これからFXを始めようとしている方は、口座開設する際にどこの業者を選んだら良いか悩みますよね。

「口座開設するなら、ユーザー評価が良い業者にしたい」「あれ??1番のオススメ業者がサイトによって違う・・・結局どこが一番良いの?!」

このように、調べれば調べるほどさらに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そんな中で今回私がお伝えしたいことは一つだけ「初心者はSBI FXトレードの口座は必ず持っておくべき」ということです。

「FXで失敗して、大金失うのは嫌だ」「FXやってみたいけど、はじめは練習でリスクを最小限に抑えたい!」

誰もが持つこのような願望を、SBI FXトレードならどの業者よりも叶えやすいと断言できます。それでは、なぜ私がそこまで断言できるのかその理由をひとつずつ見ていきましょう。


SBI FXトレードが誇る4つのメリット

メリット1.FX業界震撼!!1通貨から取引ができる

FXは1万通貨からしか取引ができない。

少し前まではこれが一般的でした。

では、もし仮に1万通貨以上の取引を行うとした場合、果たしていくら資金が必要になるのでしょうか?

1万通貨取引は、米ドル円なら1万ドル必要。
1ドルが、仮に100円だとした場合
1万ドル×100円=100万円

100万円以上のお金を用意する必要がある

米ドル円取引の場合

つまり、少し前まではFXをやろうと思うと株のように多くのお金が必要で、多くの人にとってはハードルが高い金融商品だったのです。

しかし、最近になって外為オンラインヒロセ通商YJFXなど1000通貨(約10万円)から取引ができるようなFX会社がたくさんでてきました。

これでも一万通貨の取引の頃からすると、相当凄いことなのですが、なんと、ついにSBI FXトレードが1通貨(約100円)から取引可能という今までのFXの歴史を覆すような数字を出したのです。

1通貨から取引ができるということは、1通貨=1ドルで100円からの取引が可能です。そして、レバレッジを最大25倍まで掛ける事ができるので最小4円から取引が可能

いや~4円から取引が可能なんていうのは、1万通貨取引の頃を知っている僕からすれば、考えられないですね。僕も4円から取引を始めることができていたらなぁ 。。。(泣)いや今からFXを始める人がホントにうらやましいなぁ~

とまぁ そんなことは置いておいて一番最初のところでも書きましたが、もし皆さんがFXをためらっている理由が、「お金を失うのが恐い!」「失敗したら借金地獄だ~」なんて言う理由だとしたら、是非最小4円から取引を始めることができるSBI FXトレードを試してみてください!

自動販売機で100円のジュースを買うような感じで、気軽に100円でFXをはじめてみてください!


「SBI FX トレードの公式サイト・詳細へ」

メリット2.全FX会社で圧倒的1位! スプレッド0.27銭!!

SBI FXトレードは最低通貨単位でも業界トップでしたが、なんとドル円のスプレッドでも業界トップです!

業界最高レベルの米ドルスプレッドが0.3銭であるのに対して、SBI FXトレードの米ドルのスプレッドは0.27銭(10000通貨まで)

このスプレッドというのは、いわゆる取引手数料のような役割を果たしており、一回の取引ごとに毎回FX会社に何銭か支払います。

初心者の方の中には、このスプレッドの事を一切考えずに取引を何度も行った結果、最終的に勝ったと思ったのになぜか儲けが出ていないという状況に陥ってしまう方もいます。これはつまり、小さい利益を重ねて何度も取引を行って利益を出したが、そのたびに払っているスプレッドのコストが自分の儲けた利益分を超えて赤字になってしまったという事です。

そして、このスプレッドはFX会社によって違います。

つまり、FX会社を選ぶ際にはかならずスプレッドをチェックしよう。という事です

ここで、他の主要FX会社と比較した時にSBI FXトレードのスプレッドがどれほど低いのかを表したものを紹介します。

(ドル円での各FX会社スプレッド比較)

FX会社
ドル円
スプレッド
SBI FXトレード
0.27銭
(原則固定)
DMMFX
0.3銭
原則固定)
GMOクリック証券
0.3銭
(原則固定)
ヒロセ通商(LION FX)
0.3銭

(原則固定)

