男

よっしゃあ!!さっそくFXで取引するぜ!!


先生

いい心意気ね。どんなトレードスタイルなの?


男(疑い)

え。。。(トレードスタイルって何??)


女

トレードスタイルって何ですか?


先生(ワンポイント)

トレードスタイルとは”取引をする時間帯やその頻度“のことよ。


先生

人によって生活リズムは様々だから取引できるタイミングは限られているよね。


女

確かに。。。家事で忙しかったり働いている人は取引に使える時間も少ないですよね


男(疑い)

ふむふむ


先生(ワンポイント)

というわけで、今回はあなた達にあったトレードスタイルを見つけていくわよ!

人々の生活リズムによってトレードスタイルは異なりますが、主に次の3種類に分類されます。

スキャルピングトレード…数秒~数分の取引を繰り返してコツコツ利益を儲ける!
デイトレード…1日の間にポジションを全解消 王道のトレードスタイル
スイングトレード…長期間のポジション保有。スワップ狙いの投資家におすすめ

さっそく、あなたに合ったトレードスタイルを探していきましょう!

スキャルピングトレード

スキャルピングトレードとは、数秒~数分の間に取引を何度も繰り返し、コツコツと利益を積み重ねていくトレードスタイルです。

スキャルピングトレードには次のような特長があります。

スキャルピングトレードの特長

FXの専門的な知識を必要としない
取引1回毎に発生する損失が小さい
時間を問わず取引チャンスがある

スキャルピングトレードは、為替相場の小さな上下変動を利用してコツコツ利益を重ねていくので、複雑なテクニカル指標や相場分析などの複雑な知識を必要としません

もちろん、FXの勉強も大事ですが、勉強よりもまずは取引したい!」と考えている私のような人にも向いているトレードスタイルですね(笑)

男(興奮)

おお!俺でもできそう!!


また、スキャルピングトレードはリスク面においても初心者向けのトレードスタイルといえそうです。

というのも、スキャルピングトレードでは、取引を行う時間帯は短いので、暴落などの相場の急激な変動に巻き込まれる可能性はかなり低いです。

また、相場の小さな動きを利用して取引し続けるので、損失が発生しても最小限に抑えることができ、低リスクで取引を続けられます

女(笑顔)

低リスクで取引できる。。。初心者トレーダーにとっても嬉しいですね!!

さらに、「いつでも取引のチャンスがある」というのもスキャルピングトレードの魅力です。

デイトレードやスイングトレードなどのトレードスタイルでは、ある程度相場が変動しないと決済ができないので、相場の変動が小さければ利益を狙えません。

しかし、スキャルピングトレードは、相場の小さな変動を利用して利益を重ねていくので、どの時間帯でも取引のチャンスがあります。

相場変動の少ない東京時間で練習してみるのも良し、相場変動が活発になるニューヨーク時間で利益を狙いにいくのも良し、といったところでしょうか。



先生

デメリットについても、しっかり確認しておきましょうね!



スキャルピングトレードの主なデメリットがこちらです。

スキャルピングのデメリット

取引1回ごとの利益がそこまで大きくない
超短期間で取引を繰り返すので集中力が求められる
スキャルピングを禁止しているFX会社が多い

特に注目しておきたいのが、スキャルピングを禁止しているFX会社が多いということです。

というのも、スキャルピングはFX会社のサーバーに大きな負荷を与えるので、メジャー業者の中でもDMMFXのようにスキャルピングトレードを禁止している業者は数多くあります。

スキャルピングトレードをしたら、口座凍結されちゃった」なんてことを防ぐ為にもスキャルピングOKのFX会社かどうかは必ず確認する必要があります

スキャルピングに最適なFX会社を以下にまとめているので、興味のある人は参考にしてみて下さい!

スキャルピング公認のヒロセ通商

ヒロセ通商でスキャルピングをするメリットをまとめるとこんな感じです。

スキャルピング公認
業界最高水準約定率と約定速度でスリッページを防ぐ
スプレッド業界最狭水準

ヒロセ通商はFX業界でも数少ない公式にスキャルピングトレードを認めているFX会社です。

また、約定速度が0.001秒(FX会社の平均は0.004秒)や約定率も業界最高水準の99.9%という特徴を兼ね備えています。

つまり、取引が集中する午後9時以降の時間帯でもスリッページが起こらず、狙った価格でしっかりと注文を成立できるということです!

