FXブロードネット


ここ数年、システムトレードをメインで扱うFX会社も多く見られる中で、

1. 自動取引トレード
2. 裁量トレード(自分で相場を読に売り買いする一般的なトレード手法)

両方のトレードに力を入れているFX会社がFXブロードネットです!

「自分で相場を読んで、トレードしたい」
「でも、忙しいときは自動取引を使いたい」

2つの選択肢を持ちたい方はぜひ、この記事をよんで参考にしてみてください。

この記事ではFXブロードネットのFX自動トレードシステム「トラッキングトレード」についても記載しています。

ここの記事を読めばFXブロードネットのすべてが理解できるようにしており、
FXブロードネットのメリットとデメリットをわかりやすく載せてますので、ぜひともこの記事を参考にしてみて下さいね。



最初に、FXブロードネットを開設すると
どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

FXブロードネットトレードのメリット

メリット1. ほったらかしでも大丈夫!自動取引ツール「トラッキングトレード」

FXチャートの値動きの7割がレンジ相場と言われており、横ばいにチャートが動いていきます。
FXブロードネットの自動取引ツール「トラッキングトレード」
この細かい上げ下げを利用し、コツコツ利益を積み上げていくリピート系FXの一つの注文方法です。

明確なトレンドがないレンジ相場でも、利益を狙えることができ、一定価格の変動があるたびに取引を繰り返してくれる特性が強みとなります。判断の難しい売り買いのタイミングの予想が苦手な初心者にもオススメです

トラッキングトレードの5つの特長
・シンプルで簡単な仕組み
・24通貨ペア・・・※
・1000通貨ペアから取引可能
・ロスカット(損切り)の設定が可能
・セミナーで基礎から上級編まで勉強できる!

※24通貨ペアはリピート系FXや自動注文方式のトレードの中ではトップクラスの数字です。


アイネット証券ひまわり証券も同じく「ループイフダン」という自動取引ツールを扱っています。
こちらは、ツールをよりシンプルにした選択型システムを採用しています。

トラッキングトレードは選択型システムに加えて

手動で値幅を設定できます

取引経験を積んでいくと、自分で値幅を設定していくことができます。
ただ選択して終わりではなく、自分で考える力も養っていくことができますね。

基本的は操作は他の自動取引ツールと同様に初心者に優しいシンプルな仕組みです。

メリット2. 裁量トレードも初心者向け!1000通貨からの取引でスプレッドも狭い!

他のリピート系FXで自動取引ツールを扱っている業者は取引手数料が低くなっている一方で
スプレッドが平均より広いことが多いです。
なので自動取引ツールを使用しない裁量トレードを行う場合、他のFX会社を利用することが多いです。

FXブロードネットはトラッキングトレードを使用しない、通常トレードでも他の業者に負けていません!

3つのメリットを紹介します!

・業界トップクラスのスプレッドの狭さ
ドル/円が0.3銭と狭い水準にあるのはもちろんですが、ユーロ円・ポンド円・豪ドル円といった円取引のスプレッドが狭いのも特長ですね。

・1000通貨から取引可能
10000通貨からのFX取引も多い中、初心者でも小額取引ができるので安心です。

・24通貨ペアは業界で一般的な数字ですが、初心者の方には十分な数字ですね。


※2018年1月31日現在




ここまで、FXブロードネットのメリットについて見てきましたが、メリットよりも大事になってくるのが、デメリット。。。

メリットは色んなサイトに載っていても、FX会社にとってデメリットになるよう
な情報はあまり載っていませんよね。

しかしメリットだけを見て口座を決めてしまうとあとで痛い目を見るので


必ずデメリットの方も確認しておくことにしましょう。


FXブロードネットのデメリット

デメリット1. トラッキングトレードで注意すべき点

リピート系トレードで自動取引ツールを扱う業者に共通することですが、便利なサービスな分、これを利用するのに手数料がかかってしまいます。
一般的にFX会社で裁量トレードを行う場合、トレーダーはスプレッドだけを取引コストとして負担します。これに加えてトラッキングトレードでは取引手数料がかかることを覚えておいてください。



