為替やFXのことを全く知らない人でも、
円高とか円安という言葉は聞いたことがあると思います。
でも、この円高とか円安って一体どういう意味なんでしょうか?
なんとなく円が高くなるのが円高?円が安くなるのが円安?ということはわかるかもしれませんが、
そもそもなんで円が高くなったり安くなったりするのでしょうか?
具体的な例で説明してみましょう!

円高は円の価値が上がること、円安は円の価値が下がること

円高・円安について考える時には、円そのものの「価値」に焦点を当てて考えるのがコツです。

たとえば、今1ドルが100円だとします。

このような何ドル=何円というようなレートのことを、為替レートといいます。

為替レートが今、90円になったとします。
この場合、1ドル100円だった円が90円になったので、
一見円安になったかのように感じてします。

しかしこれ実は円高に動いた
ということになります。

わかりやすい例で考えて見ましょう。

たとえば今1本1ドルのコーラがあるとします。

このコーラが1ドルというのはずっと変わりません。

このコーラを買う場合を考えます。

最初の為替レートで考えると、
このコーラを買うには100円が必要です。

コーラが1ドルなので、
1ドル分の円を支払う=100円で購入できる、ということですね。

しかし為替レートが動いて1ドルが90円になったので、全く同じコーラが90円で買えるようになりました。

つまり、、

という事になります。

逆に為替レートが1ドル110円になってしまったら、全く同じコーラを買うのに110円が必要になります。

つまり、、

となります。

この例は個人で消費するレベルの話ですが、
たとえ1円の円高円安であっても、日本経済全体で考えると、
すごく大きなインパクトがあります。

たとえば世界中に自動車を輸出している大企業トヨタの場合、
為替レートが1円変わるだけで、なんと数百億も利益が変わってくるのです!

毎日ニュースで取り上げられているのは、
これほどまでに日本経済に重要な指標だからなんですね。

もう世界は自国だけでビジネスが完結する時代ではなくなってきていますから、
為替レートは以前にも増して重要視されているのです!

 

icon-arrow-circle-left 前のページ「じゃあ、FXとは?」

次のページ「外国為替市場って一体どこにあるの?」icon-arrow-circle-right