1万円記事のアイキャッチ画像

FXEARTH編集部のやっちです!ネットを見ていると、たまに「FXで1万円を7000万円まで増やした!」「大学生がスマホトレードで1000万円稼いだ!」なんて記事を見ますよね。

まあ、あれはさすがに夢物語だとしても「どうしてFXって1万円からできるの?」「ホントのところ1万円でFXを始めたらどれくらい稼げるの?」と疑問に思うことも多いはず。

そういうわけで、この記事では1万円でFXを始められる理由や1万円でトレードするメリットやデメリット、意識しておきたいポイントを紹介したいと思います。

やっち(驚き)やっち

おすすめのFX会社も紹介しているので「まずは少額からFXをやってみたい」って人は参考にしてみてください!

そもそもFXって1万円から始められるの?

まず初めに1万円の元手でFXが始められる理由について解説していきます。

結論から言ってしまうと、1万円の元手でもFXを始められる理由はズバリ「レバレッジ」が使えるから。レバレッジとは日本語で「てこ」を意味し元手以上の金額でトレードできる仕組みのことです。

例えば、日本のFX会社だと証拠金(元手)の最大25倍までの金額でトレードできるので、証拠金が1万円だと最大25万円分のトレードができます。イメージ的には下の画像のような感じですね。

1000通貨単位のFX会社なら1万円でも十分できる!

1万円の証拠金でFXを始める際には、1000通貨単位に対応しているFX会社でトレードすることをおすすめします。

本来、米ドル/円が1ドル=100円のときに1000通貨(1000ドル)を売買する場合だと10万円の元手が必要ですが、レバレッジを使うことで1万円の証拠金でも1000通貨分のトレードができるのです。

で、注目しておきたいのが国内には1000通貨単位のFX会社が数多くあり、FX会社によって異なる特長があるということ!

具体的には「FXの基本的な知識が動画で学べるFX会社」だったり「スマホアプリが使いやすいFX会社」みたいな感じで、1000通貨単位のFX会社と一言でいってもさまざまなんです。

やっち(笑顔)やっち

トレードすると食品がもらえるヒロセ通商などの一風変わったFX会社もあるので、FXで食費もまかなう!なんてのもアリかもしれません(笑)

1000通貨単位でトレードできるおすすめFX会社

FX会社 おすすめポイント 詳細へ
トレードするだけでpaypayか現金がもらえる! 公式
見るだけでFXの知識が自然と身につく無料動画を配信中! 公式
トレードするほど食品がもらえるFX会社! 公式

1万円からトレードを始めるメリット

次に1万円でトレードを始める2つのメリットを紹介したいと思います。

損失を1万円に限定できる

当然ですが、最大損失を1万円に限定できるというのが1万円でトレードする1つ目のメリットです。

FXを始めたばかりのころは、要領がわからず思わぬ損失を出してしまうなんてこともよくあります。

なので、まずは少額から始めることで万が一の際の損失を限定することが大事なんですね。

1万円の証拠金でトレードする場合だと、万が一すべての元手を失ったとしても1万円の損失で済むので、1日バイトしたり飲み代を我慢するだけで再度FXにチャレンジできます!

やっち(考える)やっち

これがもし100万円の元手を失った場合だと、心理的なダメージも大きいので「再チャレンジしよう!」とはなかなか思えないですよね・・・

損失リスクを抑える意味でも、初めは1万円~10万円程度の少額からスタートすることをおすすめします。

心理的リスクを抑えられる

もうひとつ、取引量を少なくすることで心理的な負担も少なくなるというのが1万円でトレードを始める2つ目のメリットです。

プロスペクト理論という心理学にもありますが、取引量(金額)が大きくなるほどトレーダーは損益に過敏になってしまい、損大利小なトレードをしてしまうと言われています。

実際「取引量を10万通貨にしたら損切りをためらったりチキン利食いをしてしまうようになった・・・」みたいな話はよくあることで、取引量が多いと感情的なトレードをしてしまいやすくなるんです。

1万円の証拠金で1000通貨のトレードする場合、損益額が小さいので感情に左右されずにトレードできるというメリットがあります。

1万円でFXを始めたらどれぐらい儲けることができるの?

