みなさんは、どのくらい正しく「ローソク足」のことを理解できていますか?

昔から相場の格言で、「ローソク足を制すものは、相場を制す」という言葉があるほど、「ローソク足」を理解することはプロトレーダーでも難しいです。

しかし、その分正しく理解できれば他のトレーダーに圧倒的な差をつけることができます!

この記事では、初心者の方でも「ローソク足」の実践的な内容まで理解できるように丁寧に分かりやすく書いているので、ぜひ参考にしてくださいね!

ローソク足とは

ローソク足とは

  • ローソク足は、特定の時間足の「始値」「終値」「高値」「安値」の4本の値から構成されています。

上のイラストのように、始値と終値の範囲を四角形(実体と呼ばれます)で囲み、高値と安値に実体から直線を引きます。

実体から上にある線を「上ヒゲ」、下に引いた線は「下ヒゲ」です。

値上がりしているローソク足のことを「陽線」、値下がりしているローソク足のことを「陰線」と呼びます。

ローソク足の示す時間ごとに、1分を「1分足」、1時間を「1時間足」、1日を「日足」、1週間を「週足」、1カ月を「月足」と呼びます。

また、トレードスタイルごとに、主に使用するローソク足の時間足は異なるので注意しましょう。

時間足の例

  • スキャルピング

    「1分足」「5分足」「15分足」

  • スイングトレード

    「1時間足」「4時間足」「日足」

それでは、実際にローソク足の見方について解説していきたいと思います!

ローソク足の基本1:陽線・陰線

陰線陽線のローソク足チャート図


陽線とは

  • ローソク足の、始値に比べて終値が高かった場合に赤色で表示される線のこと。

陰線とは

  • ローソク足の、始値に比べて終値が安かった場合に青色で表示される線のこと。

陽線の場合は、実体の下端が始値で上端が終値になります。

対して、陰線の場合は上端が始値で下端が終値になります。

逆に覚えてしまっては大変なので、しっかりと区別して覚えておきましょうね!

ローソク足の基本2:ヒゲ

ヒゲとは、実体から上下に出ている直線部分のことを指します。

ヒゲの上端を高値、下端を安値と呼び、そのローソク足が示す期間中の最高価格と最低価格を表しています。

ヒゲと実体の割合を見ることで、そのローソク足内でのトレーダーの心理について分析することができるので、注意しましょう。

例えば、ローソク足でヒゲがあまり出ていない場合は、トレンドに従って価格が変動しています。

しかし、ヒゲが実態に比べて長く出ている場合は、トレンドに反対する勢力の力が強いことを表しています。

次は、ローソク足のイラストを用いながら、もっと詳しくヒゲと実体の関係について見ていきましょう!

ローソク足のヒゲの長さで相場心理が分かる


ローソク足のヒゲの長さを見ることで、その足でのトレーダーの心理状態を読み取ることができます。

トレーダーの心理が分かれば、「買い」と「売り」のトレンド転換が起こる可能性がある状態を読み取ることができるはずです!

それでは、実際にイラストを用いながら解説していきたいと思います。

「買い」or「売り」が強い状態


まず1つ目は、「買い」or「売り」が強い状態の相場でよく見られる、「大陽線」と「大陰線」について解説していきましょう!

「大陽線」は実体が長いほど、大きく値上がりしているため、強い上昇力を表しています。

上昇トレンドのときに出やすく、下降トレンドのときに出た場合はトレンド転換の可能性が高いと言えます。

逆に、「大陰線」は下落力が強いことを示しているんです。

下降トレンドのときに出やすく、上昇トレンドのときに出た場合はトレンド転換の可能性が高いです。

この時のトレーダーの心理としては、「実体」が大きいから、大半のトレーダーがトレンドと同じ動きをしようとしているなと判断し、基本的に「順張り」でついていきます。

「大陽線」や「大陰線」が出ているタイミングで、トレンドに逆らうような動きをするのは非常に危険なので注意しましょう!

