損切りが必要なのが分かっていても、
実際に損切りになると残念な気持ちになりますよね、、

でも反省する必要は全くない!ということをここでは紹介します。

損切りにならなければ利益だったときは超残念!

損切りになると残念な気持ちになりますが、
その中でもかなり残念な損切りがあります。

たとえばこんなケース。(クリックで拡大します!)


下降トレンドの勢いに乗って、
直近の安値を超えた①あたりで売りエントリー!

損切りは直近の高値②に合わせて設定したとします。
(Aのラインです)

でも予想より勢いがなくて横ばいが続き、
③の上ひげにひっかかったところであえなく損切り。

しかもその後のチャートを見ると、狙い通りに為替レートが下がっていて、
もし損切りされていなければ利益になっていました、、

これは本当に切なくなりますよね。

損切りになったあと思いっきり上昇していたら、諦めもつくし、
損切りしておいてよかったと思えますけど、
損切りがなければ利益になっていたと思うと、なんかやりきれません、、

特に今回の場合だと、あと数pips低いところで反転していたら
損切りにならず利益だったのでかなり残念な結果です。

ただ、それでも損切りはしょうがないです!

諦めて次を考えるしかないです。

損切りはあまり起こってほしいものではないですけど、
避けることはできない出来事なので、
損切りになること自体を否定してはいけません。

だから反省する必要も全くないです!

損切りを回避しようとしない!

取引ルールを破ったなら反省は必要ですが、
損切りになったことに対して反省はしないほうがいいです。

損切りになったときは買いが優勢だったから
為替レートが上昇したというだけで、
なぜ損切りになったのかを考えても不毛です。

それに反省すると次は損切りにならないように、
もう少し離れたところに損切りラインを置こうと考えてしまいます。

たとえば下のチャートのように
損切りラインをAからBにしようとします。


これは辞めたほうがいいです!

損切りラインを広げると勝率は上がるかもしれませんけど、
平均損失も上がって負けパターンの損大利小のかたちになってきます。

それにどのくらい広げれば損切りを回避できるかなんて、
分からないですから辞めておいたほうがいいです。

損切りはもう経費だと割り切って、
たんたんとトレードをこなしていくのがいいと思います!

 

icon-arrow-circle-left 前のページ「順張りできるようになる!」
次のページ「少数派になる!」 icon-arrow-circle-right