FXブロードネット
0.3銭
(原則固定)
YJFX(外為ex)
0.3銭
(原則固定)
外為オンライン
1銭
(原則固定)

※2018年4/20日
※上記スプレッドは原則固定であり、提示以外のスプレッドになることもあります

このように、SBI FXトレードのスプレッドは他業者を圧倒しています。あのFX会社人気ランキングで常にトップのDMMFXさえ米ドルスプレッドは0.3銭です。

そして、スプレッドに関してもう一つ心配してほしいのが、スプレッドの広がりやすさという事です。いかに低いスプレッドを提示しているFX会社であったとしても、そのスプレッドが広がりやすければ意味がありません。

SBI FXトレードならイベント時に、スプレッドが広がるという懸念に関しても大丈夫です。

なぜならSBI FXトレードは経済指標発表時など、通常スプレッドが大幅に広がるような場合であっても、多くのカウンターパーティーの数をいかして、なるべく大きくスプレッドが広がらないようにできています。

つまり、 SBI FXトレードはドル円のスプレッドが業界トップの0.27銭で、なおかつ経済指標発表時などにも広がりにくいという事です。

なので、今からFXを始めてみようと思っている初心者の方や短期取引をおこなっていきたと思っている方には、SBI FXトレードがオススメです!

メリット3.業界最良水準のスワップポイント

SBI FXトレードは最低通貨単位・米ドルスプレッドで業界トップレベルでしたが、
なんと、スワップポイントも業界トップレベルです!

いやぁ~ ホントにどんだけ業界トップレベルなんだよ!ってツッコミたくなるぐらいですが、マジでスワップポイントも業界トップレベルです。

他社と比べた時に、スワップポイントが高めに設定されているので、長期間保有するスワップトレードではそのスワップポイントの差が、最終的には大きな利益の差となって返ってくるのです。

実際、スワップポイントの差がどれほど利益の違いを生むのか。具体的に一番わかり易いドル円の取引例をあげると

SBI FXトレードのドル円の1日の平均スワップポイントは、1万通貨あたり46.71円。(2018/4/2現在)
よって、1年間ドル円を持っていると、単純計算で1年間の利益は
 365日 × 46.71円 = 17049.15円
これが、スワップポイントの低いヒロセ通商だと、ドル円のスワップポイントが1円(4/2現在)とほぼ無いに等しいので、1年間の利益は
365日 × 1円 = 365円

このように、スワップポイントが45円違うだけで、これほどの差が生まれます!

つまり、スワップトレードでは、会社選びを間違えてしまうとそもそも利益をあげることができません。
なので、実際に、スワップポイントで利益を出していこうと思っている方はかならずFX会社を選ぶ際にはスワップポイントを確認するようにしておいて下さいね。

メリット4.ツールが使いやすい

SBI FXトレードの取引ツールは使いやすいと大変評判が良いです。

実際にSBI FXトレードの口コミを見てみると、「使いやすい」「取引画面が非常に見やすい」「初心者でも感覚的に操作できる」など、取引ツールに関してのポジティブな口コミがたくさんあります。

SBI FXトレードのツールの何が優れているのか1つずつ見ていきましょう。

● リッチクライアント

リッチクライアント

PCにインストールして使うタイプの取引ツールです。

ポイント① 高性能チャート                     
高性能チャート  
表示本数が最大2000本、最大チャート表示30チャート、1クリックで新規・決済注文も高速で発注可能

ポイント➁ 2WAY注文が可能

テクニカルチャートは30種類、描画ツールも30種類。

ポイント③ カスタマイズ自由

  
自分に合ったように、取引画面をカスタマイズする事ができる。取引ツールにはこだわりたいという人にオススメ


● WEB版取引ソフト

ポイント① シンプルな画面

初心者のかたでも簡単に操作できるシンプルな画面。注文をスピーディーに行うことができる。


ポイント➁ 積立FXとの連携が可能

クリック1つで、積立FXの画面に切り替えることが出来る。

さらに、SBI FXトレードの取引ツールはPCツールだけでなく、スマホツールも大変人気があります。PCツール同様、スマホツールの何が優れているのか1つずつ見ていきましょう!

