FX10万円のサムネイル

この記事では10万円でFXを始めるために知っておくべき点を、1つ1つ、ステップごとに理解していきます!

①FXを10万円から始めるメリット
②10万円から始める前に知っておくべき注意点
③目標設定をしっかりする
④目標に合わせたトレードスタイルの確認とシミュレーション

「余裕資金」「トレードできる時間」「目指す目標」はサラリーマン・主婦・学生、フリーターと自分の立ち位置によって異なってきます。出来る限りたくさんの初心者が最初の一歩を踏み出せるように分かりやすく説明していきますので、是非最後までご覧ください。



1. FXを10万円から始めるメリット

1.1.1万円から始めるよりも取引可能額が10倍になる

10万円からFXを始めようと考えている方なら、一度は1万円からの少額取引も考えたのではないでしょうか。

前回の「1万円からFXを始める。初心者が感じる5つの疑問にお答え!」の記事でも説明した事ですが、DMMFXやGMOクリック証券の2大FX業者は最小取引通貨単位が1万通貨となっており、最低でも100万円は必要になってきます。

となると、1万円からFXを始めようとしている方は、こうした最低取引単位が1万通貨のFX業者では取引ができないという事になります。

しかし、10万円でFXを始める方は1万通貨単位の業者でも取引を行う事が可能です。レバレッジをかけたくない人は1000通貨単位の取引を行いリスクを抑える方法もあります。

1000通貨単位のトレードの1日の利益は数百円ぐらいで、経験を積む分には良いのですが、資金を増やすという観点から見るとかなり効率が悪いです。

一方で1万通貨単位での取引なら、1日に狙える利益は数千円程度で、FXで稼ぎたいという方には最適でしょう。

「1万円からFXを始める。初心者が感じる5つの疑問にお答え!」

この記事では、FXを1万円から少額で取引したという方向けに、FXを1万円で始めるメリットと注意点等を詳しく解説しています。

1.2. 複数の通貨ペア取引を同時に行える

 FX初心者の多くはドル円から取引を始めますが、せっかくFXを始めるからには色々な通貨で取引をしたいと思うでしょう。

では複数の通貨ペア取引を同時に行うとはどういうことでしょうか。

例えば、「ドル/円を買っている時にさらにユーロ/ドルを追加で買う」といったことです。1万円などの少額取引では無理でも、10万円のトレードでは比較的容易に様々な通貨を保有することができます。

トレーダーの多くはドル/円だけをを売買している間も、ユーロ/ドルやポンド/ドルなどの他の通貨ペアの動きを確認し、判断材料にしています。例えば、ドル/円のチャートの動きが激しく上昇している裏側で、ユーロ/ドルなどが反対に大きく下落しているなんて事も結構あります。

複数の通貨ペアを同時に保有できる事は、こうした良い点があります。

最初の内はドル/円など安定した通貨でトレード続けていくことをオススメしているんですが、チャンスが来たときに備えてユーロ/ドルやポンド/円を少額・低レバレッジで扱っておくのもいいですね。

1.3. チャンスのときに複数ポジションを持てる

ドル円・ユーロドルなどの2つの通貨ぺアを同時に取引できることに少し似ている話かもしれませんが、利益を大きくする為には大切な考え方なので紹介しておきます。

具体例で説明します。

例.あたなは1ドル=100円で米ドルを買いました。その後米ドル/円のチャートがこうした動きをした場合どこで売りを入れ利益確定しますか?

こういう考えをする事ができます。

・資金の少ない人(1万円ほど)→リスクが高いので早めに利益確定を行う
・資金の多い人(10万円ほど)→資金があるので、リスクをかけてもう一度買いポジションをいれる事ができる。チャートが上昇しつづければ2度おいしい

このように、資金に余裕があるということはリスクをとって勝負にでれるという事です。逆に、少額取引の場合は追加する資金もありませんので、チャンスがあってもポジションを買い増す事ができないという事になります。

2. 10万円から始めるに知っておきたい注意点

2.1. 利益・利益率・勝率はまったく違う!

いきなりですが、利益・利益率・勝率は①~③のどれに当てはまると思いますか?