例.トラッキングトレードを利用して、ドル/円を1000通貨トレードした場合
1回の売りと買い(往復)で4銭の取引手数料が発生します。

実際の取引コストは
スプレッド0.3銭+取引手数料4.0銭=4.3銭

このように、裁量トレードの取引コスト0.3銭と比較すると割高になってしまいます。
そのため、わずかな利益を狙ったトレードを繰り返すと、利益が伸びてこないので注意してください。


もちろん、トラッキングトレードを使わない、裁量トレードでは手数料はかかりません。


これに対して、アイネット証券の自動取引ツール「ループイフダン」は
スプレッドが少し割高で8通貨ペアと少ないペア数ですが、
取引手数料が無料となっています。

ぜひ一度、アイネット証券もご覧ください。

デメリット2. サポート終了時間が早い

電話サポートの時間帯が午前9時から午後17時(土日・インターバンク市場休場日を除く)なので、平日に仕事をしている会社員の方や学校に通っている学生の方にとっては、少し厳しいかもしれませんね。

はじめのうちは、サポートに頼ることも多いかもしれませんが、回数を重ねていくうちに電話することも少なくなってくるはずです。コスト削減からサポート時間を午前9時から午後17時にしているFX会社は多いようですので、さほど気にすることでもないかもしれませんね。



デメリット3. 取引ツールが物足りない

取引ツールはオーソドックスなタイプといえます。
なので、機能が最低限で物足りないという意見もあります

取引ツール画面を自分でカスタマイズすることが可能で、
はじめは不慣れなこともあるかもしれませんが、経験を積みながら
自分の使いやすいようにしていきましょう!

ほかにも、取引ツールに関しては、裁量トレードの際に、
注文・約定のボタンを押し2~3秒通信しているように表示されてから約定することがあるようで
約定が思うようにできないという意見もあるようです。

しかし、初めてトレードを経験する方には影響が少ないように感じます。




FXブロードネットトレードの口コミ・評判


いい口コミ・評判

トラッキングトレードで自動売買

FXブロードネットは、自動売買のできるトラッキングトレードがあります。簡単な設定で売買を繰り返してくれるので、初心者の方や忙しくて時間のない方にもおススメです

初めは仕組みがよくわからなかったので、無料のデモ口座でトラッキングトレードを試してみました。売買を繰り返していくうちに利益が積みあがっていって、想像以上の結果にびっくり。実際の口座でも試そうと思うきっかけになりました。

なかなか理解するのが難しいものに手を出すのは初めは勇気がいりますが、デモ口座で勉強できるので安心してスタートできました。また、口座開設キャンペーンで手数料がお得になる期間もあって有難かったです。セミナーもあります。

まだ参加はしていませんが、都合があえばぜひ積極的に活用したいと思っています。

女性 20代以下 主婦 FX投資歴:~1年 2017/03/02
スプレッドが狭く、使いやすい

通過ペアも多くスプレッドが狭いので手数料面で優位性があると思う。通過ペアも多い。動画広告をさかんに流しているものうなずける感じです。ウェブ、アプリ双方も使い勝手が良いが、許容スリップを設定しないと、スベることはすべる。フリーズしたりすることは少ないので、速度や安定性は良いほうだと感じた。ニュース配信もある程度充実しているので、全ての項目が平均して良いと思う。           

男性 40代 会社員 FX投資歴:~1年 2017/12/05
トラッキングトレードの設定が簡単♪

【スプレッド】特に問題なし。他社とも変わらない。
【スワップ】特に問題なし。他社とも変わらない。
【速度・安定性】特に問題なし。他社とも変わらない。
【機能・ツール】トラッキングトレードは初期の設定が簡単ですぐに、始められる。ただ、初期の設定で損切りの逆指値が設定されてしまい、それがどこにあるかを把握してないと、ドンドン自動で損切りしてしまい、何がなんだかわからなかった。簡単にトラッキングトレードを始められるのがウリだとは思うがもう少し細かい設定が出来れば良かったと思う。
【情報】特に問題なし。他社とも変わらない。
【サポート】問い合わせのメールアドレスもなく、何も聞けない。DMM.fxのようなLINEでの問い合わせがあれば嬉しい。
【スマホ・モバイル】特に問題なし。他社とも変わらない。
【総評】3ヶ月トラッキングトレードをして、先日、全額出金しました。またトラッキングトレード向けの相場(なれば再開したい。

