冬に太陽光を浴びながら笑顔で電話する娼婦



最近人気のFXですが、もうすでにやっているという人も、これから始めてみようかなと思っている方も、やっぱり気になるのが「FXの税金ってどうなってるの?」「確定申告とか面倒くさくない?」という所ではないでしょうか?

そこで今回は、FX初心者でも簡単にFXの税金と確定申告が理解できるように、地球一優しく解説してみました!




1. FXにかかる税金って何?

FXで発生した利益は「先物取引にかかわる雑所得等」として、申告分離課税の対象となり、一律20%(所得税15%+住民税5%)の税金を支払う必要があります。

2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間は、東日本大震災からの復興のために必要な財源の確保として「復興特別所得税」というのが創設され、その復興特別所得税が「所得税(15%)×2.1% = 0.315%」となっており、実質FXで発生した利益にかかる税金は、20.315%(所得税 15%+復興特別所得税 0・315%+住民税 5%)です。

つまり、もしFXで1年間に100万円を儲けた場合、20万3150円(100万 × 20.315%)を税金として収める必要があるという事です。

しかし、一口に儲けたといっても普通にFXで儲けた利益分に税金が課されるわけではありません。

1.1 FXで儲けた利益に直接税金が課されるわけではない!

実はFXで儲けた利益に直接税金が課されるわけではなく、利益分から必要経費を差し引いた所得分に税金が課されます。

図で示すとこんな感じです。

自作図形
FXの所得に税金が課される

1つずつ説明すると、

FXの利益

FXの利益とは、一年間の取引で発生した為替差益とスワップポイントの合計値の事を指します。

1ドル100円で買って、101円になった時に売って1円儲けた時のこの1円は為替差益です。
スワップポイントは2国間の金利差から得れる利益の事を指します。

※ポジションを決済していない分は課税対象にはなりません。ポジションを決済して損益が確定した分のみ課税対象となります。

FX取引にかかる必要経費

FXにかかった経費は必要経費として、FXで儲けた利益から差し引く事ができます。実際にどういう物が必要経費として判断されるのか例を挙げておきます。

・電話代・プロバイダー費用
・新聞や書籍代(FX関連)
・パソコン購入代金
・事務用品
・セミナー経費(受講料や交通費等)

その他にも実際に経費として認められるものもありますので、どうしても気になる場合は税務署や税理士等に相談してみてください。

※上記で挙げたのはあくまで一例です。
※必要経費は領収書等の実際にFXの為に使用した事を証明できる書類が必要になりますので、きっちり保管しておくようにしましょう。

この必要経費をFXで儲けた利益から差し引いて残った所得に税金が課されます

仮にFXで1年間で100万円利益を出した場合、必要経費が40万円かかったとするならば、実際に税金が課されるのは、100万円(FXの利益)から40万円(必要経費)を差し引いた60万円ということになります。

1.2 他の先物取引との損益通算が可能!!

2012年1月以降の税制改革によって、くりっく365などの取引所FXや商品先物取引、日経225先物、金利先物取引等で発生した損益をFXで発生した損益と通算する事が可能となりました。もちろん他の店頭FX取引で発生した損益も通算することができます。

損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺することを指します。しかし、利益と損失を相殺することにどういったメリットがあるのでしょうか?

仮にFXで100万稼いだ場合、何もしなければ20万3150円が税金として持っていかれます。

しかし、他の先物取引で100万の損失を出した場合、損益通算すれば、100万(FXで儲けた利益)-100万(他の先物取引で出した損失)で利益は0円になります。つまり、損益通算しなかった場合は、約20万円が税金として持っていかれていたのに、損益通算すれば税金として持って行かれるお金は0になったということです。

このように、他の先物取引で損失が出た場合に、FXの利益と相殺することで、支払う税金の額を少なくすることができる点が損益通算のメリットです。

2. 全員が確定申告する必要はない!!

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得を計算して、そこから所得にかかる税金を支払うための手続きの事を指します。

ここまでFXにかかる税金について見てきましたが、実はFXで利益を出した人の全員が確定申告をする必要はないんです!

この点は非常に大事なポイントで、これからFXを始めようと思っている方でも「確定申告が面倒くさいからFXはやらない!」なんて言っている人をよく見かけますが、人によっては確定申告をする必要がない方もいます!

