外為オンライン



皆さんは、外為オンラインのサービス内容がFX業界でもトップクラスだというのはご存知でしょうか?

今はまだ「そもそも外為オンライン自体聞いたことがない」「サービスってどんなサービスなの?」「大島優子で有名なFX会社じゃん!」ぐらいだと思います。

でも安心してください。この記事を読めば外為オンラインのメリットとデメリットのすべてが理解できるようにしています。

もし、外為オンラインを使ってみようかなと思っているのであれば、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。




最初に、外為オンラインにはどういったメリットがあるのか説明していきますね。

外為オンラインのメリット

メリット1. 今話題のiサイクル注文機能

外為オンラインの一番の特徴といっても良いかもしれないのが、このiサイクル注文です。

iサイクル注文とは、自動売買ツールの事です。

自動売買ツールとは、トレーダーの方が最初にどういう売買をしてほしいのかを決めるだけで、後はプログラムが24時間自動で売買を行ってくれるツールの事です。

つまり、初心者の方でもずっと画面に貼り付いておく必要はなく、学校や仕事に行きながらでも、手軽にFXを始めることができるというわけです。

iサイクル注文も同様に、初めにどういう売買をしてほしいのか決めるのですが、初心者の方だとここでどういう売買方式がいいのかわからずに迷ってしまうというケースがあります。しかし、外為オンラインは、ここが非常に簡単にできるようになっています。

具体的には、3つの選択方法があります。


● ランキング方式
ランキング方式
ランキング方式➁

ランキング方式とは、外為オンラインがシミュレーションを行って、その中で最も高い利益を出している注文内容をランキング形式にしたものです。

なので、初心者の方でも一目でどの注文内容が利益をだしていてどの注文内容が利益を出していないのかが分かるので、非常に簡単に注文内容を決めることが出来ます。

● マトリクス方式


マトリクス方式
マトリクス方式➁

マトリクス方式は、外為オンラインが店頭取引のシミュレーションを元に、iサイクル注文をより簡単にできるようサポートするための機能です。

具体的に、

縦軸の「想定変動幅」は、最大数のポジションを保有した時に、そのポジションの逆指値(損切)までの値幅を示します。

つまり、値幅が狭いと損切されやすく、値幅が広いと損切されにくいという特徴があります。

横軸の「注文間隔(pips)」は、複数のポジションを保有する場合の、ポジション同士の間隔のことです。つまり、注文間隔が狭ければ収益獲得のチャンスは増えますが、その分取引数量も増えて、損失のリスクも大きくなりますし、逆に、注文間隔が広ければ、その分収益獲得のチャンスは少なくなりますが、取引数量も減るので、その分損失のリスクは軽減することが出来ます。

わかりやすい図

● ボラティリティ方式

ボラティリティ方式

ボラティリティ方式は非常に簡単で、買いか売りか・変動幅・通貨ペアを選択するだけですぐに自動売買を始めることが出来ます。

簡単に売買方式を選択することができるという他に、もう一つiサイクルには大きな特徴があります。

それが、「相場への自動追従」というものです。



これは、設定した変動幅が自分の予想とハズレてしまった場合に、自分の予想した変動幅をハズレて上昇しても下落してもその相場に追従しながら、自動で売買を行ってくるというものです。

新たに追加された新機能「トレンド」

新機能

これが、新たに登場した新機能「トレンド」というものです。

これは、今まで自分が買いか売りか決めて自動注文をおこなっていたのをトレンドの変化にもシステムが自動で対応してくれるというものです。

これで、相場が上昇しようが下落しようがすべて自動売買してくれるので、急に相場が変動しようが、安心して見守ることが出来ます。

メリット2. 98%満足度の無料セミナーを開催している




外為オンラインでは上記のように凄腕アナリストらを講師として向かえた満足度98%の、超充実無料セミナーを開催しています。

高品質な注文機能に加えてFXを学べる機会まで提供するという、外為オンラインの最大の強みは、このような圧倒的なサービス精神なのです。

ではこのセミナーの詳細を見ていきましょう。

まずセミナーの内容は超初心者向けから上級者向けまで幅広くあります。

そしてその最大の特長が、オンラインではなく会場講座であるという点です。

他社の無料セミナーは、会場費というコストを抑えるためにオンライン上で開かれることがほとんどです。しかし、外為オンラインの無料セミナーは、リアルの会場で実際に講師と同じ空間で行われるものが多く、講師との距離が近いのです。

