エボシ(デフォルト)

今回はスキャルピングについて学んでいくわよ!!

シゲ(どういう意味だ)

スキャルピングって何だっけ?

シラホシ(笑顔)

数秒〜数分の超短期間に集中的に取引をしてコツコツ利益を重ねていく取引スタイル。。。ですよね!

エボシ(デフォルト)

ええ、その通りよ。取引スタイルにも様々なものがあるけど、スキャルピング取引はとりわけ初心者にとっても簡単で理解しやすいと思うわ

シゲ(どういう意味だ)

でも、俺の周りでスキャルピングっていうのをやってる人の話を聞いたことないなぁ。

エボシ(デフォルト)

確かに、スキャルピング取引ができるFX業者が少なかったり、デイトレとかに比べるとマイナーな取引スタイルと言えるわね。

エボシ(デフォルト)

でも愛用されるからにはちゃんと理由があるわ。しかも!FX初心者にもおすすめできるぐらいその中身もシンプルよ

エボシ(ワンポイント)

スキャルピングについて徹底的に学んで一流のスキャルパー(スキャルピングをする人)になりましょう!

シゲ(興奮)

おお!カッコいい!!



スキャルピングってなぁに?

それでは早速、スキャルピングについて学んで行きましょう。

FXで使われるスキャルピングは数秒〜数分間という短い期間で少額の取引を何度も繰り返して利益を得る取引方法です。

ちなみに、言葉の由来は「北米の原住民が戦利品として敵の頭の皮を剥ぐこと」だそうで、市場から頭の皮を剥ぐように薄い利益を得るということが元々の意味だったんです。。そう考えるとちょっと怖いですね。。。。

スキャルピングのメリット・デメリット

もちろんFXトレーダーの全員がスキャルピングを行っているわけではありません。長期的なトレードで利益を出している人が多数派でしょう。

それでもスキャルピングという取引スタイルが選ばれているのには理由があるのです。

ここではそのメリットとデメリットそれぞれについて紹介したいと思います。

それではまずはメリットから。スキャルピングのメリットをまとめるとこんな感じです。

スキャルピング メリット

リスクが小さい
いつでも取引チャンスがある
専門的な知識を必要としない

リスクが小さい

先ほども少し紹介したとおり、スキャルピングは短期間で集中的に取引を行うのでポジションを保有している時間が非常に短いです。

ですので、暴落などの激しい相場変動の影響を受けるリスクは非常に小さいです。

また、損失が発生する場合でも、相場のわずかな値動きを利用して取引をしているので、損失額を少なく抑えて低リスクな取引を行うことができます

「損失が発生した時のことが不安だな」と感じる方も多いのでそのような方にはまずはスキャルピングでの取引が向いているのではないでしょうか?

いつでも取引チャンスがある

スキャルピングでは小動きの相場でも利益を狙いにいくことができるので、時間を問わずいつでも取引できるチャンスがあります。

「仕事終わりの〜時から〜時まで」「通勤時の〜分間」と言った具合に自らのスケジュールに合わせて柔軟に取引を繰り返すことができるのも嬉しいポイントですね!

専門的な知識を必要としない

限られた時間帯に取引を集中的に繰り返すだけなので、テクニカルチャートを用いた細かな相場分析などの、FXの専門的な知識がなくてもしっかりと利益を重ねられるのがスキャルピングの魅力でもあります。

もちろん、細かな知識はあるに越したことはありませんが、難しい分析をしなくてもFXを楽しむことができるというのは初心者にとっては嬉しい話ではないでしょうか?

シゲ(デフォルト)

低リスク取引ができて、専門的な知識なしだから初心者でもできる。。。

シゲ(興奮)

まさに俺向きの取引スタイルじゃん!!!

さてさて、メリットを紹介した一方で忘れてはいけないのが、デメリット。。。

しっかりと確認しておきましょう。

スキャルピング デメリット

取引1回ごとの利益が少ない
スキャルピングを認めていない業者が多い

取引1回ごとの利益が少ない

スキャルピングは相場の小さな変動を狙って取引をするので必然的に1回ごとの取引で得られる利益の量は少なくなり取引回数を増やしてコツコツ利益を重ねる必要があります。

取引回数を増やすとスプレッドによる実質的なコストも同時に増えてしまうので、スプレッドが狭い業者を選ばないと「利益を多く出したのに、スプレッドのせいでちょっとの金額しか手元に残らない。。」なんて事態になりかねません。

スキャルピングを認めていないFX業者が多い

短期間に集中的な取引が行われるとサーバーに大きな負荷がかかるため、多くのFX業者ではスキャルピングを禁止しています。

そのため、何も知らずに一般的なFX業者でスキャルピングをすると口座を凍結されるなどの処置を受けることがあります。

スキャルピングを行う場合は、前もってFX業者にスキャルピングをしても良いかどうかを確認したほうが良さそうです。

シラホシ(笑顔)

つまり、スキャルピングをするためにはどのFX業者がスキャルピング向けなのかを知っておく必要があるということですね!!