● スマートフォンアプリ

ポイント① 高性能チャート

スマホでもPCクオリティのチャートを見ることが出来る  

ポイント② 手軽なスワイプ機能

スワイプで簡単に画面を切り替えることが出来る

ポイント➂ たくさんのニュース情報

スマホで簡単にその日に抑えておきたい情報を通勤中でも確認できる

SBI FXトレードのスマホアプリは非常にシンプルです。出先での取引を想定しており、手軽に取引を可能にするための設計です。

初心者でもおそらく、SBI FXトレードのツールで困ることはないでしょう。

SBI FXトレードの取引ツールは、使いやすさに定評があり初心者の方にはもちろんオススメなのですが、SBI FXトレードの取引ツールはプロの方にもオススメできるレベルです。なので、取引ツールで迷っている方は、一度SBI FXトレードを使ってみるのもいいかもしれませんよ。



ここまで、SBI FXトレードのメリットについて見てきましたが、メリットよりも大事になってくるのが、デメリット。。。

メリットは色んなサイトに載っていても、FX会社にとってデメリットになるような情報はあまり載っていませんよね。

しかしメリットだけを見て口座を決めてしまうとあとで痛い目を見るので

必ずデメリットの方も確認しておくことにしましょう。

SBI FX トレードのデメリット

デメリット1. マイナー通貨が少ない

SBI FXトレードの取り扱っている通貨ペアは26通貨です。

正直言って、この数を多いと見るか少ないと見るかはその人によってだいぶ意見は違ってくると思いますが、ヒロセ通商などのように、取り扱っている通貨ペアの数が50という業者と比べると、少ないといえます。世界中の様々なマイナー通貨を使って取引したいという方は少し満足できないかもしれません。

しかし、メジャーな通貨ペアはしっかり扱っており、通貨ペア数もFX会社の平均ぐらいの数です。基本的に、FXをスタートすると実際に取引する通貨ペアは米ドル円がメインになります。特に、初心者の方の多くはメジャーどころの通貨ペア3つぐらいでだけ、取引を行う人がほとんどです。

その理由としては、そもそもマイナー通貨を扱うほどの知識と経験が足りないというのが考えられますし、本音をいうと、FX初心者のかたはマイナー通貨は変動(ボラティリティ)が激しいのであまり手を出すべきではありません。

なのでそういった事も考えると、FX初心者の方にとってSBI FXトレードの通貨ペア数はあまりデメリットにならないでしょう。

また、ヒロセ通商などでは扱っていないレア通貨の人民元を扱っているので、人民元を扱いたいという人にとってはSBI FXトレードをオススメします。

デメリット2. システムトレードには非対応

SBI FXトレードはシステムトレードには対応していません。

システムトレードというのは、初めに売買のルールを決めると、24時間そのルールに従って、ソフトが自動で売買してくれる自動売買ソフトです。

このシステムトレードは、普段は学校や仕事などで忙しいという方に人気なんですが、SBI FXトレードではこのシストレを利用することは出来ません。

シストレのメリットは、トレーダーに変わってソフトが24時間取引をおこなってくれるという点です。
シストレのデメリットは、トレードをソフトにまかせてやってもらっているので、いつまでたってもFX能力が伸びないという点です。

なので、シストレは非常に便利で使いやすいのですが、できれば初心者のうちは実際に自分で取引をおこなってみて、FXのノウハウや経験を蓄積していくことをオススメします。

どうしても、シストレを使いたいという方には、インヴァスト証券シストレ24セントラル短資のセントラルミラートレーダーをオススメします。

デメリット3. デモトレードができない

FX初心者にとっては、いきなり実際の取引を行うよりもまずはデモトレードで取引をしてツールの使い方やFXがどういうものなのかなどを、事前に試してみたいものですが、残念ながらSBI FXトレーダーにはデモトレードの機能は備わっていません。

しかし、SBI FXトレードにおいてはデモトレードができるかどうかはまったく問題にならないのです!

自分でデモトレードができないのがSBI FXトレードのデメリットであると書いておいて、「全く問題にならない」とはどういうことだ?と思うかもしれませんが、SBI FXトレードでデモトレードが出来ないことがデメリットにならない 理由はSBI FXトレードは、1通貨から取引を開始することができるからです。

1通貨から取引を開始することが出来るということは、最初にも書きましたが100円から始めることが出来るというわけです。なので デモトレードで空想のお金を扱って取引の勉強をすることよりも、実際のお金を使って本物のFXを勉強することができるので、めちゃくちゃ勉強になりますし、実際に利益がでればそれは本物のお金を稼いだという事です。

なので、デモトレードをしたいという方はとりあえず1通貨から実際に取引を始めて、まずは1円の利益を出すところから始めてみて下さい!

