DMM FX
総合評価

4.26
総合評価




4.26
口座開設数国内No.1!
初心者に人気のFX業者
  • アプリ
  • 取引ツール
  • 情報力
  • 6.0
  • 5.0
  • 5.0
  • スプレッド
  • スワップ
  • 通貨単位
  • 5.0
  • 4.0
  • 1万通貨

今回はFX業界有数の人気業者「DMM FX」について徹底的に紹介します。

DMM FXは初心者用の取引ツール・FX業界初のLINEお問い合わせなど、初心者向けの機能を充実させており、FX口座数国内第1位を誇るFX業者です。

ここからはDMM FXで取引する魅力に加えて、公式サイトでは紹介されていないDMM FXの弱点も紹介したいと思います。

DMM FXの性能を一つ一つ確認し、自分に合ったFX業者を見つけましょう。

DMM FXはこんな人におすすめ

初めてFX取引する人
→DMM FXではシンプルで操作しやすい取引画面で、初心者も迷わず取引操作が可能です。

気になることがあれば、質問したい人
→電話サポートに加えて、24時間LINEお問い合わせサポートも利用できます。友達登録だけで利用できるので初めての方におすすめ。

取引量の多い人
→DMM FXでは1万通貨毎の取引につき、1ポイントがもらえる取引応援ポイントサービスを実施中。1ポイント=1円で換金可能で現金として使うことができます。

DMM FXの短所

10000通貨取引には未対応
→DMM FXの最低取引量は1万通貨からとなっています。そのため少額取引から始めたい方には向いていないかもしれません。

メジャー通貨のスワップポイントは低め
→他社と比べると米ドル/円などのメジャー通貨のスワップポイントは若干低めです。

スキャルピングには不向き
→残念ながらDMM FXではスキャルピングのような「短時間での注文を繰り返し行う行為」は禁じられています。

DMM FXが選ばれる4つの理由

業者選びをする上で最も気になるのはFX業者の良いところ。

ここからは、DMM FXが多くのトレーダーに選ばれる4つの理由を紹介します。

DMM FXの魅力①サクサク取引できる取引ツール




DMM FXの取引ツールは上級者だけでなく、初心者にも優しい仕様となっています。

例えば、スマホアプリ「DMM FX」はスタイリッシュな画面が大きな特徴。

どんな機能があるかが一目で分かるデザインなので、初心者にも扱いやすく、操作性の高い取引ツールとなっています。



他にも、チャートを見ながらスピード注文ができる機能は使い勝手がよく、小さなスマホ画面でも取引タイミングを見逃さず、素早く取引できます。

チャート分析の性能では、トレンド系のテクニカル指標が6種類、オシレーター系が5種類搭載されており、他のFX業者のスマホアプリと比べても充実している印象です。



また、1画面にチャートを4つまで表示できる分割機能も搭載しており、スマホでもパソコン並みのチャート分析ができるのもDMM FXの注目ポイントと言えるでしょう。

スマホアプリについては、DMM FXは他社よりも力を入れており、ストレスなく取引できる印象です。

DMM FXの各取引ツールの詳細は記事の後半でも紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

DMM FXの魅力② 他トレーダーの動きが分かる売買比率機能

DMM FXには「売買比率」という機能があり、各通貨ペアの売買状況を見ることができ、他のトレーダーの動向を参考にしながら取引を進めることができます。

売買比率機能で他のトレーダーの動きを参考にできる!

