このページではFX初心者にとっておすすめの業者はどこか?ということを書いていきます!
自分は全くの初心者なので、
どの業者がいいのか皆目見当も付かない!という人は、
ぜひ参考にしてもらえればと思います!

初心者向けFX業者オススメランキング!

ここまで、初心者のためのFX会社の選び方を書いてきましたが、
ポイントをざっくりまとめると、、

・初心者はとりあえず、通貨ペア数は無視!
・さらに、最低証拠金額、ロスカット比率も度外視でOK
・少額からはじめたい人、スワップ運用をしたい人は1000通貨取扱業者を!
・短期売買をやりたい人はスプレッドよりも約定力に定評がある業者を!
・スワップ運用をする場合は手数料よりもスワップの高さを重視!
・バーチャルトレードではなく、極力実践で感覚を身に付けよう!

ということでした。

バーチャルトレードについては業者のスペックとは少し別の話になりますが、
本当はすべての面でスペックが高い業者があれば理想です。
ただ、為替バカの知る限り、今のところそんな夢のような業者は存在しません。

なので、ここでは、
自分がどんなスタイルでFXをやって行きたいか?が、まだ漠然としている人のために、
理想に近い業者を強いて言えばどこか?ということを書いてみたいと思います。

以下、FX初心者が使うと想定した場合に、
理想に近い業者だと思う順番でリストアップしてみました!



業者名 おすすめ
ランク!





















1位 DMMFX 0円 5銭 112円 20
2位 外為オンライン 0円 16.5銭 45円 24
3位 GMOクリック証券 0円 5銭 123円 19
4位 外為どっとコム 0円 4.9銭 86円 20
5位 みんなのFX 0円 5銭 86円 16
6位 YJFX! 0円 5銭 125円 22
7位 SBI FXトレード 0円 4.12銭 126円 26
8位 FXブロードネット 0円 5.34銭 60円 24
9位 ヒロセ通商 0円 4.8銭 129円 50
10位 インヴァスト証券シストレ24 0円 11.7銭 71円 12
11位 マネーパートナーズ 0円 5.1銭 59円 19
12位 セントラル短資FX 0円 15.9銭 105円 24
13位 FXトレード
ファイナンシャル
0円 11.7銭 117円 31
14位 JFX 0円 5.8銭 129円 24
15位 ライブスターFX 0円 14.49銭 110円 24
16位 アイネットFX 0円 27.8銭 110円 28
17位 外為ジャパン 0円 5銭 112円 15
18位 マネースクエア
ジャパン
300円 34銭 43円 11
19位 IG証券 0円 14.5銭 92円 86
20位 マネックスFX 0円 6銭 113円 13
21位 東郷証券 0円 10.6銭 146円 131
22位 インヴァスト証券くりっく365 216円 18.5銭 141円 23
23位 為替ライフ 0円 18.5銭 141円 23
24位 ひまわり証券 0円 25銭 45円 24

スプレッドは、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円の、主要6通貨ペアのスプレッド合計値です。

DMMFXについて

現状、FX初心者に最もおすすめできる業者です。

FX口座数国内第1位(*1)を獲得するなど、
近年力を付けてきている注目のFX会社です。

特徴は米ドル/円だけじゃなくて、
全20通貨ペアのスプレッドが最狭水準で
手数料は間違いなく業界最安水準ですね。

FX初心者向けのサービスも充実しています。

「LINEサポート」があったり、
スマホでの操作性にこだわった取引ツールの充実していて、
これからFXを始めるなら特におすすめです!

現状FX初心者の人に最もおすすめする業者です

(*1)2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

外為オンラインについて

矢野経済研究所の調べでは、
年間取引高がなんと5年間連続でNo1という驚きの業者で、
実質日本一のFX会社と言っても過言ではありません。

信頼性と知名度は抜群といったところでしょうか。

ただ、外為どっとコムは口座開設数、預かり資産No1なのに対し、
外為オンラインは取引高がNo1なので、実際に使われているという意味では、
外為どっとコムを凌駕しているともいえます。

実際に口座開設してみると、
使いやすさと初心者への配慮をすごく感じる業者でもあります。

注文画面では今入力している数量をもし注文したら、
1円の為替変動でどれくらいの為替差損が発生するのか?とか、
実質のレバレッジはどれくらいになるのか?とか、
証拠金は具体的にいくら必要なのか?ということが、
入力した数量に連動してリアルタイムで明示されます。

こういったことは初心者にとってはわかりにくいポイントですから、
かゆいところに手が届いた仕様になっていると思います。
全般的にこういった配慮が随所に感じられる業者で、
サポートもかなり充実しています。

GMOクリック証券について

この業者も米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円の、主要6通貨ペアのスプレッドの合計値がかなり安い業者です。

それでいてスワップもかなり高めに設定されています。

一言で言えば、当サイトで掲載している業者の中では、
最も投資スタイルを問わないオールマイティー業者ということになります。

取引コストは最安レベル、スワップもかなり高めなので、
どの通貨ペアをどんなスタイルで取引してもメリットがある業者ということになります。

まだ投資スタイルや取引する通貨が漠然としている人は、
とりあえずGMOクリック証券に口座を開設して、
自分のスタイルを固めて行くといいと思います。

また、この業者は親会社がシステム会社なので、
他の業者に比べてトレードツールなどの開発コストを抑えられるらしく、
ツール類に関しても他社よりワンランククオリティが高い印象

コストパフォーマンスは抜群です。

その他の業者について

YJFX!は初心者向けという観点で考えると、
やはり1000通貨の取引コストが安いというところと、
圧倒的な動画コンテンツとサービスを提供している点が魅力的です。

もう1000通貨は取引しないし、基礎もわかっているので動画コンテンツ等もいらない、、
というのであれば、YJFX!はメリットがあります。

ただ、1000通貨取引をしないのであれば、
YJFX!よりもGMOクリック証券などの方がメリットがあるでしょうね。

楽天証券のプレミアム口座とセントラル短資FXも、
トレーダー対象が似た業者になります。

どちらも長期でじっくりスワップ益を狙いたい人にはメリットがある業者ですが、
若干サービス的に初心者にはちょっと敷居が高い感があります。

セントラル短資FXは長期でじっくりスワップ益を狙いたい人にはメリットがある業者ですが、
若干サービス的に初心者にはちょっと敷居が高い感があります。

基本的にくりっく業者は低めにランキングしています。

というのも以前はくりっく業者なら税制の面でかなりメリットがありましたが、
現在では非くりっく業者でも税制が改正されてくりっく業者とまったく同じになったからです。

手数料が高いということを考えると、
現状くりっく業者で取引するメリットは皆無といわざるを得ません、、

ひまわり証券とみんなのFXについては、自己資本規制比率があまりに低いので、
これだけサービスが充実している業者がたくさんある中で、
わざわざこの2社を選ばなくてもいいんじゃない?ということで、
かなり厳しめに評価させてもらいました。

 

icon-arrow-circle-left 前のページ「1000通貨業者はスワップ運用に有利!?」
次のページ「手数料を徹底比較!」 icon-arrow-circle-right