①FXを10万円から始めて、2万円稼ぎたい
②FXを10万円から始めて、20%の利益率で稼ぎたい
③FXを10万円から始めて、勝率20%で稼ぎたい

簡単すぎる問題だったと思います(笑)

しかし、この3つはきちんと区別できる必要があります。

①は利益→儲けたお金の額を見ている
②は利益率→自分の資金、力量にあわせた利益の見方
③は勝率→勝ち負けで利益を考えている

この答えを見てわかった方もいらっしゃるかと思いますが、①儲けた金額や③勝ち負けを重視するよりも、②の自分の資金に対してどれくらい利益がでているのかが重要になってきます。

少し利益と利益率の関係を見てみましょう。

元手10万円の資金でFXを始めて、毎月の目標利益を3万円に設定します。10万円の資金のままだとすると、1年間で40万円ぐらいに増えますね。

「100万円ぐらいになるかと思った・・」
「理想的な増え方だ!」

利益だけをみると人によって様々な感想がでると思いますが、

実は、利益率をを見ると、月利(毎月の利益)は30%です。投資全般に言える事ですが、月利30%は出来過ぎな数字なんです!

だいたい年利30%でも良いほうです。

このように、利益だけでFXを見ると、自分がいかに危険な取引を行っているのかを把握することができなくなったりしますので注意してください。

2.2. 資金管理は気を付けて

FXを始める時に自分の持っている資金の全てを入金することはオススメしません

オススメは、10万円でFXを始めようとするなら、30万円ぐらいの余裕資金があってそのうちの1/3を入金する感じです。

これぐらいの余裕資金で取引を行なわないと多くの初心者は自分の資金が減っていくことがずっと心配になって、FXで勝つための正常な判断が下せなくなったりします。

また、トレードを数多く経験し勝てるようになってくると、借金をしてまで元本を増やそうをする人が時々います。これも絶対に勝たなくてはいけないという状況がFXで勝つための正常な判断を狂わせたりしますので絶対にオススメしません。

精神的に不安定な状態でFXトレードを始めると確実に負けます。

なぜなら、どうしても勝つことだけに集中してしまうからです。経済的にゆとりがない、精神的にストレスを抱えた状況でのFXトレードは破滅をもたらします。

2.3. 基本のテクニカルは覚えた方が良い

FXのテクニカル分析方法をいくつも理解している人を除いて、チャートの読み方をしっかり理解せずにトレードしている初心者は多いです。移動平均線やダウ理論、ボリンジャーバンドなど言葉の意味を知っているだけではFXでは勝てません。

なるべく基本となるテクニカルは理解してからトレードをするようにしましょう。

実際に口座開設した後に、最初は取引せずに実際のチャートを使ってテクニカルの勉強を行うのもいいですし、取引を始める前にデモトレードでテクニカルの勉強を行うのもいいでしょう。

FXの始め方!初心者が成功するための7つのステップとオススメFX会社!

こんな疑問を抱く初心者の方が、少しでも最短で成功というゴールに近づける。初心者の方がFXを始めるために7つのステップに分けて紹介していきます。

3. 10万円でFXを始める目標設定

ここまで10万円でFXを始めるメリットと注意点を見てきました。

次に、実際に10万円でFXを始めた場合に、どういう目標を立てたらいいのかを説明します。

3.1. まずは1万円の利益を確実にゲットしよう

FXに限らず、「最初の1万円のハードル」に多くの初心者はつまづいてしまいます。しかしここを超えれば成功できる確率は飛躍的に上昇します。

10万円で毎月1万円の利益を出せるという事は、月利10%という事です。

ベストなやり方は、この月利10%を維持したまま、資金を増やしていくという方法です。

①10万円で1万円の利益目標で始める。
②月利で10%近くだせるようになる。
③ためた余裕資金で元本を大きくしていく。
④元本が大きくなってるので、同じ10%でも利益は増加する。

「なんだ簡単だな!」と思ったかもしれませんが、稼ぎたいという気持ちを抑えつつコツコツ毎月資金を増やしていくので結構難しいです。

まずはこの基本の形をマスターできるようにしましょう。

次にお伝えするのは、複利の力についてです。元本は大きいことに越したことはありませんが複利のカラクリを分かっていれば十分に10万円からでも資金を大きくすることができます。聞きなれない言葉だとは思いますが、投資の世界で必要な考え方ですので紹介しておきます。

3.2. 複利の力とは?

