get out of my way

シラホシ(デフォルト)

FXの勉強を続けてるんですけど中々利益が出ないんですよね。損切りとかも怖くてできなかったりするんですよ…

エボシ(デフォルト)

確かに、FXで成功する為には、テクニカルな事を勉強する必要もあるけど、メンタル面の勉強も必要なのよ。
メンタルで勝敗が決まるといっても過言じゃないぐらいね。

エボシ(デフォルト)

FXをする上で必要な「FXトレーダーの心得」を紹介するわ。



1. 90%の敗者にならないためのメンタル

FXを始めた人の90%は敗者になると言われています。つまり、今からFXをスタートした人の「10人中9人」はFXで失敗してしまうということです。

しかし、皆さんは90%の内の一人にはなりたくないでしょうし、また、私も皆さんには10%の勝ちトレーダーになってほしいです。

そこで、FXで失敗しないために大事なメンタルを5つ紹介します。そして、皆さんが取引を始めた時には、この5つの心得を常に頭の片隅に置いておくようにしてください。必ず役に立ちます!

それでは一つずつ見ていきましょう。

1.1 自分ルールを決める

FX初心者にありがちなのが、なんとなくその場の雰囲気で取引してしまうことです。

運がよければ、短期的に利益を上げることができるかもしれませんが、そのような取引スタイルでは長期的に利益を上げ続けるのは不可能に等しいです。

なぜなら、勝っても負けてもその原因が分からず、次に繋げる事ができないからです。

取引する際に自分ルールをしっかりと設定しておく事は大事です。

相場が~ぐらい動いたら絶対に利確、損切りする、1日の取引回数は~回まで、~時から~時の間だけ取引する、論理的根拠が無ければポジションは持たない、などできる限り具体的な自分ルールを設定するのがオススメです。

ここで大事なのが「絶対にしないこと」もルール化しておくことです。

例えば、この通貨ペア以外には手をださない、これ以上のレバレッジは使わない、予測できなイベントには手を出さない、これぐらい負けたらその日は取引しないなど。

こうした「自分ルール」や「絶対にやらないこと」を決めるだけで、自分のトレードに自信を持つことができます。

1.2 勝ちにこだわらない、負けても大丈夫

多くのFX初心者が取引の勝率にこだわります。つまり、なるべく全ての取引で勝つということを目標としてしまうということです。もちろん、勝った回数が負けた回数よりも多いに越したことはありません。

しかし、トレーダーの目的は勝率を高めることではありません。

最終的に、1円でも利益を出している状態。これこそトレーダーが目標とするべき状態です。

この最終的に利益を出すために大事なのが、先程紹介した自分ルールを徹底することです。

例えば、自分ルールでは10pips以上利益がでたら、利益確定だったはずが、ビビってしまって早めに利益確定してしまった。事前に決めた損切のラインはとっくに過ぎているのに、また絶対に上がると考えて損切をしなかったなど、目の前の勝ちにこだわるあまり、ついつい事前に決めた自分ルールを無視してしまうことがあります。

しかし、自分ルールを無視して目の前の取引で勝つことだけを考えて場当たり的なトレードをしていてると、最終的な利益に、もっと言うと1年後、10年後にFXで成功する事は厳しいかもしれません。

どんな凄腕トレーダーでも、全てのトレードで利益を出しているわけではありません。大事なのは目の前の勝ちを目標とするのではなく、その先の長期的な勝ちを目標とすることです。そうすることで、潔く損切することができます。

FXを取引する上で、覚えておいてほしいのが「負けるのは当たり前」で全ての取引に勝とうと自分ルールを無視してしまうと、最終的な勝ちは遠ざかってしまうという事です。

1.3 目標を決める

ここを忘れてる方を結構みかけますが、目標が無いのにトレードをしても自分が一体どこを目指しいるのかがわかりません。

自分ルールにも通じる所ですが、目標があるからこそ具体的な戦略を練ることができますし、目標があるからこそ、そこに向けてモチベーションを維持することができます。

モチベーションというのは大事で、最初にFXを始めた人の90%が失敗すると書きましたが、そのうちのいくらかの人はFXで失敗して辞めたというよりも、自分から諦めた人がほとんで、それはFXを継続するだけのモチベーションの維持ができなかったからです。

つまり、FXを継続する為にも目標を決めることは大事だという事です。

具体的に決める目標は、「1日や1ヶ月で稼ぎたい金額目標」と稼いだ場合にこういう事がしたいやこういう物が欲しいなどの「夢リスト」です。

金額目標を決めれば、ある程度自分がどこを目指してトレードしているのかという理想と現在地のギャップを確認することができますし、またそのギャップを認識することで。それじゃあ、今の自分はどこが悪いのかという修正を加えることができます。

また、夢リストを作っておけば、挫折しそうになった時にも、「今頑張ればあの夢が手に入る!」とモチベーションの維持にも繋がります。

2. 「感情的」になっているときが危険

感情的というのは、勝ってる時の高揚感もそうですし、負けてる時の焦燥感もそうです。どちらにせよ、勝ったり負けたりして、感情が高ぶり合理的な判断が効かなくなっている時に、大きく負けたりします。

感情的になってる時は、「まだ儲けれる!」と欲張って失敗してしまったり、「負けを取り戻さなければ!」といつもなら絶対にしないようなミスをして失敗してしまうというのが往々にしてあります。

こういう時には、一度冷静さを取り戻すまで相場から離れるほうが懸命でしょう。感情的な高ぶりは予期せぬミスを誘発しますので、常に「俺はロボットだ!(笑)」と考えて取引しましょう。

3. 余裕資金で取引するのがメンタル的にベスト

デモトレードでは利益をだせていたのに、実際に取引を始めると途端に利益をだすことができなくなってしまったなんて話をよく聞いたりしますよね。

これは、実際のお金をつかって取引を行っているという事実が、トレーダーのメンタルに焦りや恐怖、緊張、躊躇などの悪影響を及ぼしているからです。

このメンタルへの悪影響を無くす簡単な方法があります。

それが、「余裕資金」で取引するという事です。

メンタル面の影響を受けず、適切なタイミングで利確や損切りを行うためにも、まずは、失ってもかまわないと思えるぐらいの金額で取引するのがオススメです。

具体的には、1通貨から徐々に増やしていき、メンタルに悪影響がでないギリギリの通貨単位を選ぶのがベストです。そして、ある程度取引を重ねていって慣れたら、通貨単位を少しずつ増やしていくという方法をオススメします。

特に、FX初心者の中には投資そのものの経験が無いという人も多く、いきなりFXを始めると結構メンタルの影響を受ける場合がありますので、余裕資金で取引を始めるというのは本当に大事です。

この記事のまとめ

    覚えておいてほしいポイント

  • 自分ルールを決める
  • 勝ちにこだわる必要は無い、負けても大丈夫
  • 目標を決める
  • 感情的になっている時が危険
  • 余裕資金で取引するのがベスト



CHAPTER3

FXのテクニカル分析で失敗する5つの理由!チャートで簡単解説

CHAPTER5

【こうはなるな!】FXの失敗談集 ~偉大なる反面教師たち!!~