スキャルピングトレードで行うこと

エボシ(デフォルト)

「スキャルピングトレード」と言ってもただ闇雲に取引をすればいいというわけじゃなくて、しっかりと準備をすることが大切なの

エボシ(ワンポイント)

今から学ぶことはスキャルピングトレードだけでなくFXだけでなく投資全般に関わる大事なことだからしっかりと覚えておくようにしてね!

シラホシ(笑顔)

はい!

それではさっそく、スキャルピングトレードを行う際に実際にやること、やっておくべきことについて一緒に学んでいきましょう。

知っておいてほしいことが多いので少し長めの文章になってしまいましたが、どれもFXトレーダーにとって必要かつ基本的なことなので頭の片隅に入れておいてください。

スキャルピングトレードを行う際に注意すべきことは次の4つです。

スキャルピングトレード 注意すべきこと

必要最低限の設備投資を怠らない
為替相場に関連する情報収集をしっかりと行う
むやみやたらにポジションを取らない
ポジションは長時間保有しない

必要最低限の設備投資を怠らない

そもそもスキャルピングを始めるためにはトレードを行う機器が必要です。

長期的なトレードを行う場合では持ち運びやすく気軽に使えるスマートフォンが便利です。

しかし、取引が活発な時間帯に短期間で何度も注文を行うスキャルピングトレードにスマートフォンはあまり適していません。

処理速度の速く高スペックなパソコンやワイファイなどの比較的優れた通信環境がスキャルピングには必要不可欠なのです。

必ずしも高価なパソコンや通信環境を用意する必要はありませんが、スマートフォン以上の処理速度を持つパソコンや通信速度に優れた回線環境などの必要最低限の準備はしておきましょう。

為替相場に関連する情報収集をしっかりと行う

スキャルピングは短期間での取引を指しますが、それは長期間の相場の流れを無視していいというわけではありません。

むしろ長期的な相場の流れを把握しておかないと、今後の相場の動きの予測ができず、いつ相場の流れが変わったのかも分からないままです。

絶対に相場に影響を与える可能性のある情報は出来る限り集めるようにしてください。

特に、各国の首相や銀行の頭取、要人などの発言や経済指標はそれまでの相場の流れをいい意味でも悪い意味でも一気に変える力を持っています。

リスクを避けたり、取引チャンスを見逃さないためにも日頃から定期的に情報を収集する習慣を身につけておきましょう

また、毎月の初めの金曜日に発表されるアメリカの経済指標である雇用統計も非常に重要です。

雇用統計は発表される頻度も多く、各項目値に対する市場の予測が大きく外れた場合、為替相場は大きく変動しますので、注視しておく必要があるでしょう。

むやみやたらにポジションを取らない

これは文字通りですが、考え無しにポジションをとりすぎるのはやめましょう。

スキャルピングは短期間での集中取引を意味しますが、トレードをひたすら行えば利益を出すことができるようなものでもないのです。

むしろ損失が大きくなって大損することの方が多いです。

利益が出始めると根拠のない自信に任せてポジションを持ちすぎてしまうことが初心者にはありがちなのでくれぐれも気をつけましょう。

具体的な対策としては、大まかで構いませんが、1日の取引回数を設定しておくことをオススメします

また、始めのうちは損失を出してしまうことも多くあると思うので最初は取引回数を少なく設定しておくといいでしょう

ポジションは長時間保有しない

損失を恐れて数十分~1時間以上もポジションを保有することはあまりおすすめしません。

どんなに優れたFXトレーダーでも全く損失を出さずに利益を得ることは不可能です。

大事なことは、できるだけ損失を少なくしつつ、最終的に利益を出して取引を終える「損小利大」の考え方です。

「これ以上ポジションを保有したら損失が膨らむばかりだ」と感じたときは早めの損切りをオススメします。

どのタイミングで売りに入るかの基準があれば利確や損切りの判断も行いやすいので、前もって、売りのタイミングについてルールを設定しておくといいでしょう。

具体的には売りのタイミングは数pipsから10pipsぐらいを目安に行うなどがいいかもしれません。


実際に「スキャルピングを始めたい!」という人のためにスキャルピングに適した口座の選び方についてまとめました。

もし良ければ参考にしてみてくださいね!

