ここでは外為どっとコムの手数料を解説していきます。

消費税や振込手数料、仲介手数料のように、日常で物を買う時には必ずといっていいほど、手数料は発生します。FXの手数料は少しややこしいのでイラスト付きで解説していきます。

「FXにかかる手数料を知りたい!!」
「外為どっとコムの手数料は他と比較して安いかどうか気になる・・・」

今回は、このような疑問を持っている方に向けて記事を書きました。

FXにかかる手数料を知っておこう!

まずはFXを始める上でかかる手数料を確認してきましょう。

以下6つの手数料は無料です。

・取引手数料
・入金、出金手数料
・口座開設費
・口座維持費
・情報サービス
・取引ツール使用料

入出金のATM手数料はかかりますが、FX業者のほとんどは6つの項目において手数料がかかりません。情報サービスや取引ツールも口座を持っていれば使い放題です。

株式投資などの他の金融商品は、取引する度に手数料がかかるのに、FXには手数料が存在しないのでしょうか?

「FXにはスプレッドという、見えない手数料が存在します。」

FX会社は取引手数料の代わりに、スプレッドという形でトレーダーからお金を受け取っています。

実質の手数料は「スプレッド」

スプレッドとは「買値売値の差のことです。

もう少し噛み砕いてお話しすると、

注文と同時に手数料分を引いており、「スプレッド」=「会社側の利益」です。つまりトレーダーは損失を持った状態から取引を開始するということになります。

スプレッドとは

具体的な数字を確認していきます。

ドル円は一般的に「0.3銭=0.003円」のスプレッドです。1000通貨単位取引や1万通貨単位取引のスプレッドも計算しておきましょう。

・1通貨単位取引 ⇒0.003円
・1000通貨単位取引⇒3円
・1万通貨単位取引⇒30円

外為どっとコムは1000通貨単位取引業者なので、1回の取引で3円のスプレッドがかかります。もちろん注文量を大きくするとその分スプレッドも大きくなりますよ。

スプレッドを実感しよう!

実際の「注文」から「注文成立(約定)」までの流れとスプレッドの関係をイラストで解説しています。

徒競走で例えると「3mのハンデをもってスタート」する感じです。3m分はロス(損失)なので、スタート位置にまで戻らないと利益にならないんですね。
スプレッド図解

写真を見るとわかるように、買い注文と同時にスプレッドを取られて含み損から始まることがわかります。また、売り注文の時は、このイラストを反転させたものになります。

またFXは、そのままマイナスになることもあるので、気を付けてい下さいね。

スプレッドの落とし穴に注意しよう!

損失から入ると、利益になった瞬間に決済するクセがついて、これがポジポジ病の原因にもつながります。
念のため、連打して取引するとどうなるのか紹介しておきます。








スプレッド分の損失が重なることもわかりますよね。「利益がいくらでたら決済する」というゴールを決めておくと、ポジポジ病にもなりにくくなります

精神的にも、スプレッドは安いほうFX業者で始めるほうがいいでしょう。

通貨ペアごとにスプレッドは違いがあり、マイナー通貨のスプレッドは大きいのがFX業界の特徴です。FX業者によってスプレッドも異なっているので、確認してから口座開設しましょう!

スリッページ

スプレッドと似たようなものにスリッページがあるので、ついでに確認しておきましょう。

スリッページとは、注文価格と約定価格の差です。投資家はよく「滑る」と表現しています。

特に「経済指標発表時」など、注文が集中する時にスリッページがおこります。
注文してから注文成立(約定)までに時間がかかると、スプレッド幅以上に含み損も大きくなるのが特徴です。

スプレッドとスリッページ図解
原因の1つに、FX業者のシステム力が挙げられます。

注文が約定するまでの時間はFX業者のシステム力によって左右される為、システム力の弱いFX業者を使った場合、狙った価格とはズレた金額で取引が成立してしまうこともあります。

逆に、高スペックなシステムを使っているFX業者ほど、注文から約定までの時間が早く、相場の値動きが激しい時間帯でも、狙った価格で注文を成立させることができます。

外為どっとコムはシステムの安定性にも評判があるので、安心して取引してくださいね。

外為どっとコムのマーケット注文【売り】

さらに注文前に「スリッページを設定」することができます。「○○円まではスリッページを許容する」と決めておいて、それより条件の悪いときは、注文しても約定しなくなります。

外為どっとコムは業界トップクラスのスプレッドの狭さ

外為どっとコムは全通貨最狭スプレッドとなっています!

この記事を読んでくださっている人の中には「ほかの会社と比較がしてみたい」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために下のような図を用意しました。取引コストって書いているところがスプレッドにあたります。

スプレッドの情報に加え、スワップや通貨ペア数などの情報も織り交ぜているので是非参考にしてみてください。

FX会社 取引単位
取引コスト
スワップポイント 通貨ペア数 キャッシュバック 総合評価 詳細
取引手数料 米ドル/円 ユ|ロ/円 ポンド/円 評価

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.3

0.5

1
1

超安
5

超高

20
30000

最大
3万円
1

オス
スメ

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.3

0.5

1
1

超安
5

超高

20
102000

最大
10.2万円
2

オス
スメ

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.3

0.5

1
1

超安
5

超高

22
27000

最大
2.7万円
3

良い

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.3

0.5

1
1

超安
4

高い

20
20000

最大
2万円
4

オス
スメ

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.3

0.5

1
1

超安
3

普通

50
50000

最大
5万円
5

良い

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.3

0.5

1
2

安い
5

超高

24
20000

最大
2万円
6

良い

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.3

0.4

0.9
1

超安
3

普通

23
50000

最大
5万円
7

良い

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.3

0.4

0.9
1

超安
4

高い

23
53000

最大
5.3万円
8

良い

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.3

0.6

1.1
1

超安
3

普通

19
5000

5000円
9

良い

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.3

0.5

1.2
2

安い
3

普通

24
20000

2万円
10

良い

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

1

2

3
4

高い
3

普通

24
5000

5000円
11

普通

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

1

1.6

2.4
3

普通
3

普通

12
10000

最大
1万円
12

普通

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.9

1.9

3.4
4

高い
5

超高

24
0

0円
13

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

1

3

6
4

高い
3

普通

24
0

0円
14

公式

詳細

※スプレッドは原則固定(例外あり)、単位は全て銭です。

まとめ

もう一度手数料についてのおさらいと、スプレッドについて確認しておきます。

手数料がかからないもの
・取引手数料
・入金、出金手数料
・口座開設費
・口座維持費
・情報サービス
・取引ツール使用料

実質の手数料
・スプレッド
・スリッページ

・FX取引には主に「スプレッド」「スリッページ」という2つの手数料がある

・外為どっとコムは全ての取扱通貨ペアで業界最狭水準のスプレッド幅を維持!スプレッド面は文句なし。

・重要な経済指標が発表されるときは例外的に、スプレッドが開くのでFX初心者は取引を控えるべき。

・外為どっとコムは注文の際に「許容スリッページ」を設定できるから、スリッページを防げる!