スワップ生活のアイキャッチ画像

FXについて調べていると、「スワップポイントで儲けた!」「スワップポイント儲けすぎてこれだけで生活できちゃう」という話をたびたび耳にするという方も多くいると思います。

不動産収入のように働かないでお金が手に入る生活、一度は夢に見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、「スワップポイントだけで生活できる人なんているの?」と疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。

そんな方のために、本当にスワップポイントで生活できるかどうか検証していきたいと思います。ぜひとも参考にしてください。


この記事でわかること

  • スワップ生活は可能なのか

  • スワップ取引に最適な通貨ペア&FX会社

  • スワップをノーリスクで取引できる方法

スワップ生活するなら開設しておきたいFX会社

高スワップのFX会社
マイナー通貨
メジャー通貨

スワップ生活に最適な通貨ペアとは

まずはどの通貨ペアがスワップ生活に最適なのか知ってもらうために高いスワップポイントを提供しているみんなのFXでスワップの基本情報を比較しました。

取引条件

【取引通貨量】1万通貨
【レバレッジ】10倍
※南アランド・メキシコペソは10lot(100,000通貨)で計算。
※調査日2019/8/14

通貨ペア 必要証拠金 1日
スワップ
年間
スワップ
年間利益率
米ドル 106,341円 70円 25,550円 24%
豪ドル 72,226円 22円 8,030円 11%
南アランド 70,500円 120円 43,800円 62%
メキシコペソ 52,900円 110円 40,150円 75.8%
トルコリラ 19,069円 82円 29,930円 157%

そもそもスワップポイントは「コツコツ貯める」「おまけのようなもの」と言われているのを聞いたことがあるかもしれません。

それは正しく、実際スワップのみで生活ができるほどの収益を上げるのは難しいです。

ですので、上の表からも分かるように年間利益率が157%と圧倒的なトルコリラを例としてスワップ生活が可能かどうか検証していきます。

トルコリラ

トルコリラは数ある高金利通貨の中でも最も金利が高く設定されており、日本人トレーダーにも人気の高スワップ通貨です。

また、トルコリラは新興国通貨なので、急激なドル高になった際は、極端に売られる可能性があります。

ですので、トルコリラで取引を行う際は、トルコリラだけではなく、アメリカとの外交関係・アメリカの景気状況及び政策金利についても目を光らせておく必要があります。

関連記事トルコリラの特徴と見通しを解説!2020年の予想と暴落時の対策も紹介!

スワップポイントだけで生活できるの?

さっそく、スワップポイントだけで生活できるかを確認してみましょう。

なお、必要な投資金や目標を定める為にいくつかの条件を付け加えることにします。

条件
1ヶ月に必要な生活費 25万円

1日にもらえるスワップポイント 82円(1万通貨取引分)

1トルコリラ 18.30円(2019年8月25日時点)

取引量 50万通貨

レバレッジ 2倍

1ヶ月に必要な生活費は独身の方が普通の生活ができるレベルを想定し25万円に設定しました。

レバレッジはロスカットのリスクを最小限に抑えるため2倍に設定しました。

レバレッジを上げれば必要な証拠金が減り、取引がしやすくなりますが、その分ロスカットのリスクも大きいので注意が必要です。

1日の生活費 年間必要収入 必要最低証拠金
約8000円 約300万 457万5000円

スワップポイントだけで生活する場合、最低限457万5000円必要となります。もちろん、スワップポイントは日々変動しますが、おおよそこのぐらいの金額が必要です。

ただこれほどの大金をすぐに用意できる人はそうそういませんよね。しかし、コツコツと複利運用していけば、スワップ生活も夢ではありません。

資産推移4

この図を見て分かるように、コツコツとスワップポイントを貰い続ければ、得られる金額もどんどん大きくなります。

取引を始めるために用意した元本と、それによって複利を足し合わせれば、将来スワップ生活を送ることも可能であるといえるでしょう。

【スワップ生活の第一歩】スワップ運用3つのコツ

  • 1
    証拠金は多めに
  • 2
    情報収集をこまめに行う
  • 3
    スワップの高いFX会社を選ぶ

証拠金は多めに

FXトレーダーにとって、最も恐ろしいことは為替レートが暴落して、ロスカットをもらってしまうということです。

こちらの図をご覧下さい。

これはトルコリラ/円通貨ペアの1年の相場変動を表したものです。2017年の10月には30円以上の価格でしたが、2018年の9月ごろには20円を下回っています。

ですので、もし油断して十分な証拠金を維持しなければ、ロスカットを食らい、スワップ生活どころか莫大な損失が発生してしまいます。

そのような事態を避けるために、証拠金を多めに用意し、証拠金のうちの5割以下のお金で取引している状態を心がけましょう。

情報収集をこまめに行う

高金利が設定されている通貨は、他の通貨に比べ、為替相場が大きく変動しやすいという特徴を持っています。

その為、日頃から投資通貨の経済状況についての情報収集が欠かせません。

また、高金利通貨の為替相場はアメリカ経済の影響を大きく受けるため、「雇用統計」などを含む重要度の高いアメリカ経済指標は確認しておく必要があります。

情報収集に優れている外為どっとコムで取引するのもおすすめです。

関連記事【情報コンテンツで比較!!】情報収集用口座におすすめのFX業者はこれだ!