大事なことは、やるかやらないか。

ほとんどの人は、FXを始める前に辞めてしまう。もしくは、デモトレードで満足して実際にFXを始めることはありません。しかし、これは非常にもったいないです。FXというのはギャンブルではありません。稼いでいる人はコンスタントに利益を出しています。なぜ、そういう事ができるのかというと、それは、FXを続けたからです。FXを継続的にやり続けることによって最初は利益がでなくても、だんだん知識と経験が溜まっていって利益を出せるようになっていくのです。皆さんも、まずやってみてください。やらないことには何も生まれません。

SBI FXトレードは口座開設無料です。なので、とりあえず100円でもいいので取引をやってみてダメだったらそこで辞めるという選択肢もあります。実際に自分の目で見て肌で感じることが一番大事なことです。



SBI FXトレードには以上のようなメリットとデメリットがありますが、
実際にSBI FXトレードで口座を開設して取引を行っている人の生の声を載せていますので、そちらの方も確認しておいてください!

実際に取引を行っている人の生の声はやっぱり参考になります!



SBI FX トレードの口コミ・評判

(引用元:価格.com)
いい口コミ・評判

完璧です

GMOやマネックスも、持ってますがそれらに比べてチャートは見やすいし、手数料は安いし混雑していても1番安定している様に感じます。

PCで普段取引する事が多いのですがスマホでもアプリがあるのでサクサク快適ですし最近ではスマホ取引も多いくらいです。

条件などで他を開設していてもここを開設しておいても本当に損にはならないのでオススメですよ!

30代 男性 会社員 FX投資歴:3~5年       2018/04/09
少額ではじめられる。

特徴はスプレッドの狭さに加えて、少額で始められる点だと思います。なので初心者にも向いていると思いますね。少しずつ慣れていくのは重要です。

またツールは結構使いやすく見易さを重視している感じで良いです。私は主にWEB版を使用していますが、結構頻繁に取引してもミスはないです。ネットバンクとの連携に優れているのも良い点だと思いますね。

30代 男性 職業:その他  FX投資歴:1年~3年      2018/3/17
初心者でもとっつきやすい

通貨単位が小さくて、初心者でもとっつきやすいです。スワップ運用で使用してるので、複利での運用がしやすいのがとても〇。使い方も幅広くできるので、今後も使用していく予定。

SBIグループ大手の安心感あり。もう少し初心者向けの情報量も増やしてくれると嬉しい。

40代 男性 職業: 公務員  FX投資歴:1年~3年      2018/04/09
初心者には本当におススメです

私は専業主婦なので、そもそも年収の制限などのある会社では開設が難しかったのですが、こちらは問題なく口座を開設していただけました。

そして、何より初心者向けだと言えるのは、1通貨から取引が可能な点です。多くの会社が1000通貨以上のなか通貨というのは圧倒的に、初心者に優しいと思います。

コツを掴むまで、少ないリスクで学べるのは本当に助かりました。また、資金が少なくてもトレードが可能ということなので、FXに興味があり、体験してみたいという方にはいいと思います。

メジャーなドル円のスプレッドが低いのも魅力的です。後々、違う会社をメインにするとしても、最初をこちらで始めるというのは、オススメできます。

30代 女性 職業:主婦  FX投資歴:~1年      2018/04/07

悪い口コミ・評判

使いにくいが取引する分には。

不満としてはリッチクライアントが使いにくい。

メインウィンドウの中にそれぞれのウィンドウ(注文一覧や建玉一覧とか)を自由に配置できるのはいいんですが、固定できない。またメインウィンドウも画面以上のスペースが使えるのでスクロールすることで画面よりも多くの情報を表示できる仕組みなんですが、何かの拍子に離れた場所にウィンドウが飛んでいく場合がある。

そうなるとタブをクリックしても表示されないので、最初は混乱します。特に急いで注文を通したい時にこの症状になると、表示させたいウィンドウが表示されなくなる(画面外に表示されている)ので、かなり慌てます。

