FXで利益を稼いだら、毎年しなければならないことがあります!
確定申告&納税ですね!
でもほとんどの人が確定申告をしたことがないと思うので、
どうしたらいいのか不安に思っている人も多いかもしれません。
そこでFXの税金・確定申告について、
できるだけかんたんに、できるだけ詳しく書いてみます。

FXの税金はいくら?

FXの税金は何度か改正が行われていますが、
2013年1月現在のFXの税金は雑所得の申告分離課税に分類されています。

どういうことかと言うと、
給与所得や他の所得は無視して、
FXの所得に対して一定の税率を掛けて計算するということです。

以前は給与所得などとFXの所得を合算した金額に応じて
税率が決まっていたので、少しややこしい計算が必要でした。
(累進課税というやつです)

しかし、今は単純に所得に対して
税率を掛けるだけなので分かりやすくなっています。

そして気になる税額はというと、
一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)です。

2013年から25年間は、所得税に「復興特別所得税」が課されているので、
ちょっと半端な税率になっていますが、だいたい20%です。

例えばFXで100万稼いだとすると税金は、
100万円×20.315%=20万3150円
となります。

ちなみに以前はくりっくと非くりっく(店頭FX)の税制が異なっていて、
くりっくの税制が優遇されていましたが、
2012年に税制が統一されたので、くりっくの税制メリットはなくなっています

税金の相談は税務署がおすすめ!

税金は仕組みが難しいし、はっきりしない部分もあるので、
実際に所得を計算したり、確定申告書類を準備していると、
よく分からないことがたくさん出てきます!

確定申告に縁のないサラリーマンは特にそうかもしれません、、

インターネットで調べて解決できればいいですが、
それでも解決できない場合は税務署に相談へ行くのがおすすめです!

FX会社に質問することも出来ますが、判断が難しい内容だと、
あいまいな回答だったり、税務署に確認してくださいと言われてしまいます。

FX会社も税金の専門家ではないですからね、、
やはり税金のことは税金の専門家に聞くのが1番です!

もちろん税務署ではなく、税理士に聞くのもいいですが、
費用が必要となるので、はじめのうちは税務署がいいと思います。

もしかすると税務署に怖いとか、悪いイメージを持っている人もいるかもしれません、、
でも、実際に行ってみると全然そんなことありません!

確定申告の忙しい時期でも、親身になって相談にのってくれます!
まるでお客さんのように扱ってくれます。

分からないことがあれば、ぜひ一度相談に行ってみてください。
税務署の場所は「全国の国税局・税務署」で調べることができます。

ちなみに税務署じゃなくても、国税局でも親身に教えてくれますよ。

次は「FXの損益ってどうやって計算するの?」で
1年間の損益の計算方法ついて書いてみます!

 

icon-arrow-circle-left 前のページ「リスク回避通貨ってなに!?」
次のページ「FXの損益ってどうやって計算するの?」 icon-arrow-circle-right