FXで勝ち続けるにはチャート分析だけでなく、経済指標などの情報を有効活用しなければいけません。

数ある経済指標の中でもアメリカの経済指標である「雇用統計」は為替相場の分析には必要不可欠です。

とはいえ初心者トレーダーにとっては、何をどうしたらいいのか分からないという方も多いでしょう。

「雇用統計って何?」
「どう取引に役立てるの?」
「よく分かんないけど儲けたい!」

そんな方はぜひとも参考にしてみてください。

雇用統計とは?人気の理由って??

雇用統計とは、10数個の項目にまとめられたアメリカの雇用状況に関する経済指標です。

雇用統計の概要をまとめるとこんな感じです。

発表日 毎月第一金曜日
発表時間 4月から10月(夏時間)21:30
11月から3月(冬時間):22:30
発表内容 失業率・非農業者部門就業者数・週労働時間・平均自給など

アメリカの雇用統計はなぜ世界中のトレーダーから注目を浴びているのでしょうか?

アメリカ経済は為替相場全体に影響する

アメリカは世界一の経済大国であり、他の国々の経済はアメリカ経済の影響を大きく受けます。

そして、アメリカの経済状況を反映しているのが雇用統計というわけです。

特に失業率・非農業者部門就業者数の2つの項目は重要視されており、これらの数値次第で為替相場が激しく変動します。

失業率…アメリカの労働力人口に占める失業者の割合

非農業者部門就業者数…農業以外の仕事に従事する就業者の数

為替相場の変動は一時的なものですが、うまく利用すれば大金を稼ぐことができるので、世界中のトレーダーが注目するのです。

また、雇用統計の数値はアメリカの金融政策にも多大な影響を与えます。

雇用統計の数字が良かった場合、景気が良いと判断され「利上げ」が行われます。

値上げが行われると、金利が高くなり、米ドルが多く買われるようになるので、ドル高要因となるのです。

その一方で、雇用統計の数字が悪いと、「利下げ」をします。

利下げが行われると米ドルが売られ、他の金利の高い通貨に資金が動くので、ドル安要因となります。

このように米ドルの長期的な値動きを予想するにも役立つため、雇用統計は重要な経済指標と位置づけられているのです。

相場が動くタイミング

雇用統計が発表されるからといって、必ず相場が大きく変動するとは限りません。

為替相場が大きく変動するタイミングは、
雇用統計の値と予想値(経済指標が発表される前に証券会社などによって予想される経済指標の大まかな値のこと)が大幅にズレた時です。

それでは具体例として、2016年6月3日の為替相場を見てみましょう。


2016年6月30日 雇用統計発表時の為替相場 外貨どっとコムより引用

これは、為替相場が急落した例です。

4月分の雇用統計では非農業部門雇用者数が12.3万人と好調に伸びていたので、多くの証券会社や投資家は「景気が良くなっている。来月はもっと数字が増えるだろう」と予想し16.0万という予想値を算出しました。

しかし、蓋を開けてみると、実際の非農業部門雇用者数は3.8万人という予想値を大きく下回る数字となり、為替相場は約2円ほども下落したのです。

一方で、雇用統計によって為替相場が大きく跳ね上がった例もあります。
2015年11月6日の雇用統計を見てみましょう。


2015年11月6日 雇用統計発表時の為替相場 外貨どっとコムより引用

画像から分かるように、こちらは、非農業部門雇用者数の実際の値が予想値を大きく上回ったことにより、約2円ほど為替相場が上昇しました。

普段は雇用統計によって相場が変動しないことが多いのですが、これらの例からも分かるように、予想値と実際の値に大きな差があると為替相場が一気に動くということですね。

為替相場変動後にできること

雇用統計の予想値と実際の値が大きくズレた場合に、為替相場に大きな影響を与える、ということは分かりましたが、相場が上がるのか、下がるのかについて、予測するのはかなり困難です。

ですので、リスクを避けるためにも、雇用統計が発表されて少し時間がたった後の相場を見て取引するのがベストですね。

雇用統計発表時を狙うなら

もし、雇用統計発表時の短期的な相場変動を狙って取引するならOCO注文を利用した取引が無難でしょう。

OCO注文とは、2つの注文を同時に出しておいて、どちらかが成立したら、どちらかをキャンセルするという注文方法です。

つまり、次に為替相場がどう動くか分からない状況の時に、上がれば売って利益にする、下がれば損切りして損失を抑えるという2つの注文を入れ、どちらかが成立したらもう片方をキャンセルするということができます。

また、外為どっとコムにOCO注文を分かりやすく説明した図があるのでこちらを参考にするのもいいかもしれません。


引用元 外為どっとコム

長期で取引をするなら

雇用統計を利用して、長期的な取引を行うという方法もあります。

今までの雇用統計の値を見て、アメリカが好景気であると判断できれば、今後ドル高になると予想されるので、ドル/円のような通貨ペアで買い注文を多く入れておき、

逆にアメリカが不景気であると判断されれば、リスク回避通貨と呼ばれる日本円に投資されるので、円高の傾向となり、売り注文を入れるという取引方法です。

雇用統計で勝つためのFX会社

ここまで説明を続けてきましたが、最近FXを始めた人やこれからFXを始めようとしている人にとっては、雇用統計の値の分析は難しいと思います。

ですので、外為どっとコムが提供している米雇用統計振り返りや無料のオンラインセミナーを使って勉強するといいかもしれません。

特に雇用統計の振り返りについては、雇用統計が発表されるたびに産業、政治、労働市場などの様々な視点から為替相場について分析をしています。


雇用統計について細かく書かれていますね。。。

これらを参考にすることは初心者が為替相場の流れを理解するのに大いに役立つでしょう。

外為どっとコムは豊富な情報コンテンツを無料で見ることができるので、これからFXを始めようと考えている方は、外為どっとコムで取引と情報収集を同時に行うのもいいかもしれませんね。


雇用統計 まとめ

雇用統計の注目すべきポイントについてまとめると、

注目すべきは「非農業部門雇用者数」。

「非農業部門雇用者数」が先月に比べ+15~20万なら好景気、-15~20万なら不景気と判断される。

各項目の予想値と実際の値に差があれば為替相場は大きく変動する。


といった感じです。

関連記事FXのファンダメンタルズ活用法とは?おすすめFX会社2社も紹介