アインシュタインが「複利」の事を「人類最大の発明」と呼んだぐらい「複利」は優れています。実は古代ローマ時代から使われていた考えです。

「FXの複利」とは、毎月でた利益を元本に組み入れ次の元本として繰り越していく事です。

FXを10万円からスタートして利益率を10%とし、その利益を引き出さずに元本に組み込む。

すると、1年後に資金はどうなっているでしょうか?

1年後には313,839円になります。

毎月1万円の利益をだして、それを元本に組み込まない単利では22万円にしかなりません。

これこそが「複利の力」です!

なので、FXで利益が出た場合、そのまま利益として引き出すのもいいですけれども「複利」を狙って元本に組み込むというのも忘れないようにしましょう!

4. 10万円で毎月1万円を稼ぐ!

4.1. トレードスタイルを確認しよう

FXトレードにはスキャルピングトレード・デイトレード・スイングトレード・長期トレードの4種類のトレード方法があります。

トレードスタイルは人によって異なるのですが、資金力・取引時間が大きな目安になります。スイングトレードと長期トレードは資金の多い投資家が金利目当てでトレードしたりしますので、初心者にとっては不向きなトレード手法です。

FX初心者にオススメのトレードスタイルはスキャルピングかデイトレードになります。

スキャルピング

1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法。主に小さい値幅(0.02~0.03pips)を狙います。最も利益が早く積み重なるトレードスタイルで、画面に張り付く時間は若干長め。値動きのある日は、1日に何回もチャンスが訪れる。コツコツ勝ち続ける習慣をつけるにはもってこいのトレードスタイル。

時間にゆとりのある主婦、学生、フリーターにオススメ

デイトレード

1日で取引を終わらせるトレード手法。デイトレードは数十分~数時間とスキャルピングより長くポジションを保有することになりますので、1日の取引回数は基本1回、多くても2~3回となります。少ないトレード回数で20~60pipsの利益を狙うトレードスタイルです。チャートに張り付く必要がなく、精神的な負担も比較的少ないです。

時間に制限のある人、特にFXを副業で考えているサラリーマンにオススメ

4.2. 10万円で月1万円を稼ぐシュミレーション

皆さんが実際にFXを始めた時のイメージができるよう、「サラリーマン」「主婦」「学生」の3人が取引を始めるとだいたいこんな感じというのを載せておきます。

実際に取引を行っている「サラリーマン」「主婦」「学生」を参考にして作っていますので、実際に自分がFXを始めた光景をより鮮明にイメージできると思います!

サラリーマン

・トレードスタイル:デイトレード
・取引通貨単位:1万通貨
・狙う利ざや:100pips

毎日8時20分に出社し、6時30分に会社勤務を終えるサラリーマンのAさん。奥さんと2人の子供に恵まれているが、お小遣い制で毎月自由に使えるお金は3万円なので、FXで小遣い稼ぎをはじめた。資金は10万~15万だが、自分で貯めておいた貯金もある。
デイトレードは難しいテクニカル分析を使わなくても、トレンドラインやレジスタンスサポートラインを上手に使えば利益をだしていくことが可能で、経験が浅くても基本的なことが分かっていればトレードできます。
1日に狙う利ざやは20~40pips。
朝・昼・夜の3回の内、1回でも20pipsを抜くことができれば、平日の5日間で100pipsを達成することも可能です。
トレードのタイミングが値幅の少ないレンジ相場だとすると、取引を控えることを徹底。無理にポジションを取ることは損失に繋がるので、Aさんはのんびり様子を見計らってトレードしていきました。

オススメの業者:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメリット

GMOクリック証券のメリットは、

①高性能取引ツール(業界ではめずらしいMacでも使用可能!)
②業界最狭水準のスプレッド
③業界最高水準のスワップポイント
④FX取引高が6年連続世界1位(※1)
⑤24時間無料の電話サポート
などです。

スプレッドはDMMFXと比較しても遜色ないレベルでかなり低いです。ついでにスワップポイントもかなり高めに設定されてます。

また、24時間いつでも電話対応することが可能ですのでFX初心者の方でも何か分からない事があればすぐにその場で解決する事が可能です。

その中でも一番のオススメポイントはどこかというとオリコン顧客満足度ランキング1位の取引ツールです!!PCの取引ツールが使いやすいのはもちろんのことですが、GMOクリック証券の提供してるスマホアプリは25万ダウロードを記録するほど大人気です!!なので取引ツールにこだわりたい方や、外出中や通勤途中にスマホで取引を行いたいという方には大変オススメのFX業者です!

