ここでは、ほんっっとうのFXの基礎中の基礎である、
そもそも為替とは一体なんなのか?ということについて書いてみたいと思います。基本的にしばらく超基礎的な内容が続きますので、
「そんなのもうわかってるよ!」「かったるい話すんな!」という人は、
どんどん読み飛ばして行ってくださいね!

 

ズバリ!為替とは現金のやりとりをしない決済のことです!

為替と言うと、多くの人は外国為替とか、
外国とのお金のやり取りをイメージするかもしれません。

でも、これは実はちょっと違っていて、
もともと為替というのは、現金のやりとりをしない決済のことを指します。

たとえば、江戸時代には商品を買うときに、
直接現金をやりとりせずに、とりあえずは両替を生業とする両替商に代金を立て替えてもらい、
後で両替商に支払うというやり方が普及しました。

これが為替の発祥だといわれています。

たとえば大坂にいるAさんが江戸にいるBさんから米を買うとします。

Bさんから米が届くと、AさんはBさんに現金を輸送したりしないで、
両替商のCさんに立て替えてもらうのです。

そしてAさんはCさんに後日米の代金を支払うことによって、
取引がすべて完了します。

こういった、現金輸送を伴わない決済をするために普及したのがもともとの為替なのです!

ですので、為替というと、必ず外国とのお金のやり取りや交換をイメージしてしまいがちですが、
必ずしも外国とのやりとりだけを指すものではなかったんです!

為替には大きく内国為替と外国為替がある!

為替

そして、為替には大きく、国内のお金の取引を指す内国為替と、
外国とのお金の取引を指す外国為替があります。

たとえば、国内で何かを買って自分の銀行から振り込んだり、
国内のネットショップで何かを買って、
クレジットカードで支払ったりするのは内国為替にあたります。

そして、海外のネットショップで何かを買って、
クレジットカードや、銀行振り込みで支払う場合は、
必ず円を外国の通貨に交換する作業が入ってくるので外国為替にあたります。

さらに、外国為替については、
現状投資行為として通貨の交換をする方が、
全体のボリュームを占める割合がははるかに多くなっているので、
外国為替というと、為替本来の「現金の輸送を伴わない決済」という意味よりも、
異なる通貨同士を交換する行為、というイメージの方が強くなっているのです!

 

次のページ「じゃあ、FXとは?」  icon-arrow-circle-right