FXにはさまざまな注文方法がありますが、自分のトレード手法やスタイルに合った注文方法を活用すれば、エントリーや利益確定、損切りも自動で行えるので、忙しくて時間がない方もタイミングを逃さずトレードできます。

そういうわけで、この記事ではFXEARTH編集部のやっちがトレードをする上で押さえておきたい注文方法を紹介したいと思います。

やっち(笑顔)やっち

FXには便利な注文方法がいろいろあるからしっかり覚えてな!

この記事を読んでわかること

  • トレードをする上で必須の注文方法3つ

  • 初心者こそ自動注文を活用したいわけ

  • トレードスタイルに合わせた注文方法の使い方

まずは3つの注文方法を覚えよう!

FXでは基本的に次の3つの注文方法の組み合わせでなっています。それが「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」ですね。

この3つを押さえれば、エントリー、利益確定、損切りも問題なくできるようになります。わかれば簡単ですのでこれを機にマスターしてください!

成行注文|今この価格で注文したい

成行(なりゆき)注文とは価格や時間を指定せずに、現在のレートで売買を行う注文方法のことです。

下の画像のような、取引画面上に表示されている「売り(BID)」「買い(ASK)」というボタンをクリックすることで、リアルタイムの為替レートで注文が執行されます。

成行注文は、今この価格で買いたい、売りたいというときに使用します。

指値注文|今より有利な価格で注文したい

指値注文とは今より有利な価格で売り、あるいは買い注文を発注し、実際に為替レートがその価格になれば注文が執行される注文方法のこと。

買いポジションを今より高い価格で決済(利益確定)するときや、今のレートより安い価格で買いたい(高い価格で売りたい)場合などに使用します。

逆指値注文|今より不利な価格で注文したい

逆指値注文とはあえて今より不利な価格で売りたいときや、今より不利な価格で買いたいときに使用します。

「不利な価格で売るってどういうこと?」と思う方もいると思いますが、たとえば上の画像のように、逆指値注文は損失を限定する損切りとして用いられることが多いです。

また損切りだけでなく、新たにポジションを持つ場合にも逆指値注文はよく使われます。

具体的には「価格がこのラインを超えたらさらに価格が上昇する!」あるいは「価格がこのラインを割ったらさらに価格が下落する!」と予測される場合に(これをブレイクアウト手法といいます)、下の画像のようにあらかじめライン付近で逆指値を入れておくなどです。

やっち(笑顔)やっち

価格がさらに上昇、下降することを見越して、あえて逆指値注文をすることはよくあることなのでこの機会に覚えておきましょう!

エントリーと同時に損切り注文は絶対に入れよう

FXをする上で最も重要なことは「大きく負けない」ということ。

トレードをする際には価格が不利な方向に動いても損失が膨らまないように、しっかりと損切りを入れておく必要があります。

ここで、損切りをする場合としない場合で、どれほど損益額が変わってくるかを下の画像を使って見てみましょう。

損切りをした場合は5000円の損失で済んでいますが、損切りをしなかった場合は価格が下がり続け、2万円の損失が発生していますね。

人は損失を目の当たりにすると「相場が戻るかもしれない・・・」という淡い期待から、なかなか損切りに踏み切れない性質があると言われています(これをプロスペクト理論といいます)。

しかも損失が大きくなるほどさらに損切りできなくなる、、という非常に危険な状態になります。

そうならないためにも「エントリーと同時に逆指値注文(損切り注文)を入れる」というルールは徹底するようにしましょう!

やっち(驚き)やっち

僕はスイスフランショックで損切りの大切さを知ってから大損しなくなったで!笑い事じゃないで!笑

FXで使える超便利な注文方法

ここからは上の3つの注文方法を応用した、より便利な注文方法を紹介します。

いずれも使いこなすと手放せない注文方法なのでぜひ参考にしてください!

