最終更新日(2018/4/21)

外為ジャパン


「DMMFXが人気だからDMMFXで口座を開設しようかな?」と思っていませんか?

断言すると、初心者の方にはDMMFXよりも断然外為ジャパンの方がオススメです!

この記事では、初心者の方に向けて丁寧に外為ジャパンのメリット・デメリットを説明しています。

なぜ初心者はDMMFXよりも外為ジャパンを使うべきなのかについてやさしく書いていくので、もしも初心者の方でDMMFXで口座を開設しようかなと考えているのであればぜひ一度この記事を参考にしてみてください!



それでは、外為ジャパンにはどういったメリットがあるのか説明していきます。

外為ジャパンのメリット

メリット1. DMMFXより少ない1000通貨から取引可能!

1000通貨単位から取引できる!

これこそが初心者の方にDMMFXではなく、外為ジャパンで口座を開設することをオススメする最大の理由です。

また後でも説明しますが、外為ジャパンとDMMFXは同じDMM.comの子会社です。

そのため同じ取引ツールを使用しており、実はほとんどのスペックが同じなのです。

そこでこの2つの業者の明確な違いとなるのが、最低取引単位なのです。

DMMFXの最低取引単位が10000通貨からなのに比べ、外為ジャパンは1000通貨から始めることができます。

つまり、DMMFXではFXをはじめるのに約100万円の資金を用意しなければならないのに比べて、外為ジャパンはその10分の1である約10万円で済むのです。そもそも100万円なんて。。。 持ってないし。。。

これは初心者の方にとってはかなり大きなポイントです!

今からFXを始めてみようと思っている初心者の方にとって、10000通貨からの取引は結構ハードルが高いと感じるかもしれませんし、最初からいきなり100万円近くのお金を扱ってしまうと失敗したくないという気持ちが出てしまって冷静な取引ができなくなってしまう可能性があります。

初心者の方は相当自信がない限り、リスクの少ない1000通貨からの少額取引で経験を積んでFXに慣れるという事を優先し、その後ある程度順調に利益がだせるようになった頃に取引通貨単位の大きい10000通貨での取引を行うという方法をオススメします!

メリット2.実は業界最狭水準のスプレッド

意外と注目されてませんが、実は外為ジャパンのスプレッドは業界でも最狭水準です。

さすがFX口座数国内1位のDMMFXと同じスプレッドというだけあって、外為ジャパンのスプレッドはほかの業者と比較しても圧倒的に狭いです。

 

外為ジャパンのスプレッド※原則固定

 

これは短期トレードをやる人にはありがたいですね。

また、ただ狭いだけじゃなく、外為ジャパンのスプレッドは広がりづらいという点でも大変優れてます。FX業者の中には低スプレッドを謳っておきながら、実際にはめちゃくちゃ広がって提示しているよりも遥かに多くのスプレッドがかかってしまうなんてこともあったりします。

そういう点で、スプレッドが広がらないというのは業者を選ぶ際には必ず確認しておきたいポイントです。

一部、早朝の時間帯にスプレッドが広がるという意見もありますが、早朝に取引を行わないのであれば気にする必要はないでしょう。

以上、業界最狭水準のスプレッドとその広がりにくさという2つの点で、外為ジャパンは短期トレードをやりたいと考えているFX初心者にベストな業者の1つです!

メリット3.安心の24時間サポート

初心者の方はFXを実際にやっていく過程で多くの疑問にぶち当たると思いますが、その度に有効活用したいのが外為ジャパンの24時間サポートです。

実は24時間サポートを行っている業者はそこまで多くないのが現状なのですが、
外為ジャパンはそれにばっちり対応しています。

これで、仕事をしている方や学校で昼間は忙しいという方でも好きな時間に電話をして疑問を解決することができ、ムダを省いてより早いスピードで成長ですることができます!
また、これは個人的感想ですが、外為ジャパンの電話対応は非常に丁寧です。
どんなに小さな疑問にも誠意を持って答えてくれるので、わからない事があれば気軽に電話して、ドンドン有効活用していきましょう!

