ここでは、FXの買い方について詳しく解説します。
簡単な流れとしては以下の通りです。

①FXの口座を開く。
②FX口座に入金する。
③FX口座から買い注文をする。

使う口座はSBI FXトレードです。
なぜ私がSBI FXトレードを使うのかに関しては『【徹底解説!】SBIFXトレードが初心者に選ばれる5つの理由!!』をご覧ください。

口座開設していない方は、先にこの記事をみて買い方の流れを掴んでおくのもオススメです。

そして、SBI FXの口座を開設したい!という方は、下の『SBI FXトレードで口座開設』から5分ほどでできます。





FX口座に入金する方法

今回使用するSBI FXトレードは取引ソフトが3つ(WEB版・リッチ版・スマホ版)あります。
今回はWEB版から入金する方法を説明します。

WEB版にログインする

SBI FXトレードのホームページにあるログインバナーからログインページを開きます。
下の画像がログインバナーです。

そして、郵送で送られた「口座開設手続完了のご案内」に記載されている「ログインID」と「パスワード」を入力し、「FX取引ログイン」をクリックするとWEB版取引ツールにログインできます。ログインすることでお取引や口座照会、チャート等が確認できます。

そして、下の画像で赤く囲まれた「入金」のボタンを押します。

すると「クイック入金サービス」が別窓で表示されます。
ご利用の金融機関を選び、入金額を入力します。

次へをクリックすると自動的に銀行のページが立ち上がります。
これにて完了です。

入金が完了したら、それぞれの注文方式での買い方について見ていきましょう。


成行注文での買い方

まず初めに成行注文での買い方を説明します。FXの注文方法に関して、詳しく知りたい方は『FX入門編-FXの注文方法とは?』をご覧ください。

ログインをして成行注文画面にいく

まず初めに先ほどの流れでログインをします。
そして先ほど入出金を押したホーム画面にいきます。
今回は入出金ボタンではなく取引を押し、そこにある新規注文をクリックします。

成行注文の内容を入力

今回は成行注文なので、「新規注文」から「成行」を選択し、成行注文入力画面を表示します。
すると下と同じ画面が出ると思います。
では、この画面の内容を詳しくみていきます。

①通貨ペア
プルダウンメニューより通貨ペアを選択します。今回は最もベーシックな米ドル・円を選択します。

②売買区分
今回は買い方の説明なので「新規買い」にチェックを入れます。
(開いた時は画像のように売にチェックがあるので注意が必要です)

執行条件
今回は成行注文なので、成行になっています。

③注文数量
キーボードでの入力のほかに、右の数量ボタンをクリックすると自動入力が可能です。これは正の値のみ適用されます。
ボタンをクリックするごとにそれぞれ数量が増加し、「clear」ボタンで数量のリセットが可能です。

④注文内容を設定後、「注文確認」ボタンをクリックします。

※この時点では注文は発注されていません。
※「注文確認画面を省略」にチェックしてから「注文確認」ボタンをクリックすると、注文確認画面を省略して注文が発注されます。

注文内容を確認&発注

先ほどの入力画面で「注文確認画面を省略」にチェックを入れていなければ、下の画像のような確認画面が表示されます。
この注文確認画面で内容に誤りがないか確認します。

⑤「注文発注」ボタンを押す

そして「注文発注」ボタンをクリックすると注文が発注され、「注文受付画面」が表示されます。
注文内容を変更する場合は「注文入力画面へ戻る」ボタンから内容の変更を行ってください。
注文が正しく発注されたことを「注文履歴」で確認すると確実です。


指値・逆指値注文での買い方

指値・逆指値注文の内容を入力

先ほどと同じ流れで「新規注文」から「指値・逆指値」を選択し、指値・逆指値注文入力画面を表示します。
そして、注文内容を入力していきます。

①通貨ペア
プルダウンメニューより通貨ペアを選択します。

②売買区分
今回は買い方の説明なので「新規買い」にチェックを入れます。
(開いた時は画像のように売にチェックがあるので注意が必要です)

③執行条件
今回は指値・逆指値注文なので「指値」または「逆指値」を選択します。

④注文価格を入力します。

※現在レートの50%以内での価格設定が必要です。

※逆指値注文価格は、現在レートから3.0pips(0.03円)以上離した価格設定が必要です。

⑤注文数量
キーボードでの入力のほかに、右の数量ボタンをクリックすると自動入力が可能です。これは正の値のみ適用されます。
ボタンをクリックするごとにそれぞれ数量が増加し、「clear」ボタンで数量のリセットが可能です。

