前回とその前の記事で
トレンドラインと抵抗線、支持線を紹介してきました。
どれもラインにタッチすると反転しやすい特徴がありましたが、
ここではなぜ反転しやすいのかについて書いていきます。

みんなが同じことを考えると実現されやすい!

これまでに「トレンドラインで方向性を見やすくする!」でトレンドライン、
「抵抗線と支持線で攻防戦が起きる!?」で抵抗線、支持線を紹介してきました。

その中でこれらのラインには反転しやすいという性質があると書きました。

それを証明するためにいくつかのチャートを紹介しましたが、
どれもラインにタッチするとキレイに反転していたと思います!

このチャートですね。(クリックで拡大します!)

説明のために分かりやすい事例を探していたので、キレイに反転しているのは当たり前なんですけどね、、

でもこんな感じで反転している事例は
チャートを見ていれば、たくさんあります!

つまり反転しているのは偶然ではなくて、それなりに理由があるはずです。

その理由について為替バカは
市場に参加している多くの人が
反転することを意識しているからだと思っています。

チャートばかりを見て取引をしていると、
自分1人で取引しているような錯覚を覚えてしまいますが、
「誰かが儲かると誰かが損をする?」、で書いたように、
FXは相対取引ではあるんですが世界の誰かと取引しています。

その取引に参加しているたちが同じようなことを考えだすと、
考えていることが実現されやすいと思っています。

たとえばリーマンショックのときには、
円がらみの通貨ペアは暴落(ものすごい円高)しました。

このとき買いポジションを持っていたほとんどの人は、
さらに下がることを恐れて、損切りのために売り注文をしていたはずです。

買いポジションを持っていない人たちは、
新規に売り注文をして利益を狙っていた人も多かったと思います。

つまり市場参加者のほとんどの人が
更に値下がりすることを意識して売り注文を考えていたと思います。

すると売り圧力がますます強くなって、
暴落に加速がついてどんどん下がっていきました、、

要はみんなが下がると思えば下がりやすいということですね。

話を戻すと、抵抗線とかもこれと同じで、
抵抗線で反転すると思っている人が多いと
売り圧力が強くなり本当に反転しているのだと思います。

みんなが何を考えているのかを分析する!

なんで反転すると思っている人が多いのかと言うと、
線を引くだけでできるテクニカル分析だから
簡単で分かりやすく、みんなが意識がしやすいというのがあると思います。

なんなら線を引かなくても、
前回の高値や安値はポイントとなるので、
みんなの注目が集まりやすいと思います。

そしてこれまでに何度も反転しているから
今回も反転するかもと思う人が多いのが理由ではないでしょうか。

結局みんなが意識するポイントだからこそ
転換点になりやすいということですね。

だから反転することも多いし、
反転しなくても突き抜けたときに勢いがあります。

逆に言うと
みんなが意識していることを意識すると、
転換点がどこにあるのか気付きやすくなります!

テクニカル分析というと、
チャートの形や指標の数字だけを見て分析しがちです。

でもそこから一歩踏み込んで、
他の人が何を考えてテクニカル分析しているのかという視点に立てば、
おのずとみんなが意識していることも見えてくると思います。

そうすると分析の精度も上がってくると思うので、ぜひやってみてほしいですね。

 

icon-arrow-circle-left 前のページ「抵抗線と支持線で攻防戦が起きる!?」
次のページ「移動平均線とは?」 icon-arrow-circle-right