FXも他の収入源と同様に、利益が一定額を超えると税金を支払わなければなりません。トレードで上げた利益を税金として納める場合、確定申告といったあまりなじみのない手続きが必要となります。

そういうわけで、今回はエフキャン編集部のやっちがFXで税金を支払う際の納税の流れについて解説したいと思います!

やっち(驚き)やっち

税金を払い忘れたり、支払い額が足りてなかったらさらに課税されることもあるので要注意!

社会的信用にも関わることだから、正しい知識を身につけてしっかりと納税しよう!

この記事を読んでわかること

  • FXの所得に発生する納税額

  • 支払う税金を安くできる節約術

  • 納税の手続きと支払いが遅れたときのペナルティ

FXにかかる税金とは?

さっそく、FXの場合、利益に対してどれぐらいの納税額が発生するのか説明していきますね。

FXは1年間に発生した利益に対して20.315%(所得税 15%+復興特別所得税 0.315%+住民税 5%)の税金が発生します。なので、もしFXで1年間に100万円の利益を得たとすると20万3150円を納税する必要があるということですね。

ただここで押さえておきたいのが、FXで利益を得ているすべてのトレーダーに納税義務があるわけではなく、下の3つのパターンに当てはまる人は税金を納める必要はありません。

納税(確定申告)の必要がない人

  • 1
    1年間の所得が38万円以内の専業主婦、無職の人
  • 2
    年間所得が2000万円以下でFXの所得が20万円以下の人
  • 3
    公的年金以外で所得が20万円以下の年金受給者
やっち(笑顔)やっち

普通の会社員でもFXの利益が年間20万円以下なら税金を納めなくてもいいんやね!

納める税金を安くする3つのウラ技

基本的に利益を多く出すほど納める税金も多くなるわけですが、実は納税額はいくつかの方法により減額できる場合があります。

これを知っていると知らないとでは納める税金の金額が大きく変わってくるので、少しでも手元にお金を多く残せるように、節税の術(すべ)を押さえておきましょう!

FXで節税する3つの方法

  • 1
    必要経費を確定申告
  • 2
    損益通算を利用する
  • 3
    負けた分の確定申告もする

必要経費を確定申告

FXの税金額を安くする1つ目の方法は、FXに関連した費用を必要経費として申告するというものです。

実はFXで発生した税金はFXの利益に対してではなく、下の図のように利益から必要経費を差し引いた「所得分」に対して税金が課せられます。

必要経費として認められるものをざっくり挙げると下のような感じ。トレードで使用しているパソコン、FXに関する書籍、セミナー受講費やその交通費など、さまざまなものが必要経費として認められるんです。

・電話代・プロバイダー費用
・新聞や書籍代(FX関連)
・パソコン購入代金
・事務用品
・セミナー経費(受講料や交通費等)

なので、FXで1年間に100万円利益を出したとして、うち必要経費が40万円かかった場合だと、実際に税金が課されるのは100万円(FXの利益)から40万円(必要経費)を差し引いた60万円に対してということになります。

100万円に対する税金と60万円に対する税金とでは金額も大きく変わってくるので、できるだけFXに関連した支出は経費として申告し、少しでも節税につなげたいものですね。

ちなみに上記で挙げたのはあくまで必要経費の例の1つ。その他に経費として認められるものもあるので、気になる方は税務署や税理士等に相談してみるのもいいでしょう。

やっち(驚き)やっち

必要経費を申告する際は領収書などの「実際にFXの為に使用した事を証明できる書類」が必要だからきっちり保管しておくように!

損益通算を利用する

損益通算とは一定期間内の利益と損益を相殺することで、くりっく365などの取引所FXや商品先物取引、日経225先物、金利先物取引等で発生した損益をFXの損益と通算することができます。

例えばFXで100万円の利益を出したとすると、そのうちの20.315%である20万3150円を税金として納めなければなりませんが、一方で商品先物取引などの他の先物取引で90万の損失を出していた場合、損益通算することで、

100万(FXの利益)-90万(他の先物取引の損失)=10万(課税対象額)

となり、差額である10万円のみに税金が課せられ、支払う税額も2万315円で済みます。

このように、FXで利益が出ても他の投資の損失と相殺し、納める税金の額を少なくできるのが損益通算のメリットです。

やっち(笑顔)やっち

ちなみに、FXと損益通算できるのは先物取引などの雑所得に区分される投資だけ!

株式投資は譲渡所得や配当所得に区分されるからFXと損益通算できないという点には注意してね!