「買い」と「売り」が引き分けの状態


次は、「買い」と「売り」が引き分けの状態でよく見られる、「小陽線」と「小陰線」について解説します。

陽線の場合を「小陽線」、陰線の場合を「小陰線」と呼び、値動きが小さい時に出るローソク足で、「コマ足」とも呼ばれます。

価格が一定の範囲内で上下動を繰り返す「レンジ相場」、つまり、「買い」と「売り」が引き分けの状態のときに頻出しやすいです。

連続して出現すると、相場のトレンド転換に近づいている可能性が高いです。

「小陽線」や「小陰線」が出ている時は、トレーダーの多くがトレンドの終焉を視野に入れて現在所有しているポジションを清算する傾向にあります。

そのため、「順張り」でついて行っているトレーダーは早めに利益を確定させて、「逆張り」状態のトレーダーは損失の額に関係なく、素早く損切りを行いましょう!

「買い」と「売り」のトレンド転換が起こる可能性がある状態


最後は、「買い」と「売り」のトレンド転換が起こる可能性がある状態について解説します。

始値と終値が同値の場合を「寄引同時線」と呼び、このうち上下に出ているヒゲは「十字線」と言う名称です。

「売り」と「買い」が拮抗している状態を示し、先ほど紹介した「小陰線」「小陰線」よりも強いトレンド転換の可能性を表しています。

「寄引同時線」の状態のトレーダーの心理としては、トレンドの転換が近いため、次のトレンドを予測して早めにエントリーしている「逆張り派」のトレーダー以外は即座にポジションを決済しようとする可能性が高いです

また、「逆張り派」のトレーダーであっても、近くに長い時間足でのレジスタンスライン・サポートラインがあった場合はトレンドが転換せず、予期せぬ方向へと伸びる場合があります。

そのため、警戒を緩めずに、しっかりと決済ポイントを探しながらポジションを保有するようにしましょう。

せっかく利益が出ている状況でも、気を抜いた途端、一気に損失を被るということも金融の世界ではよくあることです。

プロが解説!ローソク足チャートの実践的な3つの見方

この章では、プロ目線で、チャートのイラストを参考に実践的なローソク足の見方についてお伝えしていきます。

これから紹介する3つのポイントを押さえておけば、自分でテクニカル分析を行う際に他のトレーダーに大きな差をつけることができますよ!

  • 1
    ポイント1:「買い」も「売り」も危険!様子を見よう!
  • 2
    ポイント2:ここで「買うべき!」
  • 3
    ポイント3:ここは「売るべき!」

ポイント1:「買い」も「売り」も危険!様子を見よう!


「買い」も「売り」も様子を見るべき相場とは、レンジ相場です。

レンジ相場では、小陽線・小陰線がかなりの確率で出てきます。

実際の例はこんな感じ。

なぜなら、上に行く力も下に行く力もどちらも強いから

つまり、相場の参加者の心理としては、どちらの方向について行くべきか迷っている状態です。

そのため、レジスタンスラインサポートラインとの間を行ったりきたりするのです。

レンジ相場での取引はできる限り避けて、レジスタンスラインもしくは、サポートラインを価格が抜けて、新たな方向へと相場が動くまでは取引しないようにしましょう。

十字線はトレンド転換のサイン?!

十字線のローソク足チャート図


今解説したようなレンジ相場では、小陽線・小陰線がいくつか続いた後、レジスタンス・サポートラインに近づいたタイミングで十字線が出てくる場面があります。

この十字線は、「売り」と「買い」の勢力が事情に拮抗している状態を示しています。

つまり、近いうちに、トレンドが転換する可能性があるということです。

そのため、プロはレンジ相場内では取引しない代わりに、この十字線がで始めた段階でエントリーポイントを探し始めます。

なぜなら、トレンド転換が起きた場合、一気に価格が動くことが多いため、比較的簡単に大きな利益を得ることができるからです。

みなさんも、ただ待つだけではなく、次はどこで価格が動く可能性があるのかについて考える癖を持つようにしましょう。

ポイント2:ここで「買うべき!」

次は、「買い」代表的なサインを2つ紹介していきたいと思います!

