GMOクリック証券


ここでは
「GMOクリック証券で口座を開設しようかな?」
「ってか、GMOクリック証券がFX年間取引高6年連続世界1位ってマジ?」

と思っている人に、GMOクリック証券のすべてがわかるよう説明しました。GMOクリック証券のメリットとデメリットをわかりやすく載せてますので、ぜひとも参考にしてみて下さい!


というわけで、早速GMOクリック証券の特徴を見ていきたいと思います。

GMOクリック証券のメリット

メリット1. 業界最狭水準のスプレッド

GMOクリック証券の大きな強みの一つといえば、やはり業界最狭水準のスプレッドですよね。FXトレーダーにとってスプレッドとはつまりFX会社に支払う「手数料」ですから、これが安いに越したことはありません。

そんな中、GMOクリック証券は米ドル円のスプレッドがなんと業界最狭水準の0.3銭!(原則固定)。


ドル円だけじゃなく主要なメイン通貨もスプレッドが低いというのがGMOの魅力のひとつ!

ひと昔前まではドル円のスプレッドが3銭とか普通でしたから、その頃と比べると本当に安くなったものです。。その頃はスプレッドが高かったがために、何度取引しても利益が出ないというのは短期トレードを行うトレーダーにありがちなことでした。汗

手数料10分の1。

特に今後短期トレードを中心にやってみたいという方にとって、これはめちゃくちゃ大きな変化です。

ちなみにこの“原則固定”というのは、「大きな指標発表やニュースなどの影響で相場が激しく動いているときを除いて、基本的には0.3銭で固定しています」という解釈で大丈夫です。

さらにGMOの場合、ドル円だけでなく主要なメジャー通貨も業界最狭水準となっているので、複数通貨での売買を考えている方にとっても非常におすすめのFX会社となっています。

もちろんスプレッドだけでなく取引手数料も無料。まあ最近はスプレッドと別に取引手数料を取っているFX会社は少ないので特別なことじゃありませんが、この点もGMOはしっかり押さえてますね。

総じてGMOクリック証券は非常に取引コストが安く、特に短期トレードをやってみたいと考えている方に最もおすすめできるFX会社のひとつとなっています。

メリット2.24時間無料で電話サポート

FXを行う上で、24時間サポートを受けられるというのは初心者にとっては大きなメリットです。

というのも一般的に専業トレーダーでなければ、日中は仕事や家事、学校などで取引できる時間は限られてますよね。

その場合、集中してトレードに費やせる時間となると、それらが終わってからとなる18時以降ぐらいからとなるのが普通じゃないでしょうか?

そうなると「サポートは平日17時まで!」と声高に言われてもサポートを受けるタイミングなどないのです、、汗

しかしGMOであれば、わからないことがあれば24時間いつでも電話で問い合わせることができます。しかも固定電話ならフリーダイヤルで連絡できるので、電話代すら気にしなくて良いという特典付き。

24時間サポートを受けられて、しかもタダ。。

初心者にとってこれは地味に大きなメリットといえるかもしれません。

また、GMOクリック証券の電話サポートは、HDI格付け調査「問い合わせ窓口/webサポート部門」で最高評価の三つ星を獲得しており、電話応対の心地よさにも定評があります。丁寧に接してくれるなら初心者でも安心して問い合わせることができますよね。


問合せ対応に定評のあるGMOは格付けランキングでも三ツ星獲得!

メリット3.業界最高水準のスワップ金利

中長期トレードでスワップ金利の利益も狙いたいという人にとって気になってくるのが、「スワップ金利がいくら貰えるのか」ですよね。

GMOクリック証券はスプレッドが業界最狭水準ということもあり、短期トレードをやりたい方におすすめできる!と書きましたが、中長期トレードをやりたい方にも嬉しい高スワップ金利というメリットがあります。

現在日本円は低金利ということもあって、高金利通貨を買うだけで毎日スワップ金利をもらうことができますが、各業者によってもらえるスワップ金利は異なってきます。

その点、GMOクリック証券のスワップ金利はかなりの高い水準なので、スワップ金利で利益を出したいと思っている方にも非常におすすめ。

またGMOクリック証券はDMMFXが扱っていないトルコリラ/日本円を扱っているので、高金利なトルコリラ円で取引をしたい!という方はGMOクリック証券をメイン口座にすることをおすすめします。

null
GMOなら高金利通貨の代表として人気の高いトルコリラ円がトレード可能!