OCO注文|どちらかの方法で決済したい

OCO注文は2つの注文を出しておいて、どちらかの注文が成立したらもう片方の注文がキャンセルされる注文方法です。

例えば、1ドル=100円のときにポジションを持っている場合、価格が101円あるいは99円のときに決済されるOCO注文を出すと、下の画像のようにどちらかの価格になればポジションが決済され、同時にもう片方の注文がキャンセルされます。

このように、OCO注文は利益確定(指値注文)と損切り(逆指値注文)を一度に出せることから、主に保有ポジションの決済方法として使われます。

IFD注文|Aの注文が通ったらBを注文したい

IFD注文とは新規注文と決済注文を同時に発注する注文方法のこと。

上の画像のように「110円になれば新規注文を行い、そのあと115円になったらそのポジション決済する」のように【新規注文】→【決済注文】のセットとなるのが特徴です。

やっち(笑顔)やっち

ちなみに、最初の新規注文が約定しない限り2つ目の決済注文は発動しないよ!

IFO注文|Aの注文が通ったらBとCを注文したい

IFO注文とはIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のこと。

上の画像のように「現在の価格から100円まで下がれば新規注文で買い。その後価格が102円になれば利益確定、99円になれば損切り」などのように、新規注文、利益確定、損切りが一度にまとめて出せるのが特徴です。

またOCO注文と同様に、片方の決済が行われたタイミングでもう片方の決済注文がキャンセルされます。

トレール注文|値動きに合わせて損切り価格を動かしたい

トレール注文とは価格の上昇や下降に逆指値注文の値を追跡させる注文方法のこと。

例えば買いポジションを持っていて、1ドル=100円のときに1円幅で損切りとなるトレール注文を出したとすると、価格が101円まで上昇した際には損切り価格も100円まで上昇し、価格が102円まで上昇した際には損切り価格も101円まで上昇します。

また価格が下がった場合にはトレールの価格は維持されるので、102円まで上昇した価格が下落した場合、トレールによる損切り価格は101円のままとなります。

このようにトレール注文を活用すると、有利な値動きに損切り価格を追随させながら利益を確保するといったことができます。

トレードスタイルに合わせて注文方法を活用する

例えば本業を持ちながらFXを行う場合、なかなかチャートを見続けることは難しいですよね。

そういった場合にIFDやIFOといった注文方法を活用し、あらかじめ指値注文や逆指値注文を設定しておくことで、チャートを見続けることなく利益確定や損切りを行うことができます。

ここではそんなトレード手法に合わせた注文方法の活用例を紹介します。

損切りを事前に注文し、別のシグナルで利益確定をする場合

あらかじめ損切り価格だけを決め、利益確定は別のサインで決済するという場合はIFD注文がおすすめです。

例えばエントリー後の利益確定に移動平均線の反転やMACDなどのテクニカル指標を使う場合、エントリーと損切りをIFD注文で行い、テクニカル指標が決済シグナルを発したタイミングで成行決済するなどの方法があります。

やっち(笑顔)やっち

例えばスキャルピングなんかで、常にチャートを見ながら利益確定は別のシグナルで判断するよ!なんて場合はIFD注文が使えるね!

利益確定の価格も損切り価格も決めてトレードする場合

損切り価格と利益確定価格が決まっている場合はIFO注文がおすすめ。

エントリー、利益確定、損切り、すべてを一度に注文できるので、注文後は一切チャートを見る必要はありません(エントリーが行われなければ利益確定も損切り注文も執行されません)。

もちろんポジションを持った後に利益確定や損切りの価格変更も可能なので、「価格が上昇したので損切りを〇〇まで動かそう」といったこともできます。

やっち(笑顔)やっち

スイングトレーダーはIFO注文を活用してるトレーダーが多いで!出勤前に注文を済ませておいて、帰宅後に確認ってのは便利やね!

IFO注文で心の弱さをカバーしよう!