メリット4.業界最高クラスに使い易い取引ツール

外為ジャパンの取引ツールはDMMFXと同じく、最高に使い易いです

では具体的に、外為ジャパンにどの様な取引ツールがあるのか見ていきましょう。

 外為ジャパンFX PRO(PC版)

外為ジャパンFX PROは公式でも書いてある通り、スマートでスピーディーで情報が凝縮された取引ツールです。

1つの画面で全ての情報を見ることができる操作パネル
情報が凝縮された操作パネル

初心者でも簡単に使うことができるシンプルな注文画面
注文画面

● 外為ジャパンFX PLUS(PC版)
こちらは初心者のかたでも操作できるほど、シンプルでありながらプロも満足するほどの高機能を備えたツールです。

具体的には、画面レイアウトを自分の好きなように変更して自分だけの取引ツールを作ることができます。なので、初心者の方でみやすさにこだわりたいというかたには非常におすすめです!

実際に自分仕様にカスタムした例を紹介しておきます。
カスタム例①:4つの通貨ペアのチャートを1つの画面で見れるようにしているタイプ
チャート1
カスタム例②:1つの通貨ペアに特化したタイプ
チャート3
カスタム例③:1つの通貨ペアを二種類のチャートから分析できるようにしたタイプ
チャート2
カスタム例④:チャートに特化して注文画面も画面内に配置しているタイプ
チャート4


加えて、背景色も黒か白どちらか好きな色に変更することができます。

黒色の画面は非常に重厚感があり落ち着いた感じです。
取引ツールの背景色黒

白色の画面は柔らかいイメージですが、少し目がチカチカするかもしれません。
取引ツールの背景色白

また外為ジャパンFX PLUSはチャート上でカーソルを合わせるだけで、その価格で注文することができますので、指値注文や逆指値注文などでも、面倒な数値入力をする必要もなく直感的に操作することができます。

高性能チャート

最大4通貨の通貨ペアをチャート表示して見ることもできます。

最大4画面を見れる

 発注版プレミアムチャート(PC版)
こちらは、外為ジャパンFX PROや外為ジャパンFX PLUSでも利用できる高機能分析ツールのプレミアムチャートに発注機能がついた取引ツールです。
現在の自分のポジションや口座情報も一目で見れますし、チャートからでも決済注文や注文変更、取消も可能です。

一画面で全ての情報が見れる

チャートから注文可能

チャート上で保有ポジションと現レートを比較できる

チャート上でポジションラインを表示

注文もマウスで超簡単

注文レートも簡単にできる

モバイル取引ツール
モバイルツールもPCツールに負けず非常に人気です!

Android版          iphone版
アンドロイド版
iphone版

スマートフォンWeb 版   外為ジャパンFX PROのiPad版

スマホのweb版外為ジャパンFX PRO iPad版
スマホ版は非常に使いやすいので、外出時でも積極的にスマホをつかって取引を行うことをオススメします。

以上のように外為ジャパンの取引ツールは初心者の方から上級者の方まで全てのFXトレーダーが満足できるように出来ています!一度、全ての取引ツールをつかってその中から自分にあった取引ツールを選ぶ事をおすすめします!

メリット5.クイック入金 約380の金融機関に対応

外為ジャパンでは、平日はもちろんの事土日祝日も原則24時間いつでも好きな時間にPC、モバイルから入金可能です!

しかも、外為ジャパンは業界でもトップレベルの約380の金融機関と提携していて、なおかつすべて手数料無料で利用することができます。

クイック入金

約380の金融機関から全て無料でクイック入金できる!

この「クイック入金」を利用するれば、ATMや金融機関から振込するという手間をなくして、すぐにネット上で入金することができます。

この機能を使えば米ドルが上がりそうなのにお金がなくて取引チャンスを逃してしまったという事態を避けることができます!
利用可能な金融機関一覧

メリット6.スキャルピング公認

外為ジャパンは公式でちゃんとスキャルピングを公認している数少ない企業です。
スキャルピングとは短いもので数十秒から数分の間に何度も取引をおこなって小さな利益を積み重ねていくという取引の仕方です。

しかし、この取引の仕方は基本多くの取引業者によって禁止されています。

その理由は、主に2つ、
取引システムに負荷がかかる
これは、短時間に何度も売買注文を出し続けることによって、取引を管理している運営側のサーバにより強い負荷がかかってしまうという理由。

カバー取引が行えない
FXとは相対取引でトレーダーが1ドルの買い注文を入れた場合にFX会社がトレーダーに1ドル売ってあげるわけですが、この時にFX会社は同時に1ドルをカバー先金融機関という所からトレーダーと同じ様に買っています。これがカバー取引です。しかしスキャルピングの場合は取引のスピードが早すぎて、カバー取引が実質不可能という状態に陥ります。