しかもGMOの場合、手に入れたスワップ金利はポジションを保有したまま、スワップ金利のみを受け取ることも可能です(通常はポジションを決済をした際にスワップ金利も含めた損益額が証拠金に反映する)。

つまり、高金利の通貨を保有しながら、稼いだスワップ金利だけを毎月の配当金のように受け取ることができるということなんですね~。いやほんとよく考えるな、、と感心してしまいます。汗

メリット4.豊富な情報サービス

そして大事なことをもうひとつ、GMOは情報収集用に持っておいてもいいぐらい、情報量と質がエグイです。

圧倒的な情報量で24時間随時更新。世界各国の主要なニュースが1日平均で100本以上配信される。そんなサービスをGMOならすべて無料で使うことができます。もちろん、興味のある通貨やキーワードに絞って検索できる機能も付いているので、必要な情報だけを手に入れることも可能。


圧倒的な質と情報量でもGMOはトップクラス!

このページの最後に紹介してる口コミでもわかるように、GMOクリック証券の情報量と質には定評があります。加えて、経済カレンダーでインパクトのあるニュースや経済指標がいつ発表されるかも見ることができるので、そちらの方も活用するようにしてください。

「FXとは情報戦である!」といわれるほど、FXにおいて情報は大切。GMOの経済カレンダーで毎朝ニュースをチェックする、という使い方はおすすめです。

メリット5.最強な高性能取引ツールがすべて無料

GMOクリック証券といえば、その圧倒的に使いやすい取引ツールでも有名です。

なんとGMOクリック証券は、取引ツールの使いやすさでオリコン顧客満足度ランキング1位に輝いています。

大げさじゃなく、GMOが6年連続取引高世界1位の理由は取引ツールの使いやすさと言ってもいいぐらい。

特に、iphoneやandroidなどのスマホアプリは大変人気で既に25万ダウンロードを突破しています。

ちなみにiphone用では iClickFXneoプラスというアプリが配信されており、取引の中心であるトレード画面を中心に機能配置が行われているので、初心者でも迷わず操作ができる仕様となっています。


取引ツールの使い勝手がGMOの最大のウリ!といっても過言ではありません

Android用ではFXroidプラスというアプリが配信されており、高機能チャートや1タップで新規・決済・ドテン・同一通貨の全決済注文が可能な高速注文機能「スピード注文」が人気です。


このスマホアプリの機能性と使いやすさは完全に他社を一歩リードしてます!

どんなにスプレッドやスワップ金利などが優れていても、そもそも取引ツールが使いにくいとなれば、正直宝の持ち腐れとなりかねません。。

その点GMOクリック証券の取引ツールは、初心者でもわかりやすく、充分な機能性も備えているので、初心者でもスムーズに取引を始めることができるはず。

“見た目がイケてる”というのも個人的には大きなポイントですね。





ここまで、GMOクリック証券のメリットについて見てきましたが、メリットよりも大事になってくるのが、デメリット。。メリットは色んなサイトに載っていても、FX会社にとってデメリットになるような情報はあまり載っていませんよね。

しかしメリットだけを見て口座を決めてしまうとあとで痛い目を見るので


必ずデメリットの方も確認しておくことにしましょう。


GMOクリック証券のデメリット

デメリット1.通貨ペアが19通貨と少ない

GMOクリック証券では通貨の取り扱い数が他業者の平均値よりも少ない19通貨となっています。

メジャー通貨だけでトレードをする方やトレードに慣れてない初心者の方にとってはデメリットとはならないと思いますが、マイナー通貨でも取引を行いたいと思っている方にとっては、少しデメリットになるかもしれません。

ちなみにマイナー通貨も積極的に扱っていきたい!という方は「ヒロセ通商」をおすすめします。

ヒロセ通商は業界トップクラスとなる50種類の通貨ペアを扱っているので、かなりマイナーな通貨(スウェーデンクローナとかメキシコペソとか)での取引も可能です。

デメリット2.最低取引単位が10000通貨単位

初心者の方にとって、GMOクリック証券に懸念するところがあるとすれば、おそらく最低取引単位じゃないでしょうか?

