「FXのほんっっとうの基礎!」の項目を全部読んでもらった人は、
FXが大体どんなものなのか?というのは何となくわかって貰えたと思います。

このページからは、FX業者に口座開設する前に知っておきたい事をまとめていきたいと思います!

FXの売買単位って?

まずはFXは少ない金額で始めることができるのかどうかについて説明するために、売買単位について理解してもらいます!
実はFXでは最低の取引単位が1万通貨という業者が多い!

そうなんです。

FX初心者が初めて取引をする時は、
実際にお金をかけるのが怖いので、
なるべく少なく始めたいと思うかもしれません。

しかし現状、最低取引単位が1万通貨というFX業者が多いです。

1万通貨といえば米ドルであれば1万ドルです。

ということは1ドル80円としても80万円単位でしか取引ができないということになります、、

FXには「レバレッジ」があるので、
80万とは言っても80万円満額用意しないといけないわけではありません。

それにしても最小の単位が80万って結構高く感じてしまいますよね?

でも、「外国為替市場って一体どこにあるの?」のページでは、
インターバンク市場というものが存在するということを書きました。

このインターバンク市場の最低取引単位は、なんと100万通貨と言われていて、
それ以下の数量は細かすぎて扱いません!と門前払いを食らいます、、

・・・・・

100万通貨といえば米ドルなら、1ドル80円と考えても8000万円です、、

それ以下は細かいから扱わないと言うのがインターバンク市場なんです。

もともと個人には為替取引ができなかったのですが、
1998年にそれが自由化されてFXができました。

今まで業者だけの世界だった為替取引を個人でも気軽に取引できるように、
考えに考えて、FXというすごく自由度の高い商品を作って、
売買単位をインターバンクの100分の1にして1万通貨となっています(笑)

1万通貨という単位だけを見てみると、かなり高額な気がしますが、
これでもかなり細かい単位に分けてくれた方なんですね。
ただ、最近では1000通貨から取引できる業者も増えてきました!

こういった業者であれば、10万円以下の単位でFXをマイペースにスタートすることが可能です。

昔も1000通貨から取引できる業者はあったのですが、
1万通貨なら手数料無料なのに、1000通貨ならかなり割高な手数料がかかってしまう業者も多かったです。
(ミニマムチャージとか言ったりします。)

でも、最近は1万通貨でも1000通貨でも変わらず手数料無料という業者も少なくないです。

ですので、もし自分はマイペースにちょっとずつ始めたいと思っている場合は、
売買単位が1000通貨の業者を選ぶようにしましょう!

具体的にどんな業者があるのか?については、
「手数料を徹底比較!」を参照してください!

為替バカは以下の口座をおすすめしています。
口座を開設してない方は損をしているので今すぐ開設して下さい!

【DMM FX】についての詳細

【外為オンライン】についての詳細

 
次のページ「往復手数料+スプレッド=抜け幅!?」 icon-arrow-circle-right