この2つの理由でほとんどの業者ではスキャルピングが禁止になっていますが、外為ジャパンではスキャルピングが可能です。

しかし、過度のスキャルピングは外為ジャパンは推奨はしていないのでやりすぎはよくないかもしれませんが、短期トレードをしたい人にとってはあれば非常にありがたいことですね。

メリット7.ロスカット・レートが60%

メリット1の所で、DMMFXと外為ジャパンはスペックがほとんど同じと書きましたが最低取引通貨単位以外に、ロスカットに少し違いがあり、それぞれDMMFXが50%、外為ジャパンが60%となっています。

ロスカットとは、保有しているポジションの損失がある一定のレベルになった時にFX業者によってこれ以上損失が広がらないように強制的にポジションが決済される仕組みの事です。(ロスカットの計算法

もしロスカット・レートが50%で証拠金が10万円の場合、5万円の含み損を超えた段階で強制ロスカットが発動されます。

それに対して外為ジャパンの場合ロスカット・レートが60%なので証拠金が10万円の時に4万円の含み損を超えた段階、つまり残金が6万円未満になった時点で強制ロスカットが発動されます

しかしなぜ、ロスカットレートが高い方が初心者にとって安心なのでしょうか?

ポイントは、FXで失敗する人に共通するのが”損切ができない”という点です。

FXを初めたばかりの人は「お金を失いたくない」「絶対にもう一度上がる」と考えて損切りをせずに、損失が膨らんで証拠金が無くなってFXを辞めていく、という負けパターンが非常に多いです。

いかに早く損切ができるかどうかがFXで勝つためにとても大切なことなのです!
この点で、外為ジャパンはDMMFXよりも早く損切することができるので初心者の方はリスク軽減できます。

上級者のかたからすればロスカット・レートは低い方が良いという方もいると思いますが、初心者の方であればレートが高く、安全運転ができる外為ジャパンの方が良いですね。


 

ここまで、外為ジャパンのメリットについて見てきました。
しかしメリットよりも大事になってくるのが、デメリットです。

メリットは色んなサイトに載っていても、DMMFX会社にとってデメリットになるような情報はあまり載っていないのが現状です。

なので今回は、外為ジャパンのデメリットについてもしっかりと見ていきたいと思います。

外為ジャパンのデメリット

デメリット1. スワップ金利は高くない

長期トレードで金利を稼いで行こうと思っている方にとってはスワップ金利が高いかどうかは死活問題です。

正直言って、外為ジャパンのスワップ金利は、とりわけ高くも無いが低くも無い、といった印象です。

もちろん低すぎるわけではないのですが、スワップ金利も有効に活用し、コツコツ利益を重ねていきたい人にとって外為ジャパンは最適なFX会社とは正直言えないでしょう。

スワップ金利で利益を出していきたいという方にはライブスター証券GMOクリック証券をオススメします。

デメリット2. デモトレードが使えない

外為ジャパンのデメリットとしてよく挙げられるのが、デモトレードができないという点です。

でも正直言ってこれはデメリットとはいえないかもしれません。

なぜならそもそも外為ジャパンとDMMFXは同じシステムを使っており、DMMFXではデモトレードを行うことができます。

つまり、外為ジャパンのシステムはDMMFXと同じなので、DMMFXでデモトレードをすれば外為ジャパンでデモトレードをおこなったのと一緒だということです。

なので、初心者のかたで、どうしてもデモトレードを使ってみたいというかたは、DMMFXを使ってみると良いでしょう。

初心者には
①DMMFXでデモトレードを経験
②ある程度慣れたら外為ジャパンで1000通貨から取引を始める
という流れがオススメです。

デメリット3. アプリの機能が豊富ではない

外為ジャパンのスマホ用アプリはシンプルかつ動作も軽くて使いやすいですが、その分、機能の豊富さに少し欠けています

基本的なテクニカル分析は揃っているのですが、例えば移動平均線が自分好みに設定できないなど他の業者のスマホアプリと比較すると少し物足りないと感じるかもしれません。

ただし、普段からPCでの取引がメインの方は、外為ジャパンのPCツールは業界でもトップレベルで非常に高機能なので、問題にはならないでしょう。

スマホアプリでガンガン取引を行いたい方にはYJFXDMMFXをオススメします。どちらのスマホアプリも初心者でも非常に使いやすく機能も豊富で上級者の方でも満足できるレベルになっています!




