前回の記事で取引ルールについて紹介しましたが、
取引ルールを作った後に起こりそうなことがあります。

それはポジポジ病の感染です、、
今回はこの病気について書いていきます。

チャートを眺めていると取引したくなる!

取引ルールに従って取引をしようとすると、
恐らくチャートを眺めているだけの時間が増えて、
実際に取引する回数は減ってくると思います。

無駄な取引が減って、利益になる可能性の高い取引だけになるはずなんで、
本来は良いことなんですけど、
チャートを眺めているだけの時間って結構暇です、、

それでもチャートを眺めていると、
なんか上昇しそうとか
このラインを割ったら一気に下がりそうとか
気になる相場に出くわします。

そんなとき取引ルールに合致していれば、そこでエントリーなんですけど、
そうでなければ取引ルールに従って傍観ですよね、、

でも自分の予想通り上昇したり、下落したりすると、
あー、あそこでエントリーしておけばよかったと思いません?

そう思ってしまうと、ポジション持ちたい病が発病します、、

ポジション持ちたい病というのは、
ポジションを持ちたくてウズウズしてたまらない病気です(笑)

この病気にかかると、また気になる相場に出くわしたとき、
傍観できずにポジションを持ってしまいたくなります。

それほど確信がなくても、
またチャンスを逃してしまうかもしれないと思って、
取引がしたくなってしまう怖い病気です、、

これもプロスペクト理論による影響で、
このように感情で取引すると無駄な取引になることが多くて、
損する確率のほうが高いと思います。

エントリーしなくても別に損をするわけではないですが、
ポジション持ちたい病でエントリーすると損失が膨らむ可能性は高いと思います、、

ポジション持ちたい病は日誌と回数制限で解決する!

ポジション持ちたい病は取引ルールに従って取引をしていても
発病してしまうことがあるんで注意が必要です。

対策として効果がありそうだと思うのは次の2つです。

  • トレード日誌をつける
  • トレード回数を制限する

まず1つ目はトレード日誌にエントリー理由を記録すると
ポジション持ちたい病を少しは抑制できると思います。
(トレード日誌については別記事で紹介します)

思っていることを文字にしてみると、
思っていたより大した理由じゃないと気付けたりするので、
書きだすことひと手間をかけるだけで、無駄なトレードを減らすことができます。

もう1つはトレード回数を制限するルールを決めることです。

たとえば、1日に取引は1回までにというルールを作ったら、
思い付きで取引することもなくて、
1回1回を大事に取引するようになると思います。

それと損をした後は損を取り返そうとして
ポジション持ちたい病にかかる恐れがあるので、
損した当日はもう取引しないと決めるのもいいかもしれません。

チャートを眺めているより、取引をしているほうが楽しいですけど、
無駄な取引を減らすことが利益を出す近道なので、絶対に減らしたほうがいいです!

 

icon-arrow-circle-left 前のページ「取引ルールは最低10回試してみる!」
次のページ「FXで退場してしまう理由は2つだけ!」 icon-arrow-circle-right