陽の大引坊主

陽の大引坊主のローソク足チャート図


陽の大引坊主」とは、下ヒゲだけが出ていて、上ヒゲが出ていないタイプの陽線のこと。

相場で、このサインが出た場合は買い圧力が非常に強く、継続的に価格が上昇し続ける可能性が高いということを指しています。

陽の大引坊主」は底値圏で現れる傾向が高く、実体部分が長い大陽線となっている場合は高確率で、今後のトレンドは「買い」の方向性へと振れます。

「陽の大引坊主」の直後のローソク足は、陰線になる傾向が強いですが、ビビらずに、価格が低くなったタイミングで「買い」でエントリーするようにしましょう。

多くの初心者の方が、「陽の大引坊主」の後すぐに陰線が出てきたタイミングで自分の予測が間違っていたと勘違いしてしまい、せっかくの取引チャンスを捨てがちです。

みなさんも、「陽の大引坊主」が出た場合は、自分の予測を信じて、「買い」でエントリーするようにしましょう

他にも、「下陰陽線」が出た場合も「買い」のサインを示しています。

下影陽線

下影陽線のローソク足チャート図


下陰陽線」とは

  • 「下陰陽線」とは、陽線のうち下ヒゲのみが出ていて、ヒゲが出ていないローソク足のこと。

つまり、一時的に価格が下落したものの上昇圧力に押されて価格が上昇している状況を示しています。

よって、「下影陽線」が出現した場合は買いサインと考えていいですよ!

みなさんも、取引チャンスを見逃すことなく、しっかりと「買い」のチャンスでエントリーしましょうね!

ポイント3:ここは「売るべき!」

上影陰線

上影陰線」とは、下ヒゲより上ヒゲのほうが長いタイプの陰線のこと。
上影陰線のローソク足チャート図


「上影陰線」がチャートに現れた場合、出現時点では価格を上昇させる勢力が強いものの、売り圧力が強まっていることを示しています。  

ヒゲが長ければ長いほど、売る圧力が強くなっていることを示しているので、見ている時間足の数本先あたりで、下降トレンドに転換する可能性が高くなっています

つまり、「上影陰線」が出てきた場合は、「売り」のサインと判断できるでしょう。

「上影陰線」の特徴としては、ローソク足が連続して表示されるため、その先の展開を予測できていない初心者から見れば、「買い」のトレンドが続いているように見えることです。

しかし、現実は違います

プロは、このタイミングで初心者が一斉に「買い」に走るのを知っているため、価格が上がり切ったタイミングで、逆に「売り」でエントリーします

みなさんは、決してこのようなプロの食い物にされることなく、逆にプロの波に乗って稼げるようになりましょう!

大陰線

ローソク足:大陰線の説明


大陰線」とは、実体が非常に長い陰線のこと。

「大陰線」が相場に出現した場合、売りの勢力が非常に強いことを示しています

そのため、価格が大きく下落したり、下降トレンドに突入したりする可能性が比較的高いと見ることが可能です。

よって、「大陰線」が出た場合は売りサインであると考えることができます。

「大陰線」はレジスタンスライン、もしくはサポートラインの近くでトレンドが転換したタイミングで一斉に現れやすいです。

「大陰線」は大きく稼げるポイントなので、しっかりと出てきそうなタイミングを見失わないようにしましょう。

ローソク足まとめ

ここまで、ローソク足の基本から、実践的なテクニックまでお伝えしてきましたがいかがでしたか?

ローソク足と基本中の基本というイメージがありがちですが、今回でいかに奥が深いものかが伝わったと思います。

それでは最後に、ローソク足の基本について少し復習しておきましょう!

ローソク足の基本を復習

  • 高値

    ローソク足内での価格の最高値

  • 安値

    ローソク足内での価格の最低値

  • 陽線

    ローソク足の、始値に比べて終値が高かった場合に赤色で表示される線のこと。

  • 陰線

    ローソク足の、始値に比べて終値が安かった場合に青色で表示される線のこと。

最低この4つが正しく理解できていないと、ローソク足の読み方すらわかりません。

絶対に人に説明できるまで、しっかりと理解してくださいね!