ここまでで外為ジャパンのメリットとデメリットをそれぞれ解説してきました。
続いては外為ジャパンを実際に使っている人たちの生の声を集めた口コミを紹介していきます。

外為ジャパンの口コミ・評判

いい口コミ・評判
ポンド円がオススメ

扱っている通貨ペアは15ペアと多くはないですが、どのペアもかなり狭いスプレッドで取引できるので、短期トレードトレーダーにとって非常に魅力的です。特にポンド円は原則1.1銭固定なのは個人的にも嬉しいですね。
また、1000通貨単位で取引ができるので、細かい調整ができるのも良いです。
ツールに関してはシンプルな構成となっており、特にスマホ版はすっきりとしたデザインで使いやすいです。

性別:女性 年齢:30代 職業:会社員 FX投資歴:1~3年   2018/03/29
初心者におすすめ

1000通貨(0,1ロット)での取引に対応している為、少額で済みます。初心者が最初にFXを始める口座としては非常に安心感があり、申込みから取引開始までもスムーズに行えました。パソコン・スマホで取引出来、どんな環境でもすぐに取引できるので重宝しています。
チャートが見やすくて分かりやすいのでメインの口座として活用させていただいております。

性別:男性 年齢:20代以下 職業:会社員 FX投資歴:~1年   2017/10/29
見やすいツール

ドル円のスプレッド0.3銭という安さが魅力的。通貨によってはスプレッド縮小キャンペーンもよく実施されています。取引画面も見やすいレイアウトで、気に入っています。説明を細かく読まなくても直感的に操作がしやすいです。動画セミナーもわかりやすく、とても勉強になります。FXを始めるにあたり、開設しておいて損のない口座だと思います。

性別:女性 年齢:30代 職業:主婦 FX投資歴:1~3年 2018/01/29

悪い口コミ・評判
始めて2週間

始めて2週間の初心者ですが問題なく取引できています。ただ注文方法について、パソコンでできる操作がアプリではできなくて理解するまで不便でした。具体的にはパソコンから指値注文をする際は注文画面で利食い設定ができるのですが、アプリではそのような項目がありません。アプリでもIFD注文等を利用したり、ポジション照会から決済注文をかけることで同じ事ができるのですが操作が直感的ではありませんでした。慣れの問題ですがPCのようにアプリでも設定出来たらもっといいと思いました。

性別:男性 年齢:30代 職業:会社員 FX投資歴:~1年 2017/11/04
約定力がもう一つ

よく言われていることですが、
日本の証券会社の約定力の悪さは感じます。
故意とも思えるスリッページや
指標発表時の注文拒否などです。
イギリスeu離脱の国民投票の時はブラックアウトしました。

スプレッドの狭さは満足しています。
チャートは見やすいと思います。

性別:男性 年齢:50代以上 職業:自営業 投資歴:1~3年   2016/09/11

外為ジャパンのまとめ

ここまで、外為ジャパンで口座を開設した場合のメリット・デメリットについてお話してきました。

やはり外為ジャパンの強みは、業界トップレベルの取引ツール・業界最狭水準のスプレッド・最低取引通貨単位1000通貨というところです。

なので、
・少額からFXを始めたい方
・長期よりも短期での取引を行いたい方
・DMMFXと同じ取引システムを使いたい方

には、外為ジャパンで口座を開設することをおすすめします!

スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 0円
1万通貨 0円
取引単位 1000通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.3銭
英ポンド/円 1.2銭
ユーロ/円 0.7銭
豪ドル/円 0.8銭
NZドル/円 1.8銭
南ア/円 1.9銭
主要通貨合計 6.7銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 40,000円
自動ロスカット 60%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン × 米ドル/カナダドル 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 1円 -1円
英ポンド/円 10円 -10円
ユーロ/円 5円 -5円
豪ドル/円 60円 -60円
NZドル/円 55円 -55円
南ア/円 10円 -10円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 141円 -141円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 株式会社DMM.com証券
キャンペーン 口座開設+10万入金+400万通貨以上の取引で
10,000円キャッシュバック!(2014年9月30日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第1629号
資本金 98億円(2017年3月末現在)
上場 非上場
自己資本規制比率 294.6%(2014年3月末)
信託保全 日証金信託銀行
入金なしログイン