GMOクリック証券のデメリット

GMOクリック証券はDMMFXと人気を二分するほど人気のFX業者なのでデメリットはあまりありませんが、しいて挙げるとすれば、DMMFXと同じく最低取引通貨単位が1万通貨という所です。

最適なレバレッジは2~3倍ですので、米ドル/円(100円と仮定)の場合約30万円ほどの資金が必要という事になります。

仮に、1万通貨取引は自分にはハードルが高くて少し怖いと感じるのであれば、後で紹介する外為どっとコム、SBIFXトレード、ヒロセ通商などの少額から取引が可能なFX業者を選ぶといいでしょう。

(※1)ファイナンス・マグネイト社調べ(2012/1~2017/12)

GMOクリック証券のスペック

取引単位 取引手数料 通貨ペア数 初回最低
入金額
自己資本
規制比率
口座開設
キャンペーン
10,000通貨 0円 20ペア 0円 1156.2% 開催中
スプレッド スワップポイント(1日あたり)
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アランド/円
0.3銭 0.5銭 0.7銭 32円 33円 13円


主婦

・トレードスタイル:スキャルピング
・取引通貨単位:5000通貨
・狙う利ざや:200pips

結婚して専業主婦になり、高校生の1人息子も自立しはじめてきた。そこで長年勤めていたパートをやめて副業を始めようと考えた。家計簿をつけており、資金管理には自身があったが、FXを含め経済の知識もあまりない。はじめの1ヶ月間デモトレードでテクニカルの基本を理解した後、10万円の資金からFXを始める。
1万通貨単位ではなく、5000通貨単位でFXを始めることでリスクを抑えた。時間には余裕があるため、リスクが小さく1日に何度もトレードを行うスキャルピングを選択。
1回のトレードは数分から数十分で1~10pipsを狙っていく。
洗濯・掃除・趣味の映画鑑賞の間にノートパソコンを広げてFXを行った。コツコツ型のトレードはあまり苦にならず、負けた場合はかならずメモをとるなどして記録をつけていった。

1日で狙う利ざやは20pipsで、10日間ほどで1万円を達成することもできる。

オススメのFX業者:DMMFX

DMMFXのメリット

DMMFXのメリットは、

①非常に使いやすい取引ツール
②24時間LINEサポート
③全通貨最狭スプレッド
④24時間いつでも入金が可能
⑤新規にも優しい特典
などがあります。

24時間LINEサポートとは、その名の通り、DMMFXと友達になるだけでいつでも好きな時に分からない事をカスタマーサポートにLINEを通して聞く事ができるというものです。

人によって他人と電話で話をする事自体に抵抗感を感じてしまう方や、「電話で聞くほどでも無いからまぁいいか~」と電話で質問する事にわずらわしさを感じてしまう方もいますので、LINEで24時間質問できるというのはかなり嬉しいポイントですよね!

このメリットの中でも一番の注目ポイントと言えば、圧倒的なスプレッドの狭さではないでしょうか?米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.5銭、ユーロ/米ドル0.4銭と業界でも最狭レベルの低スプレッドで、短期トレードを行いたい方なら極限までコストを抑えた取引が可能です!

また、サーバーが非常に軽くいちいち遅延したりしないので、快適にFXを行うことができるのも魅力の一つでしょう。

DMMFXのデメリット

DMMFXは日本一口座開設されているFX業者ということもあって、正直デメリットと呼ばれる所はあまりありませんが、しいてあげるとすれば、最低取引通貨単位が1万通貨という点です。

最適なレバレッジは2~3倍ですので、米ドル/円(100円と仮定)の場合約30万円ほどの資金が必要という事になります。

仮に、1万通貨取引は自分にはハードルが高くて少し怖いと感じるのであれば、後で紹介する外為どっとコム、SBIFXトレード、ヒロセ通商などの少額から取引が可能なFX業者を選ぶといいでしょう。