ドル円が1円上昇したら利益はいくら?

1ドル=100円のときに1万円の証拠金で1000通貨のトレードをする場合だと、価格が1円動けば1000円の利益、逆に価格が不利な方向に動いてた場合は1000円の損失が発生します。

1000通貨単位でトレードしたときの損益

0.1円の値動き 1円の値動き
損益 ±100円 ±1000円
やっち(笑顔)やっち

1万円の証拠金でトレードする場合、損益額が小さいのが特徴。

価格が数円動くような急騰、急落が起きたときでも数千円の損失額で抑えることができます。

1万円からトレードを始めるデメリット

では次に1万円でトレードを始める場合のデメリットについても触れておきます。

複数通貨でポジションを持てない

複数の通貨ペアを同時にトレードできないのが1万円でトレードする1つ目のデメリット。

証拠金が1万円だとすると、同時にトレードできるのは2000通貨までですが、実際に1万円の証拠金で2000通貨のトレードをすると証拠金に対するリスクがかなり大きくなってしまいます。

例えば、1万円を元に2000通貨でトレードを行い、0.5(50pips)円分の値動きで損切りする場合を考えてみましょう。

この場合、1万円の証拠金に対して損切り額は1000円(2000円×0.5円)となりますが、1回のトレードの損失額の理想は証拠金に対して1%~3%程度、多くても5%以内とされているので、1回で10%の損失はちょっとリスクが大きすぎるというわけですね。。

このように少ない証拠金で複数のポジションを持ってしまうと、証拠金に対する損失リスクが大きく、負けが重なるとあっという間に証拠金を失いかねません。

やっち(笑顔)やっち

1万円でFXを始める際はトレードするときに多少の不自由さがあることを理解しておこう!

分割決済ができない

1万円でトレードを始める2つ目のデメリットは分割決済ができないことです。

分割決済とはその名の通りポジションを分けて決済すること。要するに、1万通貨の買いポジションを複数回に分けて決済することです。

「今500通貨で決済、後で残りの500通貨を決済」といった感じで分割決済ができればいいのですが、1万円の証拠金だと持てるポジションが最低単位の1000通貨までとなるので、分割してポジションを持つ、分割して決済するということができません。

分割決済は必須ではありませんが、こういった心理的負担を軽くする手法も元手が少ないと難しくなってしまいます。

資金量に対する損失の割合が大きい

1万円でトレードする3つ目のデメリットは証拠金に対する損失額が大きくなることですね。

わかりやすくするために1万円の元手でトレードする場合と、10万円の元手でトレードする場合を比べてみましょう。

まず1万円の証拠金で米ドル/円を1000通貨でトレードをして、0.5円(50pips)分価格が不利な方向に動いたときに損切りするとします。

損失額は500円となり、1万円の証拠金に対し5%分の損失リスクが発生します。イメージ的には下の画像のような感じ。

次に10万円で米ドル/円を1000通貨でトレードする場合を考えてみます。0.5(50pips)円分の値動きで損切りすると500円の損失となりますが、500円は証拠金10万円のうち0.5%分の損失にしかなりません。

元手の0.5%なら心理的な負担も少ないし、2倍のポジションを持ったとしてもリスクは1%なので、かなり余裕を持ったトレードができます。

逆に言うと、1万円の証拠金で始める場合だと証拠金に対して損失リスクが大きくなってしまうのはやむを得ません。

こういった意味でも1万円で始めると、少しトレードに不自由さは感じてしまうかもしれません。

1万円でFXを始めるならドル円がおすすめ

理由1 取引量が多く値動きが安定している

初心者の方にとってまず大切なのはチャートの値動きに慣れること。株なんかも同じですが、特に取引量の少ない通貨ペアは値動きが荒く跳ねるような動きをすることが多いんですよね。。


