エボシ(デフォルト)

この記事では大学生がFXを始めるまでの流れを紹介しているわ!



大学生でも始められる?FXを始める条件って?

大学生でもFXを始められますか?

A.始められます

FXの口座開設可能年齢は満20歳~満80歳というFX業者がほとんどです。

国内のFX業者を見比べてみるとこんな感じです。

FX会社名開設可能下限年齢開設可能上限年齢
DMMFX満20歳以上満74歳未満
GMOクリック証券20歳以上80歳以下
SBI FXトレード ☆未成年にオススメ満18歳以上80歳未満
FXトレードフィナンシャル満18歳以上満80歳未満
ヒロセ通商20歳以上75歳未満
外為オンライン満18歳以上75歳未満
Y!JFX20歳以上なし

国内のメジャー業者の中には18歳から口座開設ができるFX業者もあるので、未成人の大学生でもFX取引を始められます。

FXを始めるのに元手はいくら必要ですか?

A.100円あれば取引できます。

一般的には、最低取引金額が約10万円(1000通貨)のFX業者が多いのですが、

一部の国内業者は、最低取引金額を100円(1通貨)にしているところもあります。

100円という超少額でも始められる老若男女の誰もができる投資、それがFXです。

大学生におすすめなFX業者

【18歳から始められる】SBI FX トレード

「お金のない大学生がFXなんてできるわけない」そんなFX業界の常識をぶっ壊したのがSBIです。

他のFX業者でFXを始める為には最低10万円分の取引が必要でしたが、SBIだと100円、つまりSBIは他の業者の1000分の1ほどのお金で取引ができるということです!

また、SBIでFX口座を新たに作ると特典として500円が口座に入金されるので、今ならまったくお金をかけずに、実質0円で実際の取引をすることもできちゃうんです(笑)

「百聞は一見に如かず」という言葉にあるように、人の話を100回聞くよりも実際に1度やってみた方がいいでしょう。

まずは、口座開設したときにもらえる500円を利用して取引してみてはいかがですか??

【世界で最も取引量が多い人気業者】GMOクリック証券

GMOクリック証券のバナー

GMOクリック証券は「7年連続取引高世界一」を誇るFX業界のオールラウンダーとしても有名なFX業者です。

スマホアプリなどの取引ツールが使いやすく、電話でのお問い合わせも親切丁寧に行ってくれる初心者に優しいFX業者です。

GMOクリック証券は最低取引単位が1万通貨(約100万)ほどなので、レバレッジを使うとしても、元手として30~40万円は用意しておいたほうがいいでしょう。

「FXに慣れたから本格的に取引したい!」「アルバイトでお金が貯まったからいよいよ本番!」といった方におすすめの本格FX業者です。

未成年の大学生が口座を作るには何が必要?

20歳以上の大学生が口座開設をすると、本人確認として

マイナンバー
顔写真付きの本人確認書類(運転免許・パスポート等)

が必要となります。

未成年の場合に口座開設に必要な書類を、AパターンとBパターンに分けてみていきましょう。

Aパターンは18歳から20歳の未成年で、顔写真付きの本人確認書類を所有している人が対象です。

これは20歳以上の大学生が口座開設するときの書類と基本的に同じです。

マイナンバーと運転免許証またはパスポートの写真をネット申し込みの際にアップロードします。コピーを郵送しても大丈夫です。

これに加えて、親権者の同意書一式が必要になるのですが、次の項目で詳しく説明します。

Bパターンは高校生や大学生の未成年で、まだ運転免許証やパスポートを取得していない人が対象です。

マイナンバー記載の住民票を市役所や区役所で発行し、健康保険所のコピーと合わせて郵送することで、口座開設の条件を満たします。個人番号付きの住民票があれば、顔写真のついていない健康保険証でも本人確認書類と認められます。

こちらもネット口座開設のときに、画像をアップロードするか、SBI宛てに郵送することも可能です。

次に親権者の同意書一式について、詳しく見ていきましょう。


親権者の同意書一式って?

