仲値とは、銀行が企業に対して円を外貨に交換するときの為替レートのことで毎日9時55分にレートが決定します。

実はこの仲値は通貨の値動きに大きな影響を与えるので、午前中にトレードする人にとっては結構大事だったりするんですよね。

というわけで、エフキャン編集部の”つのだ”が仲値と為替相場の関係について徹底解説!仲値の時間帯を狙ったトレードについても説明していきます。

この記事で流れ

  • 仲値の役割

  • 仲値と関係している実需とゴトー日について

  • 仲値公開の時間帯の相場の特徴

つのだ(笑顔)つのだ

まずは仲値についての基本的なことを押さえてからトレードに役立ててみよう!

仲値って何のためにあるの?

仲値とは?

「仲値」とは銀行と顧客の間で行われる外国通貨取引の基準となる為替レートのこと。

この顧客というのは、主に国内の輸出・輸入企業のことを指し、海外とのお金の受け渡しの際に価格が毎秒変動していると取引しにくいため、1日の取引の価格をどこかのタイミングで決めてしまおうというのが仲値の役割です。

つのだ(笑顔)つのだ

「その日の通貨の価格」が固定されないと銀行と企業間でスムーズに取引できないので、「仲値」を基準にしているってこと!

仲値はいつ・誰が決めるの?

ちなみに仲値は平日の日本時間9時55分に三菱UFJ銀行が価格を決定し、10時に他のメガバンクや地方銀行に公示されます。

仲値が決まるまでの流れ

  • 1
    9時55分に三菱UFJ銀行が仲値を決定
  • 2
    10時に他のメガバンクや地方銀行に公示される
  • 3
    それ以降は仲値を基準に各企業が取引する

公開後は仲値を基準に各企業(投資会社や輸出・輸入企業)の取引が行われます。

仲値が使われている身近な例

また私たちの身近に関係している例を挙げると、海外の両替のレートが仲値と大きく関係してます。

日本円を外貨に両替するときのレートと、外貨を日本円に戻すときのレートに開きがありますが、そのちょうど中間に位置するのが仲値です。

ちなみに仲値は英語でTelegraphic Transfer Middle Rate なので、略してTTMと呼ばれており、仲値が決まると同時にTTSとTTBという売りと買いの為替レートが決められて、そのレートを基準に両替を行います。

仲値を使っている人たちは誰?

仲値と為替相場の関係の話に移る前に、輸出・輸入企業とドル円の関係について確認しておきましょう。

具体的には「実需とは何なのか?」そして、為替相場にどう影響するのかを解説していきたいと思います!

実需で用いられる

為替差益を狙うために通貨を売買するFXに対して、単に商売上の支払いや受け取りなどのために通貨を取引することを「実需」と言います。

そして仲値を基準に取引を行っているのが、輸出・輸入を行う国内の一般企業というわけです。

つのだ(笑顔)つのだ

ちなみに輸出入を行う企業は「実需筋」とも呼ばれています!「お金を両替するために為替市場を使う人たち」とイメージしておけばOKです!

実需筋と投機筋

為替市場には実需以外にも、投機筋と呼ばれる人たちも取引しています。投機筋とは為替差益による利益を狙うために為替取引を行う人たちのことで、銀行やヘッジファンド、個人トレーダーがあげられます。今回は実需に焦点を当てて説明していますが、市場参加者の割合は「実需筋:投機筋=1:9」とも言われるほど投機筋の影響は大きいのでついでに押さえておきましょう。

それでは、まず仲値と関係の強い輸入企業の特徴について解説していきたいと思います。

仲値と関係が強いのは輸入企業

輸入企業の例を挙げると「◯◯商事、物産」などの商社が代表的です。他にも石油や鉱物などの資源を輸入する企業も当てはまります。

そして資源を輸入した後に海外の会社に支払いを行う際に、円をドルに両替します。このときの取引価格の基準になるのが仲値なんですね。

両替のタイミングはゴトー日

輸入企業と仲値の関係で押さえておきたいポイントは、輸入企業が決まった日時にお金を支払う習慣があるということです。

特に「5日、10日」などのゴトー日と言われる特定の日に支払うことが多く、ゴトー日当日の仲値公開前後の時間帯に銀行と企業間でドルと円の取引が活発に行われます。

そのため9時~10時にかけて米ドル/円相場も動きが見られることもあります。

ただこのときの値動きは実需筋と銀行の取引による変動ではありません。実需筋から注文を受けた銀行がインターバンク市場で他の銀行と通貨を売買することで相場が動くことを押さえておきましょう。

