の取引ができる」と覚えておきましょう!

ハイレバレッジ取引は危険なのか

レバレッジの話をすると「高レバレッジで取引するのは危険だ!」という意見をよく聞きますが本当なのでしょうか?

確かに証拠金が同じ場合、レバレッジが高いほど損失も大きくなりますが、厳密には違います。

具体例として以下の事例を考えてみましょう。

Aさんの場合.手持ちの資金100万円、レバレッジなしで取引
Bさんの場合.手持ちの資本4万円、レバレッジ25倍

Aさん100万円 × 1倍 = 100万円分の取引で、Bさん4万円 × 25倍 = 100万円分の取引であるため、Aさん・Bさんどちらの取引量も同じです。

そして、Aさん・Bさんの取引で発生する損益額も同じであり、資金に対する損失の割合が異なるだけなのです。

Aさん Bさん
レバレッジ 1倍 25倍
資本金 100万円 4万円
1円の値動きの損失 1万円 1万円
資金に対する損失の割合 1% 25%

ポジション量と証拠金のバランスが最重要!

レバレッジはポジション量を増減させる仕組みなので、それ自体にリスクはありません。

それでも「高レバレッジ取引は損失額が多くなるから危ないじゃないか!」と思う方は、資金に対する損失の割合が大きいから不安を感じているのかもしれません。

例えば、資金100万円のあるAさんが2万円損をする場合資金4万円のBさんが2万損失する場合では心の負担は大きく異なります。

もし、あなたの手元に100万円があれば、全ての資金を1度につぎ込んでフルレバレッジで取引しますか?

おそらく答えはNOのはず。

多くの人が「余剰資金で取引」「資産の○○分の1で取引」といった具合で、リスク管理を行いながら取引に臨むはずです。

つまり、ハイレバレッジが危険なのは資産の全てをつぎ込むような無茶をしている時です。

そのため、ハイレバレッジ=リスクと考えすぎると、レバレッジの魅力を生かした取引できなくなってしまいます。

ハイレバレッジ取引におすすめのトレードスタイル

ハイレバレッジ取引を行う際にはスキャルピングトレードがおすすめです。

スキャルピングとは、数秒~数分の間隔で売買を繰り返すトレードスタイルのことで、小さな値動きを狙って何度も取引を繰り返しコツコツと利益を狙います。

以下の画像のように、細かな値動きで取引を繰り返すため、ハイレバレッジ取引をしても相場変動による損失リスクが小さく、大きな利益を狙うことが可能です。

資金効率を高めるためにも、スキャルピングでの取引をする際は、ハイレバレッジ取引をした方がおすすめです。

ただし、損益量や資金管理を十分考慮した上で取引することを心がけましょう。

数十倍のレバレッジをかけて、証拠金ギリギリの資金で取引する…というのは厳禁です!

ハイレバレッジ取引のリスク対策

ハイレバレッジ取引を行う上で最も重要なのがリスク対策。

FX取引を続けていると、以下の画像のように大きな値動きが発生する時があります。


2019年フラッシュクラッシュ時の【米ドル/円】の日足グラフ

このような値動きは突発的に起こるので予想するのは非常に困難。

そんなときに損失を最小限に抑えるためにために役立つのが「損切り」です。

損切り設定を絶対に怠ってはいけない!

FX取引を行う際には、どの金額で利益を確定するかを決める「利益確定注文」、損失を最小限に抑えるための「損切り注文」を行うのが基本です。

特に、「損切り」は投資家の生命線と言われており、真に優秀なトレーダーほど損切を徹底しているのです。

損切り設定を行う際には、逆指値注文・OCO注文などの他にもトレール注文などの便利な注文方法が用いられます。

損切りに使える注文方法については以下の記事でまとめているので興味のある方は参考にしてみてください!

リンク画像
あわせて読みたい

この記事では取引の際に用いられる注文方法について紹介しています。

【国内業者?海外業者】ハイレバ取引はどっちがおすすめ?

ハイレバ取引を行いたい方にとっては、どのFX会社で取引を行うかは非常に重要です。

というのも国内と海外のFX会社ではかけられるレバレッジの上限値が異なるから。

日本のFX会社の場合、レバレッジは最大25倍までしか使えませんが、海外のFX会社は日本の金融庁の規制対象外のため、数百倍以上のハイレバ取引ができます。

これだけ見ると、海外のFX会社が魅力的に思えますが、海外のFX会社にも弱点はあることには注意が必要。

例えば、日本のFX会社の場合、FX会社が倒産しても取引資金は戻りますが、海外FX会社の場合は法律が用意されておらず、倒産しても資金が戻らないケースも多いのです。

また、海外のFX会社は日本の金融庁の管轄外ですので、トラブルがあっても解決できるとは限りません。

ハイレバ取引ができることは非常に魅力的ですが、海外のFX会社を使う場合は、これらの問題点も把握した上で取引に挑みましょう。

国内のFX会社と海外のFX会社を比較した記事を用意しているので、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください!

リンク画像
あわせて読みたい

この記事では国内FX会社と海外FX会社の違いについて細かく紹介しています。




この記事のまとめ

  • ハイレバレッジ取引はポジション量と証拠金のバランスが重要

  • ハイレバ取引にはスキャルピングがおすすめ

  • 海外のFX会社は数百倍のハイレバ取引ができる

  • 業者選びはFX会社の弱点を把握して選ぼう