⑥有効期限「当日」「今週末」「無期限」のいずれかを選択します。

⑦注文内容を設定後、「注文確認」ボタンをクリックします。
※この時点では注文は発注されていません。
※「注文確認画面を省略」にチェックしてから「注文確認」ボタンをクリックすると、注文確認画面を省略して注文が発注されます。

注文内容を確認&発注

先ほどの入力画面で「注文確認画面を省略」にチェックを入れていなければ、下の画像のような確認画面が表示されます。
そして注文内容に誤りがないか確認します。

⑧「注文発注」ボタンを押す
誤りがなければ、注文発注ボタンを押します。

先生

この二つが主な注文方法で絶対に抑えておくべきね。ちなみにFXのなかで抑えておくべき点は下にもまとめてあるからよかったら見てね。

  • IFD注文での買い方

    IFD注文というは1つ目の注文が約定したら、2つ目の注文が有効になる注文方法です。
    詳しい詳細は『FX入門編-FXの注文方法とは?』をご覧ください。

    IFD注文の内容を入力

    「新規注文」から「IFD」を選択し、IFD注文入力画面を表示します。

    そして、注文を入力していきます。
    ①通貨ペア
    プルダウンメニューより通貨ペアを選択します。

    ②注文数量
    キーボードでの入力のほかに、右の数量ボタンをクリックすると自動入力が可能です。これは正の値のみ適用されます。
    ボタンをクリックするごとにそれぞれ数量が増加し、「clear」ボタンで数量のリセットが可能です。

    ③新規注文の入力をします。

    ・「売」または「買」の選択
    ・「指値」または「逆指値」を選択
    ・ 注文価格を入力

    ④決済注文の入力をします。

    ・「指値」または「逆指値」を選択
    ・ 注文価格を入力

    ⑤有効期限「当日」「今週末」「無期限」のいずれかを選択します。

    ⑥注文内容を設定後、「注文確認」ボタンをクリックします。
    ※この時点では注文は発注されていません。
    ※「注文確認画面を省略」にチェックしてから「注文確認」ボタンをクリックすると、注文確認画面を省略して注文が発注されます。

    注文内容を確認&発注

    先ほどの入力画面で「注文確認画面を省略」にチェックを入れていなければ、下の画像のような確認画面が表示されます。
    そして注文内容に誤りがないか確認します。

    ⑦「注文発注」ボタンを押す。
    注文内容を変更する場合は「注文入力画面へ戻る」ボタンから内容の変更を行ってください。
    注文が正しく発注されたことを「注文履歴」でご確認ください。


    OCO注文での買い方

    OCO注文は指値注文と逆指値注文の2つの注文を同時にだす注文方法です。

    どちらかが約定すると、もう一方の注文は自動的にキャンセルしてくれるので便利な注文方法です。
    主に利益確定と損切りの注文を同時にだしたい場合に使います。
    詳しい詳細は『FX入門編-FXの注文方法とは?』をご覧ください。

    OCO注文の内容を入力

    「新規注文」から「OCO」を選択し、OCO注文入力画面を表示します。
    そして、注文内容を入力します。

    ①通貨ペア
    プルダウンメニューより通貨ペアを選択します。

    ②注文数量
    キーボードでの入力のほかに、右の数量ボタンをクリックすると自動入力が可能です。これは正の値のみ適用されます。
    ボタンをクリックするごとにそれぞれ数量が増加し、「clear」ボタンで数量のリセットが可能です。

    ③1つ目の注文を入力をします。
    ・「売」または「買」の選択
    ・「指値」または「逆指値」を選択
    ・ 注文価格を入力

    ④2つ目の注文を入力します。
    ・「売」または「買」の選択
    ・「指値」または「逆指値」を選択
    ・ 注文価格を入力

    ⑤有効期限「当日」「今週末」「無期限」のいずれかを選択します。

    ⑥注文内容を設定後、「注文確認」ボタンをクリックします。
    ※この時点では注文は発注されていません。
    ※「注文確認画面を省略」にチェックしてから「注文確認」ボタンをクリックすると、注文確認画面を省略して注文が発注されます。

    注文内容を確認&発注

    先ほどの入力画面で「注文確認画面を省略」にチェックを入れていなければ、下の画像のような確認画面が表示されます。
    そして注文内容に誤りがないか確認します。

    ⑦「注文発注」ボタンを押す
    注文内容を変更する場合は「注文入力画面へ戻る」ボタンから内容の変更を行ってください。
    「注文発注」ボタンをクリックすると「注文受付画面」が表示されます。
    注文が正しく発注されたことを「注文履歴」でご確認ください。

    先生

    IFDとOCOは、次のIFDOCO注文をする為に抑えておかなければいけないわ。この二つを詳しく知りたいという方は『FX入門編-FXの注文方法とは?』を見るといいわ。