FXを始めたての頃は分からない事も多く、他のトレーダーの動きを見ながら取引できるのは初心者にとっては嬉しい機能と言えるでしょう。

また、売買比率を公開しているFX業者は少なく、国内人気業者の中でも数社ほど。

こういった細かな機能を用意しているのもDMM FXの大きな強みです。

DMM FXの魅力③取引するだけでコツコツもらえるポイントサービス

DMM FXでは1万通貨の取引毎に1ポイントもらえる「取引応援ポイントサービス」を常時実施中。

貯めたポイントは1ポイント=1円で換金可能で、現金として使えるため取引が多い人ほど、多くの現金が得られるお得なキャンペーンとなっています。

また、取引量が多い人ほど一度の取引でもらえるポイントも増えるのが特徴。最大のゴールドランクでは、通常の3倍分のポイントをもらうことが可能です。

取引するだけで、1年で数千円~数万円以上のポイントが貯まるので、高額取引をする人や頻繁に取引する人にとって嬉しいサービスでしょう。

DMM FXの魅力④ FX業界初の24時間LINEお問い合わせサポート

DMM FXでは電話などに加えてFX業界初となるLINEでのお問い合わせサポートを行っています。

以下の画像のように、分からない事があれば丁寧にオペレーターさんが答えてくれるので、すぐに疑問解消することが可能です。

また、電話ではなく「LINE」のお問い合わせというのも注目ポイント。

「相談してみたいけど、今電車の中。。。」
「夜遅いし、今聞くと常識がない人って思われるかも」

そんな心配をせずに気軽に連絡できるのも、LINEお問い合わせの大きな魅力と言えるでしょう。

また、FX業者によっては平日夕方5時までしかお問い合わせ対応してくれないところも多い中で、24時間いつでも質問に答えてくれるのも好印象です。

さらに、LINEでのお問い合わせに対応しているのは、DMMグループが運営しているDMM FXと外為ジャパンの2社のみ。

お問い合わせサポートに力を入れているのもDMM FXの魅力と言えるでしょう。

DMM FXの2つの弱点

メリットだけでなく、そのFX業者の弱点を理解するのもFX業者選びには必要不可欠。

ここからは公式サイトには載っていないDMM FXの2つの弱点を紹介します。

DMM FXの弱点① 1000通貨単位の取引はできない

DMM FXの最低取引通貨単位は、1万通貨からなので、1000通貨などの少額で取引できません。

基本的にFXトレーダーは1万通貨以上で取引を行うのですが、初心者の方の中には「まずは少額で始めてみたい!」という方が多いのも事実。

少額でコツコツ練習したい方はヒロセ通商YJFX!などの「1000通貨から取引できるFX業者」で取引を始めることをおすすめします。

DMM FXの弱点②スキャルピングができない

DMM FXでは約款の第7条(禁止事項)で、「(9)短時間での注文を繰り返し行う行為」を禁止事項として挙げており、スキャルピングのような短時間で複数回取引する手法は禁止されています。

これは短期間に注文が集中することによって、取引サーバーに負荷がかかることを防ぐためです。

スキャルピングを行いたい人は、ヒロセ通商などのスキャルピングを公認しているFX業者で取引することをおすすめします。

DMM FXの取引ツール

DMM FXではスマホアプリの他にも3種類のPCツールが配信されています。

いずれのツールもダウンロード形式ではなく、ウェブサイトからログインして使用する「webブラウザ版」の取引ツールです。

DMMFX STANDARD

DMMFX STANDARD

DMMFX STANDARDは白を基調としたデザインの取引ツールです。

DMMFX STANDARDの最たる特長は「複雑な機能を全て排除した」という点。

各通貨ペアの価格・適度な大きさのチャート画面・売買ボタンが画面に大きく表示され、老若男女を問わず、誰でも簡単に操作することが可能です。

テクニカル指標などの機能を敢えて排除し、取引機能に焦点を当てた取引ツールなので、初めて取引する方に人気です。

DMMFX PLUS

DMMFX PLUS

DMMFX PLUSは黒を基調としたデザインで、初心者・上級者の両方に愛用されている取引ツールです。

DMMFX PLUSの特長は充実した画面のカスタマイズ性。

画面内のレイアウトを自由に設定できるので、自分好みの取引画面を用意することができます。

どの機能を画面に表示するかを選べたり、機能を画面の好きな場所に配置できるので、自分だけの取引画面を作ることが可能です。

また、DMMFX PLUSでは、20種類のテクニカル指標やチャート描画機能も充実しており、テクニカル分析にこだわりたい人向けの仕様となっています。

なお、DMM FXで取引をしているトレーダーの多くは、このDMMFX PLUSで取引をしているようです。

プレミアチャート

プレミアチャート

プレミアチャートはチャート分析に特化したチャート分析用ツールです。

基本的なテクニカル指標に加えて、スーパーボリンジャー・スパンモデルなどを含む合計29種類のテクニカル指標を利用することができます。

また、トレンドラインなどの描画機能も豊富に用意されており、チャート分析にこだわりたい人におすすめの分析ツールです。

DMM FXのキャンペーン

DMM FXでは口座開設日から3か月以内に新規取引を500Lot以上行うと2万円のキャッシュバックがもらえる新規口座開設特典が行われています。

500Lotの取引は、一般のトレーダーには少し敷居が高いと思いますので、高額取引を行う方や頻繁に取引する方におすすめです。

一方で、DMM FXは他のFX業者が行っているような口座開設後のキャンペーンには消極的で、あまり力を入れていない印象です。

「キャンペーンに力を入れているFX業者で取引したい」という方は豊富なキャンペーンを常時開催しているヒロセ通商がおすすめです。

DMM FXのスプレッド

DMM FXのスプレッドは全ての通貨ペアで業界最狭水準を満たしており、手数料の安さという点では、FX業界でもトップレベルと言えます。

以下に各通貨ペアのスプレッドをまとめた表を用意しました。

スマートフォンの方は横にスクロールすることができるので、気になる方は参考にしてみてください。

スプレッド:原則固定(横にスクロールできます)

