マネーパートナーズ
“顧客満足度二年連続1位”※1



マネーパートナーズはオリコンによって毎年行われている顧客満足度ランキングにて、二年連続で1位を獲得しているほどの高評価を受けているFX会社です。親会社は楽天グループであり、FX会社で初の上場を果たした会社でもあります。

そんなマネーパートナーズの魅力は、なんといっても約定力の強さツールの圧倒的な高機能さ
特にツールの機能の豊富さとカスタマイズ性の高さには、中・上級者もオドロキでしょう。

そこで本ページでは、マネーパートナーズで口座開設した場合のメリット・デメリットをまとめてみました。
気になっている方はぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

※1 2018年時点。マネーパートナーズホームページより


マネーパートナーズを選ぶメリット

メリット1. 9年連続1位を獲得するほどの約定力

マネーパートナーズの魅力は何といっても約定力。

矢野経済研究所の「すべらない約定率」ランキングで見事1位を、それも9年連続で獲得しています。

このランキングでは、発注時の価格と異なる価格で注文が成立してしまうスリッページがどれだけ発生したか、また発注したにもかかわらず約定がしない約定拒否がどれだけ生じたかが調査されたもので、業者比較の際には参考になります。

上の表を見ても、スリッページ発生率0%、約定拒否率0%とマネーパートナーズは圧倒的に約定できることが分かります。

もしも約定率が低いと、
「本来なら110円だったものが、実際には110.01円で約定・・・」
なんてことがよく起きてしまいます。たった1銭だけ、と思われるかもしれませんが、スプレッドが例えば0.3銭だとすると一回の取引コストは結果的に1.3銭になってしまうのです。
スプレッドが低くても、約定率が高くなければ結果的にコストも高くついてしまうことが多い、というわけです。

約定率とはコストがどれだけかかるかの目安だともいえます。

特にスキャルピングやデイトレードなどの回数を重ねていく戦略では、これら一回あたりの取引にかかるコストがかさんでいってしまいます。このような短期トレードがメインの方にとっても、約定率が低いということは心強いポイントでしょう。

メリット2. ユーロ/円が0.4銭!?スプレッドも最狭水準

5/31までの期間限定ですが、ユーロ/円が0.4銭、ユーロ/ドルが0.3銭と業界で1、2を争う狭スプレッド幅になってます。特にユーロ/円はスキャルピングでも選ばれることの多い通貨ペアですので、そのような方にとっても高利益を期待できるキャンペーンとなっています。


※2018年5月31日まで

もちろん、ドル/円も0.3銭と最狭水準をキープ。
約定率含め、取引コストに関しては非常によく抑えられている印象です。
スリッページにウンザリしている方はもちろん、コストに重きを置いている方にも自信を持ってオススメできるFX会社です。

メリット3. 100通貨単位で取引が可能!

取引コストだけでなく、始めやすさも初心者にとっては重要な要素。
マネーパートナーズでは最低100通貨からの取引に対応しています。

これは本当に業界最狭の水準で、2018年4月時点ではSBI FXトレードの1通貨に次ぐ第二位です。
この取引単位数のおかげで、なんと通貨ペアによっては100円から取引ができます!※

ちなみにドル円では約440円(100(通貨)×110(円/ドル)÷25)から取引が可能です。

なお、SBI FXトレードは1通貨から取引可能でありマネーパートナーズと迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的にはマネーパートナーズの方が約定力で上回っている印象です。
スプレッドの差もそこまでないので、必要な最低資金よりも取引コストを重視する方にはマネーパートナーズがよりオススメだと言えます。

資金はあまり用意できないけど、今すぐに始めてみたい!という方にも、マネーパートナーズは非常に最適な業者なんです。

※ランド/円の場合

メリット4. 最強の取引ツールが使える

マネーパートナーズの取引ツール「ハイスピードネクスト」は非常に機能が豊富なことで有名です。

例えば、自分だけの売買ルールを値動きに合わせて独自に作れる「ストラテジー機能」や、それら売買ルールがチャートに一致した時に通知してくれる「売買シグナル機能」などがあります。