    IFDOCO注文での買い方

    これはIFD注文とOCO注文を合わせた意味を持ち、IFO注文と略されることもあります。
    IFDOCO注文とは1つの新規注文に対し、2つの決済価格を注文する方式です。

    「今より安い価格で買ポジションを新規注文して、レートが上昇したら決済して利益を確定させたい。でも下落してしまった時に備えてあらかじめ決めた水準で損失確定もしたい」という場合に活用できます。

    詳しい詳細は『FX入門編-FXの注文方法とは?』の「IFO注文って?」をご覧ください。

    IFDOCO注文の内容を入力

    「新規注文」から「IFDOCO」を選択し、IFDOCO注文入力画面を表示します。
    そして、以下を入力していきます。

    ①通貨ペア
    プルダウンメニューより通貨ペアを選択します。

    ②注文数量
    キーボードでの入力のほかに、右の数量ボタンをクリックすると自動入力が可能です。これは正の値のみ適用されます。
    ボタンをクリックするごとにそれぞれ数量が増加し、「clear」ボタンで数量のリセットが可能です。

    ③新規注文を入力する。

    ・「売」または「買」の選択
    ・「指値」または「逆指値」を選択
    ・ 注文価格を入力

    ④新規注文が約定した建玉に対応する2つの決済注文の注文価格を入力する。

    ⑤有効期限「当日」「今週末」「無期限」のいずれかを選択します。

    ⑥注文内容を設定後、「注文確認」ボタンをクリックします。
    ※この時点では注文は発注されていません。
    ※「注文確認画面を省略」にチェックしてから「注文確認」ボタンをクリックすると、注文確認画面を省略して注文が発注されます。

    注文内容を確認&発注

    先ほどの入力画面で「注文確認画面を省略」にチェックを入れていなければ、下の画像のような確認画面が表示されます。
    そして注文内容に誤りがないか確認します。

    ⑦「注文発注」ボタンを押す
    注文内容を変更する場合は「注文入力画面へ戻る」ボタンから内容の変更を行ってください。
    「注文発注」ボタンをクリックすると「注文受付画面」が表示されます。
    注文が正しく発注されたことを「注文履歴」でご確認ください。


    トレール注文での買い方

    トレール注文とは、逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文で、逆指値を注文するときに値動きによって売り逆指値価格を引き上げたり、買い逆指値価格を引き下げたりすることが可能です。トレール価格は注文に対して有利な場合のみ変動します。

    「新規注文」から「トレール」を選択し、トレール注文の入力画面を表示します。
    そして、以下を入力していきます。

    ①通貨ペア
    プルダウンメニューより通貨ペアを選択します。

    ②売買区分
    今回は買い方の説明なので「新規買い」にチェックを入れます。
    (開いた時は画像のように売にチェックがあるので注意が必要です)

    ③注文数量
    キーボードでの入力のほかに、右の数量ボタンをクリックすると自動入力が可能です。これは正の値のみ適用されます。
    ボタンをクリックするごとにそれぞれ数量が増加し、「clear」ボタンで数量のリセットが可能です。

    ④新規注文を入力する。

    ・「売」または「買」の選択
    ・「指値」または「逆指値」を選択
    ・ 注文価格を入力

    ⑤新規注文が約定した建玉に対応する2つの決済注文の注文価格を入力する。

    ⑥有効期限「当日」「今週末」「無期限」のいずれかを選択します。

    ⑦注文内容を設定後、「注文確認」ボタンをクリックします。
    ※この時点では注文は発注されていません。
    ※「注文確認画面を省略」にチェックしてから「注文確認」ボタンをクリックすると、注文確認画面を省略して注文が発注されます。

    注文内容を確認&発注

    先ほどの入力画面で「注文確認画面を省略」にチェックを入れていなければ、下の画像のような確認画面が表示されます。
    そして注文内容に誤りがないか確認します。

    ⑧「注文発注」ボタンを押す
    注文内容を変更する場合は「注文入力画面へ戻る」ボタンから内容の変更を行ってください。
    注文が正しく発注されたことを「注文履歴」でご確認ください。

    まとめ

    FXの買い方といっても、このように様々な注文方法があります。そして、それらを駆使することでFX取引にて有利に立つことができます。
    しかし、当然それらを無理に使おうとすると失敗する恐れがあります。

    なので、初めのうちは「成行」と「指値」の2つを使うことをオススメします。
    このサイトでは、FXをするにおいて必要な情報を詳しく解説しています。良ければ他も参考にしてみて下さいね。



    この記事を読んだ人にオススメの記事一覧