二百万は余裕

いきなりですが皆さん。

最近よく普通の主婦でFXを始めて、何百万も稼いでそのお金で娘を大学に行かせたなんて話を聞いたりしませんか?

しかし、そういう話を聞く度に「いや、それって本当なの?」「都市伝説じゃん」と思いますよね。

しかし、意外にそういう方は多くいたりします(稼いでても言わない人も多いですが。。。)

この、成功事例から学ぶFX最強攻略法シリーズ、今回は専業主婦編です。

今回紹介する方は主婦でもあり、FXトレーダーでも主婦トレーダーの松本さんです。

松本さんは、たまにテレビでも紹介されている有名な方なのですが、

なんと!毎月FXで200万を稼いでいるという主婦の方です。

イギリスのEU離脱のブレクジットの時には、1日で456万5700円稼いでいだらしいです。信じられないっすね。。。

福澤驚愕
ブレクジットの時に、1日で465万円稼いだ時の取引画面の様子

さすがの福澤アナウンサーも驚愕しています(笑)

今回この専業主婦編では、具体的に以下について学んでいきます。

● 勝てるFXのトレード方法
● 主婦とFXを両立する時間の使い方
● 一番最初はどうやって利益をだしたのか
● 初心者にオススメのFX業者はどこなのか

といった感じです!

それじゃあ、どんどん学んでいきましょう!

1.主婦トレーダーの松本慶子さん


今回紹介するのは主婦でトレーダーの松本さん。

テレビにもたまにでたりしてる有名な主婦トレーダーの方です。

この松本さんは、なんとFXだけで1日16万、毎月平均で200万円を稼いでいるそうです。

実際にとくダネ!で取材されている模様があったので、そこから松本さんがいかにFXで利益を出しているのか見ていきましょう。


パソコン1つで取引

基本的に、キッチン横に置いたパソコン1つで取引を行っているようです。

普通FXトレーダーというと、机に貼り付いて何台ものパソコンを駆使して取引をしているといったようなイメージですが、キッチン横のパソコン1つで取引を行っているという点は、主婦独自のやり方ですね。

まま怒らえる

トレードだけに集中していると、もちろんこんなことも起きます(笑)

息子さんに怒らえちゃってますね。

実際に、取材中にトレードを何度も行っていたのですが、

この取材で紹介されていた松本さんのトレードは、とてもシンプルなものでした。

具体的には、アベノミクスの金融緩和政策に端を発した、円安を利用して利益をだしていました。


しかし、なぜ円安だと利益を出しやすいのでしょうか?

そもそもアベノミクスとは、2012年12月26日から始まった第2次安倍内閣が掲げた経済政策のことです。

このアベノミクスの政策の1つに、大胆な金融政策というものがあります。

簡単に何を行ったのか説明すると、大量の日本円を市場に出回るようにしました。

この様に大量の日本円を市場に出せばどうなるか分かりますか?

大量の日本円が市場にあるので、その分、円の価値は下がっていきます。つまり、円安になります。

その結果がこのチャートです。

アベノミクス
赤ラインが第二次安倍内閣が発足した時点

一目瞭然だと思いますが、赤ラインの第二次安倍内閣発足から一気に円が円安の方向に動いています。

つまり、松本さんはこのアベノミクスの大きな円安という流れにのって、「ドル買い円売り」をする事によって、利益を掴んでいたという事になります。

こうした、円安などのトレンドにのっかるトレード手法の事を、トレンドフォローと言います。

このアベノミクスの時期は、長い間米ドル/円はドル高円安相場です。

なので相場は上下移動を繰り返しながらも、確実にドル高円安方向へと進んでいるのです。

松本さんは、この円安トレンドの動きに対してトレンドフォローを使用することで、利益をだしていました。

実際のトレードを見ると、

➀ドルが少し下がるも、全体的なトレンドは円安なのでここで米ドル/円の買い注文。

②注文後は、ドルの上昇を待つ。ここでドルが下落してしまうと損失になります。

③予想通りドルがまた上がったので、大きくは狙わずに決済注文。

➃確実に利益を獲得する(利益確定をせずにもっといっぱい欲しい!となってしまうとアウトです)

この様な取引を1日に何度も繰り返す事によって着実に利益を出していってます。

おそらく1万円から2万円程の利益を1日に多くて5回ほど出すことで、毎月200万ほどの利益を獲得しているだろうと考えられます。

このようにFXで着実に利益をだし続けた結果、主婦でありながら、サラリーマンの夫を超える収入を叩き出しています。

ご主人は立場が無いといった感じでしょうか(笑)


FXで稼いだお金で購入した高級車を購入したらしいです。

目指すは、このような勝ちトレーダーですよね!