18歳以上20歳未満の対象者(既婚者を除く)は口座開設にあたって、以下3点の書面をFX業者の口座開設係あてに郵送する必要があります。

①法定代理人であることを証する書面
※親権者全員と未成年者本人の続柄が記載された戸籍謄本(発行日から3か月以内のもの)

②法定代理人の本人確認書類(免許証・パスポート等)
※法定代理人が2名の場合は2名分必要です。

③未成年者の取引に関する同意書
※SBIの登録時にPDFでダウンロードできます。

ここでいう法廷代理人とは親権者(未成年者の両親)のことを指します。

①の戸籍謄本は、市役所や区役所に行って本人確認所を見せることで自分でも受け取ることができます。

両親の同意が必要となるので、しっかりと許可をもらってからFXを始めましょう。

ちなみに、18歳以上20歳未満でも既婚者の場合、既婚婚姻証明書類を提出すると、親権者同意書類が不要になります。

口座開設時の審査とは?

実際に口座開設する時には、自分の名前、住所以外にも身分や貯金額を記入する必要があります。

Q.アルバイトもしてないし、貯金もすくないです。大丈夫ですか?

A.高校生でも貯金30万円と記入しておけば、基本的に口座開設できます。

結論から言うと、FX口座開設の際に「資産額」「収入額」による審査があります。

つまり、余裕資金があるかということが重要になってくるのですね。

この余裕資金についてですが、業者によってはそこまで審査が厳しくないと思います。

SBIで口座開設した際には、年収と貯金を30~100万円と記入しましたが、口座開設ができました。

無職の人でFX口座を持っている人も大勢いるので、心配する必要はないと思います。

1. 大学生がFXを始めた方がいい3つの理由


そもそもなぜ、そんなに多くのお金を持っていない大学生に投資であるFXをおすすめするのか。

シラホシ(笑顔)

「大学生」だからこそ、FXでしか得られない「何か」があるということなんですね!!

その通りです。大学生がFXをやるメリットは以下の3つがあります。

● 世界経済・政治の知識が自然と身につく
● 社会人に比べて自由な時間が多い
● 就職活動に有利

具体的にどういうことなのか、一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.1 国際経済・政治の知識が自然と身につく

FXを始めると、国際経済の知識と政治の知識が自然と身についていきます。

なぜ、国際経済と政治の知識が身についていくのかというと、それはFXが通貨の価値変動を利用する投資手段だからです。

FXで利益をだすパターンとしてよくあるのが、1ドル=90円の時に買って、1ドル=100円になったら売るといったような、世界中の通貨を安い時に買って、高くなったら売るというパターンです。

エボシ(ワンポイント)

このとき、大事なのが「どうして為替相場が変動したのか」というポイントよ

通貨の価値が変動した理由に、国際経済や政治が深く関わっています。

例えば、90円から100円と円安ドル高に動いているとしましょう。

この場合、なぜ円の価値が落ちて米ドルの価値が上がったのかを考えます。今回の例ではどういう要因が考えられるでしょうか?

● 米国の長期金利が他国に比べて上昇した
● 日本のマイナス金利の影響
● 米国企業の業績向上に伴う株価の上昇が影響
● 日本の輸出量の減少
● 米政府が景気刺激策を実行
● 米国失業率の低下
● 日本で大地震が起きた
などなど。。。
 

シゲ(驚き)

通貨の価値が変わるのにこんなにたくさんの理由が考えられるの!?

要因としては、これだけではない(もっと複雑)ですが、このような国際経済や各国の政治などが反映された結果、通貨の価値は変動するということですね。

つまり、FXで利益を出すために通貨が変動する理由を追求していると、自然に国際経済や政治の知識が身についていくのです。

シラホシ(魅せられてる)

大学の難しい勉強がFXでも楽しくできるなんて。。。

それだけではありませんよ!知識を身につける習慣があれば、ふとしたタイミングでニュースを見たときでも、

「あっ、このニュースは相場を上昇させる要因になるかも。」
「~国で中間選挙か。相場が荒れるだろうからポジションを解消するか。」

といった具合で「ニュースが経済に与える影響」について、直感的にイメージする習慣を身につけることもできるのです!

シゲ(驚き)

大学生でホンモノの投資家並みの情報収集ができるのか。。。

もちろん! 実際に大学生の中でもプロの投資家として活躍している方もいるほどです!