GMOでは最低取引単位が1万通貨となっており、これは例えば1ドルが110円だとすると110万円分のドルを買うということになり、レバレッジ5倍で運用するとしても22万円程度の証拠金が必要となります。

これから初めてFXをやるという方の中には、いきなり20万円を用意するのはちょっとなあ、、と感じてしまう人もいるかもしれません。

そういった方はSBIFXトレードでトレードを始めることをおすすめします。

SBIFXトレードは業界唯一となる1通貨からの取引が可能なので、できるだけ小さい単位でトレードをしたいという方や、少額からトレードを始めたいという方は、SBIFXトレードを選んでおいて間違いないかと思います。

SBIFXで慣れてからGMOに切り替えたり、GMOの情報ツールを活用しながらSBIFXでトレードをするというパターンもアリかもしれませんね。

デメリット3.強制ロスカットに手数料がかかる

相場が変動し、証拠金が足りなくなってしまうとFX会社による“強制ロスカット”にあうことがあります。

これはトレーダーが証拠金に対して一定の割合を超える損失を出したときに、口座残高がマイナスに陥ることのないようにFX会社が強制的にポジションを閉じる(決済する)ことですが、その際にGMOクリック証券は500円の手数料がかかってしまいます。

つまりFXでロスカットを食らった上に手数料500円とダブルパンチでダメージを食らってしまう。。

いやいやそこはカンベンしろよGMO!、、と言いたいところですが、実際には強制決済を食らうほうがはるかにキツイはずなので、500円の手数料は実質ほとんど気にしなくていいと思います。




GMOクリック証券には以上のようなメリットとデメリットがありますが、実際にGMOクリック証券で口座を開設して取引を行っている人の生の声を載せていますので、そちらの方もぜひ確認しておいてください!

いろいろな情報がありますが、実際に取引を行っている人の声はやはり参考になると思います。

GMOクリック証券の口コミ・評判


いい口コミ・評判

メインとして使用

スプレッドは狭く扱っている通貨ペア数も多めなのでメインとして利用しています。約定の際のスリップはあまり起きないですし、取引ツールはWEB版、スマホ版ともにシンプルな構成で使いやすいです。

ワンクリックでポジションを持つことが可能なのでシビアな取引タイミングでも十分対応できますが、割と誤発注しやすいので注意が必要です。

信頼性やシステムの安定性は折り紙付きですね。

性別:女性 年齢:30代 職業:会社員 FX投資歴:1~3年 2018/03/29
スマホ取引ツール iClickFXneoプラス

どこの会社よりも使いやすく見やすい取引ツールです。経済ニュースもしっかり読めマーケット情報収集にも役立ちます。画面上部ではテロップでマーケットニュースを見ることもできるのが特徴です。

テクニカル指標はトレンド系5種類(単純移動平均、指数平滑移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足)とオシレーター系5種類(MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI)が用意されています。

スマホ取引ツールとは思えないくらいの高機能チャートです。

性別:男性 年齢:30代 職業:その他 FX投資歴:7~10年 2018/03/18
メインとして利用している証券会社

メインとして利用している証券会社で、ツールの使いやすさはイマイチですが、情報がしっかりとしていることと、スプレッドが狭いことが理由です。通貨ペアの数は普通で約定はしっかりと滑らずにしてくれています。

