この記事を読めば、以下の3つの疑問を解消できます。

この記事を読んで解決できること

  • FXの利益はどう出ているのか?

  • 1万円の利益を出すためにいくら必要か?

  • FXで利益を出すために気をつけるべきことは?

FXで利益が出る2パターン

FXは変化する通貨の価格を利用して利益を狙う投資です。毎日ニュースで「本日のドル相場は80円…」などと報道されているのが通貨の価格にあたります。

FXの利益は次のような方法で求められます!

FXの利益の出し方

  • 買った通貨が値上がりした時・売った通貨が値下がりした時

  • スワップポイントがもらえる時

買った通貨が上がった時・売った通貨が下がった時

FXでは、買った通貨が値上がりした時売った通貨が値下がりした時に利益が発生します。

たとえば、1ドル100円で買った通貨を110円になった時に売れば、差額の10円が1ドル当たりの利益です。

少し確認しておくと[米ドル/円 110円]とは米ドル日本円で買った時の値段が110円ということです。

そしてもうひとつ利益を出せる仕組みが、「売った通貨が値下がりしたときに買う」というパターン。

FXでは、持っていない通貨でも売りから注文できる「空売り」という仕組みがあります。

たとえばユーロ経済の先行きが不安定で、現在の1ユーロ140円が値下がりすると感じた時に、1ユーロ140円で売り注文を入れたとします。

その後、1ユーロ135円のときに買い戻せば、売却額と買い戻し額の差5円が1ユーロ当たりの利益です。

以上のように為替の値動きで得られる利益をまとめて「為替差益(キャピタル・ゲイン)」と言います。

買った通貨が値上がりした時売った通貨が値下がりした時に、トレーダーの利益になると覚えておきましょう!

スワップポイントがもらえる時

スワップポイントとは2国間の金利差による収益のことです

イメージしづらいかもしれませんが、わかりやすく言えば毎日貰えるお小遣いのようなもの。

FXではトルコリラをはじめとした金利の高い通貨を日本円などの金利が安い通貨で買うことで、2国の金利の差をお小遣いのように受け取れます。

この利益を「インカム・ゲイン」と呼び、通貨を持っているだけ毎日貰えます。

みんなのFXのスワップポイント
通貨ペア 米ドル/円 トルコ/円 南アフリカ/円 メキシコ/円
金利差 1.76% 11.26% 6.26% 7.26%
もらえる金額 60円 70円 120円 120円

取引しなくても毎日コツコツ貯まっていくのが1番の魅力と言えるでしょう!

FXの利益の出し方はこの2通り!

今まで説明してきたことをまとめました。

FXの利益が出る仕組み

  • 買った通貨が上がった時・売った通貨が下がった時の利益が為替差益(キャピタル・ゲイン)

  • 金利収益(インカム・ゲイン)は毎日貰えるお小遣いのようなもの

FXで利益を出すのは簡単?

さて基本的な仕組みを理解したので、FXで利益を出すことは簡単かどうか確認していきましょう。

誰もが知りたい要素である「稼ぎやすさ」について解説していきたいと思います。

難易度は「資金量」で大きく変わる

そもそも、同じ額を稼ぐにしても資金量によって難易度は変わります

たとえば下の画像のように資金力の違う3人が取引するとしましょう。

3人が月20万円の利益を目標とした場合、10万円の方は資金の200%を稼がなければなりませんが、1000万円ある方は資金の2%を稼ぐだけで済みます。

このように資金が多いほど利益を出すのは簡単になり、少ないほど難しくなると覚えておくとよいでしょう。

レバレッジをかけると利益は出しやすい

資金が多いほど有利なのが投資の常識ですが、比較的少ない資金で大きな利益を出せるのがFXの特徴です。

その秘密を握っているのが「レバレッジ」

レバレッジとは手元の資金を倍増させる仕組みのことで、最大25倍までの取引が可能です。
レバレッジ

つまり資金が10万円の方も最大250万円までの取引が行えるので、資金量の差をカバーできます。

FXほどレバレッジの大きな投資はないので、より多くの人が利益を出しやすいと言えるでしょう。

関連記事【ハイレバ=危険?】FXのハイレバ取引を詳しく解説!