ドル円

ユーロ円

ポンド円

豪ドル円

NZドル円

フラン円

カナダ円

南ア円

ユーロドル

ポンドドル
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.8銭 1.7銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips

豪ドル
米ドル

NZドル
米ドル

米ドル
フラン

米ドル
カナダ

ユーロ
ポンド

ユーロ
豪ドル

ユーロ
NZドル

ユーロ
フラン

ポンド
豪ドル

ポンド
フラン
0.9pips 1.6pips 1.6pips 1.8pips 1.0pips 1.5pips 3.5pips 1.8pips 1.6pips 2.8pips

DMM FXのスワップポイント

DMM FXのスワップポイントは他社と比べても引けを取らない金額が設定されており、スワップポイントによる長期運用も可能です。

また、他社と比べても豪ドル/円・南アフリカランド/円などのマイナー通貨でも高いスワップポイントを維持しているのも注目ポイント。

スワップポイントで長期運用を考えている方にとっては嬉しいメリットと言えるでしょう。

DMM FXで受け取れるスワップポイントの金額は、日によって変化します。

最新のスワップポイントの金額はDMM FXの公式サイトにあるスワップカレンダーで確認しましょう。

以下の表は2019年4月1日~4月30日のスワップポイントの平均値をまとめたものです。

取引する通貨ペアのスワップポイントを参考にしてみてください。

スワップポイント
※2019年4月1日~4月30日の平均付与額/日

ドル円

ユーロ円

ポンド円

豪ドル円

NZドル円

フラン円

カナダ円

南ア円

ユーロドル

ポンドドル
84.13円 -1.20円 38.40円 38.40円 36.67円 -12円 40.86円 14.47円 -79.8円 -57.9円

豪ドル
米ドル

NZドル
米ドル

米ドル
フラン

米ドル
カナダ

ユーロ
ポンド

ユーロ
豪ドル

ユーロ
NZドル

ユーロ
フラン

ポンド
豪ドル

ポンド
フラン
-11円 -7.46円 -77.1円 -6.66円 -25.8円 -62.5円 -51.7円 3.1円 -28.8円 50.63円

DMM FXの情報力

DMM FXでは為替ニュースの配信をしていますが、他のFX業者に比べると情報コンテンツが充実していません。

FX業者の多くは、独自の相場予想やテクニカル指標の使い方を紹介した動画コンテンツなどを多数掲載しており、情報力という点においては、DMM FXは他社に劣る印象です。

ですので、「FXに必要な知識を教えてもらいたい」という方は、オンラインセミナーや動画コンテンツの充実したヒロセ通商などを利用することをおすすめします。

DMM FXの気になる評判

ここまで、DMM FXの様々な機能・サービスを紹介しましたが、「実際に使っている人の声が知りたい!」という方も多いのではないのでしょうか?

そこで、今回は実際にDMM FXで取引している人の声を集めてみました。

DMM FXに対して高評価の口コミ・低評価の口コミの両方をまとめているので、参考にしてみてください。

DMM FXに対するいい口コミ・評判

最初の一歩にどうぞ。めっちゃ使いやすいですDMMは、スマホ系に強い業者であって、スマホツールが非常に使いやすいです。この辺が人気がある証拠だと思います。スプレッドも狭く、サポートもLINEで即対応してくれるので、初心者に超オススメ。上級者にも使っている方が多いと聞くので、初心者は、まずは上級者の真似をしてDMMから始めるのが最善で、色々操作して慣れるのがベストでしょう。DMMは、資本も安定しているので間違いなし。勇気を持って最初の一歩にしてください。絶対オススメ。
少しでも参考になれば幸いです。
取引がスムーズで、わかりやすかったと思います。私は、2017年6月11日に、ハピタスを経由して、DMM.com証券の口座開設申し込みをしました。FXの取り引きは、はじめてでしたが、入金・出金の仕方がたいへんわかりやすく、スムーズに取り引きを行うことができました。また、ハピタスのポイントが有効となるのが、とても早かったので助かりました。1ヶ月かかりませんでした。
長く使っているが安定感は抜群と言える長く使っているが安定感は抜群と言える結構長く使っているが安定感のあるところだと思う。大きなトラブルの経験も無く、特に大きな不満や欠点も無く物凄くずば抜けた何かがあるわけではないが、個人的には安定して取引できる現在の環境で十分だと思う。DMMはFXが本業の企業ではないが何気にこの点は大きい。山ほど色んなことをやっている企業でそれが結果的にリスク分散に繋がっているのが良い。それゆえに企業として簡単に潰れることが皆無に等しい点は大きく評価したいし信頼もしている。これがもしFXだけの企業であれば当然FXで利益が出ないと企業が簡単に潰れてしまう。この差は非常に大きい。