男性 40代 会社員 FX投資歴:~1年   2018/01/07
 円を中心としたペアがオススメ

円を基軸としたペアのスプレッドが狭いので、それ中心のトレーダーにとっては嬉しいと思います。
WEB版、スマホ版ともにシンプルな造りのツールは使いやすさに特化しており、チャートなども見やすいので初心者でも簡単に扱えると思います。
1000通貨単位で取引が可能ですし、自動売買システムなどもあるので初心者がまずは少額で試してみるというのも有りだと思いますね。

女性 30代 会社員 FX投資歴:1~3年 2018/03/29

悪い口コミ・評判

FXTS一番の問題は約定力なんですよね

ここの取引ツールで育ちましたので、他社には移れないです(T_T)

チャートのテクニカル分析表示等見慣れたデザインに操作の仕方全て我が身で覚えてて…
困ったものですが、約定力の情け無さは十分承知なのですが他社から戻ってきましたwww

他社でFXTSのチャートでトレードもしてみたのですが、スプレッドやレートの違いからスキャルピングの場合は他社とは合わないと感じました。

以前は指し値は必ず約定していたのですが、最近は指し値が滑ってて約定してなかったことが数回あります。それでもやめられないんですよ、困ったもんですw

想像ですが、レートの更新間隔が広いのではないかと思います。
これで他社並みの約定力があれば良いのですがねー

このままでも使い続けますがw

男性 40代 自営業 FX投資歴:3~5年 2016/07/2
ログイン方法がわかりにくい

PCで初回ログインした際、JAVAの設定等が面倒で、ログイン方法がわかりにくかったです。
ログイン以降はスムーズに取引できていますが、トラッキングトレードの設定もわかりにくく、理解するまで苦労しました。慣れれば使いやすいと思いますが、初回の操作がわかりにくいです。

男性 30代 会社員 FX投資歴:~1年 2017/06/24
南アフリカランドの手数料に注意

南アフリカランドのスプレッドは16.4銭です。100,000通貨取引すると成立した時点で16,400円マイナスになります。他社の10倍以上なので気を付けましょう。オーストラリアドルとニュージーランドドルの売りスワップが安いので異業者両建て狙いで口座開設しました。画面はほぼ全てが青いため非常に見にくいです。

男性 30代 会社員 FX投資歴:~1年 2017/03/29
(引用元:価格.com)

FXブロードネットまとめ


今回紹介した「トラッキングトレード」のように

自動取引ツールを扱っているFX会社さんは他にもあります。

業者の各ツールを比較して口座解説を検討してみてもいいですね。

ですが、FXブロードネットのように

1. 自動取引ツールを利用したトレード
2. 小額取引・低コストの裁量トレード

2つのトレード方式を選べるFX会社は数少ないです。

FXブロードネットは、自己資本比率が600%を超えており会社としても安全です。初心者に手厚いです!

ぜひ、はじめの一歩を踏み出してください!



スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 0円
1万通貨 0円
取引単位 1000通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.3銭
英ポンド/円 4.7銭
ユーロ/円 0.8銭
豪ドル/円 3.6銭
NZドル/円 4.8銭
南ア/円 16.4銭
主要通貨合計 30.6銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 3万円
最低証拠金 40,000円
自動ロスカット 100%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン 米ドル/カナダドル 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 2円 -6円
英ポンド/円 10円 -18円
ユーロ/円 8円 -14円
豪ドル/円 65円 -68円
NZドル/円 75円 -81円
南ア/円 10円 -16円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 170円 -203円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 株式会社FXトレーディングシステムズ
キャンペーン 口座開設+200万通貨以上の取引で10,000円キャッシュバック!(2014年10月1日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第244号
資本金 3億円(2017年3月末現在)
上場 非上場
自己資本規制比率 620.8%(2014年2月末)
信託保全 三井住友銀行
入金なしログイン