大学生のうちに国際経済や政治の知識を身につけておけば、将来仕事でのビジネスチャンスに繋がるかもしれません。

また、後述する就職活動にも役立ちますし、生きていくうえで、何ものにも変えることができない貴重な財産となるでしょう。

1.2 就職活動でもしっかり役立つ


エボシ(デフォルト)

就職活動にも役立つというのはFXを始める「大学生」ならではのメリットね!

FXの経験は就職活動でも大いに役立ちます。

特に、FXを通じて得た時事問題や、政治経済に対する豊富な知識は、面接時のネタにうってつけです。

本気でFXをしていれば、毎日あふれそうなぐらいの情報量に触れるので、

就活が始まる頃には、時事問題や政治経済に対する知識の量は、自然と周りの大学生を圧倒できるレベルにまで到達しているでしょう。

シラホシ(魅せられてる)

そんなにすごいんですか。。。

正直な話、「FX業界では当たり前だろ!」というような情報でも、面接官にとっては「大学生でこの知識量はヤバい」と舌を巻くレベルです。

特に、証券会社や金融機関への就職なら、FXの経験を細かく話せば、他の就活生よりも面接官に大きなアピールができることは間違いないでしょうし、
実際に投資経験を活かして内定を勝ち得た人々が数多くいるのも事実です。

何より、「小遣い稼ぎのつもりで始めたFXが就職活動で大活躍!!」というのは嬉しい話ではないでしょうか?

シゲ(絶望)

俺も大学生の頃に戻ってFXをやりたいよぉぉぉ!!!

1.3 「大学生」だからこそ成長できる


「FXに使える時間」という点においても、大学生と社会人の間には大きな違いがあります。

社会人と大学生の取引環境を比べてみるとその違いがよく分かるでしょう。

社会人の取引環境

FXの勉強に使える時間が少ない
すきま時間にトレード
収入源があるので高額トレードも可能

社会人がFXを始める場合、多くの人は働いているので、休日以外は仕事に使う時間が最も多いと思います。

FXの為替相場は24時間動き続けているので、取引チャンスは多いですが、FXを勉強する為にまとまった時間を作る機会はそれほど多くありませんね。。。

シゲ(どういう意味だ)

俺も仕事で忙しいからFXの勉強をする時間ってあんまりないんだよなぁ。。大学生羨ましい。。。

もちろんデメリットばかりというわけではありませんよ。

社会人の方は一定の収入源があるので、大学生に比べるとFXに使える金額も大きいですし、高額取引で利益を得た際には、手元に入ってくる金額も大きくなります。

FXの勉強をする時間が全くないというわけではないので、コツコツ勉強と取引を繰り返しながら取引を上達していくというのが社会人トレーダーの王道ルートですね。

シラホシ(怒り)

私だって、大きな金額で取引できる社会人の方が羨ましいです!!

とはいえ、必ずしも高額取引ができる社会人が大学生より有利な環境にあるとは限りません。

大学生の取引環境

スケジュールを柔軟に変更可能
トレードできる時間が多め
FXの勉強ができる時間が多い
アルバイト代が資金源なので少額取引が多い

大学生の最大の武器は「圧倒的な自由時間の長さ」でしょう。

もちろん、大学生はしっかりと勉強しなければいけませんし、サークルやアルバイトで忙しいという人も多いでしょう。

しかし、大学の履修はある程度の融通が利くでしょうし、サークルやアルバイトのシフトも自分の都合次第ではかなり融通が利きます。

つまり、長時間働いている社会人に比べて、自由に使える時間が圧倒的に多いのです!!

この時間をFXに使えば、より多くの知識や取引経験を手に入れることができ、FXトレーダーとして成長するために必要な期間も短くて済みます。

エボシ(デフォルト)

この事を説明する言葉として、心理学で用いられる「プラトーの成長曲線」というものもあるわ。

null
プラトーの成長曲線

簡単に説明すると、

人が何か新しいことを学習するときに、その成長スピードは一定ではなく、プラトーと呼ばれる伸び悩みの時期があり、それを乗り越えるたびに、グンッと爆発的な成長を繰り返すというものです。