負けた分の確定申告もする

FXで負けたときの損失分を申告しておくことも納める税金を安くする方法の1つです。

年間のトレード成績がマイナスとなった場合、その損失を申告しておくことで、翌年から3年の間に発生した利益と相殺することができる「繰越控除(くりこしこうじょ)」が利用できます。

具体例として、繰り越し控除をしない場合とする場合を比べてみましょう。

繰越控除をしなかった場合

まず繰越控除をしなかったケースを考えてみます。1年目にFXで200万円の損失が発生、2年目と3年目に100万円ずつ利益を出したとしましょう。

この場合だと、2年目と3年目の利益に対してそれぞれ20万3150円の税金が発生し、3年の間に合計40万6300円を納めます。

損益 控除額 課税対象額 税額
1年目 -200万円 0円 0円 0円
2年目 +100万円 0円 100万円 20万3150円
3年目 +100万円 0円 100万円 20万3150円
合計 ±0円 0円 200万円 40万6300円

繰越控除をした場合

では次に先ほどと同じ条件で、1年目に発生した損失分を確定申告し、繰越控除を利用したケースを考えてみましょう。1年目に200万円の損失が発生し、2年目と3年目にそれぞれ100万円の利益が発生したとします。

この場合だと、2年目と3年目に対して発生した利益から1年目の損失分が差し引かれた金額が課税対象となるため、3年間で納める税金は0円となるのです。

損益 控除額 課税対象額 税額
1年目 -200万円 0円 0円 0円
2年目 +100万円 -100万円 0円 0円
3年目 +100万円 -100万円 0円 0円
合計 ±0円 -200万円 0円 0円

このように繰越控除を利用することで納める税金を安くできるので、1年の損益結果がマイナスになった場合は必ず確定申告をしましょう!

税金を納める流れ

ここからは、税金を納める際に必要となる確定申告の手続きについて解説したいと思います。

税金を納める際の注意点についても紹介しているので、参考にしてみてください!

期間内に税務署に提出する

確定申告を行う時期は原則として翌年の2月16日から3月15日となっており、この期間に手続きを行います。

まずは確定申告書を記入し、上記の期間内に住所等のある地域を管轄とする税務署に提出します。また、駅前などに設けられた広域センターや、市区町村役場の確定申告会場に持参することも可能です。

また郵送で提出することもできますが、消印の日付が提出日となり、投函する時間帯によっては翌日の消印になってしまうこともあるので注意が必要です。提出期限ぎりぎりになってしまった時には、税務署の夜間窓口を利用するのもよいでしょう。

やっち(笑顔)やっち

インターネットで確定申告書を提出する「e-Tax」という申告方法もあるから税務署に行くのが面倒くさい人は利用してもいいかも!

期間内に納税も行う

ちなみに確定申告期間はこの期間内に申告書の提出だけでなく納税も済ませてしまう必要があります。つまり、3月16日までに申告を行い、申告分の税金を指定の金融機関に納める必要があるということですね。

また税務署で確定申告をした場合は、提出時に税務署で直接税金を納めることもできます。

税金を一度に支払えない時は「延納」

確定した税額を一度に支払えない場合には、3月16日までに納税額の50%を納めれば、「延納」という制度を利用できます。

延納とは期日を過ぎてから税金を納めることで、延納制度を利用した場合には5月31日までに残りの税額を納付しなければなりません。

延納している期間は、利子税(延納額に所定の割合を乗じて計算した金額で課される附帯税のことで、利息のようなもの)が課されることになります。

提出期間を過ぎると…

3月16日を過ぎても確定申告は受け付けているので期限後に提出できますが、期日までに提出できなかった場合は下のようなさまざまなペナルティが発生します。

納税が遅れた際に起きること

  • 無申告加算税

    確定申告を期日までに行わなかった場合、もともとの納税額に加算されます。

  • 延滞税

    確定申告を期日までに行わなかった場合、期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます。

  • 青色申告者の場合は65万円の特別控除が受けられなくなる

    青色申告をしている場合には、65万円の特別控除を受けられなり、10万円の控除のみとなります。

やっち(考える)やっち

もし確定申告そのものをしなかったらペナルティの課税をされちゃうこともあり得るんだよなあ。

税金の知識は大切だね。。

まとめ

やっち(笑顔)やっち

まずは年間で利益を上げること!利益を上げたらきちんと納税すること!いくら利益を上げてもFXの税率は変わらないから、その点もFXの大きなメリットと言えるね!

この記事のまとめ

  • FXは年間の利益に対して20.315%の税金が発生する

  • 必要経費の申告、損益通算の利用、繰越控除でFXの納税額を安くできる

  • 確定申告の期間は原則2月16日~3月15日まで

  • 確定申告が遅れるとペナルティの課税があるので、期間内に必ず納税しよう!

この記事の執筆者
編集者やっちのプロフィールアイコン
やっち
スイーツ好きの32歳独身トレーダー。過去にスイスフランショックで全財産の2倍を失った経験あり。以来、リスク管理についてのやかましさは編集部随一を誇る。口ぐせは「パフェ代が僕の利確ライン」。大阪出身。