では、具体的に松本さんの1日の流れはどうなっているのでしょうか?

2.松本さんの1日の流れ


毎朝モーニングサテライトを見る

モーニングサテライトとは、月曜から金曜の朝5時45分から7時5分の間でテレビ東京で放送されている経済專門のニュース番組です。

このモーニングサテライトとは、

● 為替に変動を与えるかもしれない国際情勢
● プロの眼という世界経済をプロの視点から勉強できるコーナー
● 今日の為替見通し(1日の為替の動きの予想のようなもの)

など、FXを行う上で必要になってくるような情報が凝縮されているような番組です。

松本さんは、毎日このモーニングサテライトで今日1日知っておくべき情報を集めるらしいです。

その後に、戦略動画を取る

松本さんは、自身でブログも行っており、そこで今日1日の戦略動画をアップしています。

モーニングサテライトで得た情報などから、ある程度の今日1日の市場の動きや売買をいれるポイント等を導き出します。

その後、一旦主婦業に戻る

今日1日の戦略をたて終えた後、FXトレーダーから主婦に戻ります。

子供を起こしたり、掃除機をかけたり、洗濯をしたり、ご飯をつくったりと普通の主婦さんと何の代わりもありません。

家族が出払った後から本格的にFX開始

朝の内に自分で作り上げた戦略にのっとって取引を行っていきます。

キーポイント

①毎朝経済ニュースの情報を元に戦略をたてる。

ここが一番重要とのこと。

FXで失敗する方の特徴として、場当たり的に「なんか上がりそう」「多分いけるわ」といったように、そこに根拠がないのに取引をしてしまって失敗してしまうというようなパターンが多くあります。

これは、もはやギャンブルです。

これが一番ダメで、もし勝ったとしてもなぜ勝てたのかがわからないので、次につなげてコンスタントに利益を上げることができません。

“場当たり的なトレード”はトレーダーとしてやってはいけないことの1つです。

大事なのが、毎日絶対に戦略をたてること。

具体的にどんな戦略かと言うと

● 買いのポイント(どこまで下がったら買いの注文をいれるか)
● 売りのポイント(どこまで上がったら売りの注文をいれるか)
● 相場の全体的な動きの予想等(上がるのか下がるのか、それとも横ばいか)

この3つです。

基本的には、この戦略通りに取引を行います。

朝に考えたポイントまで下がったら買い、逆に上がったら売りといった感じです。

初心者の方は特にここは徹底して下さい!

おそらく、最初のうちはなかなか自分の戦略通りに為替は動いてくれません。これは、どんなに凄いトレーダーでも一緒です。

そうやって、毎日戦略を立てているとかならず、知識と経験が合わさって戦略の質はあがっていき、だんだん自分の考えた戦略通りにチャートが動く回数が増えていきます。

最初の所で、松本さんが2万9千円を簡単そうに稼いでいましたが、それはこのような綿密な戦略に基づいて行われているのです。

もしも、FXで利益を出せずに困っているのなら、まずは毎日戦略を立てるところから始めてみて下さい!

3.一番最初はどうやって利益を出したのか?


FX初心者が一番気になるのはここではないでしょうか?