これはFXでも同様で、少ない空き時間を利用して勉強するのと一定期間に集中的に勉強するのでは成長する速さも異なります。

なので、時間のある大学生と社会人とでは、FXでの成長の速さもまったく異なるという事です。

また、このプラトー(伸び悩み)の時期を越えると、ようやくFXでも安定した利益を得る取引ができるようになります。

つまり、ゆっくりペースで長期間勉強する社会人の場合では、プラトーの時期を抜け出すまでの期間も長くなり、その分FXを続けるモチベーションを保つのも難しくなります

逆に、FXにより多くの時間を費やすことのできる大学生は、社会人よりも早くプラトーを乗り越えることができるので、FXに対するモチベーションの高さも維持でき、その分成功する確率も高くなるということです。

シラホシ(笑顔)

つまり、大学生である私の方が、社会人のシゲさんよりも、早く1人前のFXトレーダーになる確率が高いってことですね!!

シゲ(どういう意味だ)

むむむ。。。覚えておけよ。すぐに上達してやるからな。。。

エボシ(呆れる)

二人とも喧嘩しないで。。。

2. 実際に稼いでいる大学生トレーダー

「大学生」という言葉と遠いイメージにあるFXですが、実際にFXで稼いでいる「大学生トレーダー」の方は数多くいます。

今から紹介するのはその一例ですが、興味のある方は是非とも参考程度に読んでみてください!

実例その1 岩井タカシさん(仮名)

タカシさんは、大阪にある大学出身の方で、現在はプロのFXトレーダーとして数億円もの資産を運用しています。

タカシさんが初めて投資に興味をもったのは中学生の時で、企業買収をテーマにしたドラマの「ハゲタカ」を見て、金融の世界に興味をもったそうです。

皆さんの中にも、「俺もハゲタカ見たぜ!」なんて方もいるのではないでしょうか?

タカシさんは、そのドラマを見た後、「僕も投資を始めたい!!」と父に相談したそうですが、タカシさんがまだ中学生ということもあって、お父さんにはめちゃくちゃ反対されたそうです。

そこで、タカシさんは、土下座までして父親にお願いしてなんとか30万の資金を父から借りて株を始めました。

5年ほどかけて、30万を100万円まで増やしたそうで、その後、その100万を元手にFXを始めました。

理由は、「少額から大きく利益をだすには、FXが一番有効な手段であり、株は効率が悪い」と考えたからだそうです。

本格的にFXを始めたのは大学1年生の頃ですが、既に株の経験があったので順調に取引を進めることができました。

元手の100万を1年で800万まで増やし、大学三年の頃は、あまり授業に出ずに、FX漬けの日々を送った結果、800万が5000万まで膨れ上がり、大学4年の頃には資産が1億円に到達したそうです。

シゲ(驚き)

めちゃくちゃ羨ましいな!!ちょっと分けてほしいぐらいだよ!

エボシ(呆れる)

いい大人が人のお金を欲しがるなんてみっともないわよ。。。

シゲ(どういう意味だ)

冗談だよ。。。

実例その2 田畑昇人さん

田畑さんはメディアにも度々出演する機会が多いのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

早稲田大→東京大学院という学歴もさることながら、トレーディングで50万円を9ヶ月で1000万円に変えたという逸話もある凄腕トレーダーですね。。。

また、田畑さんは大学生からFXを始めて成功した人でもあり、まさにFXをしている大学生にとっての理想像であるといえるでしょう。

彼ほどの実力ではありませんが、実際に大学生で成功している人がいるのも事実です。もしあなたがFXに興味があるのなら、彼らを目標にしてFXを始めてみてはいかがでしょうか?

シラホシ(笑顔)

目指すべき目標があるのは、FXをする上で、いいモチベーションになりそうですね!!


FXを始める際に押さえておきたいポイント

ここまで紹介したので、大学生がFXを始めると何かと役立つということが分かりました。

しかし、いざFXを始めてみても、最初のうちは知識が乏しかったり、取引経験も少ないのでなかなか利益を出すのに苦労することも多いと思います。

そこで、より効率的に取引を上達するために誰でも簡単にできるFXのコツを紹介しましょう。

始めるときは絶対少額から

「百聞は一見に如かず」という言葉にあるように実際に取引することが上達の近道です。

しかし!絶対に少額から取引を始めるようにしてください!!