スワップの高いFX会社を選ぶ

スワップ狙いの長期取引をする際には業者選びに気を付けなければいけません。

FX会社によって、スワップポイントの値は異なるので、スワップポイントが多く貰えるFX会社で取引したほうがお得と言えます。

この後に、スワップ取引にぴったりのFX会社を紹介しているので、参考にしてみてください。



結論 可能だがかなり難しい。

  • トルコリラを取引することで他通貨と比較してもかなりのスワップポイント益を上げることができますが、その収益のみで生活を送る事ができるのはほんの一握りの資産家に限られるでしょう。

    また、トルコの情勢は非常に不安定で2018年には最低為替をマークしました。「下がるところまで下がった」という見解もありますが、まだまだわからないので注意が必要です。

    ですので、スワップでの収益はあくまで副業として割り切るのが現実的ですが、不可能ではありません。

【スワップ生活を始めよう!】取引するならこの業者!!

GMOクリック証券のスペック表
オススメ度 ★★★★
スワップ(トルコリラ) 70.75
スプレッド(トルコリラ) 1.7銭
1年運用時の利益 25823円
使いやすさ GOOD!!

GMOクリック証券は、業界最高水準のスプレッド・スワップポイントを実現しているFX業界の中でも数少ないFX会社です。

もちろん、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨のスワップも高く、スワップポイントでコツコツ利益を積み重ねたい人にぴったりでしょう。

また、スワップ以外にも、取引ツールの使いやすさ、アプリの性能などにも定評があり、「取引高8年連続国内一※」「国内口座開設数第2位」という輝かしい実績を誇っています。

※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月

初心者・上級者を問わず使い勝手のいいFX会社なので、「業者選びに迷ったらGMOクリック証券」と言えるぐらいおすすめですね!

スワップポイントで稼ぐための手法

「スワップポイントってポジション保有するだけじゃないの?」

と疑問にに思う人もいらっしゃると思います。
ここで紹介する「スワップポイントで稼ぐ手法」というのは、スワップ運用する際に効率的なやり方極力リスクを抑える方法になります。

高金利通貨取引でほぼリスクゼロ!?サヤ取りとは?

サヤ取り(アービトラージ)とは2つの金融商品の「価格差」を利用して取引する手法のことです。
価格変動の動きが同じ相関性の高い金融商品を一方で買い、もう一方で売ることで、為替差益が0になる代わりに為替差益によるリスクを限りなく低くすることで、ローリスクでスワップポイントを得ることができます。
※為替差益で稼ぐサヤ取りもあります。

スワップポイントのサヤ取りは以下の2つの方法があります。

相関性の高い通貨ペアのスワップ差でサヤ取り

異なるスワップを提供するFX会社間で同じ通貨ペアをサヤ取り

この2種類のサヤ取りについて紹介します。

①相関性の高い通貨ペアのスワップ差でサヤ取り

こちらの方法は【豪ドル/円】と【NZドル/円】のように相関性の高い通貨ペア同士でスワップポイントの差を利用してサヤ取りする手法です。

例えば、現在(2019/8/25)1万通貨取引の場合みんなのFXの【豪ドル/円】の買いスワップが22円/日GMOクリック証券の【NZドル/円】の売りスワップが-14円/日です。

ですので、サヤ取りによって得られるスワップポイントは8円/日となります。

8円/日と旨味が少ない代わりにリスクがほぼ0のの投資方法ですが、金利が高い方の通貨を必ず買わなければならないので為投資機会は少なめです。


相関性の高い通貨ペアとそのおすすめの業者組み合わせを表にしました。

買い通貨ペア スワップ/差益 相関性の高い売り通貨ペア おすすめ買業者 おすすめ売業者
豪ドル/円
8円/日

NZドル/円
22円/日
-14円/日
NZドル/円
7円/日

豪ドル/円
22円/日
-15円/日
南アランド/円
50円/日

トルコリラ/円
150円/日
-100円/日
トルコリラ/円
7円/日

南アフリカランド/円
82円/日
-75円/日
※調査日:2019/08/25
※スワップポイントは変化します。

【南アフリカランド/円】と【トルコリラ/円】の組み合わせは強制ロスカットの可能性がかなり高いためあまりおすすめしません…。

②同通貨ペアで異なるスワップを提供するFX会社間でサヤ取り

①の方法よりも投資機会も多く簡単な方法がこの同通貨ペア間でのサヤ取りです。

例えば、【南アフリカランド/円】をヒロセ通商で買い、GMOクリック証券で売るだけです!

先程の表からもわかるように1日に50円の利益がほぼノーリスクで手に入るのでとても魅力的です。

しかし、サヤ取りを行う上で①・②のどちらにも共通する注意点があります。

さや取りの注意点

・スワップポイントは毎日変動するのでチェックが必要。
・通常の取引の2倍の証拠金が必要。(2つの口座で取引するため)
・強制ロスカットを考慮し、低レバレッジで取引。


同通貨ペアでサヤ取りするのにおすすめのFX会社です。参考にしてください。

買い通貨ペア スワップ/差益 おすすめ買業者 おすすめ売業者

米ドル/円
52円/日

65円/日
-13円/日

豪ドル/円
8円/日

22円/日
-14円/日

NZドル/円
7円/日

22円/日
-15円/日

南アランド/円
50円/日

150円/日
-100円/日

トルコリラ/円
7円/日

82円/日
-75円/日

メキシコペソ/円
20円/日

130円/日
-110円/日
※調査日:8月25日
※スワップポイントは変化します。

スワップポイント 関連記事

関連記事【2020年最新版】スワップポイント徹底比較!おすすめのFX会社と選び方
関連記事【図式で解説】FXスワップポイントの計算方法と3つの注意点
関連記事トルコリラの特徴と見通しを解説!2020年の予想と暴落時の対策も紹介!
関連記事【2020年最新予想】南アフリカランドの今後の見通しを徹底解説!
関連記事【2020年最新】豪ドル見通しを徹底解説!長期的に見ると今が買い時