スキャルピング向けのFX口座を探すなら

スキャルピングトレードの口座選び

それではさっそく、スキャルピングトレードの始め方について一緒に学んでいきましょう。
実際にスキャルピングトレードをする前にまずは口座をスキャルピング専用の口座を作ります。そして口座をどの会社で作るかについては次の3点を注意しましょう

スキャルピング口座の選び方

スキャルピングを公認しているかどうかを確かめる
約定力の強いFX業者を選ぶ
スプレッド差幅が狭いFX業者を選ぶ

スキャルピングを公認しているかどうかを確かめる

残念ながら多くの会社ではスキャルピングトレードを禁止しています。

その理由は「短期間に取引注文を大量にすると、サーバーに大きな負荷をかけるから」というものです。

ですので、「とあるFX業者でスキャルピングをやったら口座凍結されちゃってせっかく稼いだ利益が水の泡に。。。」なんてことも実際よくあります。

ですので、スキャルピング目的でFX取引がしたい!と考えている方は、まず初めにスキャルピングを公認しているFX業者を探す必要があるでしょう。

約定力の強いFX業者を選ぶ

スキャルピングをする上で約定力(約定速度+約定率)の優れたFX業者を選ぶ必要があります。

というのも、約定速度が遅かったり約定率が低いと、スリッページが発生し、せっかく得られるはずだった利益を失うことになるからです。

特に、夜9時以降はニューヨーク市場が開かれる時間と重なり取引も活発になるので、大量の注文をすばやく正確に処理できるような強いサーバーを持ったFX業者を選ぶ必要があるでしょう。

スプレッド差幅が狭いFX業者を選ぶ

スキャルピングでは取引回数が非常に多いので、スプレッド幅もできる限り小さいに越したことはありません。

スプレッド幅が広いと「めちゃくちゃ儲けたけど、スプレッドのせいで、ほんのちょっとしか手元にお金が入ってこない」なんてことになりかねません!!

少なくとも米ドル/円の通貨ペアで例えるなら、スプレッド幅が0.5銭以下のFX業者で取引する必要がありますね。

スキャルピングにぴったりのFX業者「ヒロセ通商」

もう一度おさらいしておくと、スキャルピングに適したFX業者は

スキャルピングを公認している
約定力(約定速度+約定率)が強い
スプレッド幅が狭い

という3つの機能を兼ね備えたFX業者です。

この条件でFX業者を探してみると、可愛らしいライオンのイメージキャラクターのヒロセ通商がぴったりだと思います。

ヒロセ通商の特長を挙げてみると。。。

スキャルピングを公式に認めている
約定速度FX業界トップ!約定率も業界トップクラス!!
スプレッド幅業界最狭水準

といった感じです。もう少し細かく見ていきましょう。

スキャルピングを公式に認めている

お宅のFX業者ってスキャルピングOKですか?と尋ねるとなんだかよく分からない返事をされたりあやふやにするFX業者も実は結構あります。

そんな業者も多い中で、「スキャルピングOK!!」と声高に宣言してくれているヒロセ通商。男気を感じますね(笑)

スキャルピング公認の安心感!!

約定速度FX業界トップ!約定率も業界トップクラス!!

一般的なFX業者の約定速度は平均0.004秒。これだけでも十分早く感じるかもしれませんが、注文が集中しているとFX業者によっては思うように注文が決まらないことも。。。

ヒロセ通商の約定速度は業界で最も早い0.001秒!あまりピンとこないかもしれませんが、約定速度は遅いより速い方がいいですよね!!

また約定率も業界トップクラスの99.9%!文句無しの数値ですね。

スプレッド幅業界最狭水準

ヒロセ通商のスプレッドはどれをとっても業界最高水準!!

スプレッドに関しても文句一つ言う余地もありませんね(笑)

まとめ

スキャルピング口座の選び方

スキャルピングを公認しているかどうかを確かめる
約定力の強いFX業者を選ぶ
スプレッド差幅が狭いFX業者を選ぶ

FX業界広しと言えど、これらのスキャルピングに必要な条件を全て兼ね備えたFX業者はヒロセ通商ぐらいしかないでしょう。

また、ヒロセ通商は充実したキャンペーン50種類もの豊富な通貨ペアといった、スキャルピング以外の強みも豊富にあるので、FXをこれから始めるという方にもぴったりのFX業者でもあります。

「スキャルピングをやりたい!」と考えている人はヒロセ通商を選んでおけば後悔をすることは無いでしょう。