あと他のソフトウェアとの関係か少し負荷のある取引をすると落ちます。一時、これが理由でSBIFXトレードから離れてましたが、新しいパソコンに変えてから症状がマシになったので戻ってきた。

ただ激しい取引には注意が必要です。

今は負荷をかけないようにチャートはメタトレーダーを使って、リッチクライアントは売買だけに使っています。リッチクライアントには不満なところが多くありますが、スプレッド、スワップ、1万通貨単位以下の取引などの理由で結局のところSBIFXはメインで使ってます。

30代 男性 職業: アルバイト  FX投資歴:1年~3年      2018/3/17
スマホアプリの使い勝手がちょっと

チャートや取引画面がDMMFXと比べて操作しにくいとおもう。

マーケットの空いていない時間帯によくシステムメンテナンスがあり、ログインできない。

それ以外、スプレッドや通貨ペアの豊富さは満足。

最小1ドルから取引可能なので、私のような超初心者にとっては、試しながら学ぶことができるので素晴らしい。

20代以下 女性 職業: 会社員  FX投資歴:~1年      2018/3/17
ちょっと遅い

取引は、1通貨からできるので安心です。他の会社ですと1Lotの取引が主流です。SBIは、FXをしたことのない初めての方にも、最初の練習にぴったりだと思います。

口座の開設もとてもスムーズにできました。

ただ、私はDMMに比べて反応が遅いので使わなくなってしまいました。

為替は一刻一刻と変わるので反応が遅いのは使い勝手が悪いです。もしかしたらネットワーク環境のせいかもしれないので、ご自分で確認することをお勧めします。

50代 女性 職業: 主婦 FX投資歴:~1年      2018/1/25

SBI FXトレードのまとめ


以上がSBI FXトレードについてです。

ここまでの事をまとめると

【メリット】

全業者の中で圧倒的NO.1の1通貨から取引可能。
ドル円スプレッドが全業者の中で最も低い
取引ツールが使いやすい
業界最良水準のスワップポイント

【デメリット】

マイナーの通貨が少ない
システムトレードに非対応
デモトレードができない

【こんな人にオススメ】

少額から練習がてらFXを始めたい初心者
1日に何度も取引を行いたい方(少額で抑えながら、回数をこなしてコツコツ利益を出したい人)
長期取引でスワップ金利を狙う方


ここであげたメリットを見て頂けると分かるように、SBI FXトレードは本当に初心者向けのFX会社です。

実際にSBI FXトレードでFXデビューしたというトレーダーの方もたくさんいます。もし、ここの情報だけではまだわからないという方は、一度取引を行ってみてください。口座開設無料で100円から取引できるのでとても安心です。

先程も書いたようにいちばん大事なことは「やること」です。後悔先に立たずという言葉があるように、「あぁ あの時始めていたらなぁ」なんて事があります。思い立ったら吉日なので是非一度FXの世界に足を踏み入れてみて下さい。おそらく思っていたよりもたのしいと思いますよ。

ちなみに今SBI FXトレードで新規口座を開設したお客様限定で500円入金のキャンペーンをおこなっていますので、元手0円から取引を始めることが出来ます!



スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 0円
1万通貨 0円
取引単位 1通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.27銭
英ポンド/円 1.19銭
ユーロ/円 0.69銭
豪ドル/円 0.77銭
NZドル/円 1.79銭
南ア/円 0.99銭
主要通貨合計 5.7銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 40,000円
自動ロスカット 50%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド × 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン × 米ドル/カナダドル × 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 4円 -5円
英ポンド/円 23円 -25円
ユーロ/円 6円 -8円
豪ドル/円 72円 -74円
NZドル/円 79円 -81円
南ア/円 13円 -14円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 197円 -207円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金 ×
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て ×
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 SBI FXトレード株式会社
キャンペーン 口座開設+100万通貨以上の取引で
2,000円(取引量に応じて最大2.5万円)キャッシュバック!(2014年7月1日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
資本金 4億8,000万円(2017年3月末現在)
上場 非上場
自己資本規制比率 787.4%(2014年3月末)
信託保全 三井住友銀行
入金なしログイン