さっそくどういう人なら確定申告をする必要がないのか見ていきましょう。

2.1 確定申告する必要がない人

専業主婦、無職の人

専業主婦や無職の方で、収入が0の方は、1年間のFXによる所得が38万円以内(基礎控除の範囲)の場合は確定申告を行う必要がありません。

所得とは、先程説明したFXで儲けた利益から必要経費を差し引いた分の事を指します。

※年間のFXによる所得が38万円を超えた場合は、確定申告を行う必要があります。

サラリーマン(給与所得のある方)

年間の給与所得が2000万以下の方で、給与と退職所得以外の所得(雑所得)が20万円以下の場合は確定申告を行う必要がありません。

つまり、サラリーマンの方でもFXで年間20万以内の利益なら確定申告を行う必要がないという事になります。

※サラリーマン(給与取得者)の方で、年収が2000万以上の方は確定申告を行う必要があります。
※年収が2000万以上でなくても、雑所得が20万円を超える場合は確定申告を行う必要があります。

年金受給者の方

年金受給者の場合、公的年金等の金額が年間で400万以下でFX等の所得が20万以下の場合であれば確定申告する必要がありません。

個人事業主

個人で事業を行っている方は基本的に確定申告は行う必要があります

3. 負けたときに確定申告を行うとかなりお得!

確定申告は利益がでた時に行うものと認識している方が大半ですが、負けた時に行う確定申告には実はかなりのメリットがあります

FXで年間で損失が出た場合、その損失を確定申告しておけば、翌年以降(3年間)に出た利益と相殺することができるのです!これはかなりの節税になります!!

実際に繰越控除を行った場合と行なわなかった場合でどれほどの違いがあるのか見ていきましょう。

繰越控除をしなかった場合

まず繰越控除をしなかった場合のケースです。

例えば1年目にFXで200万円の損をしたけど、2年目、3年目に100万円ずつ利益をだしてトータルゼロまで取り返したとします。

このとき税金はというと、2年目と3年目にそれぞれ20万3150円(100万円×20.315%)となり、合計すると40万6300円です。

3年間通算はというと、利益が0円なのに、税金は40万6300円ということになります。

損益 控除額 課税対象額 税額
1年目 -200万円 0円 0円 0円
2年目 +100万円 0円 100万円 20万3150円
3年目 +100万円 0円 100万円 20万3150円
合計 ±0円 0円 200万円 40万6300円

繰越控除を行った場合

では次に繰越控除をした場合です。

事例は先ほどと同じで、1年目に200万円の損、2年目と3年目に100万円の利益です。

しかし、繰越控除をしていると2年目と3年目に大きな違いがでてきます。

まず2年目の100万円の利益が、1年目の損と相殺されて0円扱いとなります!

この時点でまだ相殺していない損は100万円あるので、3年目の100万円の利益もすべて相殺されて、利益が0円扱いとなり税金も0円となります!

3年間通算はというと、利益が0円で税金も0円です!!

このケースだと繰越控除をしなかった場合と比べて40万円分も得をしている計算になります!!

損益 控除額 課税対象額 税額
1年目 -200万円 0円 0円 0円
2年目 +100万円 -100万円 0円 0円
3年目 +100万円 -100万円 0円 0円
合計 ±0円 -200万円 0円 0円

皆さん繰越控除の凄さをわかってもらえたでしょうか?

もし、みなさんがFXをやって損失が出た場合はかならず繰越控除を行うようにしてくださいね!!

この記事のまとめ

  • FXで儲けた利益にから必要経費を差し引いた所得に税金が課される。
  • 他の先物取引と損益通算が可能!
  • 全員が確定申告しなければならない訳では無い
  • 繰越控除を行うと翌年から超お得!!

まだFX口座を持っていないという方は下記の比較表を参考に自分好みの業者を選んでみてくださいみてくださいね♪

FX会社 取引単位
取引コスト
スワップポイント 通貨ペア数 キャッシュバック 総合評価 詳細
取引手数料 米ドル/円 ユ|ロ/円 ポンド/円 評定

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.2

0.5

1
1

超安
5

超高

30
103000

最大
10.3万円
1

オス
スメ

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.2

0.5

1
1

超安
5

超高

20
30000

最大
3万円
2

オス
スメ

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.2

0.5

1
1

超安
5

超高

25
27000

最大
2.7万円
3

良い

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.2

0.5

1
1

超安
4

高い

20
20000

最大
2万円
4

オス
スメ

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.2

0.5

1
1

超安
3

普通

50
50000

最大
5万円
5

良い

公式

詳細

公式ページ

1000

千通貨

0円

0.2

0.4

0.8
1

超安
3

普通

27
50000

最大
5万円
7

良い

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.3

0.4

0.9
1

超安
4

高い

23
53000

最大
5.3万円
8

良い

公式

詳細

公式ページ

10000

1万通貨

0円

0.2

0.5

1
1

超安
4

高い

10
50000

最大
5万円
9

良い

公式

詳細

公式ページ

1

1通貨

0円

0.27

0.39

0.89
1

超安
5

超高

26
500

500円
13

オス
スメ

公式

詳細

※スプレッドは原則固定(例外あり)、単位は全て銭です。