DMM FXに対する悪い口コミ・評判

使い勝手は三つ星初めてのFX 申し込みから口座開設、取引全てとてもスムーズであっという間(2週間)にポイントゲット。しかも15750のキャンペーンでした。スマホアプリの使い勝手は三つ星。ホーム画面では数字が把握し易いですが、注文画面の数字が小さくて見にくかったです。オプションの設定が初心者には今ひとつわかりにくい。約定率は問題ないですね。
早朝6時直前のスプレッドに注意せよ最近5:57~5:58にかけてスプレッドが大きく開く事が多くなった。本日(10/20)はBidで約20pipsAskで約10pips計30pips位拡がる。DMMに問合せしたら、異常スプレッドでは無く諸般の事情で拡がったものだとのこと。ひどいときは50pips近く拡がるときもある。MT4やヒロセ通商ではそんなレートは出ていないのでただのストップ狩りにしか思えない。問合せから回答までの対応は早いが開き直っている感じ。

(引用元:価格.com)

DMM FXの口座開設方法

DMM FXの口座開設はWeb上で行い、PC・スマホの両方で申し込み可能です。

口座開設の手順は以下の3ステップです。

  • 1 口座開設申し込み
  • 3 ユーザーID・パスワード受け取り
  • 4 取引開始

以下はDMM FXで口座開設ができる人の条件です。口座開設の前に確認しておきましょう。

【口座開設前のチェック項目】
・20歳以上、75歳以下であること
・日本国内に在住していること
・主婦や学生も申し込み可能

※未成年でも口座開設できるFX業者はコチラ

詳しくはDMM FXの公式サイトで確認可能です。気になる方は参考にしてみてください。

DMM FXの口座開設時に用意しておくもの

口座開設のステップ1で本人確認証の提出が必要です。

この後口座開設しようと思っている方は以下の書類をスマホで撮影し、アップロード準備をしておきましょう。

それではさっそく、本人確認書類(マイナンバーカードや免許証など)を含めた口座開設の流れを説明していきます。

ステップ1【最短5分】WEB上で口座開設申し込み

まずは<DMM FX公式サイト>から申し込みスタートです。

dmm fx kouza
dmm fx kouza
dmm fx kouza

取引規約への同意を済ませ、生年月日や資産状況などの項目を記入していきます。

必要記入項目の中に、以下のような資産状況に関する項目が出てきますが、収入や貯金が比較的に少なくても審査に通るので、正直に記入しましょう。

最後に、マイナンバー確認書類・本人確認書類の提出が求められるので、オンライン上で提出すれば、口座開設の手続きは完了です。

ステップ2 審査後にログインIDとパスワード受け取り

口座申し込み後は審査を経て、最短翌日にDMM FXから郵便が届きます。

封筒の中にユーザーIDとパスワードが入っているので、マイページまたは、取引ツールにログインすれば、口座開設は完了です。

ステップ3 FX口座に入金し取引開始

口座開設完了後、入金をすれば取引を始めることができます。

入金方法にはクイック入金・銀行振込の2種類があり、「手数料が無料・24時間いつでも入金できる」という点からクイック入金がおすすめです。

クイック入金サービスは提携金融機関のネットバンキングサービスを利用した入金で、380を超える金融機関に対応しています。

自分の銀行口座がクイック入金に対応しているかどうかはこちらで確認することが可能です。

DMM FXの出金方法

取引ツール内から出金金額を入力すれば、登録している金融機関の口座に振り込まれます。

出金のタイミングについては、平日15時までに出金予約をした場合、翌銀行営業日の出金予定となり、平日15時以降及び土日祝日の出金予約では、翌々銀行営業日の出金予定となります。

