男

よっしゃ!FXでガッツリ稼ぐぜ!

先生

いい意気込みね。目標額はいくらぐらいなの?

男(疑い)

目標額?ナニソレ?

先生(呆れる)

何も考えずに取引するつもりだったの?それじゃダメよ
何事も目標をたてなくちゃ。
1ヶ月にいくら稼ぐのが目標とか。

男(疑い)

う~ん….

女

私たちって最近FXを始めたばかりなんですけど、目標額っていくらぐらいがいいんですか?

男(興奮)

数十万?数百万!?

先生(呆れる)

初心者がいきなりそんな額を狙うのは無謀よ。。最初のうちは、コツコツと小さな金額を稼ぐことを目標にするべきだわ。

先生

そうね…..まずは、1ヶ月に1万円を稼ぐことを目標にしてみましょうか。

女(泣き)

1ヶ月に1万円稼ぐにはいくらぐらいのお金で取引したらいいんですか?
お金もちっていえるほどお金ないし、取引の仕方とか全然だし、分からないことだらけだし…..

先生(呆れる)

ちょっと落ち着いて!!順番に説明するわ!!

取引で大きな利益を得るためには元本が多いに越したことはありません。しかし、FXをする人が皆お金持ちというわけではありませんよね。

ここでは、「月に1万稼ぐために、いくら必要なのか」という問いに答え、取引の仕方についても紹介したいと思います。

いくら必要??

ズバリ、1ヶ月に1万円稼ぐ為に最低限必要な元手は10万円だと思います。

10万円あれば月に1万円を稼ぐことができる理由は、レバレッジにあります。

分かりやすく言うと、レバレッジとは、自分が持っているお金よりも多くの金額分の取引ができるシステムのことです。

まずは、10万円のお金にレバレッジを10倍に設定することで100万円分の取引ができるようになります。

100万円分の取引なら1ヶ月で1万円稼げるの?

「なんで100万円分の取引をしたら1ヶ月で1万円稼げるの?」と思った方は多くいると思います。

その理由は以下の通りです。

まず、100万円分の取引をしているので、通貨を購入したときより1円分高く売れば1万円稼ぐことができます。

そして、1ヶ月の間に取引可能な日数は、土日を除いて約21日あります。1円分の利益を21日で取れれば1万円稼げるので、

1÷21=0.47…

という数字になり、1日に約5pipsの利益を出せば月に1万円稼げるということです。

男(疑い)

5pips…pipsって何??

この通貨の単位を表すpipsという言葉が、なかなかFX初心者にとって理解しづらい言葉なんですよね。。説明すると少し長くなってしまうので

通貨ペアが米ドル/円やユーロ/円の場合は1pips=0.01円(1銭)

と覚えてもらえれば問題ありません。

さて、話を戻します。1日に5pipsの利益を出せば月に1万稼げるということでしたが、FX初心者にとってはパッとイメージしづらいと思います。どれぐらい難しいのでしょうか?

米ドル/円やユーロ/円の為替相場は、1日に平均で約1円(100pips)変動します。
つまり、100pips変動するうちの5pipsだけを狙えばいいということです。それほど難しくないありません。

取引通貨に関しては、円とメジャー通貨を組み合わせた通貨ペアであれば問題ありません。
メジャー通貨とは取引参加者の多いドル、ユーロ、円のことです。

メジャー通貨ペアが良い理由

メジャー通貨ペアをオススメする理由は、多くのFXトレーダーが取引に参加しているので、相場が変動しづらいという傾向があり、大きな損失を受けにくいからです。

特にオススメな通貨ペアは米ドル/円です。アメリカ経済の情報は集めやすく、数ある経済指標の中でも、月の初めの第一金曜日に発表される雇用統計は為替相場の動きに大きく影響します。


雇用統計発表時の為替相場の変動

先生

米ドル/円の場合、雇用統計発表時に上の図みたいに大きくチャートが動くわ。
注目すべき経済指標が分かりやすいのは、初心者にとっても安心よね。

もちろん、ユーロ/円での取引も全然問題ありません。ユーロ/円について、1日の為替相場の変動幅は1.1円であり、米ドル/円の場合と同じように1日に5pipsの利益を稼げば1ヶ月で1万円の利益を出すことができます。

取引スタイルは??

取引スタイルとは、分かりやすく言えば、どれぐらいの頻度、期間で取引するかということです。

取引スタイルは人によって様々ですが、1日5銭の利益を狙うには、スキャルピングと呼ばれる、数秒から数分の間に何度も取引を繰り返す取引スタイルがオススメです。

というのも、知識や経験が少ないFX初心者にとって、数日後や数週間後の相場を予想しながら取引をするのは難しいです。

しかし、数分先の相場は大きく変動することもないので、初心者でもイメージしやすく、予測しやすいです。また、スキャルピングは相場が大きく変動する前に何度も売買を繰り返す取引スタイルなので損失を抑えることができるので初心者にオススメ!