輸入企業と仲値の関係

具体的には銀行輸入企業との取引に備えて仲値公開前にインターバンク市場で大量のドルを事前に購入しておき、公開あとにドルを売るという流れになるので、米ドル/円の通貨ペアが動きやすいと言われているのです。

つのだ(笑顔)つのだ

この実需筋と銀行間の為替取引で相場が動き、そのタイミングを狙ったトレードが「仲値トレード」と言われているのです!詳しくはのちほど解説します。

輸出企業は取引が不定期

輸入企業に対して海外で製品を売って利益を上げているのが輸出企業。自動車メーカーや家電メーカーなどが代表格です。

大手自動車メーカーのトヨタであれば、海外で車を売って儲けた利益を国内の本社に戻した後、米ドル/円を日本円に換金する必要があります。

両替のタイミングは3月、9月などの決算期

ただ輸入企業と異なり、輸出市場の規模が大きく、取引額は大口取引となるため仲値とは関係なくオープン市場(レートが変動する市場)で行われます。

さらに、輸出企業は海外からドルの支払いを受けた直後に両替は行わず、3月と9月の決算期にまとめて取引する傾向があるんですね。

輸出企業と仲値の関係

そのため、3月と9月は輸出企業の「ドル売り円買い」によって相場が動くこともあり、ゴトー日などの仲値公開前後の時間帯への影響については比較的少ないと言われています。

つのだ(笑顔)つのだ

このように同じ実需筋でも輸入企業と輸出企業で為替取引のタイミングに違いがあることを押さえておくことはとっても大切!

特に輸入企業の取引は仲値トレードに直接関係してくるから、もう一度整理して確認しておこう!

この記事のまとめ

  • 輸入企業はゴトー日という特定の日に取引が集中するため、仲値公開前後で米ドルと円の取引が活発になる

  • 輸出企業は3月、9月の期末に為替を両替する傾向があり、仲値公開前後の時間帯の相場への影響は比較的に少ない

次にゴトー日と企業の関係について解説していきます!

仲値に関係するゴトー日とは?

実需と合わせて押さえておきたいのが「五十日(ごとうび)」です。「ゴトー日」とは「五十日」とも表記され、その名の通り「5」や「0」のつく日を意味しています。

先ほど説明したように、輸入企業は製品や資源を購入する際の支払いが「ゴトー日」になっていることが多いです。

つのだ(笑顔)つのだ

ちなみにゴトー日が休日だった場合、次の日に支払いが行われることもあります!

またゴトー日には「銀行が輸入企業に対してドルを売る」ということがあらかじめ決まっています。なので仲値公開前後はドルの注文が多くなるのため、米ドル/円の相場の値動きにも影響してくるのです。

具体的な相場の動きについては次の章で解説しますが、企業の大口決済はゴトー日に行われることが多いため、仲値公開前後で米ドル/円の動きが活発になり相場が動くことを押さえておいてください。

仲値と為替相場の関係

それでは本題の仲値と為替相場の関係について解説します。

特にゴトー日に銀行と実需筋の取引が集中する場合、仲値公開前にドルが上昇し公開後に下落するという値動きが見られます。そのタイミングを狙った方法を「仲値トレード」とも言います。

というわけで、具体的な「仲値トレード」の流れを仲値公開前後の時間帯を3つに分けて、イラストを用いながら解説していきたいと思います。

仲値トレードの流れ

3つのポイント

  • 1
    ゴトー日当日、ドルを購入したい輸入企業は銀行に対して為替予約を行う
  • 2
    為替予約を受けた銀行は10時までドル買いを行う
  • 3
    10時以降は銀行→企業のドルの受け渡しが行われドルが売られる