FXの世界は、簡単に勝ち続けることができるほど甘くなく、どんなに賢い人でも、取引経験を積み重ねないと、継続的に利益を出すことは不可能です。

シゲ(どういう意味だ)

そーゆーもんなのか??

FXの世界では「勝ち続けるトレーダーは全体の2割ほど」と言われており、戦略や適切な取引判断なしに勝ち続けることは不可能です。

FX取引で着実に利益を出し続ける為には、まずは少額から!というのがFX上達の王道ルートです。

たまに、私の周りでもバイト熱心で、いきなり1万通貨から取引を始めた方がいましたが、FXに熱中するあまり、コツコツ貯めた500万円を溶かしてしまいましたね。。。

シゲ(やってしまった)

500万円。。。経験って大事なんだな。。。

このように、なんとなく取引を続けるだけでは間違いなく8割の負けトレーダーに入ってしまうのは明らかです。

せっかく苦労して稼いだお金を高額取引で一気に失うとなると。。。考えただけでも恐ろしいですよね。

自分の取引戦略が明確になって、取引成績が安定するまでは、少額取引でコツコツ練習することをおすすめします。

最初のうちは、多くても1000通貨、元手が少ないと感じる方は100円から取引を始められるSBI FX トレードでFXを始めてみるのもいいかもしれません。

頻繁に取引しすぎない

FXで取引を進めているうちに、取引に対する興味関心もより強いものになっていくと思います。

しかし取引のしすぎは厳禁です!!

シラホシ(デフォルト)

取引を重ねたほうが上達しそうなイメージがありますけど。。。

エボシ(デフォルト)

確かにある程度の取引経験はFX上達に必要不可欠だわ。でも同時に、FX初心者は大きな落とし穴を見落としがちなのよ。

その通りです!その落とし穴とは「ポジポジ病」です。

ポジポジ病とは初心者にありがちなことで、分かりやすく言うと「取引したいあまり、為替相場を過度に気にしたり、必要以上に取引してしまう状態」です。

取引のことに関心があるのは良いことですが、欲が出てしまい無意味な取引を繰り返してしまうと、かえって大きな損失を抱えることになりかねません。

また、人によっては日常生活に悪影響が出てしまう場合もあり、大学生にとって重要な学業にも支障が出たら本末転倒です。

エボシ(呆れる)

学生の本分は勉強よ。「FXに夢中になるあまり、単位を落としちゃった」なんてことがないようにね。。。

シゲ(どういう意味だ)

あれ?俺も最初の取引で大きな利益を手に入れてから、かなり頻繁に為替相場を見ているような。。。

エボシ(呆れる)

それは典型的なビギナーズラックね。

シラホシ(デフォルト)

びぎなーずらっく??

ビギナーズラックとはFX初心者が偶然で大きな利益を得ることです。

取引で利益を手に入れることはいいことですが、明確な戦略がないFX初心者が、中途半端に取引で成功してしまうと、「稼げる!」という実感が強くなり、「ポジポジ病」に陥りやすくなるので注意が必要です。

エボシ(呆れる)

思い当たる節はない??

シゲ(やってしまった)

いや、た、、、多分大丈夫だよ。。。全然「ポジポジ病」とかじゃな、、なさそうだな。。。

「ポジポジ病」を予防するにはFXを行う上での自分ルールの徹底が有効です。

具体的には、~時に為替相場の確認をする、1日の取引回数は~回まで、取引を行う時間帯は~時から~時まで、といったように、細かくルールを作ることで不必要な取引を防ぐことができます。

また、自分ルールの徹底は、取引成績を安定させることにも繋がるので、FXで勝ち続けるために必要不可欠だと言えます。

エボシ(ワンポイント)

稼いでるFXトレーダーほど「自分ルール」を徹底しているわ!!
すぐに自分ルールを作って実践してみるべきね!

損切りを徹底する

損切りの徹底はFXで勝ち抜くためには必要不可欠です。

シゲ(どういう意味だ)

それって当たり前のことなんじゃないのか??