松本さんは、トレンドフォローという取引手法で約20日間で10万円を57万円にしています。

初心者の方でも比較的簡単に利益を出す方法がこのトレンドフォローです。

「王道の取引手法」といわれたりもします。

先程の取材の時のトレード方法も、トレンドフォローです。

トレンドというのは、相場の流れの事を指し、3つのパターンしかありません。

● 上昇トレンド
● 下降トレンド
● トレンド無し(横ばい・レンジ相場)


具体的に、2011年から2017年までの米ドル円のチャートで説明すると、

赤ライン以前は横ばいでレンジ相場(トレンドが発生していない)。赤ライン以降はアベノミクスの影響で全体的に上昇トレンド。

青ライン以降は、①中国景気の悪化懸念②原油価格の大幅下落③米国景気の不透明感を背景にリスクを回避しようとする傾向が強くなり下降トレンド。

緑ライン以降の大幅な上昇トレンドはトランプ氏の米大統選勝利をキッカケに景気回復の期待が強くなって米ドルが上昇した結果の上昇トレンド。

トレンドの無いレンジ相場で初心者の方が利益をだしていくのは難しくても、大きなトレンドならFX初心者の方でも十分にトレンドを把握できトレンドにのった取引ができます。

このトレンドに従って、

● 上がっている(上昇トレンド)なら買い注文をいれる
● 下がっている(下降トレンド)なら売り注文をいれる

といったような感じで先程の松本さんのように取引をおこないます。

トレンドは永続することはありませんが、上昇トレンドならその上昇トレンドを否定するような要因が出てくるまでは続きます。

なので、一度上昇トレンドで買い注文をいれた場合、その上昇トレンドを否定するような要因がでてくるかどうかは注意して確認する必要がありますよ。

4.オススメのFX業者は?


では実際に、松本さんのようにトレンドフォローで取引をおこなっていこうと思ったらどのようなFX業者が一番最適なのでしょうか?

トレンドフォローで利益を出す時に、必要になってくる要素が3つあります。

移動平均線の設定を変更出来る。移動平均線の種類が豊富

トレンドフォローは今のトレンドが上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、それともそうでないのかは移動平均線を見て確認します。

先程のせたチャートは移動平均線です。

移動平均線にもたくさん種類があり、なるべく多くの移動平均線を使えるほうがいいです。

なので、トレンドフォローを行っていこうと思っているなら、移動平均線の種類が乏しい、又は移動平均線を初期状態から変更することができないようなFX業者は避けたほうがいいです。

低いスプレッド

基本的に、トレンドフォローでは長期的に保有して決済するというやり方ではなく、松本さんのように1日に何度も取引を行ったりします。

もし、スプレッドの高いFX業者を選んでしまうと、せっかく利益を出したと思っても少ししか手元に残らないという状態になったりします。

なので、1日に何度も取引を行うデイトレードなどでは、スプレッドが低いFX業者を選ぶのは絶対条件です。

初心者でも簡単に取引ツールを扱える

上の2つはトレンドフォローをおこなう人が選ぶべきFX業者の特徴ですが、ここはトレンドフォローとは直接関係はありませんがFX初心者にとっては同じくらい大事なポイントです。

おそらく、適当にFX業者を選んでしまうと取引ツールが思っていたよりも複雑で使いたいチャートが使えないなんていうこともあります。

なので初心者の方は極力シンプルな取引ツールが使えるFX業者を選ぶべきです。

以上の3つの特徴を含んだ中で、優れているFX業者が2つあります。

SBI FXトレードとDMMFXです。

SBI FXトレードは、上であげた3つの特徴以外にもオススメする理由があります。

それは、1通貨から取引を始めれるという点です。

1通貨100円から取引を開始できるので、SBI FXトレードなら最初は練習感覚で取引を開始することができます。

もちろんDMMFXにも上であげた3つの特徴以外にオススメのポイントがあります。

①サーバーが軽い
➁FX口座開設数国内1位

この2つのポイントです。

サーバーが軽いということは、取引ツールが快適に操作できるということです。

これは非常に大事なポイントで、これからFXを始めていくのにいちいち動きが遅ければストレスも溜まりますし、もっというと大事なポイントで取引ができない可能性もあります。

なのでサーバーが軽いに越したことはありません。

次にFX口座開設数国内1位ということですが、おそらく人気トップの理由はスプレッドの低さと取引ツールではないかと思われます。

DMMFXの取引ツールは初心者の方でもすぐに操作できるほど簡単ですし、上級者の方でも満足するほど高機能です。

まとめると、トレンドフォローで取引を行いたい方は、

● 少額で何度もトレードを行って練習を積み重ねることができるSBI FXトレード
● 取引ツールが使いやすく皆に選ばれているDMMFX

のどちらかのFX業者を使うことをオススメします。