前回は、外為どっとコムの情報コンテンツは特に充実している!ということについて紹介しました。

その中で今回はこの外為注文情報の役割から使い方まで徹底解説していきます。

「どんなんだっけ?」
「板情報についてもっと知りたい!」

こんな方におすすめの記事です。

「外為注文情報」は一般的に「板情報」とも言われ、価格とその時の注文量を可視化している情報ツールです。

板情報を使いこなしていくと、板情報なしでも相場の売り買いのバランスを直感的に把握し、ポジションから損切りまで効率よく取引することができます。

FX業界は板情報を公開していない会社も多いのですが、初心者の方には強い味方になります。

・まだ初心者で注文方法がいまいち理解できていない。
・売り買いの注文と相場が反対に動いちゃう
・損切りや利益確定のポイントが把握できていない

この3点に当てはまりそうだと思う方は是非最後まで読んでみてください。

板情報を使うメリットとは?

板情報と言葉とイラストを見ただけでは、さっぱり理解できないと思いますので、まずは板情報がFXトレードでどう役立っているのかを紹介します。


複雑な注文方法も簡単に理解できる。
より精度の高いトレードができる。
株式投資でも知識が役に立つ

複雑な注文方法も簡単に理解できる。

板情報は他の投資家の注文量を可視化したものです。つまり相手の注文方法を読み解くことになります。板情報を使うことで自分

まず初心者の方は、FXトレードの王道の注文方法を覚えていきましょう!


・指値
・逆指値
・成行注文

FXを始めたばかりのころは、この3つの注文方法を理解するだけでも、一苦労するんですよね・・・

外為注文情報の板情報を見ながら注文・決済を行うと、指値・逆指値を理解しながら取引できるんです。

どんな有能アプリやツールを使っても、これに関しては着実にトレードしながら覚えていくしかないんですね。

ここで板情報と合わせて取引してみましょう。

また、注文方法について詳しく説明していますので、こちらをご覧ください。

関連記事【たったこれだけ!?】FXするなら覚えておきたい注文方法6選!!

より精度の高いトレードができる

FXにはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2通りの分析方法がありますが、板情報を使うとさらに違った角度で相場を見ることができるんですね。

テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析 取引情報ツール
テクニカル指標 世界経済 売買比率情報
ライントレード 政策金利 板情報

特に初心者の方でも取り掛かりやすい、ライントレードとも相性がいいです。

GMOClicksyoken-ライン描画機能

色んなテクニカル指標を表示させて、チャートとにらめっこするだけなら、ロウソク足と板情報のシンプル情報でトレードを始めてみてもいいですね。

具体的に外為注文情報を使うことでトレードで有利になる2つのポイントを押さえておきましょう。


・どこで止まるのか
・どこを抜けたらチャンスか

ようするに、これからエントリーに対して、将来の判断材料になるんです。

結局、何を信じたらいいのかわからないまま、注文したら大きく反対に動くなんて経験をした方もいるのではないでしょうか。

板情報から判断できるようになると、エントリーの注文以外にも、損切り、利益確定の目安にも役立ちます。

株式投資でも知識が役に立つ

FXと株式投資は金融商品でも別物と考えている方も多いのですが、ロウソク足を中心としたチャートを分析することは共通のスキルです。

将来的は株式投資も始めていきたいという方も、外為注文情報などの板情報を読う・使う力は身に着けておいて損はありません。

株式投資の世界では、相場の大まかな流れを予想することができ、一般的な情報ツールです。

板情報を使う際の注意点

株式投資は正確な数値が表示されるのですが、FXの板情報はメーター表示という少し抽象的なものになっています。

FXは株式投資に比べて、世界規模であることと、短期的に取引されやすいからという意見もあるんですね。

テクニカル指標のように、トレードを有利にすすめるための参考情報の1つとして利用していきましょう。

外為どっとコムは情報ツールに力をいれていますので、注文情報の精度も高くなってくるのではないでしょうか。

株式投資でもFXでも成り行き注文(今すぐ売り買いしたい人たちの注文)は板情報に含まれないので急暴落のための損切は忘れないでくださいね。

更新頻度が10分おきなので、 さっき表示されていたメモリがなくなっていることも時々あるんですね。

外為どっとコムからの表示方法と見方

外為どっとコムの取引ツールから「外為注文情報」を確認するまでの流れを紹介します。

・外貨NextNeoにログイン
・「マーケット情報」のボタンを押す
・「外貨情報ナビ」を開き「ツールボタン」を押下すると外為注文情報を確認できます。

外為注文情報の見方

色の付いているブロックが、指値注文を表しています。
そして色の付いていないブロックは、逆指値注文です。

この情報は、10分おきに更新されます。

ドル円だと、1メモリは1000lot=100万通貨です。ゲージは10メモリなので、1000マン通貨分は表示されます。その枠内に収まらないほどの注文がたまっているとゲージがピンク色になります。

通貨ペアは12種類を見ることができます。

メジャー通貨・・「ドル円」ユーロ/ドル」「ユーロ/円」
ポンド系・・・「ポンド/円」「ポンド/米ドル」
豪ドル系・・・「豪ドル/円」「NZドル/円」「豪ドル/米ドル」
マイナー通貨・・「トルコリラ/円」「南アランド/円」「メキシコペソ/円」「人民元/円」

別ウィンドウで開くことも可能なので、トレードの画面の隅に置いても邪魔になりません。

また注文情報の構成を紹介しておきます。

①Sell 売り注文
②Buy 買い注文
③指値 売り注文
④逆指値 売り注文
⑤逆指値 買い注文
⑥指値 買い注文

先ほども紹介説明しましたが、指値・逆指値注文の目安にもなるだけでなく、損切りや利確にも大きく役立つので、ぜひ外為どっとコムの注文情報を使ってみてください。


この記事を読んだ人によく読まれている記事

関連記事【情報コンテンツで比較!!】情報収集用口座におすすめのFX業者はこれだ! 関連記事即日使える!5分で集められるFXの情報収集方法教えます!!

リンク画像
あわせて読みたい

FX会社を10個の項目から比較して選べるようになっています。自分に合ったFX会社を見つけて取引デビューできるように、お手伝いしていきます。