DMM FXの会社情報

業者情報早見表

会社評価
DMMFX 商号:株式会社DMM.com証券
資本金:98億円(2019年3月末時点)
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第1629号
所在地:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 26階
口座数 自己資本規制比率 年間取引高
(単位:兆円)
預かり証拠金残高
(単位:万円)
712,313
2019年3月時点
268.6%
2018年12月時点
689.31
2018年年間
121,330
2019年3月時点
売上高
(単位:百万円)
営業利益
(単位:百万円)
経常利益
(単位:百万円)
純利益
(単位:百万円)
13,929
2018年3月期
2,138
2018年3月期
2,267
2018年3月期
1,763
2018年3月期
優
財務健全性を表す自己資本規制比率及び資本金はFX業界でもトップクラス。日本国内口座開設数1位・預かり証拠金残高国内2位・2018年年間取引高世界2位という輝かしい実績を持っており、FX業界を代表する安全経営の人気業者です。経営状況も安全で、勢い・人気共に右肩上がりで、衰える気配はありません。

スプレッド:原則固定(横にスクロールできます)

ドル円

ユーロ円

ポンド円

豪ドル円

NZドル円

フラン円

カナダ円

南ア円

ユーロドル

ポンドドル
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.8銭 1.7銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips

豪ドル
米ドル

NZドル
米ドル

米ドル
フラン

米ドル
カナダ

ユーロ
ポンド

ユーロ
豪ドル

ユーロ
NZドル

ユーロ
フラン

ポンド
豪ドル

ポンド
フラン
0.9pips 1.6pips 1.6pips 1.8pips 1.0pips 1.5pips 3.5pips 1.8pips 1.6pips 2.8pips
スプレッド:原則固定

ドル円
ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 フラン円 カナダ円 南ア円 ユーロドル ポンドドル
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.8銭 1.7銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips
豪ドル
米ドル
NZドル
米ドル
米ドル
フラン
米ドル
カナダ
ユーロ
ポンド
ユーロ
豪ドル
ユーロ
NZドル
ユーロ
フラン
ポンド
豪ドル
ポンド
フラン
0.9pips 1.6pips 1.6pips 1.8pips 1.0pips 1.5pips 3.5pips 1.8pips 1.6pips 2.8pips
DMM FXのスプレッド幅はFX業界でもトップクラス。取扱っている全ての通貨ペアを業界最狭水準のスプレッドで取引することができます。良心的なスプレッドのおかげもあり、瞬く間にFX業界を牽引する人気業者へと成長しました。



スワップポイント
※2019年4月1日~4月30日の平均付与額/日

ドル円

ユーロ円

ポンド円

豪ドル円

NZドル円

フラン円

カナダ円

南ア円

ユーロドル

ポンドドル
84.13円 -1.20円 38.40円 38.40円 36.67円 -12円 40.86円 14.47円 -79.8円 -57.9円

豪ドル
米ドル

NZドル
米ドル

米ドル
フラン

米ドル
カナダ

ユーロ
ポンド

ユーロ
豪ドル

ユーロ
NZドル

ユーロ
フラン

ポンド
豪ドル

ポンド
フラン
-11円 -7.46円 -77.1円 -6.66円 -25.8円 -62.5円 -51.7円 3.1円 -28.8円 50.63円
スワップポイント
※2019年4月1日~4月30日の平均付与額/日

ドル円
ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 フラン円 カナダ円 南ア円 ユーロドル ポンドドル
84.13円 -1.20円 38.40円 38.40円 36.67円 -12円 40.86円 14.47円 -79.8円 -57.9円
豪ドル
米ドル
NZドル
米ドル
米ドル
フラン
米ドル
カナダ
ユーロ
ポンド
ユーロ
豪ドル
ユーロ
NZドル
ユーロ
フラン
ポンド
豪ドル
ポンド
フラン
-11円 -7.46円 -77.1円 -6.66円 -25.8円 -62.5円 -51.7円 3.1円 -28.8円 50.63円
DMM FXのスワップポイントは他のFX業者に比べると平均を少し下回る水準で推移しています。



その他の取引条件
取引手数料 取引単位 最大発注量(取引1回毎) 通貨ペア数
無料 10,000通貨 100万通貨 20通貨ペア
基本的な取引条件については、他のFX業者と変わりありません。


取引アプリ

取引に関する操作はOS問わずに端末に搭載しているブラウザでも行うことができます。よりスムーズに操作を行いたい場合は、アプリなどをダウンロードして取引を行うことも可能です。

WINDOWS mac android iphone

おすすめ記事一覧