さらに、取扱通貨のスプレッド幅も文句なしのレベル。


ヒロセ通商のスプレッド



このように、スキャルピングに必要な要素を全てそろえているので、ヒロセ通商は他のどのFX会社よりもスキャルピングトレードに適したFX会社と言えるでしょう。

スキャルピング取引を考えているのであれば、ヒロセ通商を選んでおけば後悔することはありませんね!

デイトレード

デイトレードは取引~決済までの流れを1日で終わらせるトレードスタイルです。

デイトレードは数十分~数時間毎に取引と決済を行うので、1日の取引回数も1~3回ほどで、スキャルピングトレードに比べるとやや少なめです。

デイトレードで取引をするメリットはこんな感じです。

デイトレード メリット

ポジション保有のリスクをなくせる
取引成績が安定する
損切りできるメンタルを作れる

デイトレードでは次の日にポジションを持ち越すことはないので、「寝ている間に相場が急落して大損!!」という大惨事の心配をする必要はありませんね(笑)

先生(ワンポイント)

為替相場を気にせず安心して眠れるというのもデイトレードの大きなメリットと言えるわね!


また、デイトレードではポジション保有から決済までに数時間以上かかるのが特徴です。

ですのでスキャルピングトレードのように「一度取引が始まったら取引画面に集中!」といったようなことはなく、FX以外のことに時間を使う余裕も生まれます。

「昼食休みに注文して、仕事終わりに決済する」といった具合で、自分のスケジュールに合わせたタイミングで取引できるというのは嬉しいポイントですね!

男

仕事の合間にサクっと取引するだけでいいってことだな!!

また、デイトレードは損切りの練習をするのにも向いています。

というのも、デイトレードは1日のうちに全てのポジションを売り払ってしまうので、損失が発生した場合、その日のうちに損切りを行う必要があります。

デイトレードで徹底的に損切りして、躊躇なく損切りできるメンタルを作ることができるのも初心者にとっては大きなメリットでしょう!



デイトレードは取引をする頻度が少なく、時間にも余裕が生まれるトレードスタイルですので、忙しい方にもおすすめできますね!



女(怒り)

デメリットも確認しておきましょう!!



デイトレード デメリット

準備期間が必要
取引チャンスが少ない

準備期間が必要

デイトレードは時間に余裕が生まれるトレードスタイルですが、前もって必要最低限の準備をしておかなければなりません。

特に、当日の相場の大まかな流れや発表される経済指標などは取引をする上で重要なポイントです。

私のような面倒くさがり屋にとっては不向きなトレードスタイルなのかもしれませんね。。。

取引チャンスが少ない

デイトレードでは一度ポジションを保有すると決済するまで数時間かかることも多いです。

つまり、1日の中でそれほど取引チャンスが多くないので、1回1回の取引が丸一日の取引結果に大きく影響するということでもあります。

情報収集をサボってしまうと、取引結果にそのまま悪影響が出てしまうので、こまめに確認するようにしましょう。



これらの情報を踏まえて、デイトレードにおすすめなFX会社を揃えてみました。

デイトレードを始めたいなと考えている人にとって役立つと思いますので、もし良ければ参考にしてみてください!

トップクラスの情報コンテンツ 外為どっとコム

外為どっとコム


FXで外為どっとコムを利用するメリットをまとめるとこんな感じです。

他社を圧倒する情報コンテンツ
1000通貨から始められるので少額取引OK!!
業界最狭水準のスプレッド

「情報収集なくして、デイトレートでの勝利なし」と言っても過言ではないぐらい、デイトレードでは取引前の情報収集が命綱となってきます。

といっても、FX初心者が器用に情報をかき集めるのも至難の業。。。

そんなときに役立つのが、質と量の両方において、優れた情報コンテンツを提供してくれる外為どっとコムです。

相場動向を把握する上でかならず必要なニュースを24時間配信する「ロイターニュース」、経済学者でもあり、主要閣僚ポストを歴任した竹中平蔵さんによる「竹中平蔵レポート」などが有名です。