主にパソコン版での取引ですが、情報が豊富なので大画面でしっかりと見ることが出来て良いですね。

サポートは利用したことがありませんが、出入金や口座開設は素早く出来て問題ありませんでした。

性別:男性 年齢:30 職業:その他 FX投資歴:1~3年 2018/03/17
とても良い

スプレッドは指標以外はだいたい安定しています。約定スピードは全く問題ないです。スマホアプリの使用感はとてもよく、操作性もかなり良いです。

ニュースも随時更新されてます。その他サポートも充実してます。

性別:男性 年齢:30代 職業:パート・アルバイト FX投資歴:1~3年2018/03/12

悪い口コミ・評判

トルコリラ円スワップが低い

トルコリラ円のスワップの高さに惹かれて取引開始しましたが、昨年の暴落以降マイナス20円の80円でずっと推移しているのでこちらの評価です。

ただ、アプリの操作性、情報量には満足していますので総合評価としては星4つです。

スワップが戻ることを期待しています。

性別:女性 年齢:20代以下 職業:会社員 FX投資歴:1~3 2018/02/21
スプレッドが非常に不安定

ここは非常に有名な大規模FX会社ですね。

手数料無料、スプレッドもいろいろな業者の中でも最安値クラスですね。取引画面が使いやすいと思います。

しかし、スプレッドが不安定です。

ある日、深夜~早朝にかけて徹夜して取引してました。FX neoはスプレッドがよく拡大し、ドル円でさえ2.4銭、4.4銭になっていました。というか、0.3銭だった時間のほうが珍しいくらいでした。

念のため、同じ時間に他のところも見てみましたが、そちらではスプレッドは広がってませんでした。複数FX会社を使用しているのですが、ここほど不安定なところはありませんでした。

スプレッドが広がるのは、手数料が高くなることを意味します。手数料が高い状態が頻繁ということになります。

業者から見れば、FX取引高が高くなったから、収益を求めるために、スプレッドをよく広げるようにするというのは、1つの手段ですね。最近気づいたことなので、たまたまなのかもしれませんが、何時間も見て、私が確認した情報です。

もし参考になれば幸いです。

性別:男性 年齢:20代以下 職業:会社員 FX投資歴:5~7年2017/04/16
取引がすごくわかりやすい

GMOクリック証券は2012年から5年連続でFX取扱高世界1位になっています。国内1位でなくて世界1位です。

【スプレッド】
業界でトップクラスの狭いスプレッドです

【スワップ】
比較的多いです

【速度・安定性】
指標時以外は速く約定します

【機能・ツール】
はっちゅう君がすごく使いやすく直感的にポジションが取れます。38種類のテクニカル分析ができて、カスタマイズも自由にできます。スマートフォンからも取引ができます。

【サポート】
24時間サポートで安心です

【手数料】
売買手数料は無料です。

デメリット】
1万通貨から取引可能なので1000通貨からの取引はできません。

性別:男性年齢:40代職業:会社員FX投資歴:3~5年2017/04/05

(引用元:価格.com)

GMOクリック証券のまとめ

ここまでGMOクリック証券について紹介しましたがいかがでしょうか?
GMOクリック証券の魅力をまとめると

①スプレッド業界最狭水準
②24時間電話サポート
③最高水準のスワップ金利
④ニュースなどの豊富な情報サービス
⑤定評のある取引ツール

です。

これらのメリットを考えると、GMOクリック証券での口座開設に向いているのは

①初心者の方
②情報収集口座が欲しい方
③主にアプリで取引を行いたい方

です。
もちろん初心者だけでなく上級者でも使いやすい口座ですので長期間で取引することを考えるとぜひとも作っておきたい口座です。



スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 -
1万通貨 0円
取引単位 1万通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.3銭
英ポンド/円 1.2銭
ユーロ/円 0.7銭
豪ドル/円 0.8銭
NZドル/円 1.8銭
南ア/円 1.9銭
主要通貨合計 6.7銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 設定なし
最低証拠金 40,000円
自動ロスカット 50%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド × 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン 米ドル/カナダドル × 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 3円 -5円
英ポンド/円 24円 -27円
ユーロ/円 10円 -13円
豪ドル/円 73円 -76円
NZドル/円 82円 -86円
南ア/円 11円 -14円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 203円 -221円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 GMOクリック証券株式会社
キャンペーン 口座開設+100万通貨以上の取引で5,000円キャッシュバック!(2014年6月30日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第77号
資本金 43億4,666万3,925円(2017年3月末現在)
上場 非上場
自己資本規制比率 351%(2014年3月末)
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行
入金なしログイン