その通りかもしれません。しかし、実際に取引を始めてみると分かるのですが、含み損を抱えるとメンタル的にキツいんですよね(笑)

「相場が戻って含み益になるかもしれない」
「もう少し相場が落ち着いてから損切りしてもいいよな。。」

といった感じで、欲に負けて損切りできない人が多いです。

シゲ(どういう意味だ)

確かに。。。「相場が戻るかも!!」って思って損切りをためらうことって結構あるな。。。」

適切なタイミングで損切りができないと、最悪の場合、ロスカットで数十万~数百万円ぐらいのお金を一瞬で失ってしまうことも十分ありえます。

シゲ(やってしまった)

数十万~数百万円が一瞬で吹き飛ぶのか。。。

損切りを徹底するためには、先ほども少し紹介した「自分ルール」の徹底が有効です。

買った価格より~円分相場が動いたら損切り(利確)しよう」といった具合にルールを決めましょう。

この自分ルールをしっかり守ってさえいれば、ロスカットが発生する可能性は限りなくゼロに等しいでしょう。

シラホシ(笑顔)

損切りなくしてFXで勝利無し」ってことですね!

高レバレッジはNG

レバレッジを使って少ない元手でも大きな利益を得られるというのがFXの大きな魅力でもあります。

しかし、レバレッジを高くしすぎると大きな損失が発生してしまう可能性も生まれる「諸刃の剣」だということを忘れてはいけません。

つまり、明確な戦略なしに10倍以上の高レバレッジで取引するのは無謀としかいいようがありません。

エボシ(呆れる)

シゲ君。ちゃんと聞いておきなさいよ。。。

シゲ(デフォルト)

はい!

長年利益を出し続けている熟練トレーダーでさえも、「レバレッジは5倍まで」と決めている人が多いです。

これは大まかな目安ではあるのですが、FX初心者のうちはレバレッジは多くとも3倍までに抑えておくのがいいでしょう。




3. 大学生にぴったりのFX業者


FXについて理解ができたところで、最後はFX業者選びです。

FX業者といっても国内にはメジャーなFX業者だけでも数十社はあります。

また、それらのFX業者の中でもそれぞれ異なる特徴があるので自分にあったFX業者を選ぶのは結構大変だったりします。

なので、ここではFX初心者、特に大学生にピッタリのFX業者を紹介したいと思います。

大学生によくある要望別にまとめているので、ぜひとも参考にしてくださいね!

SBI FX トレード

「あまりお金のない大学生がFXなんてできるわけない」これが一昔前までのFX業界の常識でした。

しかし、SBI FX トレードの登場によってこの常識は完全にぶっ壊されました。

なんと、SBIではたった100円で取引を始めることができるのです。実はこれ、めちゃくちゃすごいことなんです。

他の優秀なFX業者でFXを始める為には最低10万円分の取引をしなければいけません。つまり、SBIは他の業者の1000分の1ほどのお金で取引ができるということです!

また、SBIでFX口座を新たに作ると特典として500円が口座に入金されるので、今ならまったくお金をかけずに、実質0円で実際の取引をすることもできちゃうんです(笑)

「その話ホントなの?」と思って調べてみたらSBI FX トレードの公式ページにしっかりと書かれていました。

たくさんのお金を必要とするイメージがあるFXですが、実はワンコインで気軽に始められる身近な投資なのです!

「百聞は一見に如かず」という言葉にあるように、人の話を100回聞くよりも実際に1度やってみた方がいいでしょう。

まずは、口座開設したときにもらえる500円を利用して取引してみてはいかがですか??



YJFX!

FXの取引には直接関係ありませんが、FX業者の中には外貨両替ができる業者もあり、その代表例がYJFX!です。

FX業界では当たり前のこととして知られていることなのですが、FXで外貨両替をすると旅行会社や空港、銀行などで両替する場合よりはるかに安く済ませられます!

実際に発生する手数料を比べてみるとこんな感じです。

空港 旅行会社 銀行 金券ショップ FX業者
約5円 約3円 約3円 約2円 0.003円

アメリカドル(1ドルあたり)の手数料

つまり、YJFX!で外貨両替した場合、「安くてお得」と言われる金券ショップの1/666の手数料で両替ができるということですね!

これだけ手数料に差があると、金券ショップで両替するのがなんだか馬鹿馬鹿しく感じてしまうなというのが正直な感想ですね(笑)

大学生の方は、彼氏、彼女、友達やサークル仲間と一緒に海外に旅行することも多いと思いますので、海外旅行や留学の為にFX業者を利用してみるのもアリですね!