この他にも様々な情報コンテンツを用意しているので、正直に言っちゃうと、全く取引せずに情報収集用口座としても使うのもアリだと思います(笑)

スイングトレード

スイングトレードは長期間で売買を繰り返すトレードスタイルです。

どのくらい長期間かという決まりはなく、ざっくり言えば数ヶ月~1年以上の期間ポジションを保有するといったところでしょうか。

スイングトレードをするメリットをまとめるとこんな感じです。

スイングトレード メリット

スワップ狙いのトレードに向いている
時間があまりない人でもできる

スワップポイントでコツコツ稼ぎたい!という方にはスイングトレードはうってつけのトレードスタイルと言えるでしょう。

女

すわっぷぽいんと??


スワップポイントとは、保有している通貨ペアの2国間の金利差から得られる利益のことです。

つまり、豪ドルなどの高金利通貨と日本円のような低金利通貨を組み合わせた通貨ペアを保有するだけで、その金利の差額を毎日受け取ることができます!

イメージとしてはこんな感じです。

(引用元:外為どっとコム)

一度通貨ペアを保有すれば、取引を一切しなくてもスワップポイントがコツコツ貯まっていくのが魅力ですね!

また、スイングトレードは長いスパンで取引を行っていくので、デイトレードほど細かく相場状況を確認する必要がありません。

基本的には日足をチェックすればいいので、最低でも1日1回相場を確認すれば問題ないでしょう。

また、相場の細かな変動は気にする必要がないので、確認すべき経済指標の数も限られます。

つまり、スイングトレードでは多くの時間をFXに取られることなくFX取引を楽しむことができるので、毎日忙しく働いている日本人にはぴったりのトレードスタイルかもしれませんね!

一方でスイングトレードのデメリットはこんな感じです。

スイングトレード デメリット

暴落のリスク
トレードチャンスが少ない

暴落のリスク

先ほども少し紹介しましたが、スイングトレードは長期戦です。

つまり、デイトレードなどに比べるとポジション保有の時間も多くなるので、相場の急落によって大きな損失が発生するかもしれないというリスクを伴います

スイングトレードを行う上では、避けては通れない道。。。といったところでしょうか。

取引チャンスが少ない

スイングトレードでは、ポジション保有の期間が長いので、その分取引をするチャンスが少なくなります

具体的には、週に1回~、月に数回程度ぐらいでしょうか。

そのため、取引のタイミングを間違えると、発生する損失も多くなるので、取引のタイミングはしっかりと見極める必要がありそうですね。



以上がスイングトレードについてのおおまかなメリット・デメリットになります。

スイングトレードをやりたい!という方のために、おすすめのFX会社も紹介しているので、もしよければ参考にしてみてください!

スワップ派に嬉しいヒロセ通商

FXに興味のある方の中にはスワップポイントでコツコツ稼ぎたい!と思っている方も多いと思います。

高金利通貨を扱っている中でもスワップポイントが高く設定されているFX会社として有名なのがヒロセ通商です。

また、ヒロセ通商は50種類もの豊富な通貨ペアを取り揃えており、スワップ狙いの取引をする場合、豊富な選択肢からあなたにあった通貨ペアを選ぶことができるでしょう。

業界屈指の通貨ペア数!

数ある通貨ペアの中でもおすすめなのが、多くの日本人トレーダーに取引されているトルコリラ/日本円の通貨ペアです。

ヒロセ通商では、トルコリラ/円のスワップポイントを業界最高水準の金額に設定しています。

業界最高水準のスワップポイントでコツコツ稼げる!!

また、ヒロセ通商の公式サイトにも掲載されている情報なのですが、どれぐらいの金額を稼げるのかを示す例として以下のようなデータも紹介されています。

スワップポイントで大きな金額を稼ぐためには大きな元手が必要となりますが、その条件をクリアしている人にとってはスワップ狙いでFXを始めるのもアリなのではないでしょうか?