セリクラのトップ画像

この記事では、「セリクラって一体なに?」「セリクラをFXにどう活用するの?」という方に向けて、セリクラのメリット・デメリット、セリクラを活用する方法を紹介しています。

「セリクラを詳しく知りたい!」「FXで勝ちたい!」という方は、ぜひ一度この記事を参考にしてみてください。

セリクラとは?

さっそく、セリクラについて学んでいきましょう。

セリングクライマックスの略称

まず、セリクラは略語であり、正式名称はセリング・クライマックスといいます。

ある金融情報サイトによるとセリング・クライマックスとは、

「中長期的な下落相場の最終段階において、取引参加者の大半が弱気一色となって大量の売り注文をマーケット(市場)に出し、相場が急落するような局面(状況)」のこと

と定義されています。少し難しい説明ですね。

もっと分かりやすくするために具体例をあげて紹介しましょう。

大きな経済ニュースをきっかけに為替レートが下がり始めた。チャートの動きに敏感な投資家が、ザワザワし始める。

とある投資家Aさん:
(チャートの価格下がってるなぁ。売ろうかしら)
とある投資家Bさん:
(そろそろ私も売ろうかしら。。)
とある投資家Cさん:
(これ以上下がったら損失増えるから今のうちに売るべきかな)

そして、またチャートが少しガクンと下がった。

とある投資家Aさん:(よし、売ろう)
とある投資家Bさん:(よし、売ろう)
とある投資家Cさん:(よし、売ろう)

チャート:ガクン!!!!



結果的に売りたい人が大量に増えて、価格はドーン!と勢いよく急落

このように、取引参加者が「このままでは、為替レートがドンドン下がる」と弱気一色になって売り注文が集中し、相場が急落するような状況のことを『セリクラ』と呼ぶのです。

セリクラ発生時のチャート

以下の画像は『セリクラ』が発生した時の為替チャートの動きを示したものです。

赤く囲まれた部分で為替レートが急激に下落しているのが確認できますね。

そして、急激に下落する前に、少しずつチャートが下落していることも伺えます。

このチャートが少しずつ下落し始めるタイミングが先ほどの例であげた『投資家がザワザワし始めるポイント』です。

セリクラ発生時のチャート

セリクラが発生した具体例としては、リーマンショック後の下落時ライブドアショック後の下落時、最近であれば、コロナウイルスによる為替レート下落などが挙げられます。

いずれも大きな経済イベントがきっかけとなり、取引参加者が「このままじゃ為替レートは右肩下がり…」と弱気一色になったタイミングでセリクラが発生するのです。

セリクラのメリットとデメリット

では、次にセリクラが発生することのメリット・デメリットを紹介します。

セリクラのメリットは?

一見デメリットばかりに思えるセリクラですが、セリクラが発生することのメリットもあります。

ここでもう一度、下にある先ほどのチャートを見てみましょう。

セリクラ発生時のチャート

セリクラによって、ドーン!と勢いよくレートが下がった後に、為替レートが軽く跳ねあがっていることが伺えます。

これこそがセリングクライマックスの注目すべきポイント。

セリングクライマックス(売りの山場)が発生した後は、売りの山場を越えた事を意味し、その後は為替レートに上昇傾向がみられるのです。

つまり、セリクラ発生直後のレート上昇に合わせて取引すれば利益を出せるということですね。

セリクラのデメリット

セリクラ発生後の為替レートの上昇を利用する事で利益が得られるというのがセリクラのメリットです。

しかし、セリクラにはデメリットがあります。

それは、為替レートが本当にセリクラなのかを見分ける必要があるということ。

セリクラのクライマックス(山場)という名前通り、売りの山場であれば問題ないですが、単なる暴落の場合、下落の傾向が続き、予想は大きく外れてしまいます。

セリクラの見分け方

相場が暴落した時、「今がセリクラなのか」「これ以上暴落しないのか」を見極めることは非常に重要です。

そして、セリクラを見極める際に役立つのが、ボリンジャーバンドというテクニカル指標。

以下の画像はセリクラ発生時のチャートにボリンジャーバンドを表示させたものです。

セリクラのボリンジャーバンド図②

黒く囲んでいる部分がセリクラ発生時です。

そして、セリクラ発生時のローソク足がボリンジャーバンドの一番下にある-3σラインを大きく突き抜けています。

為替相場の値動きが-3σラインを突き抜ける確率は1%以下と言われており、確率的にも非常にレアなことです。

そして、為替相場が-3σラインを超えた後にレートが上昇する可能性が高く、『為替相場が-3σラインを超える=セリクラの合図』と判断できます。

先生(ワンポイント)

ちなみに、ボリンジャーバンドテクニカル指標の使いやすさは取引ツールの性能で大きく変わるわ。
「自分にあった取引ツールを知りたい!!」って方は、各社の取引ツールを徹底的に比較した下の記事を参考にしてね。

セリクラの注意点

ボリンジャーバンドを用いることで、セリクラが発生するタイミングを予想できますが、注意点が1つあります。

それは、リーマンショックのように為替相場を大きく動かすようなビッグニュースが急に発表された際は、ボリンジャーバンドを用いたセリクラの予測は非常に困難だということ。

そんな時にやっておくべきこと。それは、情報をいち早く手に入れる事です。

セリクラの弱点を防ぐ最大の方法

情報をいち早く手に入れるためにおすすめなのが、FX会社が提供する情報ツールを利用する事

FX会社の中には、FX専用の情報配信を行っているFX会社があり、為替レートの動きを予想する際に大いに役立ちます。

情報配信を行っているFX会社の中でもFX初心者の方におすすめなのが、外為どっとコム。

外為どっとコムでは以下のように、為替相場に関する情報を動画で分かりやすく解説してくれるので、相場予想に不慣れなFX初心者もアナリストなどの為替のプロの意見を元に取引することができます。

外為どっとコムは、動画配信だけでなく、豊富な通貨ペア、初心者もすぐに利用できるキャッシュバックキャンペーンなど、様々な特長でFX初心者に愛用されています。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、外為どっとコムに興味がある方は参考にしてみてください。

セリクラ以外の重要FX用語

セリクラは相場の動きを予測する上で重要なサインです。

しかし、チャートの動きを正確に分析する際に役立つ重要なFX用語は他にもたくさんあります。

チャート分析に関する用語は数多く存在しますが、その中で最強と称されているのが「酒田五法」。

酒田五法を使って1兆円を儲けた投資家も存在すると言われているほど、多くのFXトレーダーに愛用されている手法です。

気になる方は『【これで1兆円稼いだ?!】最強と称される酒田五法に関して詳しく解説!!』をご覧ください。