「FXについて分からないところを専門家から聞きたい」「FXはじめたけど、もっと稼ぐためには何が必要なんだろ」なんて悩みも、会場講座にいけば即刻解決することができます。

さらに開催頻度も、東京なら、いずれも月3回~4回と頻繁に開催されています。全国各地で開催しており、今月の開催場所は外為オンラインのホームページに記載しています。外為オンライン無料セミナー興味のある方はチェックしてみてください。

メリット3. 他社を圧倒する情報コンテンツの充実度

FXは情報戦です。

トレーダーは重大なニュースに常に敏感である必要があります。

そして、外為オンラインでは会員になれば、会員限定で他社よりも圧倒的に優れた最新のニュースを手に入れる事ができます。



アナリストレポートFXを知り尽くしたブロガー達の円相場予想など、豊富なコンテンツが盛りだくさんなのはもちろんですが、最も注目したいのが、外為LABというコンテンツです。

これは外為オンライン限定に、有名アナリストが外国為替取引についての情報をこっそり伝授するサービスで、まさに他のトレーダーがまだ知らないような情報を先取りすることができます。

外為オンラインのメリットをまとめると、注文機能、無料セミナー、情報コンテンツです。また、ここで挙げた3つ以外にもサービスはたくさんあります。




外為オンラインは5分で済む口座開設を済ませるだけで、このようなサービスを受ける事ができるので、個人的には本当にオススメのFX会社です。

しかし、どんなに優れたFX会社にでも必ずデメリットというものは存在します。

この記事ではデメリットもしっかりと紹介するので、それを見てから口座開設する事をオススメします

外為オンラインのデメリット

デメリット1. 取引コストが高い

外為オンラインの最大のデメリットはスプレッドの高さです。
手数料が高いとはいえ、スプレッドが高いと取引コストが大きくなります※。
※取引コスト=手数料+スプレッド

デメリット2. スワップ金利が低い

外為オンラインはスワップ金利が低いです。

そのためスワップ金利で長期保有して利益を得る投資スタイルを取っている場合は大きなデメリットになります。

スワップ金利で利益を挙げたい方は
GMOクリック証券
SBI FXトレード
などの業者がオススメです。

外為オンラインのデメリットをまとめると、スプレッドが他者に比べると高く、スワップ金利が比較的低いということです。




ここから、実際に外為オンラインで取引を行っている方達の生の声を載せています。実際に取引を行っているからこそ分かる外為オンラインのメリットとデメリットを載せているので、ぜひ確認して下さいね。

外為オンラインの口コミ・評判


いい口コミ・評判

とにかくニュースが早い

リッチアプリ版を使っていますがとにかくニュースが早いです。ただし、見やすいように編集はされて無い場合が多いので見慣れるまでには時間がかかりますが・・・
急な値動きの分析には重宝します。FXをメインでトレードしていなくてもここのアプリはとても有益なのでオススメです。

男性 40代 自営業 FX投資歴:3~5年 2017/10/03

全国各地で無料セミナーがある

外為オンラインのホームページのテクニカルチャート分析の解説は、分かりやすくて参考になります。また、各地で無料セミナーも開催しています。無料セミナーに参加しましたが、勉強になりますよ。FXの攻略本のプレゼントがあったりしますので、時間のある方にはお薦めです。

男性 50代以上 自営業 FX投資歴:1~3年 2017/09/22
取引アプリが使いやすい

何社か取引アプリを使用していますが、
外為オンラインが一番使いやすいと思います。
初心者向けには最適だと思います。
ただ、昔は豪ドル、NYドル等のオセアニア通貨のスワップが高かったのですが、
最近は他の業者より少なめです。
スプレッドも比較的低いのですが、ランドは高いです。
取引アプリケーションの使いやすさはNo.1ではないかと私は思います。

男性 40代 会社員 FX投資歴:7~10年 2017/11/20


悪い口コミ・評判

どの通貨もスプレッドが1銭単位でイマイチ

【スプレッド】 USD/JPY 1.0銭 EUR/JPY 2.0銭 広い 1銭単位のためスキャル不向き。他の通貨も広い

【スワップ】 それほど良くもない

【速度・安定性】 平時なら問題なし。ただし突発的なニュースのときはどうかな?