「将来もっとFXで稼ぐためにも、初めのうちからプロ仕様のツールに慣れておきたい!」

そんな初心者の方にとっては、ハイスピネクストはもってこいのツールです。
難しいところがあるかもしれませんが、詳しく見ていってみましょう。

ストラテジー機能

あるテクニカル指標がこうなっているときに買いを入れたい。

ストラテジー機能とは、このような自分独自のテクニカル指標に関するルールを決められる機能です。

ひとつの例として、テクニカル分析を考えてみましょう。テクニカル分析の中には、ある移動平均線が別の移動平均線に交差(これをFXでは「クロス」と言います)した場合に売買を行う、という目安(いわゆる「テクニカル指標」と呼ばれるもの)があります。

このクロスの角度が30度以上である時に買いを入れていれば、80%以上の確率で利益が出るとわかっているとします。このようなときハイパースピードネクスト上では、この角度が30度より大きければ通知する、という風に自分だけのルールを設定できるのです。

このような指標が、ハイパースピードネクストでは23種類も用意されています。こうすることで、自分だけのオリジナルな売買ルールを作って次回からの取引に役立てることができるわけです。

ストラテジー機能のもう1つのウリは、自分の作ったルールを過去の相場に当てはめて試すことができる「バックテスト機能」です。

自分で新しく作ったルールをいきなりリアルで試すのは少し不安に感じますよね。

そこで、もし過去の相場で自分の作ったルールを適用したとしたらどれだけ損益が出るのかを、バックテストによってデモするわけです。

ところが、売買ルールを設定してもそれに気付かなければ意味がないですよね?

そこで登場するのがこの「売買シグナル機能」です。ストラテジ機能は、この売買シグナル機能と合わせることでさらに威力を発揮します。

売買シグナル機能

売買シグナル機能とは、ストラテジー機能で決めた売買ルールにチャートが当てはまる時にトレーダーに通知をしたり、チャート上に満たすところをリアルタイムで表示してくれる機能です。

この通知機能が非常に便利で、PC上で他の作業をしていてもポップアップで通知してくれます。また、このルール「かつ」あのルールを満たす場合にのみ通知するなど、AND(かつ)条件やOR(もしくは)条件も設定可能です。

欲に流されてついつい大損してしまう、なんてこともFXではしばしば。このようなルールをあらかじめ決めておくことで、欲に流されない冷静な決断ができるといいですね。




ここまで、GMOクリック証券のメリットについて見てきましたが、メリットよりも大事になってくるのが、デメリット。。

メリットは色んなサイトに載っていても、FX会社にとってデメリットになるような情報はあまり載っていませんよね。

しかしメリットだけを見て口座を決めてしまうとあとで痛い目を見るので

必ずデメリットの方も確認しておくことにしましょう。

マネーパートナーズのデメリット

デメリット1. 取扱通貨ペアがそこまで多くはない

デメリットという程ではないかもしれませんが取扱通貨ペアの数はそこまで多くありません。

現在マネーパートナーズでは20種類もの通貨ペアを取り扱っています。極端に取り扱い通貨ペアの種類が多いヒロセ通商などと比べた場合少し見劣りしちゃいますね。
しかし、主要通貨は扱っているので、FXを始める初心者や取引する通貨が決まっている人は問題ありません。
FXに十分慣れてマイナーな通貨ペアで取引したい!という方はヒロセ通商での口座開設をオススメします。

デメリット2. スワップ金利が若干安い

これはスワップ金利で長期保有して利益を得る場合に、デメリットになります。
しかし、ほとんどの人はこのデメリットに関してはそこまで心配はいりません。
なぜなら、マネーパートナーズで口座開設する人は、為替差益狙いで短期売買する人がほとんどだからです。圧倒的な約定力と圧倒的な取引コストを実現しているので、短期的に取引した方が得です。
だから、このデメリットはそこまで気にしなくていいです。




GMOクリック証券には以上のようなメリットとデメリットがありますが、実際にGMOクリック証券で口座を開設して取引を行っている人の生の声を載せていますので、そちらの方もぜひ確認しておいてください!