トルコリラ円5分足(左)と米ドル/円5分足(右)。ドル円に比べてトルコリラ円は値動きが荒い

トルコリラ円のチャート

米ドル円のチャート

特にローソク足に「ヒゲ」と呼ばれる上下の線が多い通貨は、トレードが難しいので初心者のうちはあまりおすすめしません。

それにひきかえ、ドル円はユーロドルについで世界で2番目に取引量の多い通貨ペアということもあり、図のように値動きが安定していて初心者でもトレードしやすいのです。

特にスキャルピングやデイトレードといった短い時間足を使ったトレードの場合、思った以上にやりやすさが違うので、初心者の方ほどドル円やユーロドルでのトレードをおすすめしています!

理由2 1万円でもスイングトレードができる

先ほども説明しましたが、1万円といった少額でFXを始める場合、証拠金に対してどうしても損失リスクが大きくなってしまいます。

特にポンド円など値動きの大きい通貨ペアの場合、利益の値幅も大きくなりますが損失の値幅も大きくなるので、損失は3%まで!と決めていてもその金額に抑えることが難しくなります。。

その点ドル円は他の通貨に比べて比較的値動きが小さいので、スイングなど少し長い時間足を使ったトレードでも、0.3円(30pips)ぐらいのリスクでトレードできるんですよね(1000通貨でトレードしたとすれば300円程度のリスク)。

米ドル/円は急な値動きも少ないので、そういった意味でもドル円はおすすめです!

やっち(笑顔)やっち

やっち的にも初心者の方にはスイングトレードがおすすめなので、1万円ならドル円から始めるのは悪くないと思います!

1万、10万通貨に増やしたら利益は10倍、100倍?

資金10倍なら利益も10倍にできるは大きな間違い!

1万円の証拠金でトレードする場合だとトレードで得られる利益が小さいので「10万、100万といった感じで証拠金を増やしてトレードしたほうが稼げるだろ!」と思う方も多いかもしれません。

ただここで押さえておきたいのが、取引量の少ない1000通貨をトレードしているときと取引量の多い10万通貨をトレードしているときでは、心理的な負担が大きく異なるということ。

取引量が増えるほど利益確定が早くなったり、損切りが遅くなったりするのが人間の性質なので、急に取引量を増やしたからといって必ずしも1000通貨単位のときと同じトレードができるとは限らないのです。

やっち(驚き)やっち

むしろ「感情的なトレードをしたせいで負けを重ねて多くの損失を出してしまった・・・」みたいな話はよくある話。

取引量を増やせばその分多く稼げる!というわけではない!

初心者こそ1万円チャレンジから始めよう!

これからFXを始める方は最近はやりの「1万円チャレンジ」を始めてみてもいいかもしれません。

1万円チャレンジとは1万円を元手にトレードを行い、下のツイートのように取引結果や資産の増減をツイッターで公開するというもの。

他のトレーダーの取引結果や状況を確認することもできたり、自分の取引結果をネット上に公開することで真剣にトレードするいいプレッシャーとなるので、興味のある方には1万円チャレンジもおすすめです。

1万円からFXを始める方におすすめのFX会社

最後に1万円からトレードを始めたい方のために、おすすめのFX会社を3社紹介します。

どのFX会社も多くの初心者の方に愛用されているので、FX会社選びの参考にしてみてください!

外為どっとコム

1000通貨からトレードできるFX会社の中でも、情報収集用口座としておすすめなのが外為どっとコム。

初心者向けの動画コンテンツが豊富に用意されており、動画を見るだけでFXの知識を自然と身につけられるのが、外為どっとコムの大きなメリットです。

例えば『これからはじめるFXテクニカル教室』という動画コンテンツ。

このような動画で相場分析やチャートの使い方などステップ形式で解説されているので、初心者の方もすぐにテクニカル分析の基礎知識をマスターできます!