プロスペクト理論を制するものはFXを制す

プロスペクト理論とは、小さな含み益ですぐに利益確定をしてしまったり、含み損をなかなか決済できないという人間の心理的性質のこと。

具体的には「少しでもいいから利益を確定したい!」という気持ちからチキン利食いをしたり、「損をしたくない!」という思いから損切りが遅れるなど、人間の本能的な心理がトレードに影響した結果、勝ちが小さく負けが大きくなってしまう(損大利小になる)と言われています。

ここで超絶使えるのがIFO注文。IFO注文であらかじめエントリー、利益確定、損切り注文をいれておけば、あとは勝手にシステムが決済をしてくれるので、プロスペクト理論の影響を受けることはありません。

これは上級者もよく使う方法で、上級トレーダーほどIFO注文を設定したあとはチャートを見ないなんて方も多くいます。

やっち(考える)やっち

長年トレードをしてきた上級者トレーダーでも、含み益、含み損が発生すると利益確定を早まったり損切りをためらってしまうのはよくある話なんですよね・・・

なので初心者の方こそ、あらかじめ利益確定も損切り注文もIFO注文で済ませてしまうというのはおすすめです!

副業トレーダーこそIFO注文を活用する

特に副業で始める方ほどIFO注文を活用してトレードしましょう。

副業トレーダーの場合、仕事中にチャートを確認できないことが多いので、自宅でチャート分析をしたときにそのままIFOで注文を済ませておくのは便利。

先程も伝えたように、勝手にトレードを完結してくれるIFO注文を活用すれば心理的影響も受けません。初心者の方や副業トレーダーこそOCOやIFOといった自動注文のシステムをうまく活用したいですね!

注文方法でFX会社を選ぶなら

最後に、注文方法が豊富で扱いやすいFX会社を2つ紹介したいと思います。

どちらも初心者、上級者を問わず多くのトレーダーに愛用されているFX会社なので、口座選びの参考にしてみてください!

おすすめポイント

  • Point.1
    27種類注文方法が使える!

    ヒロセ通商ではドテン注文、BID判定買(ASK判定売)逆指値注文など他社にはない注文方法が使えます!自分のスタイルに合わせて自由自在に発注ができるのは大きな魅力!

  • Point.2
    マイナー通貨のスワップポイントが高い

    ヒロセ通商では「トルコリラ・南アフリカランド・メキシコペソ」などのマイナー通貨で業界最高水準のスワップポイントを提供しています。

  • Point.3
    スキャルピング公認!

    FX業界でも数少ないスキャルピング公認のFX会社!強い約定力でトレードが活発な時間帯でもしっかりと注文が通ります!


おすすめポイント

  • Point.1
    チャート上でトレードできる「Action」機能!

    スマホアプリ「GMOクリックFXneo」ではチャート上にラインを引くだけで発注が可能!利益確定、損切りも直感的にできるから小さなスマホ画面でもスムーズに売買できます!

  • Point.2
    幅広いトレーダーが愛用

    低スプレッド&高スワップポイントで、短期トレーダーから長期トレーダーまで幅広く人気。高性能な取引ツールも定評あり!総合力でFX会社を選ぶならGMOクリック証券で決まり!

  • Point.3
    8年連続取引高国内NO.1の実績アリ(※)

    GMOクリック証券はFX業界で常にトップシェアを誇る取引高NO.1のFX会社!初心者上級者を問わず、多くのトレーダーに愛用され続けているFX会社です。



※ファイナンス・マグネイト社調べ 2012年1月~2019年12月

FX注文方法のまとめ

やっち(笑顔)やっち

OCOやIFOを使えばチャートを見続けなくてもトレードができる!自分のトレードスタイルに合わせて上手に使い分けよう!

この記事のまとめ

  • まずは成行注文、指値注文、逆指値注文を覚えよう!

  • ポジションを保有するときは必ず同時に損切り注文も入れておこう

  • トレードする上で超便利な注文方法はOCO注文、IFD注文、IFO注文の3つ

  • 自分のトレードスタイルに合わせて注文方法を使い分けよう!