【機能・ツール】 他の業者と同じで可もなく不可もなく

【情報】 一通りの情報はそろっている

【サポート】 使ったことがないので無評価とする

【スマホ・モバイル】 メインはPCのため無評価とする

【総評】 題名の通り、スプレッドが広い、しかも1銭単位のためスキャル不向き。またスワップも他の業者に比べ良くないのでスワップ派も不向き。デモを使って取引を学ぶくらいならいいかも

男性 40代 パートアルバイト FX投資歴:3~5年 2017/12/15

日に何回も取引するには向いてない

【スプレッド】他と比べて高いです。

【スワップ】それほど他より高いことはないですが、他ではもらえない通貨ペアで高めのスワップがもらえるのがよいと思います。(自分はマイナーすぎてその通貨には手を出していませんが)

【速度・安定性】よくも悪くも普通

【機能・ツール】大体どこも似たような感じかと

【情報】これも大体どこも似たような感じで、表示される頃にはレートは既に動いてますね・・・

【サポート】使用していないので未評価

【スマホ・モバイル】使用していないので未評価

【総評】スプレッド幅だけ見てもここをあえて使う必要な無いんじゃないかと思います。会員のみ見れる情報とかがあるようなので口座だけでも作っておくのは有りかと。
あえて使うならメキシコペソをスワップ狙いで保有する時ぐらい(他の会社は扱っていても売り買いともにマイナススワップだったりするので)

男性 40代 会社員 FX投資歴:~1年 2017/04/27

(引用元:価格.com)

外為オンラインのまとめ


ここまで外為オンラインについて紹介しましたがいかがでしょうか?

外為オンラインの特徴として、取引ツールや情報コンテンツなどのサービスが圧倒的に優れているが、取引コストが高いといった感じです。

これらの特徴から、外為オンラインではメインの取引は行わず、情報収集用として口座開設している人も多く見受けられます。もちろん為替差益を目的とした取引にも使えます!

セミナーやニュースなどを通じて提供される情報量がかなり多いので情報収集口座としても優秀ですよ!


スペック表

片道手数料

手数料 1000通貨 0円
1万通貨 0円
取引単位 1000通貨

スプレッド

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 1銭
英ポンド/円 3銭
ユーロ/円 2銭
豪ドル/円 3銭
NZドル/円 6銭
南ア/円 15銭
主要通貨合計 30銭
原則固定

注文機能

2WAY注文
逆指値
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文
両建て

証拠金

初回入金 5千円
最低証拠金 48,000円
自動ロスカット 100%

取扱通貨ペア

米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円
カナダドル/円 スイスフラン/円 豪ドル/円
NZドル/円 南ア/円 韓国ウォン/円 ×
中国元/円 × トルコリラ/円 × メキシコペソ/円 ×
ユーロ/米ドル ユーロ/英ポンド 英ポンド/米ドル
英ポンド/スイスフラン 米ドル/カナダドル 米ドル/香港ドル ×

スワップ

通貨ペア
米ドル/円 5円 -15円
英ポンド/円 10円 -30円
ユーロ/円 -15円 0円
豪ドル/円 45円 -60円
NZドル/円 75円 -90円
南ア/円 7円 -15円
トルコリラ/円 - -
主要通貨合計 127円 -210円

スワップ関連情報

決済せずにスワップ益のみを出金
決済せずにスワップ益で新規ポジション建て
ロールオーバー時に値洗いするか? ×

対応スマートフォン/モバイル

iPhone iモード
Android EZweb
Yahoo!ケータイ

会社概要

社名 株式会社外為オンライン
キャンペーン 口座開設+10万入金+100万通貨以上の取引で
5,000円キャッシュバック!(2015年3月31日まで)
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第276号
資本金 1億6,000万円(2017年3月末現在)
上場 非上場
自己資本規制比率 582.7%(2015年1月末)
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行
入金なしログイン