DMMFXのスペック

取引単位 取引手数料 通貨ペア数 初回最低
入金額
自己資本
規制比率
口座開設
キャンペーン
10,000通貨 0円 20ペア 0円 287.1% 開催中
スプレッド スワップポイント(1日あたり)
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アランド/円
0.3銭 0.5銭 0.7銭 27円 49円 12円


学生

・トレードスタイル:スキャルピング(練習)→デイトレード
・取引通貨単位:1000通貨(練習)→2万通貨
・狙う利ざや:50pips

経済学部の大学2回生。自宅から大学に通っているため経済的にも余裕があった。友人がFXをやっているのを聞いて自分も興味をもつ。あれこれ模索してFXは10万円ぐらいの資金が必要だと理解した。1万円からトレードできる1000通貨単位で何度も練習しながら、その間にアルバイトで余裕資金10万円をためた。基本的は経済知識は授業で学習済み。
1000通貨単位のトレードでは一回の利益は300円ほどだったものの、テクニカル分析や経済指標を参考にしたファンダメンタルズ分析も徹底して練習。

1000通貨でスキャルピングを練習してからデイトレードを始めたので、短期・長期の両方の視点からトレンドを読み、トレードするという癖が身に付いた。

デイトレードでも特に自信のあるトレンドのときはここぞと言わんばかりにレバレッジを15倍にして勝負をしかける。数回のトレードで1万円の利益を得ることができる。

オススメのFX業者:SBIFXトレード

SBIFXトレードのメリット

SBIFXトレードのメリットは、

①1通貨から取引できる唯一の業者
②米ドル円のスプレッドが0.27銭
③業界最強水準のスワップポイント
④取引ツールが使いやすい

などです。

SBIFXトレードは1万通貨までなら米ドル/円のスプレッドが0.27銭と業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇っています。また、1万通貨を超えた場合でも米ドル/円のスプレッドは0.29銭とDMMFXやGMOクリック証券と比較しても狭いレベルですので、短期トレードを行いたい方には非常に嬉しいポイントですね。

この中でも一番の注目ポイントと言えば、FX業界唯一の1通貨から取引可能という点です。

1通貨から取引が可能ということは、手元に100円あればFXがスタート出来るという事です!なので「失敗して損したらどうしようかな~」とか「FXをやる前には徹底的に勉強する必要があるよな~」なんて事を気にせずに気軽にゲーム感覚でFXをスタートする事ができます。

この超少額トレードはどのFX業者にもないSBIFXトレード独自の最強のメリットであると言えます。

SBIFXトレードのデメリット

SBIFXトレードのデメリットはデモトレードを使うことができないという点です。

しかし、デモトレードに関してはSBIFXトレードなら1通貨から取引を始める事ができますので、あまり大きなデメリットにはならないでしょう。

SBIFXトレードのスペック

取引単位 取引手数料 通貨ペア数 初回最低
入金額
自己資本
規制比率
口座開設
キャンペーン
1通貨 0円 26ペア 0円 1273.5% 開催中
スプレッド スワップポイント(1日あたり)
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アランド/円
0.27銭 0.39銭 0.59銭 41円 40円 17円

おわりに

これまでの4つのステップを確認することで、自分に足りない物が何か見えてきたのではないですか?

毎月1万円の壁を越えることができても、しばらくコツコツ継続することが大切です。数ヶ月は量と質に焦点を当てたトレードを心がけましょう。

大きなトレンドがやってきて、1万通貨から2~5万通貨に上げてトレードするもちろん利益も大きくなりますが、その分損失も5倍に膨れる危険があります。

一度の損失で今までコツコツ積み重ねてきたものが台無しです。

確実にロスカットでき、チャートの動きに根拠が持ってトレードできるようになるまでは毎月1万円を継続することをオススメします。

この記事を読んで少額からのトレードも考えてみようかなと思った方は是非こちらの記事も合わせて読んでください!

FXの始め方!初心者が成功するための7つのステップとオススメFX会社!

こんな疑問を抱く初心者の方が、少しでも最短で成功というゴールに近づける。初心者の方がFXを始めるために7つのステップに分けて紹介していきます。





CHAPTER5

FXを1万円から始めたい!今さら聞けない初心者が感じる5つの素朴な疑問にお答えします!

CHAPTER7

【初心者は絶対に知っておくべき】 少額トレード向きのFX業者はどれ?