マネースクエア

「マネーゲームではなく資産運用としてのFX」

マネースクエア(通称M2J)
余裕資産で長期的なトレードの実践を実現するために

・元祖自動売買ツール「トラリピ」
・資産運用に特化した情報サービスを提供

に特化したFX会社です。

「自動取引ツールに興味がある」
「余裕資金を、学びながら運用したい」

という方にむけて、メリット・デメリットを踏まえて解説します。

ここの記事を読めばマネースクエアのすべてが理解できるようにしてます。

ぜひ、この記事を参考にしてみて下さいね。



最初に、マネースクエアを開設すると
どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

マネースクエアトレードのメリット

メリット1. 元祖自動取引ツール「トラリピ」

トラリピは、トレーダーが時間をかけず、リスク管理を行いながら、自動的にコツコツと利益確定を繰り返すことを目指す自動利益確定ツールです。
なので、一度に大きな利益をねらわなくても、少しずつ利益を積み重ねてトータルで大きな利益を目指すことができるのです。判断の難しい売り買いのタイミングの予想が苦手な初心者にもオススメです。

トラピリの特徴を紹介します!
・シンプルで簡単な仕組み
・11通貨ペア
・1000通貨ペアから取引可能
・充実したセミナーで勉強できる


為替相場の上がる・下がるを的中させるのではなくトラリピは「このくらいの範囲で相場が動きそう」と予想するところにいくつもの罠(トラップ)を仕掛けていきます。中・長期トレードでは大切な考え方の1つですね。

1日に何回も取引するよりも、レバレッジを低く設定し、余裕資金を長期的に運用していくことをオススメします。金利差で利益を狙うスワップ金利を利用すると、日本の銀行預金よりも断然お得です。



アイネット証券ひまわり証券も同じく「ループイフダン」という自動取引ツールを扱っています。
こちらは、ツールをよりシンプルにした選択型システムを採用しています。

メリット2. マーケット情報を網羅したアカデミー

M2J FXアカデミア
「資産運用としてのFX」をみなさんに実践してもらうために2011年に開講した「為替の学校」です。
市場調査レポートでは最新の世界情勢も取り上げられていて、情報の少ない資源・新興国通貨投資の特徴もしっかり理解することができます。

・動画コンテンツ M2J TV
マーケット情報と運用テクニックを中心とした動画番組視聴サイトです。マネースクエアのアナリスト・ストラテジストを中心とした専門家が、刻々と変化する市況情報をグラフや図を使ってわかりやすく解説しており、初心者にも理解しやすいです。

・アナリストレポート
過去・現在・未来の市場情報を勉強することができます。
世界の金融政策や為替市場、金利や国際会議について分かりやすく説明されています。FXを始めるなら知っておきたい情報がたくさん載っています。

・全国セミナーの開催
主に東京・大阪の大規模な400人セミナーを開催していますが、「全国セミナープロジェクト」という試みでは北は北海道から南は沖縄まで行われています。




ここまで、マネースクエアのメリットについて見てきましたが、
メリットよりも大事になってくるのが、デメリット。。。

メリットは色んなサイトに載っていても、FX会社にとってデメリットになるよう
な情報はあまり載っていませんよね。

しかしメリットだけを見て口座を決めてしまうとあとで痛い目を見るので


必ずデメリットの方も確認しておくことにしましょう。


マネースクエアのデメリット

デメリット1. コストが全体的に割高。その理由

リピート系トレードで自動取引ツールを扱う業者に共通することですが、便利なサービスな分、これを利用するのに手数料がかかってしまいます。

・スワップ金利が低い(ドル円11円、豪ドル18円と業界低水準)
・スプレッドが高い(ドル/円1.0~2.0+手数料、ユーロ/円4.0~5.0+手数料)
・取引手数料がかかる

スプレッドや取引手数料が他の業者と比較すると割高に感じるかもしれませんが
マネースクエアの公式ホームぺージには
「当社が提供するサービスの対価として適切な取引コストを設定し、収益の柱とするビジネスモデルを創業時から構築しています。」
と会社の理念と軸が明確でサービスに自信を持っているFX会社と言えます。

中・長期トレードを前提としているのでスプレッドの広さも心配する必要はないでしょう。

ぜひ一度、アイネット証券もご覧ください。

デメリット2. 過去に起きた情報漏洩

関東財務局により、行政処分を受けています。
2017年の7月に2500人の個人情報を漏洩させてしまっています。

2016年にも11万件の情報が漏洩していたことがわかりました。

その後、1ヶ月の業務停止処分をうけ、
新規口座開設も停止していましたが、現在では再び営業を再開しています。

金融商品を扱う業者の情報漏洩は信頼性を欠いてしまうかもしれません。
しかし、マネースクエアも厳重に対応しています。
このような事態は2度と起こさないはず。

口座開設者の70%以上が資産運用のためにトラピリを利用している。
この安定の数字は変わりありません。

よりいっそうお客様を考えた資産運用サポートに注目していきましょう。



マネースクエアトレードの口コミ・評判

いい口コミ・評判
M2Jは他とはちがうFX

トラリピをはじめとした、放置での相場の上下を収益とするFX会社です。長期間放置で10-20%程度の収益を上げ続けるイメージでのFXです。アイネット証券より自分でのカスタマイズなどが可能ですので、高コストとは言われますが、長期的にはあまり不満はない会社と思います。

