FXってどうなったら利益がでるの?」では、スワップ金利について簡単に説明しました。
このスワップ金利ですが、これも業者によって違ってきます。
ここではスワップ金利の業者間の違いについて説明したいと思います!

業者によって1日数円の金利が違ってくることはザラ!

FXってどうなったら利益がでるの?」のページでは、
スワップ金利は毎日付与されていくもの、という説明をしたと思います。

たとえば、スワップ金利が90円なら、年間では単純に365日をかけて、
3万2850円の金利が付くことになります。

そして、FX会社間で1万通貨で1日あたり数円程度金利が違ってくることはザラです。

常時高いスワップ金利を付けてくれる業者もあれば、比較的低い業者というのもあります。

高い業者と低い業者で比べると、同じ取引をしていたとしても、
もらえる金利が1日10円以上違う場合もあるのです!

1日で10円ですから、365日ですと3650円になりますよね。

これが1万通貨での差になってきますから、
もし3万通貨の取引になったらこれの3倍違ってくるわけです。

全く同じリスクを取っていてもこれだけのお金が年間で変わってくるということなので、
業者を選ぶ際に、スワップ金利が高い業者か低い業者か?というのは結構重要だったりします。

特にFX初心者の場合、トレードに慣れるまでに時間がかかりますから、
スワップ金利というのは最初のうちはすごく重要です。

厳密にいうと、トレード回数の少ない運用をしようと思っている人ほど、
スワップの高い業者を選ぶようにする
のがいいですね。

スワップ金利は毎日変動する!

スワップ金利が業者によって違うという話と少しそれるのですが、
ついでにこのテーマについてもここで説明しておきます!

スワップ金利は毎日変動します!

スワップ金利ってどうやって決まるの?」のページでは、
スワップ金利は政策金利によって決まり、
政策金利からスワップ金利を計算する方法を説明しました。

その計算過程には為替レートが入ってきています。

つまり、政策金利が変わらなくても、
為替レートが変わればスワップ金利が変わってくるということですよね?

スワップ金利ってどうやって決まるの?」のページの例を思い出してほしいのですが、
豪ドルの政策金利が4.25%で、為替レート87円の場合に、スワップ金利が101円になっていました。

それでは、政策金利は4.25%のまま、為替レートが85円に変わったらどうでしょうか?

年間の金利は?
投資額850,000円×4.25%=36,125円

これが年間の金利ですから、これを365日で割ると、
1日あたりのスワップ金利は約99円になります。

為替レートが変わったので、
スワップも4.25%の政策金利に合わせて変動するのです!

ですので、仮に今スワップが100円の通貨があったとして、
政策金利が変わらないと仮定しても、為替レートが下がればスワップも減少します。

ちょっとFX会社の選び方とは話がずれてしまいましたが、
初心者が見落としがちな点なので、ここで触れさせてもらいました!

 

スワップ運用について!

「FXってどうなったら利益がでるの?」のページでは、
FXで利益を出すには、為替差益を得る方法と、スワップ益を得る方法があると書きました。今まで説明してきた3つの投資スタイル、スキャルピング、デイトレ、スイングトレードは、為替差益を狙…