取引時間については、人それぞれで構わないというのが私の意見です。というのも、スキャルピングを行うこと自体はどの時間帯でもできますし、人によって取引できる時間帯は大きく異なるからです。

しかし、時間帯によって為替相場の動きは大きく変わるので、スキャルピングで取引する場合でも、その特徴を抑えておく必要があります。
特に3大市場と呼ばれる東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場は押さえておくべきポイントです。

先生

それぞれの市場が開かれている時間帯で為替相場の動き方も大きく異なるからしっかりと確認しておきましょう。

東京市場

取引時間は、東京市場が開かれる8時から17時までの時間帯です。

東京市場が開かれている時間帯は、相場が横ばいになりやすい(レンジ相場と呼ばれる)という傾向があります。
一定の価格を行ったり来たりといった感じですね。

ただ、首相や日銀総裁の発言によって相場が大きく変動する可能性もあるので、15時30分に行われる日銀総裁の会見や日銀の為替介入などの情報にアンテナを張っておく必要があるでしょう。

また、16時からロンドン市場が開かれるので、相場が大きく動くことがあります。ですので、レンジ相場を狙って取引をする人はロンドン市場の時間を考慮して、8時から16時の間に取引を進めるのがいいでしょう。

ロンドン市場

ロンドン市場は16時から22時まで開かれており、東京市場、ニューヨーク市場が開いている時間帯と重なり、相場が読みにくい傾向にあります。

主にユーロやポンドが取引され、東京市場のときに比べて相場が大きく動くことも多いです。
また、原油や金の価格が為替相場に影響を与えることも見逃せません。

他にも、ECB(欧州中央銀行)の総裁であるドラギ総裁の会見や金利政策に関する情報も相場に大きな影響を与えるので、定期的に確認するようにしましょう。

ロンドン市場の時間帯はトレンドが出やすいので、相場が上昇しているときに買いで取引を行い、下降しているときに売りで取引を行う「順張り」がオススメです。

ニューヨーク市場

ニューヨーク市場は21時から6時まで開かれており、経済指標が発表されたときに相場が動くのが特徴です。
特に月の初めの金曜日に発表される雇用統計は相場を大きく変動させるので絶対に見ておくべきだと思います。

ニューヨーク市場は世界最大の市場なので、市場が開いている間は1日の中で最も値動きが激しくなる時間帯です。

先ほども紹介した雇用統計も必須ですが、トランプ氏の発言やFRB(米連邦準備制度理事会)の議長であるパウエル氏の発言も注目する必要があります。

女(笑顔)

トランプさんはいつもtwitterを使って発言しているので、彼のアカウントをフォローして通知設定を入れておくのもいいかもしれませんね

どのFX業者がいいの?

ここまで、月に1万円稼ぐための取引の仕方について紹介してきましたが、実際に1万円稼ぐには、FX業者で口座を作って取引をやってみなければ始まりません。

FX業者はメジャーなものだけでも20種類を越え、これからFXを始めようとしている人にとって、業者選びは難しいかもしれません。

というわけで、オススメのFX業者を紹介しましょう。

ヒロセ通商

ライオンのキャラクターが特徴的なヒロセ通商。LIONFXとも呼ばれます。
ヒロセ通商は約定率が99.9%と約定スピードが最速0.001秒という驚異的な数字を有しています。これはスキャルピングをする人にとっては見逃せない情報です!

約定率とは、注文した価格で実際に売買が成立する確率のことです。FXでは、取引が盛んな時間帯に注文したときに、FX会社のシステムが約定の処理に少し時間がかかってしまい、注文した価格と実際に注文が成立したときの価格が異なること(スリッページという)です。

この約定率が99.9%だということはヒロセ通商で注文すれば、ほぼスリッページを防ぐことができるというわけですね!

約定スピードとは、文字通り約定するまでにかかる時間のことです。他の業者は平均0.03秒なのですが、取引時間にかかる一瞬が損益の大小を決めるFXの世界では約定スピードが速いに越したことはありません。

先生

まとめると、ヒロセ通商の魅力はスピーディーかつ正確な取引ができるということよ
スキャルピングをしたい人にはうってつけのFX業者といえるわね

JFX

JFXは先ほど紹介したヒロセ通商の子会社でヒロセ通商と同様にスキャルピングユーザーにオススメのFX業者です。

約定スピード・約定率などもヒロセ通商と同様のスペックを持っており、マーケット速報や動画配信サービスなどに定評があり、その圧倒的な情報量でも有名です。

ヒロセ通商がなんらかの不具合を起こす可能性も全くないというわけではないので、もしもの時のためにヒロセ通商とJFXの両方の口座を開設しておくといいかもしれませんね。

最後に

どの通貨ペアで取引をすべきかについては、個人の判断ですが、無謀な取引を避けるためにもまずは米ドル/円通貨ペアでの取引をおすすめします。

取引時間帯については、それぞれの人の性格や嗜好で向き不向きが決まると思うので、とりあえず一定期間各市場が開かれている時間帯で取引してみるといいでしょう。

「百聞は一見に如かず」という言葉にあるように、何事もやってみないことには始まりません。まずは1万円を目標額にして、コツコツと取引してみましょう。




CHAPTER7

【完全無料!】デモトレ代わりに、SBI FXでリアルトレードをやる方法!!