1万円の利益を出すには…

レバレッジを効かせた場合、どれほど利益が出やすくなるのでしょうか?

実際に1万円稼ぐシミュレーションで見ていきましょう。ここでは1ドル100円の取引を考えます。

通貨が値上がりする予測を立て20.600円で買い注文を入れたとします。

取引する量が1万通貨の場合、1万円稼ぐために必要な値上がりは1円(1万円 ÷ 1万通貨 )

1円値上がった後の21.600円で売り抜けるのに2週間かかっています。

一方、レバレッジを2倍かけて2万通貨で取引すれば、0.5円の値上がりで1万円儲かるので、利益が出るまでにかかる日数は半分。

このようにレバレッジを上げて通貨量を増やすと、同じ利益を出すために必要な時間が短くなります。

利益が決まるまでの時間が短くなれば、為替の値動きが予測から外れるリスクが減ります

つまり、レバレッジをかけることで稼ぐことのリスクを少なくできるのです!

1万円の利益を出すために…

  • 1万通貨取引→1円の値動き(約2週間)

  • 2万通貨取引→0.5円の値動き(1週間)

  • 10万通貨取引→0.1円の値動き(1日半

※かかった日数は今回のシミュレーションでの数値なので、実態とかけ離れる場合があります。

取引通貨量ごとの必要資金

当然ですが、取引通貨量を増やすために資金を増やさなければなりません

下の表は、1ドル100円の時、レバレッジをかけるために最低限必要な金額をまとめたものです。大雑把に「いくら必要なのか」を計算する際に利用ください。

レバレッジ 資金 取引量
1倍 100万円 1万通貨
5倍 20万円
10倍 10万円
20倍 5万円

FXで利益を狙うための大原則3選

ここまでの説明で「レバレッジを増やせば簡単に利益を出せる!」と思われるかもしれませんが、少し注意が必要です。

それは「レバレッジを高くすると損失も出やすい」からです。

レバレッジは利益を出しやすくする一方、損失も生み出しやすいという側面があります。

しかし、損失を恐れているばかりではFXの利点であるレバレッジを使いこなすことができません。

そこで、初心者の方が利益を生み出すための3原則を紹介していきます。

  • 1
    常に冷静でいること
  • 2
    勝てる場面だけで取引する
  • 3
    分析や勉強を欠かさず行う

①常に冷静でいること

利益を生み出すために常に冷静でいることは大原則。

なぜなら不安や油断などの「心理的リスク」が損失に直結するといわれているからです。

焦ったり不安になれば判断を誤ってしまうかもしれないし、順調に利益を生んでいる場合でも、気の緩みから来る1回の大負けで収支がマイナスになってしまう事態も考えられます。

理想的なのはとにかく冷静でいること。

「どんな時も冷静でいること」は利益を出すために重要だと覚えておきましょう。

②勝てる場面だけでレバレッジを高くすること

意外と重要なのが自信があるときだけレバレッジを高くすることです。

取引中はさまざまな局面に出くわしますが、自信がない時はレバレッジを低くしておくのが鉄則。

なぜなら、レバレッジが高い状態で予測を外すと借金を背負うほどの損失を出してしまうからです。

聞いてみれば当たり前かもしれませんが、徹底できない方が意外といます。

資産を守るためにも、レバレッジを高くする時は勝てる自信がある時だけにしましょう

③分析や勉強を欠かさず行う

FXにおいて分析や勉強は非常に重要です

はじめたばかりで右も左もわからない方が最優先ですべきことが勉強と言っても過言ではありません。

それほどまでにFXはチャートを分析し、理解するほど勝率が上がっていくものなのです

FXに関する勉強は利益を生み出すための最重要事項なので、必ず実践してきましょう。

もし「何を勉強すれば良いかがわからない…」という方は以下の記事を参考にしてください。

初心者の方にオススメの勉強法を紹介しています。

関連記事【FXの勉強はこうやれ!】初心者にオススメのFX勉強法を4ステップで解説