いろいろな情報がありますが、実際に取引を行っている人の声はやはり参考になると思います。

マネーパートナーズの口コミ・評判


いい口コミ・評判

キャンペーンが充実してます

2012年に口座を開設しました。スプレッドが業界最狭水準なので、お得感があります。自分はキャリートレードはしないので関係ないのですがスワップ金利も良い感じですね。キャンペーンも充実していて、お得です。最近は、開催されていないようですがギフトのプレゼントキャンペーンでは高価なプレゼントをもらえて、うれしかったです。

男性 50代以上 職業:その他 FX投資歴:5~7年 2018/02/17
国内NO.1

約定力No.1をうたうだけあって滑ることは絶対にない。お客様満足度も国内NO.1らしいですから、私も満足して使っています。いろんな口座を持っていますが、昔からのイメージは変わらず「誠実」。不利な約定や夜中のロスカットなど、どう考えてもお客様を馬鹿にした会社も多々あると思われるこの業界の中では、とにかくお上品な会社と思います。
悪いところを見つけるのが難しいが、あえて言うなら取引画面やチャートが古臭い物と、高機能で私には使いこなせない物があり極端。私の場合、最近はあまりチャート分析などもしないので必要ないですが。これからもずっとメインで使うと思います。

女性 50代以上 専業トレーダー FX投資歴:7~10年 2018/02/17
メイン口座

FX口座は数社開設していますが、現在はこちらでの取引をメインにしています。
年数回海外旅行に行くため、空港での外貨受け取りサービスが利用できるからです。
手数料も少なくて済みますし、1、2回分の食事代になるのでちょっと得した気分になります。
取引もPCのみですが、使いやすいですし、
定期的に講座も開いているので勉強になります。

男性 30代 会社員 FX投資歴:1~3年 2018/02/12

悪い口コミ・評判

おすすめはできません

キャンペーン他社からの乗り換えの案内が通知され、乗り換えたところ、取引中にシステムがダウン。コールセンターに連絡するも1時間以上繋がらず。やっとの思いで繋がったところ、サーバー攻撃にあって一部のシステムから復旧していって
いるとの説明。おおよそ2時間のダウン中に大きく値動きし損失になった。
キャンペーンのお金はきっちり支払ってもらえたが、システムが弱すぎる点、サポートが甘い点では
メイン口座での取引としては不適合だと感じました。
キャンペーン期間中にすべて資金を引き上げ、他社に移りました。おそらく今後、利用することはありません。

男性 40代 会社員 FX投資歴:1~3年 2017/12/04
就寝中も稼げます

マネーパートナーズの最大の魅力は、決済と同時に次の注文が自動で発注されるリピート注文システムが手数料なしで使えることです。最大20回までリピート注文が設定できるため、しばらくプライスボードを離れていても自動で取引が繰り返されます。これを使えるようになってからは、利幅を小さく取引回数を多くすることにより損切りリスクが大幅に減りました。半面、マネーパートナーズの最大の欠点は、経済指標発表時のスプレッドの広がりが他社より大きいことでしょうか。1~2分程度なのですが、約定力が極端に下がります。とは言え、リピート注文システムが手数料なしで使えるところは少ないのでメリットのほうが上回るでしょう。

女性 50代以上 職業:その他 FX投資歴:7~10年 2018/03/11
(引用元:価格.com)

マネーパートナーズのまとめ


ここまでマネーパートナーズの概要を説明してきましたが、いかがでしょうか。

約定力の高さや高性能なツールに大きな魅力があるマネーパートナーズ。

このような利点から、マネーパートナーズは、


・低リスク、低コストな短期トレードを行いたい
・初心者のころから少しずつプロ使用のツールに慣れていきたい

という方にはオススメのFX会社だといえます。

また、スプレッドの低い業者を選んでいるにもかかわらず、なぜか毎回の取引コストが高くなってしまうという初心者の方。

いま一度、自分の使っているFX会社を見直してみるのも一つの手かもしれません。

約定力が高いマネーパートナーズを使うことで、今よりもより低コストな資産運用ができるかもしれませんよ。


スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 -
1万通貨 0円
取引単位 1万通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.5銭
英ポンド/円 1.9銭
ユーロ/円 1.1銭
豪ドル/円 1.2銭
NZドル/円 2.4銭
南ア/円 1.9銭
主要通貨合計 9銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 42,000円
自動ロスカット 20%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド × 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン × 米ドル/カナダドル × 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 1円 -19円
英ポンド/円 20円 -39円
ユーロ/円 1円 -29円
豪ドル/円 65円 -79円
NZドル/円 72円 -85円
南ア/円 9円 -19円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 168円 -270円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金 ×
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 株式会社マネーパートナーズ
キャンペーン 口座開設+10万通貨以上の取引で
500円(取引量に応じて最大1万円)のキャッシュバック!(2014年7月31日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第2028号
資本金 31億円(2017年3月末現在)
上場 東証2部・JASDAQ
自己資本規制比率 642%(2014年3月末)
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行
入金なしログイン