男性 40代 会社員 FX投資歴:10年~ 2018/03/25

精神的に楽な取引が可能でした
トラリピを利用することで、急な相場変動や指標値にとらわれることなく常に一定の利益を獲得できるため、感情に流されず安定した成果を出せました。ただ、一回の利益が少ないためある程度利益が増えるまでに時間がかかります。一番の理想は、通常のトレードで大きな利益を得て、ある程度利益を得たら、その資金を使って、トラリピを運用していくのがいいと思いました。            男性 30代 会社員 FX投資歴:7~10年 2017/01/13
教育がしっかりしている

その分スプレッドは割高でスワップは少なく設定されている。
都内近郊でセミナーに通える人は利用してみるのはよいかもしれない。
(六本木でのセミナーが多い)
ツールはトラリピに代表される売買システムがあり非常に便利。

男性 30代 会社員 FX投資歴:5~7年 2017/09/04

 投資教育セミナーが充実と取引モデルの具体的な提案がよい

セミナーや動画で独自の投資教育を進めていて、口座が開いていれば、すべて無料で受けられるのはありがたい。一日かけて基礎からびっしりと教えてくれる講座もある。投資に対しての考え方もはっきりとしていて、短期のデイトレードではなく中長期の取引を推奨しているところが自分には合っている。

リピート取引機能も充実しているし、その参考となる取引のモデルを示してくれるので、とても分かりやすくありがたい。手数料やスプレッドは比較的高めだがその分追加サービスとして丁寧な教育サービスを提供していると思えば安いのでは。毎月一度アカデミアと呼ばれる教育事業の方が行うセミナーは非常にわかりやすく、説得力があって、相場の見通しもかなり現実に近い結果が出ていると思う。

男性 40代 自営業 FX投資歴:1~3年 2017/06/17

悪い口コミ・評判
長い目でみること

トラリピで運用中ですが、スプレットと約定率がとにかく微妙です。チャートもわかりにくい。
その代わり永遠に自動売買してくれる機能が使える感じです。
なんとなく広告では放置して安定運用できるような印象ですが、相場によってはかなりマイナスにもなりますし
ある程度手をかけないと利益だせないです。
資金は最低30万以上準備できて、運用3年くらいで定期預金よりも利益出ればいいくらいに思えるならおすすめです。
サポートは他社に比べて厚いとは思います。

女性 40代 会社員 FX投資歴:1~3年 2017/03/25

とりあえず手数料が高い

スプレッドが広い上に取引手数料がかかるため、スキャルピング、デイトレには向いてない。
数週間から数ヶ月の長期保有でようやく割に合う取引ができるかと。
トラリピは便利そうだが、さらにトラリピの手数料も加算されるため、長期周期で取引しないと赤字がかさむだけ
なので使用せず。
トルコリラが取引できてレポートもそこそこ充実してるので、情報取得目的で口座を持つのはあり。
男性 30代 自営業 FX投資歴:5~7年 2016/06/23

(引用元:価格.com)

マネースクエアまとめ

ここまでマネースクエアについて紹介しましたがいかがでしょうか?
マネースクエアの特徴として

「スプレッド・スワップ金利を重視」よりも

「長期的な資産運用」
「自動取引ツールを利用」
を考えている方が多いようです。

自動取引ツールを扱っているFX会社さんは他にもあります。
業者の各ツールを比較して口座解説を検討してみてもいいですね。


ですが、マネースクエアは自動売買ツールを扱いながら

投機ではなく、投資としてのFXを学べる

ここが多くの方に支持される理由です。
スプレッドの狭かったり、コストの低い業者を、別途口座開設している方も多いようです。
自分のレベルや運用資産に合わせて、業者を使い分けるようにしてくださいね。

ぜひ、資産運用としてのFXを初めてみてください!



スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 50円
1万通貨 300円
取引単位 1000通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 4銭
英ポンド/円 8銭
ユーロ/円 5銭
豪ドル/円 6銭
NZドル/円 8銭
南ア/円 3銭
主要通貨合計 34銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 40,000円
自動ロスカット 50%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 × 豪ドル/円 ×
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド × 英ポンド/米ドル ×
英ポンド/スイスフラン × 米ドル/カナダドル × 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 1円 -21円
英ポンド/円 15円 -35円
ユーロ/円 3円 -23円
豪ドル/円 53円 -73円
NZドル/円 60円 -80円
南ア/円 6円 -16円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 138円 -248円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか?

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 株式会社マネースクウェア・ジャパン
キャンペーン 口座開設+初回入金でQUOカード500円分、トラリピ/らくトラ注文で
500円分(取引量に応じて最大30000円分)のM2Jポイントをプレゼント!(2014年6月30日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第296号
資本金 12億2,400万5,000円(2017年3月末現在)
上場 東証2部・JASDAQ
自己資本規制比率 619.2%(2013年12月末)
信託保全 三井住友銀行
入金なしログイン