また、外為どっとコムでは新規口座開設キャンペーンを開催しており、

・スマホアプリにて1回以上のログイン(1000円)
・合計10万円以上の入金(1000円)
・マネ育FXスクール理解度テストの合格とアンケートへの回答(1000円)

の3つの適用条件を達成するだけで、合計3000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

マネ育スクール理解度クイズとは、下の画像のようにFXに関する問題に答えるというもの。


全20問/各5点/60点以上で合格(100点満点)

クイズには何度も挑戦できるので、FX初心者の方も確実に3000円のキャッシュバックを受けとれるのです。

FXを始めたい方はこの機会にお得なキャンペーンを利用し外為どっとコムでコツコツと知識を身につけていくことをおすすめします!

YJFX!

YJFX!はヤフーグループが親会社を務めるFX会社で、スマホでトレードしたい方におすすめです。

YJFX!のスマホアプリ「外貨ex」はシンプルで見やすい画面配置や豊富なチャート機能を備えているのが大きな特徴。

下の画像のように「キレイにまとめられたボタン配置」「チャートを見ながら注文可能」など、初心者の方にも嬉しい機能が搭載されています。



また、チャート分析がしやすいというのも外貨exの大きな強み。

下の画像のようにスマホを横向きにして操作すれば、チャート画面を大きく表示してライン描画もできるのでチャート分析もスムーズに行えます。

チャート分析の機能性・操作性が他社より頭一つ分優れているのがYJFX!のスマホアプリ 「外貨ex」でトレードする大きなメリットです!

また、YJFX!では1万通貨のトレードごとにpaypayや現金がもらえるキャンペーンを実施中。トレードするほど多くのpaypayがもらえるのでこの機会に参加してみるのもアリですね!

ヒロセ通商

ヒロセ通商はFX業界でも数少ないスキャルピングを公認しているFX会社です。

スキャルピングとは数十秒から数分の間でトレードをくりかえすトレードスタイルのこと。

「短期売買だとカバー取引(※1)が追いつかない」という理由で多くのFX会社でスキャルピングを禁止しているのですが、ヒロセ通商は多くのカバー先銀行を持つことでスキャルピングのような短期取引にも対応しています。

※カバー取引とはトレーダーから注文を受けたFX会社が銀行などの金融機関に対して注文内容と同じトレードを行うこと。

また、PCの取引ツールにも10秒足チャートが搭載されており秒単位のトレードも行いやすいので、スキャルピングがしたいトレーダーにはぴったりのFX会社なんです。

で、ヒロセ通商の一風変わった特長として有名なのが取引量に応じて食品がもらえる食品キャンペーン。

食品キャンペーンは毎月更新され、中華料理、黒毛和牛だったりとその月によって異なる食品がもらえます。

取引量が多いほどもらえる食品も豪華になっていくのでトレードのモチベーションもアップ!取引量の多い大口トレーダーの方や取引回数の多いスキャルパーの方にもおすすめのFX会社です!

「1万円で始めるFX」のまとめ

やっち(笑顔)やっち

「FXに興味があるけどちょっと怖い・・・」という方は1万円程度の元手でトレードしてみるのがおすすめです。

特にひとりだと心細いという方には1万円チャレンジがおすすめですよ!

この記事のまとめ

  • 1万円からトレードを始めるメリットは、万が一の損失が小さく心理的負担が小さいこと

  • 1万円からトレードを始めるデメリットは複数通貨でポジションを持てない、分割決済できない、資金量に対する損失の割合が大きいこと

  • 1万円でFXを始めるなら短期トレードがおすすめ

  • はやりの1万円チャレンジを始めてみてもいいかも

この記事の執筆者
編集者やっちのプロフィールアイコン
やっち
スイーツ好きの32歳独身トレーダー。過去にスイスフランショックで全財産の2倍を失った経験あり。以来、リスク管理についてのやかましさは編集部随一を誇る。口ぐせは「パフェ代が僕の利確ライン」。大阪出身。