つのだ(笑顔)つのだ

仲値はあくまでもトレードの判断材料の1つ。基本的なテクニカル分析を押さえた上で、トレードのヒントにしてみましょう。

9時~9時55分

ゴトー日の仲値公開前の9時~9時55分は、ドルで支払いが決まっている輸入企業(実需筋)が銀行に対して為替予約注文を行う時間帯です。

仲値トレードの仕組み①

そして実需筋から注文を受けた銀行は10時以降の取引に備えて仲値公開前にドルを買っておきます。

特にゴトー日など実需筋の決済が見込める日時には、あらかじめ輸入企業が銀行からドルを買うことがわかっているため、注文も多くなるようです。

仲値トレードの流れその1

そのため9時~9時55分にかけて米ドル/円の相場が上昇することも少なくありません。

つのだ(考える)つのだ

銀行は実需筋からの為替予約を受けて、ドルが不足しないように仲値公開前にドルを購入しておくってことか。

9時55分~10時00分

仲値が決定するタイミングは、ドル買いの勢いが最も強い時間になる傾向があります。特にゴトー日は銀行と企業の取引が活発になるため、相場の動きが激しくなることも多くあります。

仲値トレードの流れその2

つのだ(笑顔)つのだ

もしゴトー日の朝9時以降に買いポジションを持って利益が出ていたら決済するのもアリなのです!

10時00分以降

仲値が決まると銀行側のドル買いがとまります。そして仲値が公開された10時以降は銀行から輸入企業に対してのドル売りが行われます。

仲値トレードの流れその3

為替レートを動かす銀行の立場からすると「米ドル/円を売る」という取引になるため、米ドル/円のチャートも下落するというわけです。

仲値トレードの仕組②

ちなみに10時を境目に相場が上昇と下落の流れになっていることを「仲値天井」とも言うので覚えておいてもいいかもしれません。1つの山ができるイメージですね。

つのだ(笑顔)つのだ

このように値動きと時間の関係は強く、仲値トレードでは公開時間の10時を境に通貨の売り買いのバランスが異なるのもポイントです!

また時間に関連することでいうと、【東京→ロンドン市場】などの市場時間の節目を意識することも大切と言われているので、合わせてチェックしておこう!

仲値はあくまで指標の1つ!テクニカル分析も欠かさず行おう

仲値の時間帯を狙ったトレードで気をつけておきたいポイントは、仲値はあくまでも1つの判断材料だということ。

ゴトー日だから米ドル/円を買っておけば上昇するというわけではありません。

なので午前中にトレードする方はテクニカル分析を行った後に、仲値の時間帯の値動きを売買戦略に取り入れるのが良いとされています。

この記事では詳しいテクニカル分析については解説しませんが、仲値と他の指標を組み合わせた分析方法の一例を紹介したいと思います!

テクニカル分析を用いた仲値トレード

下の画像は2020年9月30日(ゴトー日)の15分足チャートです。

15分足チャートなので前日の値動きもチャートに表示されていますが、30日当日(赤い点線の枠で囲った部分)は10時を境に「上昇→下落」の値動きが見られます。(緑の丸の部分

さらに今回のトレードは仲値の特徴に加えて、事前に平行線を用いてテクニカル分析を行うことで天井を予測することができました。

具体的には前日の高値同士、安値同士をラインで結んだ平行チャネルを用いた方法です。実際に10時のタイミングで価格が上限ラインにタッチして下落していることがわかります。

仲値トレードは他の指標を用いる

また、仲値公開後の下落はチャネルライン下限のラインまで到達しており、利確ポイントに設定しても良いかもしれませんね。

このように仲値天井のタイミングに加えて、他に意識されているテクニカル指標を確認しておくことでトレードの精度が高くなる可能性があります。

今回は平行線(チャネルライン)を用いて分析しましたが、他のテクニカル指標や時間足で分析しても良いかもしれません。

ちなみに具体的なトレード手順やテクニカル分析の方法については次の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください!

まとめ

つのだ(笑顔)つのだ

仲値はあくまで指標の1つです。朝の時間帯にトレードする方は売買戦略に役立てても良いかもしれませんね。

この記事のまとめ

  • 仲値とは企業と銀行の為替取引の基準となるレートのこと

  • ゴトー日は輸入企業のドル買いが活発に行われ、相場が動くこともある

  • 仲値トレードは10時を境に上昇・下落の「仲値天井」を作るタイミングを狙った方法

  • 仲値はあくまで判断材料の1つ。基本的なテクニカル分析は必須!

この記事の執筆者
編集者つのだのプロフィールアイコン
つのだ
数学オリンピック出場経験から編集部では「博士」と呼ばれる28歳。人見知りで分析好きな性格からFXにドハマリする。特に取引分析ツールへのこだわりは編集部随一。これまで開設したFX口座は20社以上。